ブログネタ
野鳥との出会い に参加中!
 前回の記事の続き。


 大晦日の午前中にウォーキングに出ていた時のこと。以前フロリダカケスカラス科アメリカカケス属を何度も見かけたスポットで、コンデジA1000片手に、「いないかなあ」ときょろきょろしていたら、道路の向こう側、電線にとまっていた。

Florida Scrub Jay No1 12-31-22

 やった~と道路を渡ってみる。そもそもコンデジを買ったのが、ウォーキングの最中にこの子に会ったときに、まともにズームして撮ってみたかったから、というのが主な理由。フロリダカケスはフロリダ固有種(といっても「スクラブ」と呼ばれる砂地の低木が生い茂る藪のような土地にしかすまないので、州内の生息地も限られている)で、絶滅危惧種。

Florida Scrub Jay No1 Closer 12-31-22

Florida Scrub Jay No1 Up Close 12-31-22
 おまけに綺麗な青い鳥なので、どうしても撮らないわけにはいかない。

 そこはひとつカケスの仲間なので、鳴き声はあんまり綺麗じゃないけど、アオカケスほどうるさいわけでもない。

 とっても嬉しかったので、ちょっとずつ近寄って、最終的にこの子の真下から見上げて撮っていたら…。


 2羽目の子が飛んできて同じ電線にとまった。

Florida Scrub Jay No2 Flew in 12-31-22

Florida Scrub Jay No2 12-31-22
 この子の方が「胸のよだれかけ」みたいな模様が薄めなので区別はつく。でもどっちが雄でどっちが雌かというのは不明。

 2番目の子もいっぱい撮ってあげようとぱしゃぱしゃぱしゃ…。


 夢中になっていたら、2番目の子は低空飛行して道路の真ん中に降りちゃった。えええええ。チャンス~。

ぴょん(No2)12-31-22

 それで引いたりクローズアップしたりして、AFをなんとか合わせてアップで撮ろうと。この下のぼけてブレた写真がなんとか撮れた後で…、

ぼけてブレてる理由は 12-31-22

 また低空飛行されて、私、頭蹴られたのよね

 すごいびっくりしちゃった。縦の写真を撮るときに帽子を脱いでしまっていたから、頭皮にかりっという感覚が残った(爪が伸びている時のAmore猫に朝起こされて、お手々でちょいちょいとやられるときみたいな感じ)。

 分かったよもう行きますって、とその場を離れたんだけど、どうも私が彼らのテリトリーを離れるまでは、後を追ってきて見張ってる感じだった。ありゃー子育て中かあ?ごめんねぇと済まない気持ちになる。

 下に埋め込んだ動画では、手乗り状態だったり、人の頭にのっかったりしている様子が見られるんだけど、私の体験はあんまりフレンドリーな感じじゃなかったのよね…。




 *写真をクリックしていただくと、拡大サイズで見ることが出来る他、地図にも貼り付けてありますので、撮影地点も航空写真で見られたりもします。


***クリックをお願いいたします。応援ありがとうございます♪
 拍手クリックは、クリック先で一言メッセージの上、再度クリックしていただくと足あとが残る仕組みです。
     にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村


**クリック募金をお願いいたします。下記バナー先、各種1日1回ずつ有効です。ご協力ありがとうございます。
  Heart In



 メイン州の写真で構成されたフォトブックを作りました!ブログに登場したことのない写真も含まれています。 ご購入お待ちしておりますご質問・リクエストはメッセージ、拍手メッセージなどでご連絡ください♪
Flowers, Water, Leaves, and Snow - Photographic Memories of Maine
Flowers, Water...
By Kaori Green
Photo book