linesticker LINEスタンプを作って販売してみました。

イラストを描くのも初心者の私がLINEスタンプを作って販売しました。 イラスト作りからLINEクリエーターズマーケットへの登録~販売までの過程をまとめました。LINEスタンプ掲示板もあります。




LINE Creators Studioアプリが公開されました

2017.06.12付けで「LINE Creators Market」から

「LINE Creators Studioアプリ」が公開されました!
公式サイトより
LINE Creators Studioでは、イラスト作成ソフトや、パソコン・ペンタブレット等のデジタル機器を使用することなく、簡単にスタンプを制作できます。
撮った写真を加工したり、イラストを描いたり。切り抜きや透過も簡単です。
さらに、スタンプの審査申請や販売もスマートフォンから対応できます。

今まではスタンプ元をスマホに撮影してから、別の画像加工アプリで加工して更にLINE Creators Marketへ登録し直して申請してetc・・・。

手順が複雑で面倒でしたがこれからは、スマホだけで一気に画像の加工から背景の透過、文字入れスタンプの審査申請や販売までもスマートフォンだけで対応出来るようになりました。

詳しくはこちらから「LINE Creators Studioアプリとは?」
https://creator.line.me/ja/studio/

パソコンが無くて、スタンプが作れない。

スマホアプリで画像を加工するのは難しい。

そう思っていらっしゃる方には是非、一度試して頂きたいと思います。

特におススメしたいのが、写真からスタンプにする場合です。

写真を選択
カメラロールから写真を選択します。

トリミングする
スタンプとして切り抜きたい部分を指でなぞってください。囲み終わると範囲の微調整ができます。画像は拡大・縮小・回転が可能です。

背景を削除
自動的に背景が削除され、スタンプになる部分が残ります。

スタンプの完成
最低8個以上を制作して「販売」をタップします。

その後、申請を行って承認されれば、これだけでオリジナルのスタンプが簡単に出来てしまいます。

家族の写真やペットの写真をよく使う方には大変良いアプリなのではないかなと思います。

すでにスタンプを販売されている方はもちろん、まだスタンプを販売したことがないクリエイターの

皆さまも、これを機に、ぜひLINE Creators Studio​でスタンプを制作・販売してみてくださいね。

アプリのダウンロード
App Store https://itunes.apple.com/jp/app/line/id1239684967
Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.usersticker
※現在、日本のApp Store、Google Play限定で公開中です。
(日本以外でのGlobal展開は近日予定)

お知らせ
最新スタンプ「ふきだしパンダフレンズ」を販売開始しています。




私が運営している「LINEスタンプ掲示板」もあります。

まだまだ投稿数が少ないので、是非一度ご覧くださいませ!
クリエーターの皆様の投稿をお待ちしております!
http://6225.teacup.com/linesticker/bbs

私のツィッターです。スタンプ宣伝がメインですが、日常会話もつぶやいております。
フォローとリツィートして下さるとうれしいです!

tttomi(@tttomi8888)さん Twitter
https://twitter.com/tttomi8888
フォローして下さった方は、こちらからもフォローを致します!

LINEスタンプ作りに役立つサイト「KURARI Studio」様

ブログネタ
役立つサイト に参加中!
LINEスタンプを作っていて「きちんと透過出来ているのか確認したい」

時にとても役立つサイト様です。

KURARI Studio様
http://kuraristudio.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
4作目のスタンプがリジェクトされて、訂正をしている時にスタンプシュミレーターよりも大きく画像が見れないかと思って検索で見つけました。

シュミレーターとは違ってパソコンの画面上で大きくイラストが透過出来ているか見る事が出来ます。

ブログ記事内のHTMLソースをメモ帳へコピー&ペーストして.htmlを付けて保存します。

例えばtouka.html とかkakunin.htmlとか何でも好きなファイル名で良いです。

そのhtmlファイルをLINEスタンプを保存してあるフォルダに入れてダブルクリックをすると

ブラウザが立ち上がり、背景が青になってイラストが確認出来ます。

とても綺麗に透過出来ているか確認出来ます。

htmlって本当に不思議ですね。何故こう言った風に出来るのか分かりませんが

本当に便利でした。

使い方が分からない時も下の方のコメント欄で詳しく説明がされていますので

私も出来ました。

是非、一度使ってみて下さいね。おススメです!

お知らせ
2016年9月30日、新作スタンプ「ふきだしパンダフレンズ」を販売開始しました。




私が運営している「LINEスタンプ掲示板」もあります。

まだまだ投稿数が少ないので、是非一度ご覧くださいませ!
クリエーターの皆様の投稿をお待ちしております!
http://6225.teacup.com/linesticker/bbs

私のツィッターです。スタンプ宣伝がメインですが、日常会話もつぶやいております。
フォローとリツィートして下さるとうれしいです!

tttomi(@tttomi8888)さん Twitter
https://twitter.com/tttomi8888
フォローして下さった方は、こちらからもフォローを致します!

LINEスタンプ規約変更でますますLINEスタンプ制作が身近になります。

ブログネタ
LINE(アプリ) に参加中!
2016年10月6日、LINE Creators Marketからお知らせがありました。
https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/
スタンプが1セット8個から申請可能に! 写真スタンプも受付開始しました。

LINE Creators Marketは、より多くの皆さまに、手軽にスタンプ作りをお楽しみいただけるよう、本日、2つのアップデートを実施しました!

1) 1セットのスタンプ個数が8個から選択可能に!

これまで、1セットのスタンプ個数は静止画40個、アニメーション24個でしたが、本日から最少8個での申請が可能になりました。

1セットのスタンプ個数は、下記の数から選択いただけます。

静止画:8個、16個、24個、32個、40個

アニメーション:8個、16個、24個

※スタンプの販売価格は従来通り1セット120円から設定可能です。

※ただし、審査中や販売中のスタンプの個数は変更できません。


今まで、静止画スタンプは40個頑張って作らなくてはいけませんでしたが、今日からはたったの8個作るだけでOKになります。加えて、写真の加工でもOK!

とにかく自分で作ったスタンプが使いたい、早く作って販売したいと言う方には最適だと思います。8個だと主な挨拶で終わってしまうので、少し物足りないかなと思いますが8の倍数で販売が出来ますので増やすことも出来ますね。

写真は著作権の所在がありますので別途、書類が必要になるようです。

※写真を素材として使用している場合は別途、権利確認書類をお送りいただくことがあります。

それでもペットや自分独自で作った作品をスタンプにするには最適ですね。

注意事項にもありますが、イラスト8個セットでも40個セットでも1セット120円での設定になりますので8個のスタンプを購入をしてもらうには割高感があるかなと思います。今まで販売してしまったものや既に申請をしてしまったものも変更は出来ません。

しかし、写真加工も可になり今までイラストを40個書くのに挫折してしまった方には朗報だと思います。

是非是非、多くの皆様に自分で作ったスタンプを使ってLINEを楽しんで頂きたいと思います。


お知らせ
2016年9月30日、新作スタンプ「ふきだしパンダフレンズ」を販売開始しました。




私が運営している「LINEスタンプ掲示板」もあります。

まだまだ投稿数が少ないので、是非一度ご覧くださいませ!
クリエーターの皆様の投稿をお待ちしております!
http://6225.teacup.com/linesticker/bbs

私のツィッターです。スタンプ宣伝がメインですが、日常会話もつぶやいております。
フォローとリツィートして下さるとうれしいです!

tttomi(@tttomi8888)さん Twitter
https://twitter.com/tttomi8888
フォローして下さった方は、こちらからもフォローを致します!








★ブログの記事が参考になりましたら
1クリックお願いたします!(´▽`)


LINEスタンプ ブログランキングへ

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』


★私の作ったLINEスタンプです。










テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ




メッセージ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ