ポール・グレアム「ブラッドリーの幽霊」を翻訳しました。




原題は「Bradley's Ghost」で、原文は以下です。


http://www.paulgraham.com/polls.html




英語に強い方、ぜひアドバイスいただければと思います。


よろしくお願いします。


なおこの翻訳は、moonan様、NAPORIN様、korompa様のご協力をいただいています。ありがとうございました。




ブラッドリーの幽霊


Bradley's Ghost




2004年11月


November 2004




現在、多くの人々がケリーの敗北について書いている。ここでは、その中でも「出口調査はなぜこうも間違ったのだろうか?」という問題に絞って考えてみたい。


A lot of people are writing now about why Kerry lost. Here I want to examine a more specific question: why were the exit polls so wrong?




ケリーは結局、オハイオ州で49-51で敗北するのだが、出口調査では彼は52-48で勝つはずだった。これは単なる確率的な誤差ではなかった。競り合ったすべての州で、ケリーへの投票は過大評価された。フロリダ州では、結局ブッシュが52-47で勝ったのだが、出口調査では大接戦となるはずだった。


In Ohio, which Kerry ultimately lost 49-51, exit polls gave him a 52-48 victory. And this wasn't just random error. In every swing state they overestimated the Kerry vote. In Florida, which Bush ultimately won 52-47, exit polls predicted a dead heat.




(これらは速報値ではない。それらは東部時間真夜の値で、オハイオ州とフロリダ州で投票が締め切られてからかなり後である。なのに翌日の午後になると、オンラインの出口調査数は現実の値と一致していた。私が唯一この事態を説明できるとしたら、出口調査の担当官が実際の集計を見たあとで帳簿を改竄したというものだ。だがそれは別の問題だ)


(These are not early numbers. They're from about midnight eastern time, long after polls closed in Ohio and Florida. And yet by the next afternoon the exit poll numbers online corresponded to the returns. The only way I can imagine this happening is if those in charge of the exit polls cooked the books after seeing the actual returns. But that's another issue.)




何が起きたのだろうか。この問題の原因は、ブラッドリー効果の一種かもしれない。トム・ブラッドリー(ロサンゼルスの黒人市長)が、投票で大きくリードし勝つ見込みが高かったにもかかわらず、カリフォルニア州の知事選挙で敗北したとき、この用語が作られた。どうやら投票者は、ブラッドリーに投票しないつもりだとは口に出さなかったようだ。動機の不純さを疑われるのを恐れたのだろう(といってもその疑いはたぶん正しいわけだが)。


What happened? The source of the problem may be a variant of the Bradley Effect. This term was invented after Tom Bradley, the black mayor of Los Angeles, lost an election for governor of California despite a comfortable lead in the polls. Apparently voters were afraid to say they planned to vote against him, lest their motives be (perhaps correctly) suspected.




似たことが今年の出口調査でも起きたのではないか。理屈では出口調査は非常に正確なはずだ。自分が何をするするつもりかを尋ねるのではなく、たった今何をしてきたかを尋ねるものだからだ。


It seems likely that something similar happened in exit polls this year. In theory, exit polls ought to be very accurate. You're not asking people what they would do. You're asking what they just did.




そう質問してエラーがでるのはなぜだろう? 一部の人は回答しないのだ。真にランダムな標本を得たいなら、世論調査官は投票を済ませて投票所から帰ろうとする人を、たとえば20人おきに質問すればいい。しかし全員が回答してくれるとは限らないだろう。だからといって調査官は、回答したくない人を無視するわけにもいかない。さもないと標本は、もはやランダムに抽出されたものではなくなってしまう。だから調査官はたぶん、年齢、人種、性別を記録しておき、誰に投票したかを推測するんだろう。


How can you get errors asking that? Because some people don't respond. To get a truly random sample, pollsters ask, say, every 20th person leaving the polling place who they voted for. But not everyone wants to answer. And the pollsters can't simply ignore those who won't, or their sample isn't random anymore. So what they do, apparently, is note down the age and race and sex of the person, and guess from that who they voted for.




こうやっても問題ないのは、誰に投票したかということと、誰に投票したか話したいかどうかということに相関がない場合に限る。でも今年は相関があったのではないか。つまりブッシュに投票した人の大多数は、そう言いたくなかったのだろう。


This works so long as there is no correlation between who people vote for and whether they're willing to talk about it. But this year there may have been. It may be that a significant number of those who voted for Bush didn't want to say so.




なぜ言いたくないのだろうか。アメリカ人は、自認しているよりもうちょっと保守的なのだ。この国のエリートの価値観は、少なくとも当時は、マスコミ的だった。一般的な人は、共和主義者も民主主義者もどちらも同意してくれるだろうと思うが、より保守的だ。自分はエリートと見解が異なることを、堂々と公言する人々もいるが、テーブルマナーが下手であるかのように、そのことを幾分きまり悪く感じる人々もいる。


Why not? Because people in the US are more conservative than they're willing to admit. The values of the elite in this country, at least at the moment, are NPR values. The average person, as I think both Republicans and Democrats would agree, is more socially conservative. But while some openly flaunt the fact that they don't share the opinions of the elite, others feel a little nervous about it, as if they had bad table manners.




例えば現在のマスコミ的な価値観では、同性愛者を誹謗していると解釈される可能性があるような発言はできない。それを言うと「同性愛差別」ってことになってしまうからだ。しかしアメリカ人の多くはたいへん宗教的であり、そして聖書は、同性愛に対し非常にはっきりと述べている。彼らはどうするだろうか。私の思うに、多くの人は自分の意見を変えず、でもその意見を裡に秘める。


For example, according to current NPR values, you can't say anything that might be perceived as disparaging towards homosexuals. To do so is "homophobic." And yet a large number of Americans are deeply religious, and the Bible is quite explicit on the subject of homosexuality. What are they to do? I think what many do is keep their opinions, but keep them to themselves.




彼らは自分が何を信じているか知っている。しかし、同時に何を信じるべきだと思われているかも知っているのだ。したがって、知らない人(例えば調査官)が、彼らに同性愛者の結婚といった話題について意見を聞いたところで、彼らが本当の意見を言うとは限らないだろう。


They know what they believe, but they also know what they're supposed to believe. And so when a stranger (for example, a pollster) asks them their opinion about something like gay marriage, they will not always say what they really think.




エリートの価値観がリベラルなときに、出口調査は一般的な投票者の保守性を過小評価しがちだ。以上の説明は、今年の出口調査がなぜここまで外れてしまったかを一番うまく説明すると思う。マスコミ的には、みんなケリーに投票するべきだった。だからケリーに投票した人は、そうしたことを高潔に思い、そのことを世論調査官に話したがった。ケリーに投票した人は、誰も無言の抵抗として投票したわけではなかったのだ。


When the values of the elite are liberal, polls will tend to underestimate the conservativeness of ordinary voters. This seems to me the leading theory to explain why the exit polls were so far off this year. NPR values said one ought to vote for Kerry. So all the people who voted for Kerry felt virtuous for doing so, and were eager to tell pollsters they had. No one who voted for Kerry did it as an act of quiet defiance.