ポール・グレアム「クリエイターのスケジュールと経営者のスケジュール」を翻訳しました。
原題はMaker's Schedule, Manager's Scheduleで、原文は http://www.paulgraham.com/makersschedule.htmlです。
翻訳にあたり、TeX様、h小林様のアドバイスをいただいています。ありがとうございます。
英語に強い皆様、人力検索やコメント欄でのアドバイスをよろしくお願い致します。

クリエイターのスケジュールと経営者のスケジュール
Maker's Schedule, Manager's Schedule

2009年7月
July 2009

プログラマが大の会議嫌いである理由の1つは、プログラマのスケジュールは他の人とは異なるからだ。会議はことにプログラマにとって負担となる。
One reason programmers dislike meetings so much is that they're on a different type of schedule from other people. Meetings cost them more.

スケジュールには2種類あり、「クリエイターのスケジュール」と「経営者のスケジュール」と呼ぶことにしよう。経営者のスケジュールは上司用だ。1日を1時間ごとに区切った昔ながらのスケジュール表で示される。必要ならばある1つの仕事で数時間を埋めてかまわないが、仕事は毎時間、変わるのが基本だ。
There are two types of schedule, which I'll call the manager's schedule and the maker's schedule. The manager's schedule is for bosses. It's embodied in the traditional appointment book, with each day cut into one hour intervals. You can block off several hours for a single task if you need to, but by default you change what you're doing every hour.

時間をそのように使っているなら、だれかに会うのは単に実務的な問題だ。スケジュールの開いている時間帯を探し、予約し、会うだけだ。
When you use time that way, it's merely a practical problem to meet with someone. Find an open slot in your schedule, book them, and you're done.

ほとんどの強い権力を持つ人々は経営者のスケジュールで働く。それは命令のスケジュールだ。だがそれとは別に、プログラマや作家といった、物を作る人々に共通な時間の使い方が存在する。一般に彼らは、時間を最低でも半日の単位で使うことを好む。1時間ではロクに執筆もプログラミングもできない。ほとんど着手すらできない時間だ。
Most powerful people are on the manager's schedule. It's the schedule of command. But there's another way of using time that's common among people who make things, like programmers and writers. They generally prefer to use time in units of half a day at least. You can't write or program well in units of an hour. That's barely enough time to get started.

クリエイターのスケジュールで働いていると、会議は災難となる。何事にも本気で取り組めないような2つの短い時間に分割されたために、会議一つで午後がまるごと仕事にならなくなるかもしれない。そのうえ、会議には忘れずに出席する必要がある。経営者のスケジュールで動く人なら問題ない。次の1時間にやることが常にある。唯一の問題は「何をするのか」だ。だがクリエイターのスケジュールの人たちに会議をさせると、クリエイターは会議について考えざるを得なくなる。
When you're operating on the maker's schedule, meetings are a disaster. A single meeting can blow a whole afternoon, by breaking it into two pieces each too small to do anything hard in. Plus you have to remember to go to the meeting. That's no problem for someone on the manager's schedule. There's always something coming on the next hour; the only question is what. But when someone on the maker's schedule has a meeting, they have to think about it.

クリエイターのスケジュールの人にとって、会議とは例外処理を実行するようなものだ。単に1つの仕事が別の仕事に切り替わるのではなく、仕事のモードが変わってしまうんだ。
For someone on the maker's schedule, having a meeting is like throwing an exception. It doesn't merely cause you to switch from one task to another; it changes the mode in which you work.

私は、1つの会議が時として一日全体に影響することもあると知った。一般的に会議は午前か午後を分断することで、少なくとも半日をダメにする。だがさらに、時として連鎖反応を起こす。午後がダメになるとわかっていると、私は午前中、仕事を始めようという気が少し失せる。神経質だと思われてしまうことはわかっているのだが、自分がクリエイターなら、自分自身にあてはめて考えてほしい。まるまる1日、何の予定も入っていない状態で自由に働けると思うと、やる気が出てこない? それは予定が入っているとやる気が失せるってことも意味する。そして大きな仕事はその定義からして、あなたの能力ギリギリだ。やる気がちょっと失せるだけで、大きな仕事は簡単に全滅する。
I find one meeting can sometimes affect a whole day. A meeting commonly blows at least half a day, by breaking up a morning or afternoon. But in addition there's sometimes a cascading effect. If I know the afternoon is going to be broken up, I'm slightly less likely to start something ambitious in the morning. I know this may sound oversensitive, but if you're a maker, think of your own case. Don't your spirits rise at the thought of having an entire day free to work, with no appointments at all? Well, that means your spirits are correspondingly depressed when you don't. And ambitious projects are by definition close to the limits of your capacity. A small decrease in morale is enough to kill them off.

各タイプのスケジュールは、それ自体は問題ない。それらが混ざったときが問題だ。強い権力を持つ人のほとんどは経営者のスケジュールで働いているため、彼らは望むならみんなを自分の振動数に合わせることができる立場にいる。だが賢い経営者は、自分たちのために働いている人々の一部は、仕事に長い時間の単位を必要としているとわかれば自制する。
Each type of schedule works fine by itself. Problems arise when they meet. Since most powerful people operate on the manager's schedule, they're in a position to make everyone resonate at their frequency if they want to. But the smarter ones restrain themselves, if they know that some of the people working for them need long chunks of time to work in.

私たちは珍しい例だ。私が知っているすべてのベンチャー・キャピタルを含む、ほとんどすべての投資家は、経営者のスケジュールで働いている。だがY Combinatorはクリエイターのスケジュールで働く。ロバートとトレバーと私は、いつも通りクリエイターのスケジュールで働くし、ジェシカも私たちと協働しているため、大部分の時間はクリエイターのスケジュールで働く。
Our case is an unusual one. Nearly all investors, including all VCs I know, operate on the manager's schedule. But Y Combinator runs on the maker's schedule. Rtm and Trevor and I do because we always have, and Jessica does too, mostly, because she's gotten into sync with us.

私たちのような会社がもっと現れても、私は驚かない。起業家は経営者となることを嫌がるか、少なくとも、ますます後回しにするようになるのではないか。数十年間前、彼らが労働者用の服からスーツに切り替えることを嫌がりだしたのと同様に。
I wouldn't be surprised if there start to be more companies like us. I suspect founders may increasingly be able to resist, or at least postpone, turning into managers, just as a few decades ago they started to be able to resist switching from workmen's clothes to suits.

クリエイターのスケジュールについて多くのベンチャーにアドバイスするにはどうすればいいだろうか? 経営者のスケジュールをクリエイターのスケジュール内においてシミュレートする典型的な仕組みを使うことによって。つまりオフィスアワーだ。週に何回か、私は私たちが資金を提供した起業家に会う時間帯を設定する。この時間帯は、私の仕事日の終わりに設定している。また私は、オフィスアワー中のすべてのアポが、必ず仕事日の終わりに連続となるようなsignupプログラムを書いた。それらは私の仕事日の終わりに来るため、これらの会議は決して中断とはならない。(彼らの仕事日が私の仕事日と同時に終わらない場合、おそらく会議は彼らの仕事を中断するが、アポをとったのは彼らなのだから、その価値があるに違いない) 忙しい時期には、会議は時として仕事日を短くするが、オフィスアワーは決して仕事日を邪魔しない。
How do we manage to advise so many startups on the maker's schedule? By using the classic device for simulating the manager's schedule within the maker's: office hours. Several times a week I set aside a chunk of time to meet founders we've funded. These chunks of time are at the end of my working day, and I wrote a signup program that ensures all the appointments within a given set of office hours are clustered at the end. Because they come at the end of my day these meetings are never an interruption. (Unless their working day ends at the same time as mine, the meeting presumably interrupts theirs, but since they made the appointment it must be worth it to them.) During busy periods, office hours sometimes get long enough that they compress the day, but they never interrupt it.

私たちが90年代に自分たちのベンチャーで働いていたとき、私は、1日を区切る別の方法を開発した。夜中には誰も邪魔されないから、私はかつて毎日、夕食後から午前3時頃までプログラムをしていた。そうして午前11時頃まで眠り、夕食までに私が「ビジネス物」と呼んでいた仕事に取り組んだ。こういった用語で考えたことはぜんぜんなかったが、実際には私は毎日、経営者のスケジュールとクリエイターのスケジュールという、2つの仕事日を持っていたことになる。
When we were working on our own startup, back in the 90s, I evolved another trick for partitioning the day. I used to program from dinner till about 3 am every day, because at night no one could interrupt me. Then I'd sleep till about 11 am, and come in and work until dinner on what I called "business stuff." I never thought of it in these terms, but in effect I had two workdays each day, one on the manager's schedule and one on the maker's.

経営者のスケジュールで働くと、漠然とした会議や、お互いに知り合うことだけが目的の会議のような、クリエイターのスケジュールでは決してしたくないことができる。いいよ、スケジュールに空きがあるし。たぶん、何らかの方法で、2つのスケジュールは互いに助け合えるとわかるだろう。
When you're operating on the manager's schedule you can do something you'd never want to do on the maker's: you can have speculative meetings. You can meet someone just to get to know one another. If you have an empty slot in your schedule, why not? Maybe it will turn out you can help one another in some way.

シリコンバレーの(もっと言えば世界的中の)実業家には、いつも漠然とした会議がある。経営者のスケジュールで働いているなら、それらは事実上、コストがかからない。それらはあまりに一般的なので、「コーヒーでも飲もう」といった、その種の会議を提案するための言葉がある。
Business people in Silicon Valley (and the whole world, for that matter) have speculative meetings all the time. They're effectively free if you're on the manager's schedule. They're so common that there's distinctive language for proposing them: saying that you want to "grab coffee," for example.

クリエイターのスケジュールで働いていると、漠然とした会議は非常に高くつく。制約の一種となってしまうのだ。みんなは私たちのことを他の投資家と同様、経営者のスケジュールで動くと仮定している。だから彼らは、私たちに会わせたいと思う人を紹介したり、コーヒーでも飲まないかと提案するメールをよこしたりする。私たちには「彼らと会って仕事を半日、ダメにする」もしくは「会うのを避けようとして、たぶん彼らを怒らせる」という2つの選択肢があるのだが、どちらも良くない。
Speculative meetings are terribly costly if you're on the maker's schedule, though. Which puts us in something of a bind. Everyone assumes that, like other investors, we run on the manager's schedule. So they introduce us to someone they think we ought to meet, or send us an email proposing we grab coffee. At this point we have two options, neither of them good: we can meet with them, and lose half a day's work; or we can try to avoid meeting them, and probably offend them.

私たちは最近まで、この問題の原因が何か、はっきりわかっていなかった。私たちは、自分たちのスケジュールが台無しになるか、他人を怒らせることになるのは、単に仕方のないことだと思っていた。だが何が起きているかを理解したので、おそらく3番目の選択肢がある。2つのタイプのスケジュールを何かで示すことだ。経営者のスケジュールとクリエイターのスケジュールの競合が広く理解されたら、結局のところ問題は今よりも小さくなるのではないか。
Till recently we weren't clear in our own minds about the source of the problem. We just took it for granted that we had to either blow our schedules or offend people. But now that I've realized what's going on, perhaps there's a third option: to write something explaining the two types of schedule. Maybe eventually, if the conflict between the manager's schedule and the maker's schedule starts to be more widely understood, it will become less of a problem.

私たちクリエイターのスケジュールは、妥協したって構わない。ある程度の会議が必要だってことくらいわかってる。経営者のスケジュールで働く人に求めたいのは、会議のコストを理解することだ。
Those of us on the maker's schedule are willing to compromise. We know we have to have some number of meetings. All we ask from those on the manager's schedule is that they understand the cost.

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、トレバー・ブラックウェル、ポール・ブックハイト、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリスに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Trevor Blackwell, Paul Buchheit, Jessica Livingston, and Robert Morris for reading drafts of this.