ポール・グレアム「どこまでも、しなやかに、したたかに」を翻訳しました。原題はBe Relentlessly Resourcefulです。なお翻訳にあたってshiro様からアドバイスをいただいています(エッセイのタイトルはまだ変更する可能性があります)。親切な皆様、コメント欄や人力検索でのアドバイスをよろしくお願いいたします。

どこまでも、しなやかに、したたかに
Be Relentlessly Resourceful

2009年3月
March 2009

数日前、私はとうとう良いベンチャー起業家を3単語まで縮めた。「どこまでも、しなやかに、したたかに」(※訳注 原文は2語で relentlessly resourceful)。
A couple days ago I finally got being a good startup founder down to two words: relentlessly resourceful.

その時まで私が正反対の言葉のうち、なんとか思いついた中で最高のものが「hapless」だった。ほとんどの辞書は「hapless」とは不運のことだとある。だが辞書はイマイチだ。相手に勝ったのに、審判の誤判定のため負けてしまったチームはunluckyだがhaplessではない。haplessには受動的という意味が含まれる。haplessとは環境に打ちのめされることだ。世界が自分の意志に味方するのではなく、敵にまわってしまったのだ。[1]
Till then the best I'd managed was to get the opposite quality down to one: hapless. Most dictionaries say hapless means unlucky. But the dictionaries are not doing a very good job. A team that outplays its opponents but loses because of a bad decision by the referee could be called unlucky, but not hapless. Hapless implies passivity. To be hapless is to be battered by circumstances―to let the world have its way with you, instead of having your way with the world. [1]

残念なことにhaplessの反意語がぜんぜんないため、起業家の目標を言うのは難しい。「haplessになるな」ではスローガンにならない。
Unfortunately there's no antonym of hapless, which makes it difficult to tell founders what to aim for. "Don't be hapless" is not much of rallying cry.

私たちが言いたい事を比喩で表現するのは難しくない。いちばん良い比喩は、たぶんランニングバックだ。良いランニングバックは、単に断固としているのではなく、柔軟性がある。ダウンフィールドをしたがっているが、進行中の計画に自分たちを合わせる。
It's not hard to express the quality we're looking for in metaphors. The best is probably a running back. A good running back is not merely determined, but flexible as well. They want to get downfield, but they adapt their plans on the fly.

残念ながらこれはただの比喩だし、アメリカ人以外のほとんどの人には役に立たない。「ランニングバックのようになれ」では「haplessになるな」と大差ない。
Unfortunately this is just a metaphor, and not a useful one to most people outside the US. "Be like a running back" is no better than "Don't be hapless."

だが私は、ついにそのダイレクトな表現がわかった。私は投資家向けのスピーチの原稿を書いており、どんな起業家を探すべきか説明する必要があったのだ。haplessと正反対の人ってどんな人? そんな人はしなやかで、したたかだろう。単にしたたかなだけではない。いくつかのつまらない分野を除いては、物事を自分の思い通りに進めるというだけでは足りない。ホットな分野なら、困難なものは目新しくなる。
But finally I've figured out how to express this quality directly. I was writing a talk for investors, and I had to explain what to look for in founders. What would someone who was the opposite of hapless be like? They'd be relentlessly resourceful. Not merely relentless. That's not enough to make things go your way except in a few mostly uninteresting domains. In any interesting domain, the difficulties will be novel. Which means you can't simply plow through them, because you don't know initially how hard they are; you don't know whether you're about to plow through a block of foam or granite. So you have to be resourceful. You have to have keep trying new things.

ねばり強く、機転がきくようになれ。
Be relentlessly resourceful.

それは正しいようだが、単に一般的にうまくいく方法だろうか? 私はそうは思わない。たとえば執筆や絵を描くのに成功する秘訣ではない。そういった仕事での秘訣は、積極的で好奇心が強いことだ。「しなやか」というのは、障害が外部にあることを意味する(一般にベンチャーではそうだ)。 だが執筆や絵では、障害のほとんどは内部にある。障害はあなた自身の鈍感さなのだ。[2]
That sounds right, but is it simply a description of how to be successful in general? I don't think so. This isn't the recipe for success in writing or painting, for example. In that kind of work the recipe is more to be actively curious. Resourceful implies the obstacles are external, which they generally are in startups. But in writing and painting they're mostly internal; the obstacle is your own obtuseness. [2]

「どこまでも、しなやかで、したたかであれ」が成功の秘訣となる分野は、おそらく他にもある。だが他の分野と重なろうとも、良いベンチャー起業家に関して見つけうる最高の短い言葉だと思う。これ以上正確に言うのは難しいだろう。
There probably are other fields where "relentlessly resourceful" is the recipe for success. But though other fields may share it, I think this is the best short description we'll find of what makes a good startup founder. I doubt it could be made more precise.

何を求めるかが決まったので、次の質問を続けることができる。たとえば「この気質は教育可能か?」などだ。私はみんなにこの気質を教えてから4年がたつが、答えは「YES」だと言おう。驚くべきことに、しばしば教えることができるのだ。すべての人にではないが、多くの人に。[3] 生まれつき受動的な人もいる。だがその他の人は、そう振る舞うように求めれば、しなやかでしたたかになれる隠れた能力を持っている
Now that we know what we're looking for, that leads to other questions. For example, can this quality be taught? After four years of trying to teach it to people, I'd say that yes, surprisingly often it can. Not to everyone, but to many people. [3] Some people are just constitutionally passive, but others have a latent ability to be relentlessly resourceful that only needs to be brought out.

これは特に、ずっと権威的なものの言いなりになりやすい若者にあてはまる。しなやかで、したたかであることは、決して大企業、またはほとんどの学校で成功する秘訣ではない。大企業で成功する秘訣など考えたくもないが、より長期にわたる薄汚い、創意工夫と服従、派閥形成の組み合わせってところだろう。
This is particularly true of young people who have till now always been under the thumb of some kind of authority. Being relentlessly resourceful is definitely not the recipe for success in big companies, or in most schools. I don't even want to think what the recipe is in big companies, but it is certainly longer and messier, involving some combination of resourcefulness, obedience, and building alliances.

この気質に絞り込めば、「ベンチャーは何社まで存在可能か」という、人がしばしば不思議に思う疑問の答えに、もっと近づける。一部の人はあると思っているようだが、どんな上限も存在しない。証明可能な定理の数に上限がないように、新たに生み出される富に消費者が吸収しきれないような金額の限界があると信じる理由は全くない。だからおそらく、ベンチャーの数を制限する要因は、起業家となりうる人々の集団だろう。一部は良い起業家になり、他の人はそうならない。だが現在、私たちは良い起業家になる方法を知っているので、制限を集団のサイズのギリギリまで増やすことができる。
Identifying this quality also brings us closer to answering a question people often wonder about: how many startups there could be. There is not, as some people seem to think, any economic upper bound on this number. There's no reason to believe there is any limit on the amount of newly created wealth consumers can absorb, any more than there is a limit on the number of theorems that can be proven. So probably the limiting factor on the number of startups is the pool of potential founders. Some people would make good founders, and others wouldn't. And now that we can say what makes a good founder, we know how to put an upper bound on the size of the pool.

またこのテストは一人でも役立つ。自分がベンチャーを起業するのに向いているかどうか知りたいなら、しなやかで、したたかかどうか、自問してほしい。そして、誰かを共同設立者として募集するなら、彼らがそうか尋ねてほしい。
This test is also useful to individuals. If you want to know whether you're the right sort of person to start a startup, ask yourself whether you're relentlessly resourceful. And if you want to know whether to recruit someone as a cofounder, ask if they are.

戦術として使うことさえできる。私がベンチャーを経営するなら、この言葉を鏡にテープで貼るだろう。「人々が欲しがるものを作れ」はゴールだが、「どこまでも、しなやかで、したたかであれ」は、ゴールに到達する方法だ。
You can even use it tactically. If I were running a startup, this would be the phrase I'd tape to the mirror. "Make something people want" is the destination, but "Be relentlessly resourceful" is how you get there.


注釈
Notes


[1] 辞書が間違っているのは、その言葉の意味が変わったからだろう。今日、ゼロから辞書を書くなら、だれも「hapless」を「不運」のこと、とは書かないだろう。だが200~300年前はそうだったかもしれないのだ。かつて人々は、現代よりも運に左右されており、その結果、運に関する言葉から派生した多くの言葉が良い結果/悪い結果の表現に用いられた。
[1] I think the reason the dictionaries are wrong is that the meaning of the word has shifted. No one writing a dictionary from scratch today would say that hapless meant unlucky. But a couple hundred years ago they might have. People were more at the mercy of circumstances in the past, and as a result a lot of the words we use for good and bad outcomes have origins in words about luck.

私がイタリアに住んでいたとき、一度誰かに説明しようとしたことがある。私には、なんであれ多くの成功をしていたわけではなかったが、イタリア語で「成功」をなんと言うか思いつくことができなかった。私は言おうと思っていた言葉を説明した。とうとう彼女は言った。「ああ、フォーチュナのことね!」
When I was living in Italy, I was once trying to tell someone that I hadn't had much success in doing something, but I couldn't think of the Italian word for success. I spent some time trying to describe the word I meant. Finally she said "Ah! Fortuna!"

[2] ベンチャーのある局面では積極的で好奇心が強いことが秘訣となる。仕事のほとんどが純粋な発見であるような場合だ。残念なことに、そういった局面は全体から比べるとわずかな割合だ。一方、それは研究で成功する秘訣だ。
[2] There are aspects of startups where the recipe is to be actively curious. There can be times when what you're doing is almost pure discovery. Unfortunately these times are a small proportion of the whole. On the other hand, they are in research too.

[3] 私は多くの人にそう言った結果 (a) 私は、「多くの人は○○に似ている」とはまったく思わないし、(b) 人が変化する能力に関しては、病気的なまでに楽観的だ、と気づいた。[3] I'd almost say to most people, but I realize (a) I have no idea what most people are like, and (b) I'm pathologically optimistic about people's ability to change.

この原稿を読んでくれたレバー・ブラックウェルとジェシカ・リビングストンに感謝する。
Thanks to Trevor Blackwell and Jessica Livingston for reading drafts of this.