さて、それではネクサス EL プロ 48とXT プロ 48の
試打評価を


DSC_1232


~第一印象~

まずEL プロ 48(スピン寄り、以下EL)の方は、
打っていてクセらしいクセはほとんどない

強いて言うと、スポンジ厚が2.2~2.3㎜と厚めな分
球持ちがわりかしあるかな~という程度で
すごく速いボールが出るとか、回転量がえげつない
とか、そう言うのは全くない

例えるなら、「ハイエンドモデル」と
「ハイエンドと廉価の中間的なラバー
(スーパーヴェンタスやヘキサーグリップ、
パワーグリップ)」の間のようなラバー

ちょうど、ラクザXのスポンジを2.2~2.3㎜にした
ようなラバーと言っていいかもしれない
(厳密に言うとラクザXの方が弧線高い、ELは
本当に弧線がやや高いか普通ぐらいで特別高くも
低くもない)


一方で、XT プロ 48(スピード寄り、以下XT) は
少しクセがある

打っているとこっちの方がスポンジ硬度48度らしい
硬さを感じて、直線的に飛ぶのはこれまでの
スピードタイプのラバーでも見られたけど

少しスポンジが硬すぎるのか、反発するときの
スポンジの復元力が弱いのか、普通に打つ感じだと
スピード感もさほどなく、面を被せると落ちてしまい
あまりスピン系テンションユーザーには好まれない
だろうラバーだった



~ドライブ系~

ELはスピードやスピンよりも操作性のしやすさ、
コントロールの高さに比重を置いてるように思う

擦る感じで打つとスポンジの厚さのお陰で相手の
ドライブの球威をそんなに感じる事なく打ち返せ、
なおかつしっかりコートに収まるように入る安心感
がある上、台上ドライブもオーバーせずに振れば
入る所がある

スポンジに厚く当てるとしっかり飛ぶため、飛距離
で困る心配もない

ドライブの強さに自信があって安定感を求めたい
人にはうってつけのラバー


XTはELと比べると安定感は低いけど、決定力の高さ
を備えていた

単純に擦ったりぶつけるように打つのではなく
インパクトの瞬間に手首でもう一押し加えるように
面を少し立てるように打つとELよりもコートに
突き刺さるような速いドライブが打てた

ただ、咄嗟に打たなきゃいけないような状況だと
やっぱり回転量の低さが出るので、ELよりも
万能性はない



~ブロック~

特に書くことない

第一印象やドライブの所で触れたように
ELはクセがないからこうしなきゃいけないとか
他ラバーと違ってこういうボールが出るとかないし

XTは少し面を立てるようにしてやれば後はだいたい
想像通り


~サーブ&レシーブ~

こちらではXTの方が好感触だった

第一印象で受けていた飛ばなさが小技で良い方向に
転がって、サーブやレシーブで短くしやすいだけ
じゃなく、切りにいけて回転が掛かる感じがする


ただ、ELも及第点はしっかり越えていて不満もない

今自分がメインで使ってるQ5や前に試打で打った
ヴェガツアーと比べても大して感覚変わらない、
変える必要がないくらいすぐに慣れる



~その他~

ELは勝手に飛んでいかないで技術で飛びを抑え
られたりXTは一押し加えないと飛ばない所あるから

どっちもカットマンが使うとしたらありなラバー
だとは思う(試打ラケットが特殊素材入りだから
断定はできないけど)



~まとめ~

本当にこれといった特別な性能感がないからもう
書くことないな・・・

良い意味でも悪い意味でも尖ってなくて普通
同系統のラザンターはクセが強いけど
そうして見ると尖ってなさすぎる

ただ、けっこう国内で流通してる普通のタイプだと
決定力ちょっと厳しいな~と思ってた中で
ELはしっかりある方


そして、XTはより一押しするインパクトで打てて
ポジショニングがしっかりしてればいけるけど・・
ちょっと難しいラバーかな~



これが国内で流通するとなって売れるかどうかは
分からない(プロモーション次第の所がある)けど
わりかしヒットする可能性もあると思う

と言うのは、卓球王国さんが出してる用具の売上
ランキングを見ても、性能の総合力が高くて
弾み過ぎないラバー、ファスタークG-1やロゼナが
売行き良く、
2019年9月号に載ったブラインド試打で購入を
検討したい一番のラバーは弾みがそこまで
でもないし全体のランキングでも突出してない
ラクザXが一番だったりしたことから

普通にクセがなくて全体のバランスが良く、弾み
過ぎないELは求められる要素がしっかり揃ってる


そんなネクサスシリーズの一部を打って、今後の
GEWO(ゲヴォ)の動向を見つつ
アルナの活躍にも期待していきたい