ポール・グレアム「なぜ不景気の時に起業するのか」を翻訳しました。
原文はWhy to Start a Startup in a Bad Economyです。コメント欄でほんのしおり様からアドバイスをいただいております。また青木様の訳 http://www.aoky.net/articles/paul_graham/badeconomy.htm を参考に、あきらかな誤りを修正いたしました。ありがとうございます!!

なぜ不景気の時に起業するのか

2008年10月

あまりにも景気が悪いため、専門家の中には、70年代半ばのような低成長になると心配する人もいる。

つまり、マイクロソフトとアップルが創業した時期だ。

この例が示すように、不景気はベンチャー起業には悪い時期ではないのかもしれない。私は「特に良い時期だ」と言うつもりはない。 真実はもっと退屈だ。景気はいずれにせよたいして重要ではないのだ。

私たちは多くのベンチャーに資金を提供してきたが、そこから何か一つでも学んだとすれば、それは「ベンチャーの成功/失敗は起業家の質によって決まる」ということだ。確かに景気にもいくらか影響されるが、成功するかどうかを予想するとき、起業家の質に比べたら景気なんて誤差の範囲だ。

重要なのは起業の時期ではなく、起業家の人となりだ。良い起業家であれば、不景気にさえ勝てる。悪い起業家なら好景気だって救いにならない。「景気が悪いから、今は起業をやめとこう」なんて考える人は、バブルの時に「今ならベンチャーを起業さえすれば金持ちになれる」と考えた人々と同じ誤ちを犯している。

だから成功する可能性を増やしたいなら、景気より共同設立者としてどんな人を集めることができるかについて、もっと熟慮すべきだ。自分の企業の存続を脅かすものを心配するなら、ニュースを探すのではなく鏡を見よう。

でもすべての起業家たちが、景気が回復するまで起業を待っても無意味なんてことがある? レストランで起業するなら、たぶん待つ価値はあるが、技術の分野なら待たない方がいい。 技術はおおむね、株式市場に関係なく進歩する。だから不景気でもすばやく行動すれば待つよりも利益が多い。マイクロソフトの最初の製品はアルテア用のBasicインタプリタだった。それは世界が1975年にまさに求めていたものであり、ゲイツとアレンが数年、待っていたら遅過ぎただろう。

もちろん今のアイデアが最終的なアイデアとはならないだろう。新しいアイデアは常にわくものだからだ。でも今、具体的なアイデアがあるのなら今やろう。

景気を無視していいってことじゃない。顧客も投資家も、どちらも余裕がないと考えるだろう。顧客が「余裕がない」と感じても、必ずしも問題ではない。お金を節約できる何かを作ることで、そこから利益を引き出せるかもしれない。しばしばベンチャーは物事を安価にするため、その点では、大企業よりは不景気に強い。

投資家のほうがより問題だ。一般にベンチャーは、ある程度の外部資金を得る必要があるが、投資家は不景気の時にあまり投資したがらない。そうすべきではないのだが。誰だって「不景気の時に買い、好景気の時に売るべきだ」と知っている。だが直感に反する投資が行われるのは、株式市場では、好景気とはみんなが株を買うべきと考える時だからだ。成功するためには逆張り投資家になる必要があり、したがって少数派の投資家だけが成功する。

だから1999年の投資家が最低のベンチャーに投資して次々と失敗したように、2009年の投資家は、良いベンチャーにさえ投資をためらうだろう。

企業家はこれに合わせる必要がある。だがこれは目新しい話じゃない。いつだってベンチャーは投資家の気まぐれに付き合う必要がある。景気がどうあれ、起業家に「投資家は気まぐれか?」と聞いたら、きっと顔をしかめるだろう。去年は自分のベンチャーがどんなに口コミで広まる力があるか説明する必要があった。来年はいかに不景気に強いかを説明することになるだろう。

(口コミ力も不景気に強いことも、どっちも重要だ。投資家の問題点は、評価基準を間違うことではなく、どれか1つにだけ注目して残りを無視することだ。)

幸いにも不景気にも強いベンチャー作りは、起業家がいずれ取り組むべき問題だ。少しでも安く経営すること。私は投資家に長年、「確実に成功する方法はビジネス界のゴキブリになることだ」と言ってきた。いつだってベンチャーが倒産する直接の理由は資金不足だ。経営に金がかからない企業ほど死ににくい。幸いにもベンチャーの経営はかなり安くなっているし、不景気によって経営はもっと安くなるだろう。

本当に核の冬が来たのなら、今の会社にしがみついているよりゴキブリになったほうが安全かもしれない。顧客があなたの製品を買う余裕がないなら、少しは去っていくかもしれないが、顧客を一気に失うわけじゃない。市場は「頭数を減らすわけではない」。

退職して起業して失敗して、別の職を見つけられなかったら? セールスやマーケティングの仕事なら問題かもしれれない。そういった分野では、不景気の時に新しい仕事を見つけるには何カ月も必要かもしれない。だがハッカーは、より流動性が高いように思える。良いハッカーはいつだって何らかの仕事を得ることができる。 理想的な仕事でないかもしれないが、食い扶持には困らないだろう。

不景気に起業するもう一つのメリットは、競争が少ないことだ。技術の列車は一定の間隔で発車する。他のみんなが隅で縮こまっているなら、車両はひとりじめだ。

起業家は投資家でもある。起業家としてのあなたは、起業家として働くことで株を買っているのだ。ラリーとセルゲイがすごい金持ちなのは、彼らが何百億ドルもの価値がある仕事をしたからではなく、Googleの最初の投資家だったからだ。そして投資家と同様、あなたは不景気の時にこそ買うべきだ。

数段落前で「合理的にはまさに買うべき時でさえ、不景気の時にはベンチャーに投資したがらない」と「愚かな投資家」について述べていたとき、読者はうなずいていただろう。でも起業家だって似たようなものだ。不景気になると、ハッカーは大学院に行ってしまう。間違いなく今回もそうするだろう。実際、前に述べた事が現実になるなら、ほとんどの読者は、少なくとも未来に影響を及ぼす程度には信じない、ということだ。

だからおそらく、不景気は起業するには良い時期だ。競争の少なさという利点が投資家の熱意のなさという欠点を上回るかどうかは微妙だ。だがいずれにせよ、景気はあまり重要ではない。重要なのは人だ。そして技術に取り組む人なら誰だって、行動すべき時は今なんだ。