ポール・グレアム「ベンチャー革命は地域限定?」を翻訳しました。
原題はA Local Revolution?で、原文は http://www.paulgraham.com/revolution.html です。
英語に強い皆様、人力検索やコメント欄でのアドバイスをよろしくお願い致します。

ベンチャー革命は地域限定?
A Local Revolution?

2009年4月
April 2009

私は最近、結びつけたら爆発するような2つのアイデアを持っていたと気づいた。
Recently I realized I'd been holding two ideas in my head that would explode if combined.

最初のアイデアは、ベンチャーは産業革命規模の新たな経済的なレベルを示しているのかもということだ。はっきり確信したわけではないが、それが本当かもしれないというちゃんとした兆候は見える。人はベンチャーの起業家か、早期の社員になったとき劇的に生産的となる。ラリーとセルゲイが大企業で働いていたら、どれほど生産性が損なわれたか想像してほしい。ベンチャー・レベルの改善は社会の習慣を変えうる。
The first is that startups may represent a new economic phase, on the scale of the Industrial Revolution. I'm not sure of this, but there seems a decent chance it's true. People are dramatically more productive as founders or early employees of startups—imagine how much less Larry and Sergey would have achieved if they'd gone to work for a big company—and that scale of improvement can change social customs.

2番目は、ベンチャーはベンチャーに特化したある一定の地域で栄える業種だというものだ。ロサンゼルスが映画に特化し、ニューヨークが金融に特化したように、シリコンバレーはベンチャーに特化している。 [1]
The second idea is that startups are a type of business that flourishes in certain places that specialize in it—that Silicon Valley specializes in startups in the same way Los Angeles specializes in movies, or New York in finance. [1]

仮にどちらも真だったらどうだろう? ベンチャーが新たな経済レベルであり、またある中心地でのみ栄える業種であるとしたら、どうだろう?
What if both are true? What if startups are both a new economic phase and also a type of business that only flourishes in certain centers?

もしそうなら、この革命はとびっきりの革命となるだろう。これまでのすべての革命は拡散した。農業、都市、工業化は、すべて広範囲に拡散した。ベンチャーが結局のところ映画産業に似ているのなら、わずかな中心地と、その中でも特に優位な1つの中心地で、すごい成果が見られるだろう。
If so, this revolution is going to be particularly revolutionary. All previous revolutions have spread. Agriculture, cities, and industrialization all spread widely. If startups end up being like the movie business, with just a handful of centers and one dominant one, that's going to have novel consequences.

ベンチャーがそれほど拡散しないかも、という兆候はすでにある。現代のコミュニケーションははるかに速くなっているにもかかわらず、ベンチャーの普及は、産業革命の普及よりスピードが遅いようだ。
There are already signs that startups may not spread particularly well. The spread of startups seems to be proceeding slower than the spread of the Industrial Revolution, despite the fact that communication is so much faster now.

ボールトン・ワット社設立後の数十年間で、蒸気機関は北ヨーロッパと北アメリカに広がった。産業革命は、それらの領域以外にはさして広まらなかった。産業革命は強力な中産階級が存在した地域、つまり一般市民が搾取されずに財産を築くことができた国だけに広がった。搾取されるなら、工場に投資する意味がないからだ。だが強い中産階級がある国では、産業技術が根づくのは容易だった。炭坑や工場の所有者は個人で、蒸気機関を導入すると決断することができ、数年以内には、地元で蒸気機関を作れる人を探し出せるようになった。ゆえに蒸気機関は素早く浸透した。そして蒸気機関は、その地域が川、港、原料源といった条件によって決められていたため、広く広まった。[2]
Within a few decades of the founding of Boulton & Watt there were steam engines scattered over northern Europe and North America. Industrialization didn't spread much beyond those regions for a while. It only spread to places where there was a strong middle class—countries where a private citizen could make a fortune without having it confiscated. Otherwise it wasn't worth investing in factories. But in a country with a strong middle class it was easy for industrial techniques to take root. An individual mine or factory owner could decide to install a steam engine, and within a few years he could probably find someone local to make him one. So steam engines spread fast. And they spread widely, because the locations of mines and factories were determined by features like rivers, harbors, and sources of raw materials. [2]

ベンチャーも同様に広まるとは思えない。ベンチャーは技術的な現象というより社会的な現象であるということもあるし、地理的な結びつきがないせいでもある。ヨーロッパ人の製造業者は各自、産業技術を輸入可能だったし、ちゃんと動作しただろう。ベンチャーでもそうできるとは思えない。ベンチャーには映画産業と同様、専門的な技術者のコミュニティーが必要なのだ。[3] さらに、ベンチャーが広まるよう駆り立てる同様の力も存在しない。鉄道や電力網はいちど発明されたら、あらゆる地域にそれらが必要となった。鉄道も電力もない地域は、豊かな未来の市場だった。だがこれはベンチャーでは成り立たない。フランスのマイクロソフトやドイツのGoogleの必要性など全くない。
Startups don't seem to spread so well, partly because they're more a social than a technical phenomenon, and partly because they're not tied to geography. An individual European manufacturer could import industrial techniques and they'd work fine. This doesn't seem to work so well with startups: you need a community of expertise, as you do in the movie business. [3] Plus there aren't the same forces driving startups to spread. Once railroads or electric power grids were invented, every region had to have them. An area without railroads or power was a rich potential market. But this isn't true with startups. There's no need for a Microsoft of France or Google of Germany.

政府は、ある地域にベンチャーを推進しようと決めるかもしれないが、政府の政策では、本当の必要性によって生まれるような方法でベンチャーを生じさせることはできない。
Governments may decide they want to encourage startups locally, but government policy can't call them into being the way a genuine need could.

結局、どういう結末になるだろうか? 予想では次のようになる。ベンチャーは普及するのだが、非常にゆっくりとだ。というのも、政府の政策(うまくいかない)によっても、市場の必要性(存在しない)によっても、ベンチャーを普及させようという力が働かないからだ。そのかわり、最初のベンチャーの文化がここまで広がる原因になったのと同様のランダムな要因によって広まる。そしてそういったランダムな要因は、ますます既存の初期ベンチャー・ハブの力を下回るようになるだろう。
How will this all play out? If I had to predict now, I'd say that startups will spread, but very slowly, because their spread will be driven not by government policies (which won't work) or by market need (which doesn't exist) but, to the extent that it happens at all, by the same random factors that have caused startup culture to spread thus far. And such random factors will increasingly be outweighed by the pull of existing startup hubs.

シリコンバレーが現在のようになったのは、ウィリアム・ショックレーが彼が生まれ育ったパロアルトに戻りたかったからであり、そして彼が西部から連れてきた専門家たちは、定住するほどまでにシリコンバレーが大好きだった。シアトルが技術的な中心地となった理由も同じだ。ゲイツとアレンは自宅で動きたかったのだ。もしそうでなかったら、アルバカーキはシアトルと同順位につけていたかもしれない。ボストンが技術的な中心地なのは、ボストンがアメリカと、おそらく世界の知的な中心地だからだ。そしてバッテリーベンチャーズ社がFacebookの申し込みを断りさえしなかったら、ボストンはレーダー網の上で今よりもずっと大きく見えていただろう。
Silicon Valley is where it is because William Shockley wanted to move back to Palo Alto, where he grew up, and the experts he lured west to work with him liked it so much they stayed. Seattle owes much of its position as a tech center to the same cause: Gates and Allen wanted to move home. Otherwise Albuquerque might have Seattle's place in the rankings. Boston is a tech center because it's the intellectual capital of the US and probably the world. And if Battery Ventures hadn't turned down Facebook, Boston would be significantly bigger now on the startup radar screen.

だがFacebookがボストンではなくシリコン・バレーで資金を受けたことは、もちろん偶然の一致ではない。シリコンバレーにはボストンより多くの、より大胆な投資家がおり、大学生でさえそれを知っている。
But of course it's not a coincidence that Facebook got funded in the Valley and not Boston. There are more and bolder investors in Silicon Valley than in Boston, and even undergrads know it.

ボストンのケースは、ゲームに遅れて参加したら確立したベンチャーのハブを持つことが難しいことを例示している。最初のベンチャー・ハブができた方法を真似ることでベンチャー・ハブを作りたいのなら、最高のやり方は、金持ちがそこに住みたがるような非常に良い場所で、一流の研究者の大学を設立することだ。次に都市は、起業家と投資家というあなたが必要とする両者のどちらにも親切にする必要がある。それはシリコンバレーを生み出した組み合わせだ。だがシリコンバレーには競合するシリコンバレーなどなかった。もし現在、良い場所に一流の大学を設立することでベンチャー・ハブを作るというのなら、それらが生み出した最高のベンチャーの多くが既存のベンチャー・ハブに吸収されてしまうため、軌道に乗せるのに苦労するだろう。
Boston's case illustrates the difficulty you'd have establishing a new startup hub this late in the game. If you wanted to create a startup hub by reproducing the way existing ones happened, the way to do it would be to establish a first-rate research university in a place so nice that rich people wanted to live there. Then the town would be hospitable to both groups you need: both founders and investors. That's the combination that yielded Silicon Valley. But Silicon Valley didn't have Silicon Valley to compete with. If you tried now to create a startup hub by planting a great university in a nice place, it would have a harder time getting started, because many of the best startups it produced would be sucked away to existing startup hubs.

最近、私は、見込みのありそうな近道を勧めている。つまりベンチャーの移転に資金を供給することだ。いったんある場所に十分、良いベンチャーが来れば、それは自己持続型の連鎖反応を引き起こすだろう。起業家は自分たちの同僚が住んでいるという理由で、無料でそこに引っ越すかもしれない。そこで取引ができるようになれば投資家も現れるだろう。
Recently I suggested a potential shortcut: pay startups to move. Once you had enough good startups in one place, it would create a self-sustaining chain reaction. Founders would start to move there without being paid, because that was where their peers were, and investors would appear too, because that was where the deals were.

現実には私は、これを試す度胸と、正しく実施できる頭脳を持つ政府があるかどうか疑わしく思っている。私は現実的な提案としてではなく、ベンチャー・ハブを人工的に作るのには最低限、何が必要かを知る実験としてこう言った。
In practice I doubt any government would have the balls to try this, or the brains to do it right. I didn't mean it as a practical suggestion, but more as an exploration of the lower bound of what it would take to create a startup hub deliberately.

最もありそうなシナリオは以下だ。(1)どんな政府も、うまくベンチャー・ハブを設立できない。その結果、(2)ベンチャー文化の拡散は、現在までと同じ偶発的な要因に左右される。(3)そしてこれらの要因は既存のベンチャー・ハブの力よりますます弱くなる。結論: ベンチャー革命は、もし真の革命であるならば、極端に地域限定なものとなるだろう。
The most likely scenario is (1) that no government will successfully establish a startup hub, and (2) that the spread of startup culture will thus be driven by the random factors that have driven it so far, but (3) that these factors will be increasingly outweighed by the pull of existing startup hubs. Result: this revolution, if it is one, will be unusually localized.

注釈
Notes

[1] ベンチャーには2つの全然違ったタイプがある。自然に成長するタイプと、科学上の発見を、いわゆる「商業化」するタイプだ。現在、ほとんどのコンピュータ・ソフトウェアのベンチャーは前者のタイプであり、ほとんどの製薬のベンチャーは後者だ。このエッセイでベンチャーについて述べるとき、私は前者のベンチャーのことを指している。後者のベンチャーを広げるのに苦労など全くない。医学の研究室に資金を提供すれば済む。研究員が見つけ出すどんな新発見も、商業化するのは新空港の建設と同じくらい容易だ。後者のベンチャーは、ベンチャー文化を必要としないし、生み出しもしない。だが後者のベンチャーを生み出す手法では、前者のベンチャーを得ることはできないだろう。フィラデルフィアはその例だ。後者のタイプのベンチャーはたくさんあるが、前者のタイプのベンチャーはほとんどない。
[1] There are two very different types of startup: one kind that evolves naturally, and one kind that's called into being to "commercialize" a scientific discovery. Most computer/software startups are now the first type, and most pharmaceutical startups the second. When I talk about startups in this essay, I mean type I startups. There is no difficulty making type II startups spread: all you have to do is fund medical research labs; commercializing whatever new discoveries the boffins throw off is as straightforward as building a new airport. Type II startups neither require nor produce startup culture. But that means having type II startups won't get you type I startups. Philadelphia is a case in point: lots of type II startups, but hardly any type I.

Googleは後者のベンチャーの例だと思うかもしれないが、そうではない。Googleの成功は、ページランクの商業化によるものではない。彼らは別のアルゴリズムを採用した可能性もあったし、それでも結果は同様だったろう。GoogleがGoogleとなったのは、ウェブの発展期に、決定的に重要な検索をうまくやろうと考えたからだ。
Incidentally, Google may appear to be an instance of a type II startup, but it wasn't. Google is not pagerank commercialized. They could have used another algorithm and everything would have turned out the same. What made Google Google is that they cared about doing search well at a critical point in the evolution of the web.

[2] ワットが蒸気機関を発明したわけではない。彼の決定的な発明は、コンデンサを別々にすることで蒸気機関の効率を劇的に改善したことだった。だがこれは、ワットの役割を単純化しすぎている。彼はこの問題に違った角度から取り組み、その分野を一変させるほどのエネルギーでアプローチした。おそらくいちばん正確な説明は、「ワットが蒸気機関を再発明した」というものだろう。
[2] Watt didn't invent the steam engine. His critical invention was a refinement that made steam engines dramatically more efficient: the separate condenser. But that oversimplifies his role. He had such a different attitude to the problem and approached it with such energy that he transformed the field. Perhaps the most accurate way to put it would be to say that Watt reinvented the steam engine.

[3] この最大の反例はスカイプだ。アメリカでは禁止される何かをするなら、それはアメリカ以外の場所にいるメリットとなる。それがカザーがナップスターに取って代わった理由だ。そして、カザーを経営した起業家が得た専門的技術と人脈が、スカイプの成功を確実にするのに役立った。
[3] The biggest counterexample here is Skype. If you're doing something that would get shut down in the US, it becomes an advantage to be located elsewhere. That's why Kazaa took the place of Napster. And the expertise and connections the founders gained from running Kazaa helped ensure the success of Skype.
この原稿を呼んでくれたパトリック・コリソン、ジェシカ・リビングストン、フレッド・ウィルソンに感謝する。
Thanks to Patrick Collison, Jessica Livingston, and Fred Wilson for reading drafts of this.