ポール・グレアム「シリコンバレーは金で手に入るかも」を翻訳しました。原題はCan You Buy a Silicon Valley Maybe.です。なお翻訳にあたってshiro様、ほんのしおり様、NAPORIN様、liquidfishliquidfish様からアドバイスをいただいています。親切な皆様、コメント欄や人力検索でのアドバイスをよろしくお願いいたします。

シリコンバレーは金で手に入るかも
Can You Buy a Silicon Valley? Maybe.

2009年2月
February 2009

多くの市政がシリコンバレーを見て「どうすればここをシリコンバレーのようにできる?」と尋ねる。その普通のやり方は、金持ちが住みたがる都市に最高の大学を建てることだ。シリコンバレーはそのようにしてできた。だがベンチャーを設立することで大学を省略できないだろうか?
A lot of cities look at Silicon Valley and ask "How could we make something like that happen here?" The organic way to do it is to establish a first-rate university in a place where rich people want to live. That's how Silicon Valley happened. But could you shortcut the process by funding startups?

可能性はある。何が必要か考えてみよう。
Possibly. Let's consider what it would take.

最初にわかることは、ベンチャーを奨励することは、特定の都市でベンチャーを奨励することとは違うということだ。後者のほうがはるかに高くつく。
The first thing to understand is that encouraging startups is a different problem from encouraging startups in a particular city. The latter is much more expensive.

Y Combinatorのようなものを始めれば、その都市のベンチャー状況を改善できると人は考えるかもしれないが、実際には効果はほとんどない。私がそう知っているのは、Y Combinatorが一年の半分を拠点としていたボストンにほとんど影響を与えなかったからだ。私たちが資金を提供した人々は、全国から(実際には世界中から)やって来た。そののち彼らは、より多くの資金を得られた場所に引っ越した。それは大抵シリコンバレーだった。
People sometimes think they could improve the startup scene in their town by starting something like Y Combinator there, but in fact it will have near zero effect. I know because Y Combinator itself had near zero effect on Boston when we were based there half the year. The people we funded came from all over the country (indeed, the world) and afterward they went wherever they could get more funding—which generally meant Silicon Valley.

ベンチャーの芽に融資するビジネスは地場産業ではない、というのもシードの時期にはベンチャーはまだ移動可能であるからだ。ベンチャーとはノートパソコンをかかえた2~3人の起業家であるにすぎない。 [1]
The seed funding business is not a regional business, because at that stage startups are mobile. They're just a couple founders with laptops. [1]

ベンチャーを特定の都市で奨励したいなら、引っ越さないベンチャーに資金を提供する必要がある。そうする方法は2つある。引越しを禁ずるか、ベンチャーが地元に定着した時点で資金を提供するかだ。前者の方法はダメだ、というのも、ダメなベンチャーを選ぶフィルターになってしまうからだ。規則によってベンチャーにしたくないことを押しつけたら、切羽詰ったベンチャーだけが資金を受け取るだろう。
If you want to encourage startups in a particular city, you have to fund startups that won't leave. There are two ways to do that: have rules preventing them from leaving, or fund them at the point in their life when they naturally take root. The first approach is a mistake, because it becomes a filter for selecting bad startups. If your terms force startups to do things they don't want to, only the desperate ones will take your money.

良いベンチャーはファンドの状況次第でどこにでも行く。良いベンチャーは、出資の条件が要求するなら別の都市に引っ越すだろう。だが、次に資金が必要になった時に引っ越さないということには同意しない。だから良いベンチャーを引き止める唯一の方法は、二度と引っ越す必要がないほどの大金を与えることだ。
Good startups will move to another city as a condition of funding. What they won't do is agree not to move the next time they need funding. So the only way to get them to stay is to give them enough that they never need to leave.




どれくらい必要だろうか? ベンチャーをある都市に引きとめたいなら、シリコンバレーのベンチャー・キャピタルからの申し込みにもグラつかないほど十分な資金を与える必要がある。ベンチャーがそんな提案を断ることができるようになるのは、(a)都市に根づくほど成長する、かつ/もしくは、(b)引越しせずともベンチャー・キャピタルが資金を提供したがるほど成功している、ほどに成長した場合だろう
How much would that take? If you want to keep startups from leaving your town, you have to give them enough that they're not tempted by an offer from Silicon Valley VCs that requires them to move. A startup would be able to refuse such an offer if they had grown to the point where they were (a) rooted in your town and/or (b) so successful that VCs would fund them even if they didn't move.

ベンチャーをそこまで育てるのにはいくら必要だろうか? 最低でも数十万ドル。Wufooは、11万8000ドルでタンパ(訳注: フロリダ州)に根づいたようだが、それは特殊なケースだ。一般的には最低でも50万ドルは必要だろう。
How much would it cost to grow a startup to that point? A minimum of several hundred thousand dollars. Wufoo seem to have rooted themselves in Tampa on $118k, but they're an extreme case. On average it would take at least half a million.

だからY Combinatorと同じように、各ベンチャーに1万5000ドル~2万ドルを与えることで、地方にシリコンバレーを興すことができるだろう・・・というのは話がうますぎると思えるなら、それは本当に話がうますぎるからだ。彼らを自分の都市に引きとめたいなら、少なくとも20倍は払う必要がある。
So if it seems too good to be true to think you could grow a local silicon valley by giving startups $15-20k each like Y Combinator, that's because it is. To make them stick around you'd have to give them at least 20 times that much.

だが、それでさえ興味深い見積もりだ。余裕をみて、1ベンチャーあたり100万ドルかかると仮定しよう。各ベンチャーを100万ドルで都市に定着させられるなら、10億ドルで1000社のベンチャーを持つことができるだろう。シリコンバレーになることは難しいが、たぶん2番手にはなれるだろう。
However, even that is an interesting prospect. Suppose to be on the safe side it would cost a million dollars per startup. If you could get startups to stick to your town for a million apiece, then for a billion dollars you could bring in a thousand startups. That might not push you past Silicon Valley itself, but it would probably get you second place.

まともに住める都市ならどこだって、フットボール・スタジアム程度のお金で、世界で2番目に大きなベンチャーのハブに生まれ変われる。For the price of a football stadium, any town that was decent to live in could make itself the second biggest startup hub in the world.


それに、そんなに長い時間はかからないだろう。おそらく5年でできる。市長の1任期だ。そして、都市に既存のベンチャーが増えるほど、新しい人の移動にコストがかからなくなるから、後になるほど、もっと簡単になるだろう。都市に1000のベンチャーができれば、ベンチャー・キャピタルは彼らをそれほど熱心にシリコンバレーに移動させようとせず、その代わりに地方の支店を開設するだろう。これで万事OKだ。シリコンバレーのように、独り立ちできる連鎖が始まったのだ。
What's more, it wouldn't take very long. You could probably do it in five years. During the term of one mayor. And it would get easier over time, because the more startups you had in town, the less it would take to get new ones to move there. By the time you had a thousand startups in town, the VCs wouldn't be trying so hard to get them to move to Silicon Valley; instead they'd be opening local offices. Then you'd really be in good shape. You'd have started a self-sustaining chain reaction like the one that drives the Valley.




しかし難しい部分がある。ベンチャーを選択する必要があるのだ。どうやって選ぶ? ベンチャーを選ぶには、めったにない貴重な才能が必要で、その才能の持つ一握りの人の手を借りるのは容易ではない。そういう人の雇用を政府にやらせたら、まず間違った人を選ぶであろうほどに、この技能の測定は難しい。
But now comes the hard part. You have to pick the startups. How do you do that? Picking startups is a rare and valuable skill, and the handful of people who have it are not readily hireable. And this skill is so hard to measure that if a government did try to hire people with it, they'd almost certainly get the wrong ones.

たとえば支店を開設するためにお金を与えるベンチャー・キャピタル・ファンドに市からお金を与え、彼らに選択させることができる。だがそんな取引に応じるのはダメなベンチャー・キャピタル・ファンドだけだろう。彼らベンチャー・キャピタル・ファンドは都市の役人には悪くは見えない。役人はそのベンチャー・キャピタル・ファンドを非常にすばらしいと思うだろう。だがそのベンチャー・キャピタル・ファンドは、ベンチャーの選択が下手だ。それはベンチャー・キャピタル特有の失敗モードだ。どんなベンチャー・キャピタルであれ、有限責任の出資者はすばらしいと思う。良いベンチャー・キャピタルと悪いベンチャー・キャピタルの違いは、彼らの仕事の残り半分、つまりベンチャーの選択とアドバイスという点ではじめて現れる。[2]
For example, a city could give money to a VC fund to establish a local branch, and let them make the choices. But only a bad VC fund would take that deal. They wouldn't seem bad to the city officials. They'd seem very impressive. But they'd be bad at picking startups. That's the characteristic failure mode of VCs. All VCs look impressive to limited partners. The difference between the good ones and the bad ones only becomes visible in the other half of their jobs: choosing and advising startups. [2]

真に必要なのは、その都市に住む、自分でベンチャーを作り財を成した個人投資家の集団だ。だが残念なことに、ここで鶏と卵の問題が現れてしまう。自分の都市がもうベンチャーの中心地でなければ、ベンチャーによって金持ちになった人々がその都市にいないだろう。そして私は、外部から個人投資家を呼ぶことができるとは決して思わない。定義からして彼らは金持ちだ。引っ越させる誘因が全くない。[3]
What you really want is a pool of local angel investors—people investing money they made from their own startups. But unfortunately you run into a chicken and egg problem here. If your city isn't already a startup hub, there won't be people there who got rich from startups. And there is no way I can think of that a city could attract angels from outside. By definition they're rich. There's no incentive that would make them move. [3]

しかし都市は、地元以外の投資家の専門的技術の力を借りることで、ベンチャーを選択できるだろう。最も有名なシリコンバレーの投資家のリストを作り、そして彼らが投資した全ベンチャーのリストを作るのはかなり簡単だろう。都市がこれらの企業にそれぞれ100万ドルずつ提供したら、初期段階のベンチャーの多くがその資金を受け取るだろう。
But a city could select startups by piggybacking on the expertise of investors who weren't local. It would be pretty straightforward to make a list of the most eminent Silicon Valley angels and from that to generate a list of all the startups they'd invested in. If a city offered these companies a million dollars each to move, a lot of the earlier stage ones would probably take it.

このアイデアはばかげたものに思えるだろうが、たぶん都市が良いベンチャーを選択する最も効率的な方法だ。
Preposterous as this plan sounds, it's probably the most efficient way a city could select good startups.

最初の投資家から切り離されるのは、ベンチャーにとっていくぶん有害だが、その反面、100万ドルのボーナスは、そのベンチャーの滑走路をずいぶん伸ばすだろう。
It would hurt the startups somewhat to be separated from their original investors. On the other hand, the extra million dollars would give them a lot more runway.




引っ越したベンチャーは生き残れるだろうか? 大いに可能性はある。もしかしたら実際にそうするしか、それを知る方法はないのかもしれない。公共工事への支出でやるなら、かなり安いコストで実験できる。有名な個人投資家が最近に投資した30のベンチャーを選び、都市に引っ越したら100万ドルを渡す。そして1年後にどうなるか観察する。成功しているようだったら、もっと大規模にベンチャーを輸入すればいい。
Would the transplanted startups survive? Quite possibly. The only way to find out would be to try it. It would be a pretty cheap experiment, as civil expenditures go. Pick 30 startups that eminent angels have recently invested in, give them each a million dollars if they'll relocate to your city, and see what happens after a year. If they seem to be thriving, you can try importing startups on a larger scale.

彼らの引っ越しを認める条件を、それほどギチギチにしないこと。紳士協定でいいんだ。
Don't be too legalistic about the conditions under which they're allowed to leave. Just have a gentlemen's agreement.

安さを追求するあまり、初期実験に10社だけを選んではいけない。実験の規模が小さすぎると、確実に失敗する。ベンチャーは、他のベンチャーの近くにある必要がある。30社あればコミュニティーの意識が芽生えるのに十分だ。
Don't try to do it on the cheap and pick only 10 for the initial experiment. If you do this on too small a scale you'll just guarantee failure. Startups need to be around other startups. 30 would be enough to feel like a community.

彼らに全員を、孵卵器に仕立てた倉庫で働かせないようにすること。真のベンチャーは、自分の好きな場所で働くことを好む。
Don't try to make them all work in some renovated warehouse you've made into an "incubator." Real startups prefer to work in their own spaces.

ベンチャーには事実上、どんな制約も押し付けないこと。ほとんどのベンチャー起業家はハッカーだ。そしてハッカーは、規則よりもはるかに紳士協定のほうを守る。約束の握手をすれば、ハッカーはその約束を守るだろう。だがガチガチの錠前で固めた契約を見せたら、ハッカーはまずどうやってその裏をかくかを考えるだろう。
In fact, don't impose any restrictions on the startups at all. Startup founders are mostly hackers, and hackers are much more constrained by gentlemen's agreements than regulations. If they shake your hand on a promise, they'll keep it. But show them a lock and their first thought is how to pick it.




資金の見返りとして株を受け取るべきだろうか? 私が思うに、そうしないほうがいい。原則的にはそうする権利はあるが、ベンチャーの評価額をどう決めるつもり? 単純に全ベンチャーに同じ評価額を付与するわけにはいかない。それでは一部(拒否される)には安すぎ、(次のラウンドを「落とすラウンド」として、わざと進まないもしれない)他のベンチャーには高すぎる。自分たちにはベンチャーの選択ができないからこそ、このようなやり方をしているのだから、選択と大差ないベンチャーの評価も、自分たちできると考えるべきではない。
Should you take stock in return for the money? My guess is not. In principle you're entitled to, but how would you choose valuations for the startups? You couldn't just give them all the same valuation: that would be too low for some (who'd turn you down) and too high for others (because it might make their next round a "down round"). And since we're assuming we're doing this without being able to pick startups, we also have to assume we can't value them, since that's practically the same thing.

転換社債をもらうこともできる。だが100万ドルは大金で、ベンチャーが次のラウンドに上がれなくなってしまうかもしれない。だから転換社債をもらう場合は、本当に巨額なラウンドでのみ転換すること。
You could take convertible debt. But a million dollars is a lot of money; it could easily be more than they raise in their next round; so if you took convertible debt, it should only convert in a really huge round.

ベンチャーの株をもらわない別の理由は、ベンチャーはしばしば怪しいものに関わるということだ。既存の企業もそうなのだが、既存の企業はそれについて責められることがない。Facebookで出会った人たちで殺人事件が起きると、マスコミはまるでFacebookの責任であるかのように取り扱うだろう。スーパーで殺人が起きても、マスコミは単なる殺人として報道する。だからベンチャーに投資するなら、彼らがポルノや、ファイル共有できるものや、異端な意見を表現できるものを作る可能性があると覚悟しておくこと。このプロジェクトは、自分の政治的なライバルと共に後援すべきだ。そうすればライバルはそれを弱みとしてつけこむことができない。
Another reason not to take stock in the startups is that startups are often involved in disreputable things. So are established companies, but they don't get blamed for it. If someone gets murdered by someone they met on Facebook, the press will treat the story as if it were about Facebook. If someone gets murdered by someone they met at a supermarket, the press will just treat it as a story about a murder. So understand that if you invest in startups, they might build things that get used for pornography, or file-sharing, or the expression of unfashionable opinions. You should probably sponsor this project jointly with your political opponents, so they can't use whatever the startups do as a club to beat you with.




この計画がどれくらい成功するかは都市による。ポートランドのように、ベンチャーのハブなどに変われる都市がいくつかある。だがデトロイトのように、それが本当に難しい都市もある。だからこれをしようとする前に、自分の都市がどんなタイプなのか、自分に正直になってほしい。
How well this scheme worked would depend on the city. There are some towns, like Portland, that would be easy to turn into startup hubs, and others, like Detroit, where it would really be an uphill battle. So be honest with yourself about the sort of town you have before you try this.

自分の都市がサンフランシスコと似ているほど話は簡単になる。天候はいい? 繁華都市に人は住んでる? それとも中心都市はさびれて郊外に住んでる? 都市はナウでクール? それとも保守的? 近くに一流大学はある? いろんな用事を徒歩で済ませられる? オタクがのびのびできる? すべての質問に「はい」なら、この計画を成功させることができるかもしれないし、それどころか1ベンチャーあたり100万ドル未満でできるだろう。
It will be easier in proportion to how much your town resembles San Francisco. Do you have good weather? Do people live downtown, or have they abandoned the center for the suburbs? Would the city be described as "hip" and "tolerant," or as reflecting "traditional values?" Are there good universities nearby? Are there walkable neighborhoods? Would nerds feel at home? If you answered yes to all these questions, you might be able not only to pull off this scheme, but to do it for less than a million per startup.

実際にどうするかは、あなたの都市が何に価値を置くかによる。フットボールがお望みなら、スタジアムにお金を使えばいい。
It depends what your city values. If what you want is football, spend the money on the stadium.

注釈
Notes

[1] 地方でシード企業(訳注:創業直後のベンチャーに資金を提供する企業)を立ち上げた人は、(a)応募者がその地域だけではなく全国から来るし、(b)地元の企業も他のシード企業に応募している、ということを知るだろう。だから結局、どのようなベンチャーが応募してくるかは場所でなく質で決まることになる。
[1] What people who start these supposedly local seed firms always find is that (a) their applicants come from all over, not just the local area, and (b) the local startups also apply to the other seed firms. So what ends up happening is that the applicant pool gets partitioned by quality rather than geography.

[2] 興味深いことに、ダメなベンチャー・キャピタルは自分たちのような人、つまりプレゼンはうまいがまるっきり中身がない人が経営するベンチャーを選ぶことで失敗する。類は友を呼ぶのだ。みんなすごく口がうまいので、これらのファンドに投資する投資家は、リターンを計算するまで何が起きているか理解できない。
[2] Interestingly, the bad VCs fail by choosing startups run by people like them—people who are good presenters, but have no real substance. It's a case of the fake leading the fake. And since everyone involved is so plausible, the LPs who invest in these funds have no idea what's happening till they measure their returns.

[3] タックスへブンでさえダメだろう。金持ちの一部は引っ越してくるが、ベンチャーの良き個人投資家となるタイプではない。
[3] Not even being a tax haven, I suspect. That makes some rich people move, but not the type who would make good angel investors in startups.

この草稿を読んでくれたトレバー・ブラックウェル、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリスに感謝する。
Thanks to Trevor Blackwell, Jessica Livingston, and Robert Morris reading drafts of this.