2017年06月01日

【季節の言葉】 文月

天の川 (あまのかわ)
織姫
牽牛
逢瀬
銀河
笹舟 (ささぶね)
夏の夜
星の雫
瑞星 (ずいせい)
星祭 (ほしまつり)

続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

【季節の言葉】 水無月

雨宿 (あまやどり)
蝸牛 (かたつむり)
梅雨寒 (つゆざむ)
紫陽花
翡翠 (かわせみ)


続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年05月13日

東山魁夷展 

GW中に、豊田市美術館の東山魁夷展に行った。

東山魁夷はとても好きです。
エメラルドグリーンのイメージがある中、

京都の町の、家々の灯りを描いた1枚が、1番好きかな。


さて、唐招提寺御影堂障壁画、もちろん、素晴らしかった。

kaii
















芸術が良く分かっていない私の、素人目線の感想を。

気になった点は、照明がちょっと「行き過ぎ」だったような。

幻想的な雰囲気を演出するために、敢えて、のライティングだったのか
ちょっとキラキラし過ぎていたように思う。

ま、奈良のお寺では、こういう風には見えないわけで。
オシャレな水族館にいるような、アクアマリーン?な空間でした。


一緒に行ったガイジンさんも、照明が残念、と言っていた。
というのは、襖の縁の、漆(まさに漆黒)部分が、ライティングで
反射してしまっていたから。

川端康成先生、どうでしょ、これ・・・
って思ったわ、本当に。


陰翳礼讃 (中公文庫)
谷崎 潤一郎
中央公論新社
1995-09-18




kaii2
















2017年05月04日

美人画の彼女たち

岡崎市美術館の、美人画展に行ってきた。

和服だと入場料が半額(500円)ということで
友人と気楽な着物で♪  I 半額!

(とはいえ、着付けるのに軽く500円以上のエネルギーが
掛かっている   久々で1時間近くかかったよ^^;)


忘備録として、
それぞれに味があったけど、心に残った作品を。
技術よりも物語性を重視してしまう。

1.岡本大更 「京の町へ」  1916年。 100年前、なのに懐かしい。
近江?からの花売り娘さんの、頭には花を入れた籠。
京の都の華やかさに何を思ったかな。

2.丹羽阿樹子 「遠矢」    1939年
インパクト大!の凛々しい乙女が◎
ビビッドな黄色地のワンピース、草の上に片膝ついて射る、モダンガール。

3.堂本印象 「婦女」     1948年になると、洋装の女性も加わる。
親戚の集まりに唯一の洋装。真っ赤なワンピースに髪にはスカーフ。
瀬戸内少年野球団風でもなくない、、、ような。笑
  
                  
***

ポスターの作品は
『晴日』 上村松園  昭和16(1941)年

bijinga


























こんなにきれいな着物にたすき掛けで仕事をするのか?
と思ったら、ちゃんと解説が書いてあった。
戦争の足音が聞こえる頃、芸術家も遠慮して
「日々の姿」を描くようになった、とかそのようなことらしい。


↓ にしても、この望遠鏡を覗くお嬢さんたち、
都会の恵まれた女学生なんだろうな、と。


『望遠鏡』 由里本景子  昭和15(1940)年

boenkyo




























linda2006 at 19:00|PermalinkComments(0)clip!着物 | いろいろ

2017年05月01日

【季節の言葉】 皐月

胡蝶
苗代 (なえしろ)
矢車 
帷子 (かたびら)
飾太刀 (かざりたち)

続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年04月27日

『和食の英語 表現辞典』

図書館で借りた本。

英語表現のため、というよりも
そもそも、その食べ物は何なのかってことを
知るのに良いです。



和食の英語表現事典

「鶏の水炊き」を Chicken hot pot というのは、
ちょっと違う気がするけど。

(私の勝手なイメージのホットポットは、オーブンで焼いている)

「ういろう」 Sweet rice jellyって、言い得て妙♪


linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip! | イギリス&英語 

2017年04月02日

芭蕉に触れる (忘備録)

三重県伊賀市を訪れ
予想通りの、軽い忍者攻めに戸惑った↓後、
http://blog.livedoor.jp/linda2006/archives/51993927.html



芭蕉ゆかりのスポット2か所を訪れた。

大きな通りを歩いていたら、芭蕉翁生家が。

松尾芭蕉が生まれた家(の跡)

兄 松尾半左衛門が継いで住んだ。

芭蕉は江戸にでる前に、裏庭にある
「釣月軒(ちょうげつけん)」(弟子たちの出資にて建てられた)
『貝おほひ(おおい)』を執筆したらしい。
1885年に松尾惣内が売却し、1950年に上野市(現 伊賀市)が入手。

びっくりしたのは、芭蕉の料理の腕!
1694年8月に、兄 半左衛門宅に完成した新庵(その名も無名庵)で
月見の宴を催した。 その際のご馳走は芭蕉が作ったそうで、
直筆のお品書きと、その料理を再現した写真、とても立派だった。

芭蕉とお月見してみたい!



蓑虫庵(みのむしあん)


芭蕉五庵の1つ。 
芭蕉翁の門弟 服部土芳(どぼう)の草庵。

1688年3月 庵開きの祝いとして芭蕉が贈った句
【みの虫の 音をききにこよ 草の庵】 にちなんで名づけられた。

庭の古池を眺めて、カエルを探してみる、、、。あ、いた。


そういえば、伊賀の街のあちこちで「蓑」「みのむし」という
字を目にした。 芭蕉の俳句が今に生きる街なのですね。

伊賀は、伊勢、志摩やら松阪と比べてずっと近かった。
また行こうと思う。


linda2006 at 12:10|PermalinkComments(0)clip!いろいろ 

忍者の街にて

三重は伊賀上野に行ってきた。

伊賀といえば、忍者(っていうかもう、NINJA!)と芭蕉。

伊賀の組紐は、和装するようになって以来、憧れグッズとなった。
今日も美しい組紐をじっくり見てご満悦。

お茶でも飲もう、と入ったお店が、ユニークで。
(ユニークという便利な単語に逃げさせてください

避けようと心に決めていた、忍者がウリ? えっ?!


0e364f72猫まで、、、お疲れ様。

1日何回も、これ、着させられて
お客に撫でられて、、、
お疲れ様。

私、、、猫が苦手、、、ごめん。


でも店主さんが
どうぞどうぞ、って横に来て
ツーショットどうぞ、とかいうから
それは勘弁して、、と思いつつ
写真は撮りました。 




おぉ、いるいる、、、忍者の姿の人々が。 あ、忍者か^^;
ピンクとか赤のチビッコ忍者がかわゆい〜。
忍者ってそんなにも目だってよかったっけ? 笑

あ、忍者集団。 あれ? あれ?
露出した目元は、、、マレーシア系?
イスラムのご婦人方は、やっぱり顔を覆った忍者ルックが
とてもお似合いです。



linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!いろいろ 

2017年04月01日

【季節の言葉】 卯月

巣立 (すだち)
思い出
水ぬるむ
帰雁 (きがん)
遠霞 (とおがすみ)


続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年03月26日

打眠

meレトロなテレビがかわいいな。

まさにこういう状態で昼寝中に、メール着信音がなった。
届いたメルマガには、このイラストが。

毛布掛けてくれてたガイジンさん、ありがとう。

雨の中、ふらりと茶室に行ってみた。

軸は「打眠(ためん)」

「だみん」とも「だめん」とも読むらしい。 こういうの困る。 
はっきりしてもらいたい。^^;

ネットで意味を調べてみたら「僧が眠ること」らしい。

日曜日 一雨ごとに春めいて ますます眠い私かな。 (才能ナシ)


linda2006 at 20:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年03月08日

メディカルな仏様へ、いつも花を

散歩がてらに、お参りをする。

160330_122322
薬師如来は
マイ・フェイヴァリット・仏様だ。

薬を使って人々を救う
メディカル担当。


ありがたや!




お腹いたっ。 あ、怪我したっ。

そんなときは、
おんころころ せんだり まとうぎそわか。


以前、ガイジンさんが、医療保険に加入した時に
「私は、いつも おんころころせんだりまとうぎそわか
って言っているから、保険に入らない」って
お断りしたんだけど、

「それは別の話です!」って反対されて
私も保険に入った。

でも私は信じている。

我が家が健康に恵まれているのは
薬師如来さまのお陰だって!!


最近では、友達のお父さんの分までお祈りしておいた♪

我が町の小さなご本尊、古くてガタついている^^;んだけど
いつも、お花が供えてあって、とても明るい気分になる。


160330_122331
いわゆる「仏花」だけでなく、
水仙、桃、桜、
カキツバタにアジサイ、
百合にヒマワリ、、、

と季節の花が、アンティークな窓からのぞく。


私の好きな場所のひとつ。



linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!花・どんぐり 

2017年03月01日

【季節の言葉】 弥生

流し雛
五人囃子
雛の里
曲水 (きょくすい)
雪洞 (ぼんぼり)
雛の宵

続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年02月03日

胸を打つスピーチ その1

先日、任務を終えたケネディ元駐日米大使が
お別れの挨拶をした。

その中に、「父であるケネディ元米大統領の就任演説や、
母(ジャッキー)の思い出を話して下さった方々に感謝します」と
あった。

***
(ちなみに、私は8年前の新年の抱負を「ジャッキーになる」にしている。笑)
2009年 http://blog.livedoor.jp/linda2006/archives/51167003.html
つい最近、誰かさんによる就任演説
アメリカ!グレイト!連発のアレを聞き(聞かされ)
全世界ががっかり、あんぐり、わなわな、、、みたいな感じだった。
***


私は、レッスンでケネディ大統領の就任演説を取り上げ、
生徒たちに音読してもらう。 良い言葉、美しき言葉は
心にしみ、いつの間にか暗誦ができている。

「アメリカ国民の皆さん、あなたの国が、あなたに何をしてくれるか
ではなくて、あなたが国のために、何ができるかを問うてください。
世界の国々の皆さん、アメリカが何をするかではなくて、
ともに、世界のために何ができるかを考えましょう」

という内容のあまりにも有名なスピーチ。

こうやって、後世に語り継がれる。


もちろん、現アメリカ大統領の演説も、ずっとずっと語り継がれる。

レッスンでは取り上げるかな?
ま、品格が特になくって、小学生並の簡単な構文と単語ってことで
もっともっと使わえるな、と英語講師である私は思っている。

しかし、だ。
トランプにもちょっとは言って欲しかったな。
「世界平和のために」ってクサいことを。




2017年02月01日

【季節の言葉】 如月

春天
福は内
豆撒 (まめまき)
桝 (ます)
立春
萌春 (もえはる) 
ー なんだか、とってもポップ♪ 
             私のお気に入り「草萌(くさもえ)」を抜いたね、これ。
続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年01月07日

パンチを求めてキムチ乗せちゃったけどね

ついつい、こんなの買ってみた。

nanakusa
セリ
ナズナ
ゴギョウ
ハコベ
ホトケノザ
スズナ
スズシロ



















漬物どんぶり?

いやいや、塩で茹でた七草を乗せたお粥。
もっと細かく刻むような気がするけど、、、。笑


P_20170107_121328_vHDR_Auto



























無病息災。 健やかな1年を願い、頂いた。

私はお粥が好き。
お粥クッカーも持っているほどだ。
でも仕舞いこんでいるいるとなかなか使わないので、
これを機に、すぐに出せるところに置いてみた。

ちょっとお粥生活してみようかな。


linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!「食」 

2017年01月05日

【季節の言葉】 睦月

今年は、毎月、その時期の言葉を覚えよう。

大福
福寿
若水
萬歳 
ー   入力時に \(^o^)/ が出てくる
布袋

続きを読む

linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!日本語ノート 

2017年01月03日

貯金箱ってグレイト! (金持ちになった私)

まずは一句。

 新年や あけて笑顔の 貯金箱 


こっそりと、「「今年の目標!」とか掲げるのが好きだ。


昨年の抱負のひとつは「お金を貯める!こと。 

株? 外貨預金? うさんくさい投資話?

いや、 実直に、愚直にいってみよう〜!

全は急げ=3と、貯金箱を作ってみました。 
(貯金箱の買うという無駄を排除!)

これ↓  ついでにガイジンさんの分も作ってあげた。

pb2


























500円貯金スタート!


ポイントは、できるだけ千円札を使うこと。
貯金箱に入れるために、500円玉を仕入れる、
という感覚だ。

調子に乗って毎日数枚入れたこともあった。
すると、だんだん懐が寂しくなり、
え、、、どうしてこんなにお金がないんだ?という月もあった。

だけど、やめられない。
だって、コインが増えていくって、顕著に重さに表れるから!

ということで、貯金箱オープン!のセレモニー。
1年間、頑張った。

オープン! はい、ドンっ!!

piggybanks


























数えましょう。

pb3


























私、71,000円。  ガイジンさん、3,500円。


500円玉貯金を信じて良かった!

今年は10万円行けそう。
コツをつかんだぞ。

ガイジンさんは、こういう私の姿勢をちょっと見習ったらしく、
今年は5万円を目指すそうだ。 笑


ささやかだわ〜。 我が家。
ビッグなお金に無縁。笑

さて、と。 7万円♪ どうしようっかな。



linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!いろいろ 

2016年12月28日

付け焼刃とか、悪あがきとか、無駄な抵抗とか

ヘンリーとかチャールズとかリチャードとか
ジョージとかエリザベスとかメアリーとかアンとか、もう、、、。

この際、整理整頓しよう。
・・・と思って、今年はちょろっととっつきやすい本から読んでみた。

日常会話に、キングやらクイーンやらプリンスやらプリンセスが
出てくると、冷や汗がでちゃうよ。 

怠慢だった若き日のツケが、こういうところにも出る。
背中やお腹の贅肉だけではありませぬな。


イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)


イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫) [文庫]
河出書房新社
2012-04-17


























あ〜。ちょっとすっきりした。

この調子で、来年は徳川、とかやってみようと思います。

あまりにも人々が歴史の話をするので、
そこに参加できないことが多いの私。



linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!イギリス&英語  | 

2016年12月25日

穏やかな週末が、クリスマスっぽい

今年はクリスマスが週末に重なって、理想的。
我が家の標準、何の予定もなく自宅にこもったクリスマス。

スーパーの刺身なぞつまんだりして。

今年のスペシャルゲストは、
本格的なクリスマスケーキで、
華やかにコニャックなど使ってあります。
ありがたや。


カッチンカッチンのアイシングとマジパン。
濃厚。 

christmas


linda2006 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!クリスマス 

2016年12月12日

日本人の英語と国際性ー底上げされてます

先月、多数のイギリス人と接することになり、
大慌てで、耳慣らしに行ってきた。


『ブリジット・ジョーンズの日記3』を観た。
公式サイト http://bridget-jones.jp/

気付いたことがある。

あちこちで、ゲラゲラ笑い声が聞こえてくる。
さすがはブリジット。
ナイトショーに来ている観客も、いわゆるアラサーな女性多し。


昔、英語の映画を劇場で観るたびに、起こった現象がある。

すっごくおかしいところで、誰も笑わない。


外国人客は、ブハッ! ガハッ! OH!と大爆笑しているのに
日本人は何事もなかったように、反応しない。

え、ここ面白いじゃん〜〜。
え、あ、、こう訳すしかないのか〜〜。

いや、ここ分からなかったらモッタイナイわ〜。

とか思うことが常だった。
しかし、今回は私より迅速な反応で
ゲラゲラ笑う笑う。 あれ? イギリスらしい習慣も分かっているんだ、皆。
へぇ〜、客席の一体感♪っていうのを感じてしまった。


これはもちろん、21世紀を生きる我々日本人の
英語力が、20年前と比べてずっと上がった、というのがひとつ。


次に、海外体験や、在日・訪日外国人との接触で
感覚が国際的?になった、と考えられる。

そして、書籍と同じく、翻訳者のレベルも上がったのだろう。
(戸田奈津子さんごめんよ)


ブハブハ笑っている「女子会」(これ、もうそのもの。
それぞれが大きいポップコーンを抱えて、5人ぐらい並んでて。
きっとこの人たちはSATCも一緒に観たのだろう)メンバーズを
頼もしく思っていた、、、矢先に、、、

あれ?
あれ?
あれ?

私だけしか笑っていない、、、。
ここ、めちゃくちゃ面白いじゃん〜〜〜。

産気づいたブリジットを、恋人?マークが抱えて夜道を歩く。
お姫様抱っこ、というあれ。

BGMは♪Up Where We Belong♪ だよ?

『愛と青春の旅立ち』のパロディ、誰も気づかないんだ、、、。

officerandgentle













若者たちは英語力及び国際感覚を身につけているが、
やっぱり人生経験が浅いっちゅうことです。

いや、私の年齢が↑だった、ってことです。笑

****

『愛と青春の旅立ち』についての過去記事
http://blog.livedoor.jp/linda2006/archives/50940393.html