12 mars 2017

ほとんど春 / Presque printemps !

まだ朝晩は冷えますが、リムーはほとんど春です。日本の暦の上ではもう春なのでしょうが、フランスでは正式には春分の日(今年は3月20日)からが春です!


fleus mars (1)


fleus mars (2)


fleus mars (3)


とはいえ、葡萄畑はまだまだ冬枯れ。。。


limouxdayori at 21:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

7 janvier 2017

Bonne annee 2017 !

voeux 2017


limouxdayori at 20:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)文化/Culture 

31 décembre 2016

フランスのポッキー、MIKADO !

2017年も残りわずか。
時が経つのは早いわー。今後さらに加速してゆくのでしょうか?

さて、リムーでも買える日本の味をご紹介。
その名も ミカド(MIKADO) !
これは、グリコと技術提携してフランスの製菓会社(もちろんアメリカの多国籍企業の傘下)が販売しているもの。

MIKADOというのは、そもそもゲームの名前。たくさんの棒をごちゃ混ぜにして、他の棒を動かさずにひとつずつ取っていくという遊び。棒ごとに色の違う線がついていてそれぞれ点数が違う。一番高得点の棒をMIKADOとよび、そこからゲームの名前も"MIKADO"となったわけ。

『ポッキー』の名ははそもそも折った時の音、ポッキッからきているそうですが、フランスではあまり意味を成しません。それよりも、MIKADOというゲームに形が似ていることからそういう名前になったそうです。日本ではそんな名前恐れ多くてつけられないけどね。なんたって食べるんだから!


mikado 1



mikado 2



日本のに比べて味の種類は少なく、定番のブラック、ミルク、ホワイトの他、アーモンドとかがかかった太いのが何種類かある程度。
私のお気に入りはもちろんChocolat Noir(ブラックチョコレート)。日本のポッキーよりチョコレートがおいしい気がするのは気のせいかしら?

面白いコマーシャルを見つけたので、こちらもご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=UxygLHTO9J0

https://www.youtube.com/watch?v=1g04I7Agjoo

https://www.youtube.com/watch?v=Z8kxB3nSTn0



limouxdayori at 19:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)めしあがれ/Bon appetit 

20 décembre 2016

奥入瀬の紅葉 / Oirase en couleur d'automne

青森2日目は紅葉を求めてドライブ。

この県は林檎も有名ですが、米どころでもあるのですね。埼玉にいると青森のお米ってあまり聞かないけれどあちこちに田んぼがありました。水もきれいだしお酒がおいしわけだ!

八甲田山のあたりは紅葉どころか山頂のほうには雪がかかり始めていました。
そのせいで予定していた道が前日の雪で通行止め。山麓を迂回する羽目になってしまいました。

でも、おかげで酸ヶ湯温泉のお蕎麦を食べることができたので満足。『十割蕎麦』というのを初めて知り、食しました。蕎麦は二八と勝手に思っていたので。それにむかーし長野のそば道場で蕎麦打ち体験した時もその割合で、そうでないとつながらないのだと思っていました。味は絶対十割のほうがいい。そばの風味がよく味わえる。

温泉は今回泣く泣く割愛。また今度。


jp 16 aomori (6)


さて、目的地奥入瀬はというと、人出が多いのでなんとマイカー規制。午後3時まで車で入れませんでした。ちょこっと歩いて紅葉を楽しむ。
ここは、渓流沿いに遊歩道が続いているのですが、自動車道と並行でハイキング中ずっと排気ガスを吸い続けることになるのが残念。不便ですがマイカー規制のおかげで少しはましだったかも。
完全通行止めにしてくれると歩くには良い環境になるのですが、そうするときっと人が来なくなってしまうのでしょうね。。。


jp 16 aomori (8)



jp 16 aomori (9)


楓はリムーにあまりないのでここで満喫しておきました。
フランス人には紅葉を楽しむという風雅な習慣はないのです。葡萄畑は赤や黄色になってきれいなのにねー。


銚子大滝。さすがにここは観光客であふれていました。

jp 16 aomori (10)


最後は十和田湖。この辺りはもう紅葉も過ぎて寒々としていました。

jp 16 aomori (11)


友人ご夫妻のおかげで2つ日間青森を満喫。運転ご苦労様でしたー。

次回はリムーにおいでくださいませ。いろいろご案内いたしますよー。チーズとワインの試食試飲もね!


limouxdayori at 00:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行/Voyage | 風景/Paysage

16 décembre 2016

ジャパン・レイル・パスで青森へ!/ Aomori avec le JRPass !

今回の帰国のクライマックスは青森でした!
実はそのためにレイルパスを買ってきたのです。青森往復するだけでレイルパス7日間の元が取れてしまうので。
そして大宮からはなんとたったの2時間半。近すぎだ〜!!!

友人のダンナ様が新青森駅まで迎えに来てくれました。北はさすがに空気が冷え冷え。
午後いっぱいいろいろ案内していただきました。

まず五所川原の立佞武多の館へ。青森以外にもたくさんの祭りがあるんですね。
その中でも立佞武多はすごい。高さ20mだよ!


jp 16 aomori (3)


でっかいのに細部までよくできている。なんか動き出しそうだよ。

私のお気に入りはこちら。女性が主人公なんてカッコいい!

jp 16 aomori (2)


この立佞武多、実は明治時代から巨大化せれたそうなのですが、戦後街の電化に伴って縮小されてしまったそうです。それを、90年代になって電線を地下に埋め、そして昔の設計図をどこからか見つけ出して、今に至っているそうです。街を練り歩く立佞武多を見てみたいわー。

見学の最後にお囃子の実演がありました。出たがりの私は早速有志参加。

jp 16 aomori (4)

リズムは大体、パッパンがパーンなのですが、太鼓はタッタタッタターンとなります。リズム感がいいですねーと褒められてしまいました。お世辞と分かってはいるもののちょっとうれしい!
こりゃお祭りに参加しないとね。


そのあとはりんごのお店へ!生ってます、赤い実が。
板柳町のりんごワークでは、りんご関連のいろいろなものを製造、販売していました。
その中のりんご草木染はなんとNHKワールドで紹介されていた工房でした。りんごの葉っぱを煮ると赤っぽい液になり、染め上がりは素敵なピンク。番組に出ていた女性の方が説明してくださいました。そのあと焼き物工房のおばちゃんとも楽しくおしゃべり。
夕方遅かったからなのか、ちょっと閑散としていました。さすがにこの時期観光客は少ないのでしょうか?素敵な場所なのでもっとはやるといいのにね

別のお店ではこういうりんごも売っていましたが、普通のりんごを2種類買って帰りました。日本のりんごはでっかくて甘ーい。

jp 16 aomori (5)



夜には友人とそのお嬢さんが合流。市場の隣の居酒屋で夕食。青森のお酒と肴、美味しかった!



limouxdayori at 02:05|PermalinkComments(5)TrackBack(0)旅行/Voyage | 文化/Culture

8 décembre 2016

駅弁 / Ekiben : casse croute dans un train

日本で電車に乗る楽しみの一つが駅弁。

いろいろ入っていてこの値段!最近は結構高いのもあるみたいですね。
フランスでは、駅や車内で買えるのはせいぜいサンドイッチ。食パンではなくバゲットのサンドイッチです。高くてまずいので、どうしても車内で食べなくてはならない時は自前のサンドを持っていきます。

その点、日本の駅弁は素晴らしい。しかも大宮駅は駅ナカが充実しているのでほとんど何でも買えます。それこそバゲットサンドも。
以前からのお気に入りは『おこわ弁当』です。おこわ大好きだし、おかずも野菜が多いのでちょうどいい。これで1000円以下なんて安いよー。


L'ekiben est un bento (lunch box) qu'on peut acheter dans les gares ou dans les trains. C'est un repas assez complet et pas cher, autour de 1000 yen (8 euro) !


jp 16 ekiben (2)


jp 16 ekiben (1)


limouxdayori at 02:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

7 décembre 2016

ジャパン・レイル・パスで長野へ! / Nagano avec le JRpass !

今回、生まれて初めてジャパン・レイル・パス(JR PASS) を購入。
まずバウチャーを事前にフランスで購入します。ネットで簡単に買えました。7日間有効で237ユーロ也。しかしサイトには海外に住んでいること、外国人と結婚していること、その相手がやはり海外に住んでいることなどを証明する書類が必要としつこく書いてありました。
バウチャーは日本国内でパスに引き換えるのでが、その手続きは一部の駅でしかできないので到着早々羽田空港で。ここにはJRは通っていないのにちゃんと窓口があります。ほとんどパス引き換え専用!?いろいろ取り揃えていったのにパスポートと現住所を証明する書類のみチェックされ簡単に発行してくれました。婚姻証明証、納税証明証までもっていったのに。ついでに長距離の新幹線の座席指定もしてもらえました。指定券がタダなのはうれしい。

時差ボケが大体なおってからてからレイルパス使用開始!
日帰りで長野に行ってきました。大宮から新幹線で1時間。指定席も当日予約でOK。

駅からぶらぶら歩いて善光寺まで。

jp 16 nogano (2)

平日なのに結構にぎわっていました。素晴らしいお天気で10月末とは思えない暖かさ!というか暑いんですけど。。。

jp 16 nogano (3)


この辺りはそろそろ紅葉も始まっていました。

jp 16 nogano (1)


お寺の裏をさらにどんどん歩いてゆくと高台に出てよい眺め。街が山に囲まれているのがよくわかります。奥のほうに浅間山が見えるはず。

jp 16 nogano (4)

ちょっと遅めのお昼におそばを食べて、裏道を通ってまた駅へ。善光寺周辺は古い民家も結構残っていました。

帰りの新幹線は寄り道をして上田で下車。
上田城址はすごい人。。。なんだこりゃ?ドラマとかで使われるとすぐこうなっちゃうのね。私は見ていないかなよくわからないけど。。。

jp 16 nogano (5)


帰りの新幹線は予約をせず自由席に乗ろうとしたらなんと満席。平日なのに素晴らしい稼働率!
仕方ないので空いている指定席に座って車掌さんを待ちます。事情を説明してレイルパスを掲示すると、すぐにチェックしてくれ、「この席は軽井沢から乗られる方がいらっしゃいますので同じ車両の何番と何番へおねがいします。」と、速やかに私たちの席を確保してくれました。JRパスすご過ぎ!

その後、都内に出るたびに大宮駅から東京駅まで新幹線を利用。所要時間20分、ほぼ5分ごとに発車。便利だわー。毎日新幹線に乗ってしまいました。


limouxdayori at 17:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行/Voyage | 風景/Paysage

19 novembre 2016

清澄庭園 / Jardin de Kiyosumi

10月末から11月始めのトゥーサン休暇を利用して短期間で日本に帰省!

ヨーロッパでは毎日誰それという聖人の日というのが決まっていますが、11月1日はすべての聖人の日。Tousはすべて、saintが聖で
Toussaintトゥーサンです。
毎年この時期になるとあちこちで菊の花を売っていて、それをお墓に供えるのが習わしです。日本のお盆に当たるのかな?おかげで、菊=墓に供える花というイメージがあります。

もちろんこの日は休日なのですが、9月から学校が始まってそろそろ子供たちも疲れてくるころだろうということで、なんと2週間ものお休みがあるのです。さすがフランス!以前は10日間だったのですが、3年前ぐらいから期間が延びるました。本来なら土曜日に休暇が始まってよく翌週の2日曜日までつまり16日間というのが休暇のパターンなのですが、なぜか今年は木曜日始まりで水曜日終わり。きっちり14日間。現教育相のせいです。あえて名前は出しませんが。。。

ということで、今回の日本旅行は11泊13日という日本発ヨーロッパ行きツアー並みの短さになってしまいました。とほほほほ。

着いたら早速時差ボケで、2日間は夜行性動物と化していました。3日目、これではいかんと午後から何とか外出。都内の清澄庭園に行ってきました。実はここに来るのは生まれて初めて。意外といいとこ!都会のオアシスかしら?

Jardin de Kyosumi a Tokyo !


jp16kiyosu,i02


背景のビルとのコントラストが良い!

jp16kiyosu,i01


アマチュア・フォトグラファーの人気者、アオサギ君!

jp16kiyosu,i03


絵を描く人の後ろに見物人。ちょっと盗み聞きしてみたらフランス語でした。

jp16kiyosu,i04


そのあと界隈を散歩しながら木場公園まで足を延ばしました。関東の秋の日の入りは早くもう夕暮れです。

jp16kiyosu,i05


limouxdayori at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行/Voyage | 風景/Paysage

11 novembre 2016

トランプ・パ・ア・モン・ポスト! / Trump pas a mon poste !

アメリカ大統領選はとんでもない結果に終わりました。
Brexitの時もそうでしたが、相変わらずメティアは一般大衆の不満をまじめにとらえていない感があります。
6か月後の大統領選で、フランスでも同じことが起こらないことを切に願います。

さて、今回の『事件』を例のアニメーター、シリル・アヌナはTouceh pas a mon poste ! の中で以下のように扱いました。

https://www.youtube.com/watch?v=oqzKWHlQPlw

番組の終わりに、新しい番組 Trump pas mon potste ! を開始。
まず、「メキシコ人は退場してください。」で始まり、観客のメキシコ人と思われる人が出ていきます。
次に、女性、ゲイと続き、番組出演者と観客がぞろぞろと退場していきます。
そして最後に「外国人は退場してください。」 これは、外国系の人という意味だと思われます。すると何人かを残してすべてが退場していきます。フランスでは『異国の血』が流れる人が多いので...
最後に残った人たちも結局退場していきエンティング。

毎回お祭り騒ぎのように終わる番組なのでコントラストは一層強かった。

どんな言葉よりもインパクトがありました。


limouxdayori at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事/Actualite | テレビ / TV

14 octobre 2016

TPMP 35時間 /les 35 heures de Baba

毎度ご無沙汰しております。
トゥーリスト・インフォメーションの仕事も9月30日で終了。キオスク最後の日は感無量。達成感と空虚感が入り混じった微妙な感じです。

さて、新学期が始まっていつも見ているテレビ番組も再開。例の大人気のアニメーター、シリル・アヌナがまたまた突拍子ないことを考え付きました。


35h baba


その名も、TPMP :  Les 35 heures de BABA (TPMP 35時間)。10月13日(木)の午後2時から10月15日(土)の午前1時までぶっ続け35時間テレビの司会をするというのです。
ババというのはアヌナのあだ名。途中コマーシャルの時にスタジオを移動したり、食べたり、トイレに行ったりしているようです。シャワーシーンは顔だけ映っていました。
こっちは35時間も付き合ってられないので時々スイッチを入れています。せっかくなので今晩の番組終了シーンは見ようかな!

こちらにも24時間チャリティーテレビはあるのですが、同じ司会者が35時間ぶっ続け生放送をやるのはフランスでは初なのだそうです。それから、36時間でも40時間でもなく35時間というのは、多分フランスの法で決められた週労働時間が35時間だからでしょう。なぜもっとやらないのかという質問に「35時間超えると超過労働時間の人件費が高くなるから。」と冗談で答えていました。

興味のある方はこちらをどぞ。

さすがに、仮眠を取ろうとするアヌナですが。。。
https://www.youtube.com/watch?v=30Mh0CgwfSE

Petit dej' (petit dejeuner) 朝食。
https://www.youtube.com/watch?v=tuQ_j1e9Qbg


limouxdayori at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビ / TV 

7 septembre 2016

美味しいお散歩 / Balades gourmandes

prom groum 1


この時期のお散歩やハイキングでうれしいのは、手ぶらで帰ることがない!ということ。8月中旬はプラム(prunes)の季節でした。黄色、緑、紫、と色々な種類が道端になっていました。

そして8月末からはmures(ミュール、英語ではブラック・ベリー)。今年は家の近くの散歩道に鈴なり。これをとらないという手はありません。


prom groum 5


棘棘があるので要注意!暑いけど我慢して長ズボンをはいて行きます。実が次々に熟していくので2,3日おきにとりに行きました。
"Des mures sont mures !" (ミュールが熟してる!)、なんて駄洒落。
本来ならば2つの "u" に ^アクセント(アクサン・スィルコンフレックス)が付くのですが、文字化けの恐れがあるので省きました。


prom groum 2


熟れている実は甘くっておいしいのですが、粒粒の種がちょっと不快。
ジャムにするともっとひどくなりそうなので、煮た後に漉してそこに砂糖を入れて煮詰めてみました。1.5kgの果実を漉したら750g。そこに350gの砂糖を加えました。ペクチン分が足らずソースのようになってしまいましたが、お味は tres bon !
作った甲斐あり。パンに塗ったりヨーグルトに入れたりしていただいてます。


prom groum 3


ついでに、頂いたイチジクもジャムにしました。こちらは水不足のせいか不作で、甘みも少なかったので砂糖の量を多めにしました。


prom groum 4


秋のお散歩は本当に美味しいです!


limouxdayori at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)風景/Paysage | めしあがれ/Bon appetit

24 août 2016

夏のおすすめドラマ、QUANTICO

夏休み中は何時もやっているテレビ番組もお休みなので、オリンピックを少し見たぐらいであまりテレビを見なくなりました。そんな中唯一毎週楽しみにしているのがアメリカのドラマQUANTICO。フランスのドラマははっきり言って nul (ニュルというのはゼロと同義語、価値がないとか全然ダメとかいう意味です)。そのかわりアメリカのドラマがどんどん入ってきます。

この夏、民放第二の6チャンネルM6が放映したのが。このQUNTICOです。舞台はヴァージニア州に実在するFBI捜査官養成アカデミー。

quantico


全編が、事件の起こる現在とアカデミー時代のフラッシュバックで成り立っています。回が進むごとに現在の割合が大きくなっている気がします。「訓練」と「実地」がパラレルに進行するのがこのドラマの特徴。こういう訓練はこういう実地に役に立つというのがよくわかります。誰が犯人か想像もつかない、と同時に誰もが怪しいというのもミステリーっぽくって面白い。

フランスでは初回に視聴者数が4百万人を超え民放ナンバーワンのTF1を抜いたとか!そして全編がreplayで何度も好きなだけ見られるのもうれしい。Replay というのはインターネット上もしくは経由でテレビを見る場合、放送後1週間好きな時に好きなだけ見ることができるシステムです。QUANTICOは何時でも第1エピソードからすべて見られるので、ここはどうだったかな?と疑問に思ったとき便利です。

日本では某ドラマチャンネルで放送しているようです。

http://www.dlife.jp/media/quantico/


PS.最終回見ました。犯人は最初に「怪しいっ」と思った人でした。。。


limouxdayori at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビ / TV 

21 août 2016

カルカッソンヌ、夏のピーク!/ Pic de frequantation !

ご無沙汰しております。8月に入って一段と忙しい日々が続いています。

フランスの学校は7月、8月がヴァカンス(休暇)ですが、働いている人は2、3週間しか(2、3週間も!)お休みが取れません。7月(juillet)にお休みを取る人を juillettiste (ジュイエティスト)、8月(aout)に取る人を aoutiste (アウスィアン)と呼びます。

カルカッソンヌでは7月いっぱいフェスティヴァルがあり若干テロの影響を受けたものの結構観光客が来ました。
中止もほとんどなく、待望のファレル・ウイリアムスのコンサートも無事に行われました。

ニースの事件の後には街の中心、カルノー広場(place Carnot)で追悼式。1分間の黙とうの後、県知事の挨拶、マルセイエーズの斉唱。堂々と歌える国歌があるというのは素晴らしいことです。

homage nice


8月に入ったら、アウスィアンたちが大量に押し寄せてきて、多い時で一日170人以上の観光客に一人で対応。さすがに150人を超えると夕方にはちょっと頭がどうにかしてきてしまいます。相変わらず世界各国から人々が訪れますが、多いのはフランス人とスペイン人(とくにカタロニア人)。テロや不景気の影響でなるべく近場でヴァカンスを過ごす傾向にあるようです。せっかくのヴァカンスを中止しようとはさすがに思わないのでしょう。家に閉じこもったりしたらそれこそテロに屈することになるので。。。

一応カルカッソンヌでは警戒のため、外国人部隊の兵隊さんが銃をもって市内の見回りをしています。どこまで有効なのかわかりませんがとりあえず人々を安心させる効果はあるようです。

8月25日からは Feria (フェリア、闘牛祭り)があり、またまた人出が増えそうです。



limouxdayori at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事/Actualite 

28 juin 2016

すしパーティー / Sushi party !

sushi 2016

久しぶりにお寿司を作りました!
リムーでも買えて、生で簡単に食べられるのはノルウェー産のサーモンぐらい。時々半身のぶつ切りを買って来て、自分で皮をはいで薄く切ってお刺身にしています。

今回は、お寿司が大好きな義母の誕生日でしたので、きちんと酢飯を作ってお寿司にしました。ガリの代わりにきゅうりの薄切りの塩、しょうがもみを添えました(茶色の器)。青と白の器に入っているのはサツマイモの醤油煮に白ごまをふりかけたもの。このふたつの器は自作です。お寿司ののっている四角いお皿はずっと前に母からプレゼントでもらった砥部焼。小皿は有田の安物です。

陶芸を始めてから、食卓で使う器にもちょっと凝りたくなりました。とはいえ、割るのは悔しいので、高い食器は買わないようにしています。



limouxdayori at 02:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)めしあがれ/Bon appetit 

17 juin 2016

ストライキ終わる / Fin de la greve

日本ではほぼ死語となった「ストライキ」ですが、フランスでは一年中常にどこかで行われています。労働者の権利ですから、公務員だろうと会社員だろうと誰でもストライキをすることができます。

じつは、今、労働法の改正が試みられており、それに反するストライキが3月、5月にありました。しかし今回のフランス国鉄(SNCF、エス・エヌ・せー・エフ)のストライキは無期限スト(greve reconductible) でした。毎回、前日の夕方に翌日のストがあるかが決まるのです。6月1日から始まってなんと昨日まで続いたのです!2週間もストライキが続いたのは多分私がフランスに住むようになって(1997年)以来初めてです。
ストの間列車の本数が減るので、バスを使ったり知り合いの車に同乗したりして通勤していました。列車で来る観光客も減るので、駅前のツーリスト・インフォメーションも暇でした。経済的な影響はSNCFだけでなくあちこちにあると思います。

そして、いかにもフランスらしいのですが、なんとカルカッソンヌのシテ内のコンタル城も何回かストライキをしたのです!国が管理している建造物なので。さらに凄いのは、お城のチケット売り場で働く人たちがストライキをした日は、お城を無料開放。ここまでいくとなんか笑えてしまいます。さすがフランス人。
「お城がストライキで入れません。」というと多くの外国人はエッという顔をしますが、「お城のチケット売り場がストライキなので無料で入れます。」というと別の意味でびっくりされます。

本当に面白い国です、フランスって!

ストライキ中にお世話になったサイトです。前日の夜に毎日見て列車の時刻を確認していました。フランスに来て列車をご利用される方は必ず前日の夜にご参照ください。

http://www.sncf.com/fr/horaires-info-trafic


limouxdayori at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)