lionのポケモン上級者への道

BW参戦組の人間が上級者を目指して頑張ります。 ポケモンのことを中心に書いてきます

567c99e6







メガシンカしてよりMSみたいなシルエットになったメガカメックス。

今回はこの子について書いてみます。

カメックス(控えめ)@カメックスナイト H:164 B:4 C:212 D:60 S:70
水の波動・悪の波動・龍の波動・波動弾

フル波動のメガカメです。Hを16n-1調整、Bを余り、Cを盾ガルドを水波+悪波で落とせる調整、DをC特化メガリザYのソラビ耐え調整、Sを4振りクレセ抜き調整しています。

XYより登場した新特性「メガランチャー」を生かすため、すべての技を波動系にしています。
水の波動は一致技として採用しました。単純威力は特性込でもドロポンの方が高いらしいですが、今回は命中・追加効果の混乱があることを考えこちらを採用しました。
悪波は6世代に入り悪タイプの技の通りがよくなったことと、クレセ、ガルドへの打点として採用しました。
波動弾は鋼やバンギへの打点として採用しました。
龍波は対龍用の技として採用しましたが、ほとんど使う機会がなかったので他の技でもいいかと思います。
攻撃技ならアクジェやミラコ、補助技なら欠伸あたりがいいかと思います。

この子はH振りだけでも大抵の攻撃を耐えられる耐久と、幅広い攻撃範囲と火力が強みかと思います。
この子を主軸にするなら、Sが早くトンボルチェンができるような子と組んでみるといいかもしれません。


ここまで見てくださった方いらっしゃいましたらありがとうございました。

メモがてらにシーズン5の戦績を書いていこうと思います。

勝ち:78 負け:60 最高レート:1834 最終レート:1753

シーズン4より対戦はこなしましたが、まだまだ少ないなぁという印象です。

6世代最後のレートは有終の美を飾りたいです。

当ブログ2周年&3年目突入でした。

こんな調子でこれからもやっていきますので、これからも何卒よろしくお願いします。

メガヘラクロスメガカメックス201407272124563beニンフィアナットレイファイアロー







今回はシーズン5で使ったメガヘラを主体にしたパーティに関して書いていこうと思います。

まずは個別紹介から書いてみようと思います



ヘラクロス(意地っ張り)@ヘラクロスナイト H:156 A:204 B:44 D:6 S:100
種マシンガン・ロックブラスト・ミサイル針・地震

メガヘラです。Hを16n-1調整、Aを11n調整、BをA特化鉢巻ガブの逆鱗耐え調整、Sをメガ進化後4振りFCロトム抜き調整、余りをDに振っています。
このパーティのエースです。今回はギルガルドが重い気がしたので地震を入れています。


カメックス(控えめ)@カメックスナイト H:164 B:4 C:212 D:60 S:70
水の波動・悪の波動・龍の波動・波動弾

フル波動のメガカメです。Hを16n-1調整、Bを余り、Cを盾ガルドを水波+悪波で落とせる調整、DをC特化メガリザYのソラビ耐え調整、Sを4振りクレセ抜き調整しています。
ヘラできついクレセドランや霊獣ランドなどに強い枠として採用しました。
普通に使いやすく強かったです。


ニンフィア
http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/36595178.html
↑詳しくはこちらを(今回タブンネさんという方のブログを参考にさせていただきました。)

眼鏡ニンフィアです。フェアリー自体の通りは比較的いいのでトリルエースとして採用しました。


ナットレイ(慎重)@食べ残し H:252 A:44 B:92 D:116 S:6
種マシンガン・ジャイロボール・ステルスロック・宿木の種

テンプレナットレイです。Hぶっぱ、Bを陽気テラキのインファ1耐え調整、Dを臆病珠ラティオスのめざ炎1耐え調整、あまりをASに振っています。
粉技や毒技に強く、基本的な耐性、耐久も高いことから採用しました。
この枠は鉢巻ナットレイでも面白かったかなと思います。


ファイアロー(陽気)@ゴツゴツメット H:252 B:180 S:78
ブレイブバード・鬼火・挑発・羽休め

ゴツメアローです。Hぶっぱ、Sを最速ガブ抜き抜き調整、余りをBに振っています。
ナットレイとの相性がよくメガガルを見る枠として採用しました。
物理アタッカーに対してかなり強いです。


ポリゴン2(控えめ)@進化の輝石  H:244 B:4 C:252 D:6 S:4
トライアタック・冷凍ビーム・放電・トリックルーム

輝石ポリ2です。Hを16n-1調整、Cぶっぱ、余りをBDSに振っています。
トリルをはってトリルエースが暴れやすい場づくりをしつつ、自身も負担をかけるアタッカーとして動けるようにHCベースにしています。
因みに特性はトレースです。


以上が個別紹介となります。
パーティ全体としては、トリパとなっています。最高レートは1834でした。

トリパを回してみて今の環境でトリパを回すのはかなり難しい印象を受けました。
ただ、今回の収穫としてメガヘラとメガカメの使用感の良さを確認できたのはよかったです。
もうしばらくシーズン5~6は、メガヘラ主体のパーティで頑張ってみようかと思います。


ここまで見てくださった方いらっしゃいましたらありがとうございました。

171





今回は第6世代に入ってから育成したランターンについて書いてみようと思います。



ランターン(控えめ)@拘りメガネ H:52 B:52 C:188 D:148 S:68
ハイドロポンプ・10万ボルト・ボルトチェンジ・冷凍ビーム

眼鏡ランターンです。Hを16n-1調整、BをA特化鉢巻アローのブレバ2耐え調整、Cを11n調整、Dを無補正CぶっぱメガリザYのソラビ1耐え調整、余りをSに振っています。

技に関しては眼鏡型のテンプレ構成になるのではないかと思います。

6世代に入り、特殊技が全体的に下降修正された部分があるので調整の際はHBベースでもいいかもしれません。
冷Bの枠ですが、冷B自体あまり使わなかった印象があるのでめざパでもいいかもしれません。

大会の際に久しぶりにランターンを使いましたが、まだまだ前線で活躍できるいいポケモンだと再認識しました。


ここまで見てくださった方いらっしゃいましたらありがとうございました。

このページのトップヘ