ポール・グレアム「テレビが負けた理由」を翻訳しました。原題はWhy TV Lostです。なお翻訳にあたりliquidfish様、NAPORIN様、TeX様、korompa様、naclnacl様、tom23-yutom23-yu様のアドバイスをいただいています。ありがとうございます。親切な皆様、コメント欄や人力検索でのアドバイスをよろしくお願いいたします。

テレビが負けた理由
Why TV Lost

2009年3月
March 2009

約20年前、コンピュータとテレビは同じ場所に向かいつつあり、それらが融合したら何が生まれるだろうと人々は考えた。現在、私たちは答えを知っている。コンピュータだ。「融合」という言葉を使うことさえ、テレビに寄りすぎだったことが明白だ。「融合」ではなく「代替」という言葉でもいいくらいだ。人々は今後も「テレビ番組」を視るかもしれないが、それらのほとんどをコンピュータで視るだろう。
About twenty years ago people noticed computers and TV were on a collision course and started to speculate about what they'd produce when they converged. We now know the answer: computers. It's clear now that even by using the word "convergence" we were giving TV too much credit. This won't be convergence so much as replacement. People may still watch things they call "TV shows," but they'll watch them mostly on computers.

コンピュータの勝因は何だったのだろうか? それは4つの要素で、3つは予測できたかもしれないが、最後の1つは難しかったのではないか。
What decided the contest for computers? Four forces, three of which one could have predicted, and one that would have been harder to.

わかりやすい勝因の1つ目は、インターネットがオープンなプラットホームであることだ。みんなが望みのものを作れるし、市場が勝者を選ぶ。だから革新は大企業のスピードではなく、ハッカーのスピードで起こる。
One predictable cause of victory is that the Internet is an open platform. Anyone can build whatever they want on it, and the market picks the winners. So innovation happens at hacker speeds instead of big company speeds.

2番目は、いつものごとく回線速度にもあてはまったムーアの法則だ。[1]
The second is Moore's Law, which has worked its usual magic on Internet bandwidth. [1]

コンピュータが勝った3番目の理由は著作権侵害だ。ユーザが著作権侵害を好んだのは、タダだからという理由ばかりではなく、そちらのほうが便利だからだ。BittorrentとYouTubeは、新世代の視聴者に、面白いものはモニタで見られるという意識をすでに植えつけている。[2]
The third reason computers won is piracy. Users prefer it not just because it's free, but because it's more convenient. Bittorrent and YouTube have already trained a new generation of viewers that the place to watch shows is on a computer screen. [2]

すこし意外な要素は「ソーシャル・アプリケーション」という特殊な革新だ。普通の十代の若者は、友人といつまでだっておしゃべりできる。だが現実の友達は24時間一緒、というわけにはいかない。私が高校生だったとき、解決策は電話だった。現在では、ソーシャルネットワークと、多人数でプレイするゲームと、いろんなメッセージソフトだ。これらへのアクセスには、いずれもコンピュータが必要だ。[3] つまり十代の子供は (a) ネットにつながるパソコンを欲しがっており、(b) 使い方を理解したがる動機があり、(c)パソコンの前で無限に時間を費やす、ってことだ。
The somewhat more surprising force was one specific type of innovation: social applications. The average teenage kid has a pretty much infinite capacity for talking to their friends. But they can't physically be with them all the time. When I was in high school the solution was the telephone. Now it's social networks, multiplayer games, and various messaging applications. The way you reach them all is through a computer. [3] Which means every teenage kid (a) wants a computer with an Internet connection, (b) has an incentive to figure out how to use it, and (c) spends countless hours in front of it.

これが最も強い要素だ。これこそみんながパソコンを求めた理由だ。オタクは、パソコンが好きだからパソコンを買った。次にゲーム好きが、ゲームのためにパソコンを手に入れた。だが他のみんながパソコンを欲しがったのは、他の人とコミュニケーションできるからだ。だからおばあちゃんも14歳の少女も、パソコンを欲しがった。
This was the most powerful force of all. This was what made everyone want computers. Nerds got computers because they liked them. Then gamers got them to play games on. But it was connecting to other people that got everyone else: that's what made even grandmas and 14 year old girls want computers.

視聴者に点滴を何十年もポタポタたらしているうちに、エンタテイメント業界の人は、視聴者はどちらかといえば受け身だと考えるようになった。彼らは、番組を視聴者にどう見せるかは、自分たちが決められると考えた。だが彼らは、互いにコミュニケーションしたいという人々の欲望を甘く見ていた。
After decades of running an IV drip right into their audience, people in the entertainment business had understandably come to think of them as rather passive. They thought they'd be able to dictate the way shows reached audiences. But they underestimated the force of their desire to connect with one another.

「Facebookがテレビを終わらせた」もちろん単純すぎだが、ひとことでいうならこれが一番真実に近いだろう。
acebook killed TV. That is wildly oversimplified, of course, but probably as close to the truth as you can get in three words.




テレビ業界は、嫌々ながら未来を悟り、ネットにコンテンツをしぶしぶ置くことで対処している。だがいまだに足取りは重い。ネットに記事を載せている新聞社がいまだに「読者が翌朝まで待ち、紙に印刷された状態で読む」ことを期待しているのと同様、テレビ業界の人はいまだに「視聴者にネットではなくテレビで見てほしい」と考えているようだ。どちらの業界の人も、インターネットが第一のメディアだという事実を認めるべきだ。
The TV networks already seem, grudgingly, to see where things are going, and have responded by putting their stuff, grudgingly, online. But they're still dragging their heels. They still seem to wish people would watch shows on TV instead, just as newspapers that put their stories online still seem to wish people would wait till the next morning and read them printed on paper. They should both just face the fact that the Internet is the primary medium.

認めるのが早いほど、有利な立場に立てる。古いメディアを脅かす新しいメディアが現れ、それが次の勝者になりそうだったら、古いメディアの人々は直ちに飛び移るべきだ。
They'd be in a better position if they'd done that earlier. When a new medium arises that's powerful enough to make incumbents nervous, then it's probably powerful enough to win, and the best thing they can do is jump in immediately.

インターネットはマスコミの「共時性」と「地域性」という2個の基盤を揺るがすから、否が応でも大きな変化がやってくる。インターネットでは、みんなに同じ信号を送る必要はないし、地元の情報源から送る必要もない。人々は、観たいときに観たいものを観て、自分達がより面白いと思うものに従ってグループに分かれる。もしかしたら人々がいちばん強く関心を持つのは、各人の物理的な位置となるかもしれないが、私の予想ではそうはならない。それは地方のテレビ局の終焉を意味する。それは古いテクノロジーに制約された人工の産物だったのだ。現在、ある人がゼロからインターネットを利用したテレビ会社を作ったら、ある地域に限定した番組の計画も立てるかもしれないが、最優先のアイデアではないだろう。
Whether they like it or not, big changes are coming, because the Internet dissolves the two cornerstones of broadcast media: synchronicity and locality. On the Internet, you don't have to send everyone the same signal, and you don't have to send it to them from a local source. People will watch what they want when they want it, and group themselves according to whatever shared interest they feel most strongly. Maybe their strongest shared interest will be their physical location, but I'm guessing not. Which means local TV is probably dead. It was an artifact of limitations imposed by old technology. If someone were creating an Internet-based TV company from scratch now, they might have some plan for shows aimed at specific regions, but it wouldn't be a top priority.

共時性と地域性は結びついている。テレビ局は、11時の地方ニュースの視聴者を増やすため、10時の番組の内容を気にかける。だがこの関係は視聴者を増やすというより減らす。視聴者は その後のニュースを見たいだけだから、10時の番組は見ない。
Synchronicity and locality are tied together. TV network affiliates care what's on at 10 because that delivers viewers for local news at 11. This connection adds more brittleness than strength, however: people don't watch what's on at 10 because they want to watch the news afterward.

テレビ局には柔軟性がないため、こういった風潮に抗うだろう。自動車会社にディーラーや組合という足かせがあるのとほぼ同じように、テレビ局には系列のローカル局という足かせがある。だからテレビ局を経営する人々は、まさにレコード業界がしたように、安易な策として古いモデルをあと数年、持たせようとする。
TV networks will fight these trends, because they don't have sufficient flexibility to adapt to them. They're hemmed in by local affiliates in much the same way car companies are hemmed in by dealers and unions. Inevitably, the people running the networks will take the easy route and try to keep the old model running for a couple more years, just as the record labels have done.

最近のウォール・ストリート・ジャーナルに、「視聴者の都合が合えば番組を録画ではなく生で観させたい、という理由もあって、テレビ局が生番組を増やそうとしている」という記事があった。テレビ局は視聴者の望むものを放送する代わりに、視聴者の生活スタイルを古いマスコミのビジネスモデルに合わせようとしている。それを実施する独占かカルテルを結成しないかぎり決してうまくいかないだろうし、そうしたところで一時的にしか成功しない。
A recent article in the Wall Street Journal described how TV networks were trying to add more live shows, partly as a way to make viewers watch TV synchronously instead of watching recorded shows when it suited them. Instead of delivering what viewers want, they're trying to force them to change their habits to suit the networks' obsolete business model. That never works unless you have a monopoly or cartel to enforce it, and even then it only works temporarily.

テレビ局が生番組を好むもう1つの理由は、そのほうが安上がりだからだ。その認識は正しいのだが、結論が間違っている。生番組はテレビ局が思っているよりもずっと安くなり、スケールメリットよってコストが劇的に減少する可能性がある。テレビ局は自分たちは「同じ番組をみんなに送る」マスコミ業界にいると思っているため、そういったさまざまな理由を直視したがらない。[4]
The other reason networks like live shows is that they're cheaper to produce. There they have the right idea, but they haven't followed it to its conclusion. Live content can be way cheaper than networks realize, and the way to take advantage of dramatic decreases in cost is to increase volume. The networks are prevented from seeing this whole line of reasoning because they still think of themselves as being in the broadcast business—as sending one signal to everyone. [4]




現在はテレビ局に対抗する企業を起業するのに良い時期だ。はっきりそれを目標とする企業は少ないだろうが、それがネットのベンチャーの多くが目指していることだ。ふつうわたしたちはあまり余暇がなくて、テレビは時間がかかるもの、となっているから、時間のかかるものはテレビと競合してしまう。(Googleはテレビ局とは違い、Google流にすばやくユーザに結果を送ることが自慢だ) そんな間接的な競争相手に加え、テレビ局はますます直接の競争相手と直面すると私は思う。
Now would be a good time to start any company that competes with TV networks. That's what a lot of Internet startups are, though they may not have had this as an explicit goal. People only have so many leisure hours a day, and TV is premised on such long sessions (unlike Google, which prides itself on sending users on their way quickly) that anything that takes up their time is competing with it. But in addition to such indirect competitors, I think TV companies will increasingly face direct ones.

ケーブルテレビでさえ、ロングテールは短く切り捨てられた。あたらしくチャンネルを開設するために乗り越えなければならない敷居が高かったからだ。インターネットなら流動性が高いため、ロングテールはもっと長くなるだろう。この業界では古い企業であっても、せいぜい大企業が市場で持つメリットしか持てない。
Even in cable TV, the long tail was lopped off prematurely by the threshold you had to get over to start a new channel. It will be longer on the Internet, and there will be more mobility within it. In this new world, the existing players will only have the advantages any big company has in its market.

このことはテレビ局と番組制作者の力関係を変えるだろう。かつてテレビ局は番人だった。制作者がつくった番組を放送し、その番組に宣伝をつけて売った。現在では、面白いものをつくる人は自分で放送できる。いまテレビ局が提供する主な価値は宣伝販売だ。彼らは出版業界からサービス業界に移らざるを得なくなるだろう。
That will change the balance of power between the networks and the people who produce shows. The networks used to be gatekeepers. They distributed your work, and sold advertising on it. Now the people who produce a show can distribute it themselves. The main value networks supply now is ad sales. Which will tend to put them in the position of service providers rather than publishers.

エンタテイメントは今後も変化するだろう。インターネットには、現在の方式を続ける理由どころか、ある1つの方式にこだわる理由さえ全くない。実際、将来が楽しみなのはショーとゲームの中間だろう。だが20年後、インターネットにどんなエンターテイメントが流れているかについては、私は「多くのことが大きく変わる」と言う以外に、まったく予想しないでおこう。最高にクリエイティブな人がサクッと作ることができるものなら、なんだってアリ。それがインターネットが勝った理由だ。
Shows will change even more. On the Internet there's no reason to keep their current format, or even the fact that they have a single format. Indeed, the more interesting sort of convergence that's coming is between shows and games. But on the question of what sort of entertainment gets distributed on the Internet in 20 years, I wouldn't dare to make any predictions, except that things will change a lot. We'll get whatever the most imaginative people can cook up. That's why the Internet won.


注釈
Notes

[1] このことを指摘してくれたトレバー・ブラックウェルに感謝する。彼はこう付け加えた。「私は90年代前半、電話会社の連中がコンピュータとテレビの融合について目を輝かせながら話していたのを思い出す」と。彼らは番組の多くがオンデマンドで配信され、それで大金を稼げると思っていたのだ。そうは問屋がおろさなかった。少数のネット上のデータセンターからビデオを配信することはできそうもなかったため、彼らは「映像のオンデマンド配信には、ローカルなテレビ局の通信網が重要になる」と仮定した。当時(1992年)、ある映像を国境を越えて配信するにはネットの速度は十分ではなかった。だが回線のスピードは、彼らの予想よりずっと早くなった。そして彼らはiTunesとHuluに負けてしまった。
[1] Thanks to Trevor Blackwell for this point. He adds: "I remember the eyes of phone companies gleaming in the early 90s when they talked about convergence. They thought most programming would be on demand, and they would implement it and make a lot of money. It didn't work out. They assumed that their local network infrastructure would be critical to do video on-demand, because you couldn't possibly stream it from a few data centers over the internet. At the time (1992) the entire cross-country Internet bandwidth wasn't enough for one video stream. But wide-area bandwidth increased more than they expected and they were beaten by iTunes and Hulu."

[2] 著作権の持ち主は、侵害された著作権、つまり利益を問題にしたがる。だから彼らは、ユーザが著作権を侵害するのは、そうすればタダになるからだと思う。だがiTunesは、簡単に支払えるなら人々はネットでものを買うということを示している。著作権を侵害する主な理由は、単にそのほうがユーザにとって便利だからだ。
[2] Copyright owners tend to focus on the aspect they see of piracy, which is the lost revenue. They therefore think what drives users to do it is the desire to get something for free. But iTunes shows that people will pay for stuff online, if you make it easy. A significant component of piracy is simply that it offers a better user experience.

[3]あるいは本当はコンピュータである電話だ。テレビに取って代わるデバイスのサイズについては、ブラウザが動きネットでデータを持ってこられさえすればいいので、どれほどのサイズになるか全く予想できない。
[3] Or a phone that is actually computer. I'm not making any predictions about the size of the device that will replace TV, just that it will have a browser and get data via the Internet.

[4] エメット・シニアは次のように書いた。「スポーツのロングテールは他のロングテールよりも長い可能性があると私は言いたい。映像の品質がそれほど良くなくても、潜在視聴者として10000人程度が見込める高校生のフットボールの試合を誰でも放送できる」と。
[4] Emmett Shear writes: "I'd argue the long tail for sports may be even larger than the long tail for other kinds of content. Anyone can broadcast a high school football game that will be interesting to 10,000 people or so, even if the quality of production is not so good."

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、トレバー・ブラックウェル、ナンシー・クック、マイケル・ザイベル、エメット・シニア、レッド・ウィルソンに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Trevor Blackwell, Nancy Cook, Michael Seibel. Emmett Shear, and Fred Wilson for reading drafts of this.