ポール・グレアム「ベンチャーキャピタルのおぞましさに関する統一理論」を翻訳しました。




翻訳にあたりshiro様、Kumappus様、hujikojp様、sibazyun様のご協力をいただいています。ありがとうございました。


原題は「A Unified Theory of VC Suckage」で、原文は以下です。


http://www.paulgraham.com/venturecapital.html




現在「はてな」で、訳文のおかしなところをチェックしていただいております。


http://q.hatena.ne.jp/1171184810




お気づきの点があれば、「はてな」で回答していただけると、ポイントをさしあげることができます。


ご協力をよろしくお願いいたします。




また現在は日本語と英語混じりですが、一週間後に英文は削除いたします。






ベンチャーキャピタルのおぞましさに関する統一理論


A Unified Theory of VC Suckage




2005年3月


March 2005




数ヶ月前、私は「新しいVCファンドの常勤の技術専門家になっていただけませんか?」という電子メールを採用担当者から受け取った。ジョージ・ブッシュに対するカール・ローブの役割をVCで演じろってことだなと私は思った。


A couple months ago I got an email from a recruiter asking if I was interested in being a "technologist in residence" at a new venture capital fund. I think the idea was to play Karl Rove to the VCs' George Bush.




私は約4秒間、考えた。VCファンドのために働くだって? げーっ。


I considered it for about four seconds. Work for a VC fund? Ick.




私たちのベンチャーにおいていちばん生々しい記憶のひとつは、グレーロック社(有名なボストンのベンチャー・キャピタリスト)に関するものだ。グレーロックは私が生涯で出会った最も傲慢な人々だった。私は非常に多くの傲慢な人に会う経験をしていたのだが。[1]


One of my most vivid memories from our startup is going to visit Greylock, the famous Boston VCs. They were the most arrogant people I've met in my life. And I've met a lot of arrogant people. [1]




そう思っているのはもちろん私だけではない。ベンチャー・キャピタリストである私の友達でさえベンチャー・キャピタリストが嫌いだ。「最低だね」と彼は言う。


I'm not alone in feeling this way, of course. Even a VC friend of mine dislikes VCs. "Assholes," he says.




しかし最近になって、私はVC業界の仕組みを学び、そして数日前、なぜVCがそのようなのかの理由を思いついた。VCという仕事がバカを引き寄せるとか、権力を振り回しているうちに堕落する、というのは大きな理由ではなさそうだ。本当の問題は、彼らの給料の支払われ方だった。


But lately I've been learning more about how the VC world works, and a few days ago it hit me that there's a reason VCs are the way they are. It's not so much that the business attracts jerks, or even that the power they wield corrupts them. The real problem is the way they're paid.




VCファンドの問題は本質的なものだ。投資信託やヘッジ・ファンドの管理者と同様、ベンチャー・キャピタリストは管理の総額に比例して給料を貰う。つまり年間およそ2%の管理費と収益の一部だ。したがってベンチャー・キャピタリストは、たとえば数億ドルといった巨額な投資を望む。しかしそれは、すべての社員が多額の資金の投資に責任を持つ、ということにつながる。そして1人ではたいして多くの取引を管理できないから、それぞれの取引は何百万ドルにもならざるを得ない。


The problem with VC funds is that they're funds. Like the managers of mutual funds or hedge funds, VCs get paid a percentage of the money they manage: about 2% a year in management fees, plus a percentage of the gains. So they want the fund to be huge-- hundreds of millions of dollars, if possible. But that means each partner ends up being responsible for investing a lot of money. And since one person can only manage so many deals, each deal has to be for multiple millions of dollars.




起業家が嫌うベンチャー・キャピタリストの特徴ほぼすべてを、これで説明可能だ。


This turns out to explain nearly all the characteristics of VCs that founders hate.




それはなぜベンチャー・キャピタリストが意志決定にあきれるほど長い時間がかけるのか、なぜ彼らの価値査定が身体検査のように思えるのかを説明する。[2] 多くのものが賭かっているから、ベンチャー・キャピタリストは執拗にならざるを得ないのだ。


It explains why VCs take so agonizingly long to make up their minds, and why their due diligence feels like a body cavity search. [2] With so much at stake, they have to be paranoid.




なぜベンチャー・キャピタリストがアイデア泥棒になるのか、それで説明がつく。起業家は、いったんベンチャー・キャピタリストから投資を受けてしまったら、ライバル社にあなたの秘密が漏れてしまうと知っている。資金を提供するつもりもないのに、ライバル社のために知恵を盗もうと、ベンチャー・キャピタリストが会いたがるケースもあると聞く。そうかもしれないと思うと、純朴な起業家は下手な隠し立てをするようになる。経験を積んだ起業家は、商売上の必要経費と見なす。いずれにせよひどい話だ。しかし繰り返すがベンチャー・キャピタリストが非常に汚い唯一の理由は巨額の契約だ。多くを賭けているから、彼らはごまかさざるを得ない。


It explains why they steal your ideas. Every founder knows that VCs will tell your secrets to your competitors if they end up investing in them. It's not unheard of for VCs to meet you when they have no intention of funding you, just to pick your brain for a competitor. This prospect makes naive founders clumsily secretive. Experienced founders treat it as a cost of doing business. Either way it sucks. But again, the only reason VCs are so sneaky is the giant deals they do. With so much at stake, they have to be devious.




それは、なぜベンチャー・キャピタリストが投資した会社に口を出したがるのかを説明する。彼らは顧問となって、助言ではなく監視をしたいのだ。ベンチャー・キャピタリストはしばしば新しいCEOを送り込む。そりゃ新しいCEOはビジネス経験が豊富かもしれない。しかし彼はベンチャー・キャピタリスト側の人間だ。新しく任命されたCEOは、いつも赤軍における政治将校の役割を果たす。多くを賭けているから、どうしても彼らは細かい指図をしたがる。


It explains why VCs tend to interfere in the companies they invest in. They want to be on your board not just so that they can advise you, but so that they can watch you. Often they even install a new CEO. Yes, he may have extensive business experience. But he's also their man: these newly installed CEOs always play something of the role of a political commissar in a Red Army unit. With so much at stake, VCs can't resist micromanaging you.




巨額の投資自体は、その害悪を認識していれば、起業家は望まないものだ。ベンチャー・キャピタリストが百万ドル単位で投資するのは、起業家が必要とする金額だからではなく、ベンチャー・キャピタリストという仕事の構造上、必要な金額だからだ。ステロイドと同じで、突然の大金の投資は益ではなく害になることがある。Googleはちゃんと多額の資金を投資しつくせたから、VCの巨額な投資を受けたにもかかわらず生き残った。Googleは、すべてのウェブ・ページを巡回するために多くのサーバと回線を買う必要があった。それほど幸運でないベンチャーは、会議でただ座っているだけの人をたくさん雇うことになるのがオチだ。


The huge investments themselves are something founders would dislike, if they realized how damaging they can be. VCs don't invest $x million because that's the amount you need, but because that's the amount the structure of their business requires them to invest. Like steroids, these sudden huge investments can do more harm than good. Google survived enormous VC funding because it could legitimately absorb large amounts of money. They had to buy a lot of servers and a lot of bandwidth to crawl the whole Web. Less fortunate startups just end up hiring armies of people to sit around having meetings.




巨額のVC資金を受けたら、基本的には国債に替えて地道に仕事を続けるのがいい。そうしておいたら?


In principle you could take a huge VC investment, put it in treasury bills, and continue to operate frugally. You just try it.




もちろん巨額な投資は巨額の評価額を意味する。ベンチャー・キャピタリストはそうする必要がある。さもないと起業家をやる気にさせるだけの十分な株を残しておくことができないからだ。高い評価額はすばらしいと思うかもしれない。多くの起業家はそう考える。だが株を食べるわけにはいかない。ビジネス用語で「流動性発生事由」と呼ぶ何かを達成して自分の評価額をより高め、選択肢を狭めなければ高い評価額から利益を得ることはできない。多くの起業家は1500万ドルで喜んで自分の会社を売却するだろう。しかし直前に資金調達前の企業価値を800万ドルとして投資したベンチャー・キャピタリストは、売却を認めないだろう。望もうと望まなかろうと賭けを続けることになる。


And of course giant investments mean giant valuations. They have to, or there's not enough stock left to keep the founders interested. You might think a high valuation is a great thing. Many founders do. But you can't eat paper. You can't benefit from a high valuation unless you can somehow achieve what those in the business call a "liquidity event," and the higher your valuation, the narrower your options for doing that. Many a founder would be happy to sell his company for $15 million, but VCs who've just invested at a pre-money valuation of $8 million won't hear of that. You're rolling the dice again, whether you like it or not.




1997年には、私たちのあるライバル社はVCファンドから1期のうちに2000万ドルを調達した。これは当時の我が社の全評価額を上回っていた。心配したかって? おあいにくさま。私はうれしかった。それは追っている車が行き止まりの道に入っていくのを見るのに似ていた。


Back in 1997, one of our competitors raised $20 million in a single round of VC funding. This was at the time more than the valuation of our entire company. Was I worried? Not at all: I was delighted. It was like watching a car you're chasing turn down a street that you know has no outlet.




その時点でいちばん賢明な策は、2000万ドルを 1ペニーももらさず受けとって私たちの買収に使うことだった。私たちは売却していただろう。もちろんライバル社の投資家たちは猛反発したに違いない。しかし彼らがまったくそう考えなかったのは、私たちの会社をそんなに安く買収できるとは思っていなかったからだと思う。たぶんライバル社は私たちのことを、自分たちと同様、VCの甘い汁を吸っていると思いこんでいたのだ。


Their smartest move at that point would have been to take every penny of the $20 million and use it to buy us. We would have sold. Their investors would have been furious of course. But I think the main reason they never considered this was that they never imagined we could be had so cheap. They probably assumed we were on the same VC gravy train they were.




実際には、私たちは全期間でせいぜい、約200万ドルを費やしたにすぎない。そのおかげで柔軟性を保てた。私たちは自社を5000万ドルでYahooに売却し、みんなが満足した。ライバル社がそうしていたら、たぶん最終ラウンドの投資家はお金を失っていただろう。投資家たちはそんな契約に拒否権を発動したはずだと思う。しかし当時は誰も、Yahoo以上に支払える者などいなかった。そうなると投資家に残された道は IPOのみだが、Yahooがライバルになる以上これも難しく、後は沈み行く船に載り続けるしかない。


In fact we only spent about $2 million in our entire existence. And that gave us flexibility. We could sell ourselves to Yahoo for $50 million, and everyone was delighted. If our competitor had done that, the last round of investors would presumably have lost money. I assume they could have vetoed such a deal. But no one those days was paying a lot more than Yahoo. So unless their founders could pull off an IPO (which would be difficult with Yahoo as a competitor), they had no choice but to ride the thing down.




バブル中に株式を公開した膨れあがった企業は、恥知らずな証券引受業者にそそのかされたので、買収されようとしなかった。多くのベンチャーはベンチャー・キャピタリストから高い評価額での投資を受けてしまったことでゴールはIPOしかないという苦境に立たされた。一般投資家だけがカスをつかまされた。したがってそれは文字通りIPOか倒産かの選択だった。より正確に言えばIPOしてから倒産するか、単に倒産するかの選択だった。


The puffed-up companies that went public during the Bubble didn't do it just because they were pulled into it by unscrupulous investment bankers. Most were pushed just as hard from the other side by VCs who'd invested at high valuations, leaving an IPO as the only way out. The only people dumber were retail investors. So it was literally IPO or bust. Or rather, IPO then bust, or just bust.




ベンチャー・キャピタリストの振る舞いの痕跡をすべて足しあわせると、結果として出てくる性格はとても魅力的なものとは言いがたい。実際、彼らは臆病、貪欲、卑劣、威圧を繰り返す古典的な悪党だ。


Add up all the evidence of VCs' behavior, and the resulting personality is not attractive. In fact, it's the classic villain: alternately cowardly, greedy, sneaky, and overbearing.




以前、私はベンチャー・キャピタリストが悪党なのは当然だと思っていた。ベンチャー・キャピタリストが悪党だと文句を言うのは、ユーザがマニュアルを読まないと言うのと同じくらいナイーブだと私は思っていた。もちろんベンチャー・キャピタリストは悪党だ。でも仕方ないじゃない。


I used to take it for granted that VCs were like this. Complaining that VCs were jerks used to seem as naive to me as complaining that users didn't read the reference manual. Of course VCs were jerks. How could it be otherwise?




でも今では私は、ベンチャー・キャピタリストが元から悪党だとは思っていない。ベンチャー・キャピタリストは自動車のセールスマンや官僚と同じで、仕事の性質がベンチャー・キャピタリストを悪党に変えてしまうんだ。


But I realize now that they're not intrinsically jerks. VCs are like car salesmen or bureaucrats: the nature of their work turns them into jerks.




私は、好意を持てるベンチャー・キャピタリストにも少しは出会えた。マイク・モリッツは良いベンチャー・キャピタリストのようだ。しかも彼にはほとんどのベンチャー・キャピタリストにはないユーモアのセンスがある。ジョン・デルの本を読む限りでは、彼もまたよいベンチャー・キャピタリストのようで、ほとんどハッカーに近い。そして彼らはVCファンドとして最高の仕事をしている。また私の理論は、なぜ彼らが他のベンチャー・キャピタリストとは違うのかを説明する。最も人気のある子供はオタクをいじめる必要がないのと同じで、最高のベンチャー・キャピタリストはベンチャー・キャピタリストっぽく行動する必要がないからだ。彼らは最高の契約を選べる。したがって彼らはそれほど執拗かつ卑劣である必要がないし、Googleのように巨額な投資を必要としても最終的には利益を得ることができる、とびきりの会社を選ぶことができる。


I've met a few VCs I like. Mike Moritz seems a good guy. He even has a sense of humor, which is almost unheard of among VCs. From what I've read about John Doerr, he sounds like a good guy too, almost a hacker. But they work for the very best VC funds. And my theory explains why they'd tend to be different: just as the very most popular kids don't have to persecute nerds, the very best VCs don't have to act like VCs. They get the pick of all the best deals. So they don't have to be so paranoid and sneaky, and they can choose those rare companies, like Google, that will actually benefit from the giant sums they're compelled to invest.




ベンチャー・キャピタリストは、資金は有り余っているのに契約はほとんどないと不満を言う。多くのベンチャー・キャピタリストは、この不満がある企業に資金を提供する方法の欠点をそのまま示している、ということをわかっていない。


VCs often complain that in their business there's too much money chasing too few deals. Few realize that this also describes a flaw in the way funding works at the level of individual firms.




たぶんこのような洞察によって、私は「常駐の技術専門家」と見なされたのだろう。そうならば良いニュースは、この洞察はタダで貰えるってことだ。悪いニュースは、最高のベンチャー・ファンドでない限り、悪党にならざるを得ない、ってことだ。


Perhaps this was the sort of strategic insight I was supposed to come up with as a "technologist in residence." If so, the good news is that they're getting it for free. The bad news is it means that if you're not one of the very top funds, you're condemned to be the bad guys.






注釈


Notes




[1] ArsDigita社をグレーロックに追い出だされたあとで、創業者のフィリップ・グリーンスパンをはその件に関するユーモラスかつ非常に参考になるエッセイを書いた。


[1] After Greylock booted founder Philip Greenspun out of ArsDigita, he wrote a hilarious but also very informative essay about it.




[2] ベンチャー・キャピタリストの多くは技術に疎いので、技術面における彼らの価値査定は、人体についてよく知らない人による身体検査のようだった。私たちは、ありもしないデータベースの欠陥を見つけだそうとするベンチャー・キャピタリストに心底イライラさせられた。




「いや、オラクルは使っていません。ファイルにデータを格納しているだけです。データが消えないOSを使うのがミソなんです」


「どのOS?」


「FreeBSDです」


「なぜWindowsNTにしないの?」


「FreeBSDの方が良いですし、タダですから」


「ええーっ、フリーのOSを使ってるだって?」




何度そのような会話を繰り返したことだろう。その後、私たちはYahooに入社して、彼らもFreeBSDを使い、データをファイルに格納していると知った。




[2] Since most VCs aren't tech guys, the technology side of their due diligence tends to be like a body cavity search by someone with a faulty knowledge of human anatomy. After a while we were quite sore from VCs attempting to probe our nonexistent database orifice.




No, we don't use Oracle. We just store the data in files. Our secret is to use an OS that doesn't lose our data. Which OS? FreeBSD. Why do you use that instead of Windows NT? Because it's better and it doesn't cost anything. What, you're using a freeware OS?




How many times that conversation was repeated. Then when we got to Yahoo, we found they used FreeBSD and stored their data in files too.