食べログを提訴!というニュースも昨日ありましたが、飲食店にとって
食べログの点数や口コミの影響は年々大きくなってきています。
ちょっとしたクレームや指摘も、食べログのクチコミに書かれてしまうと
来店客数に影響することも多いのです。

今回は、食べログを前向きに捉えて、店としての上手な使い方をお伝えしたいと思います。


飲食店の集客策で「食べログ」を効果的に使うと集客力が増します。
私は食べログの手先ではありませんが、飲食店がネット広告で費用対効果のある手段の一つ
として優れている面が多々あります。

しかし、
口コミが0件、1件というようなお店で、店舗会員になって積極的に情報を掲載するのも
どうかと考えます。はたから見ていると痛々しい店に見えてしまうのです。

店の関係者が自作自演で書き込みするのもNGです。
レビュー数が数件しかなく、得票数もないユーザーアカウントで評価しても
ほとんど反映されませし、自演が見抜かれ、これも痛々しく見えてしまいます。

こういうお店は、素直にホットペッパーやぐるなびで露出したほうが
手間なく露出は増えると思います。


じゃ、どんな店が食べログで集客できているのか?
下記図はある地方都市の4月のエリアのランキングです。
キャプチャ

TOP10くらいまではアクセス数は多いのですが、それ以下は
ほとんど横並びということが分かります。
1位の店と2位以下の店の差が非常に大きいですね。
地元だから分かるんですが
1位〜10位くらいのお店は実際によく集客できている繁盛店です。

そして、ほとんどのお店がロングテールの中から下くらいに入っています。
食べログの仕様上、エリア順位は100位までしか見えないのですが
このエリアの場合
100位のアクセス数で約1000件、30位のアクセス数で3000件という数字がでています。
当然ですが、首都圏のお店の場合、アクセス数自体もこの数倍の差がでてきます。

私の経験上
店舗会員になって、キチンと情報を整備、手間をかけることによって
ロングテールの真ん中くらいから上の位置をキープすることは十分可能だということです。
さらに、現状の店の点数やランキング順位によっては
ぐるなび、ホットペッパーに広告を出すより、かなり低い投資で同等以上の成果を出すこともできます。

最低限、無料の店舗会員になって、お店の情報を登録することをおすすめします。



この先は無料認証ユーザーさんに公開します。
認証パスワードが欲しい方は下記ページより
認証パス希望とフォームよりお知らせ下さい。
認証パス発行


公開を終了しました。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。