2004年05月11日

五月病になりたい

(タイトルと本文は関係ありません)

USBで起動するアレやコレですが、BIOSでのサポートが増えていかないので中々どこでも使えるようにと言う訳には行かない状況になっています。
Linux界隈では この様な試みに対して従来のメーカー製 BIOS (AMI Award etc.)に限界を感じている人が多く自前でBIOSを作って置き換えてしまおうと言う動きがあります。
さすがにパソコンのBIOSを書き換えると言う作業は、失敗するとマザーボードがただのおろし金になってしまう可能性を大いにはらんでいるので、チキン根性を発揮して実際に試すのは、もう少し様子を見てみようと考えています。

http://www.linuxbios.org/



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lindows_staff/574957
この記事へのトラックバック
LindowsOS開発日誌の記事でLinuxBIOSというものが紹介されていた。LinuxBIOSが適用されているPCの場合、3秒でLinuxの起動ができるというではないか。どうやら通常の起動時にいろいろチェックしているプロセスを省略しているらしい。 私はKNOPPIX(CDからブートするLinux)を
もしもPCが3秒で起動できるなら。【データバックアップメモ - extended -】at 2004年05月23日 14:30
LindowsOS開発日誌の記事でLinuxBIOSというものが紹介されていた。LinuxBIOSが適用されているPCの場合、3秒でLinuxの起動ができるというではないか。どうやら通常の起動時にいろいろチェックしているプロセスを省略しているらしい。 私はKNOPPIX(CDからブートするLinux)を
もしもPCが3秒で起動できるなら。【データバックアップメモ - extended -】at 2004年05月23日 14:31