ポール・グレアム「ラーメン代稼ぎ」を翻訳しました。
原題はRamen Profitableで、原文はhttp://www.paulgraham.com/ramenprofitable.htmlです。

翻訳にあたり同じギークハウスに住むid:hedachi氏のアドバイスをいただいています。ありがとうございます。具体的には訳注に出てくる「茶色の米」(brown rice)って何なんですかね? と質問したときに、即座に「玄米」と教えてくれたのです。これがギークハウスに住むメリットだよ! そもそもギークハウスに住んでいなければ、おそらく今日は寝てしまっていたと思います。そして翻訳は旅行後、つまり週末になってしまっていたと思います。ギークハウス万歳!!

ここで宣伝。ギークハウス御徒町は9月末に閉鎖となるので、現在、みんなで次の物件を探しています。入居者をあと数名、探しているのですが、興味ある人いませんか? 興味を持った方はtakeuchi19@mail.goo.ne.jpまでご連絡を。歓迎いたします。

またTex様、新井俊一様、山崎修様、ogijun様、parumu様、cinquanta様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます。それでは英語に強い皆様、人力検索やコメント欄でのアドバイスをよろしくお願いいたします。


ラーメン代稼ぎ
Ramen Profitable

2009年7月
July 2009

「ラーメン代稼ぎ」という言葉が広まったので、この概念が正確には何を意味するのか説明する必要があるだろう。
Now that the term "ramen profitable" has become widespread, I ought to explain precisely what the idea entails.

ラーメン代稼ぎとは、ベンチャーが起業家の生活費をギリギリまかなえる程度の利益を上げることだ。かつてのベンチャーが目指したのとは違う収益だ。かつての収益は、大きく賭け、最終的に利益を生むことを目指したが、ラーメン代稼ぎが主に重視するのは時間を稼ぐことだ。[1]
Ramen profitable means a startup makes just enough to pay the founders' living expenses. This is a different form of profitability than startups have traditionally aimed for. Traditional profitability means a big bet is finally paying off, whereas the main importance of ramen profitability is that it buys you time. [1]

かつてのベンチャーは通常、かなりの大金を費やしたあとで、ようやく損益分岐点まで達した。コンピュータのハードウェアを作る会社は、毎年5000万ドルを費やしながら、5年間、黒字化しないかもしれない。だが黒字化したら、毎年5000万ドルの黒字となる可能性がある。こういった黒字がベンチャーの成功を意味した。
In the past, a startup would usually cross into profitability only after raising and spending quite a lot of money. A company making computer hardware might not reach profitability for 5 years, during which they spent $50 million. But when they did reach profitability they might have revenues of $50 million a year. This kind of profitability means the startup has succeeded.

ラーメン代稼ぎは正反対だ。1カ月あたりの利益は3000ドルでしかないが、2カ月後に黒字となるベンチャーだ。というのも、25歳前後の数名の社員しかおらず、彼らは事実上、普通の生活程度のお金で生活できるからだ。1カ月あたり3000ドルの利益は、企業が軌道に乗ったどころか、成功への足がかりを得たことすら意味しない。だがラーメン代稼ぎに達したベンチャーは、かつての黒字化したベンチャーと重要なところで一致している。存続のために金を調達する必要がなくなったんだ。
Ramen profitability is the other extreme: a startup that becomes profitable after 2 months, even though its revenues are only $3000 a month, because the only employees are a couple 25 year old founders who can live on practically nothing. Revenues of $3000 a month do not mean the company has succeeded, or even found a path to success. But the ramen profitable startup does share something with the one that's profitable in the traditional way: they don't need to raise money to survive.

ベンチャーのラーメン代稼ぎは、ごく最近になってはじめて可能になったアイデアだから、ほとんどの人にはなじみがない。ラーメン代稼ぎは、多くのベンチャーにはまだ不可能だ。たとえば、ほとんどのバイオテクノロジーのベンチャーでは無理だろう。だが多くのソフトウェアのベンチャーには可能だ。というのもソフトウェアのベンチャーは非常に安くなったからだ。多くのベンチャーで、唯一の実質的なコストは起業家の生活費だ。つまり生活費さえまかなえれば黒字化する。
Ramen profitability for startups is an unfamiliar idea to most people because it only recently became feasible. It's still not feasible for a lot of startups; it would not be for most biotech startups, for example; but it is for many software startups because they're now so cheap. For many startups, the only real cost is the founders' living expenses, which means that's all you have to cover to be profitable.

このタイプの黒字化の主な意味は、もう投資家の言いなりにならないで済むってことだ。まだ黒字でないなら資金は減少している。最終的には資金を調達するか、もしくは会社をたたむ必要がある。おそらく、かなり早くそうなるだろう。いったんラーメン代稼ぎに達すれば、この苦しい選択から距離を置ける。なお資金を調達してもいいが、あわてる必要はない。
The main significance of this type of profitability is that you're no longer at the mercy of investors. If you're not yet profitable, you're losing money. Eventually you'll either have to raise money or shut down. And probably sooner rather than later. Once you cross over into ramen profitable, this painful choice goes away. You can still raise money, but you don't have to do it now.

* * *

資金調達の必要がないいちばん明白な利点は、より良い契約を結べることだ。「起業家は資金を必要としている」と投資家が知ると、時として、ついつけこみたくなる。起業家は資金がなくなると弱腰になると知っているので、一部の投資家はわざと企業を失速させることすらありうる。
The most obvious advantage of not needing to raise money is that you can get better terms. If investors know you need money, they're sometimes tempted to take advantage of you. Some may even deliberately stall, because they know that as you run out of money you'll become increasingly pliable.

だがラーメン代稼ぎには、それほど明白ではないメリットが他にも3つある。1つ目は投資家にとって、より魅力的になることだ。どんなに小規模であろうと、すでに黒字化しているなら、(a) 少なくとも起業家にお金を払う誰かがおり、(b) 起業家は人々が望むものを真剣に作っており、(c) 起業家はコストを低く抑えておけるほどに自制的である、ということを意味している。それほど遠くまでは行っていなくても、ちゃんとした道を進んでいるんだ。
But there are also three less obvious advantages of ramen profitability. One is that it makes you more attractive to investors. If you're already profitable, on however small a scale, it shows that (a) you can get at least someone to pay you, (b) you're serious about building things people want, and (c) you're disciplined enough to keep expenses low. You're on the right track, though you may not be far along it.

投資家の三大不安を取り除いてあげたのだから、投資家は心強い。投資家が、大きな市場におり賢い起業家がいる、まだ成功していない企業に資金を供給することはよくある。そういった企業が失敗するとき、通常、その理由は (a) 人々に販売するのが難しすぎたり、市場がまだ成熟していなかったという理由で、人々がその商品にお金を払わない (b) 起業家がユーザが求める問題ではなく、間違った問題に取り組んでしまった (c) 黒字化する前に浪費しすぎ、自分たちの資金を食いつぶしてしまった、というものだ。ラーメン代稼ぎに達すれば、もうこれらの落とし穴にはハマっていない。あとはそのまま進めばいいだけだ。
This is reassuring to investors, because you've addressed three of their biggest worries. It's common for them to fund companies that have smart founders and a big market, and yet still fail. When these companies fail, it's usually because (a) people wouldn't pay for what they made, e.g. because it was too hard to sell to them, or the market wasn't ready yet, (b) the founders solved the wrong problem, instead of paying attention to what users needed, or (c) the company spent too much and burned through their funding before they started to make money. If you're ramen profitable, you're already avoiding these mistakes. All you have to do is continue to.

ラーメン代稼ぎの別の利点は、士気が上がるってことだ。だんだん自分の生活費を稼いでいる気になってくる。最初に起業したころは、企業はかなり抽象的なものに感じられる。法的に企業なのだが、企業と呼ぶのも嘘のような気がする。かなりの金額を人々が払うようになると、ほんとうに企業になったと感じ始める。自分の生活費がいちばん重要な分岐点だ。というのも、その時こそ未来が離陸した時点だからだ。今や倒産ではなく、存続がデフォルトとなったのだ。
Another advantage of ramen profitability is that it's good for morale. You feel like you're finally earning your keep. A company tends to feel rather theoretical when you first start it. It's legally a company, but you feel like you're lying when you call it one. When people start to pay you significant amounts, the company starts to feel real. And your own living expenses are the milestone you feel most, because at that point the future flips state. Now survival is the default, instead of dying.

ベンチャー経営の精神的な負担は実に重いので、その規模のベンチャーでは、士気を高めることはたいへん重要だ。未だベンチャーは非常に珍しい。なぜもっと多くの人がベンチャーを起業しないのだろうか? 金銭的なリスクがあるから? 大多数の25歳は、どうせ貯金なんて持ってないだろう。時間がかかるから? 多くの人は、フツーの仕事で、だいたい同じくらいの長時間、働いている。人々がベンチャーを起業できないのは、非常に重い責任を持つことに対する恐怖だ。そして、それはばかげた恐怖ではない。実際、それは耐え難い。その重圧をいくぶん軽減するものなら何であれ、あなたを生き残らせる可能性を大いに高めるだろう。
A morale boost on that scale is very valuable in a startup, because the moral weight of running a startup is what makes it hard. Startups are still very rare. Why don't more people do it? The financial risk? Plenty of 25 year olds save nothing anyway. The long hours? Plenty of people work just as long hours in regular jobs. What keeps people from starting startups is the fear of having so much responsibility. And this is not an irrational fear: it is in fact hard to bear. Anything that takes some of that weight off you will greatly increase your chances of surviving.

ラーメン代稼ぎに達するベンチャーは、失敗するより成功する可能性が高いだろう。ベンチャーの結果は統計的に二峰性分布であり、失敗か大儲けかのどちらかであることを考えると、成功の可能性が高いのはエキサイティングだ。
A startup that reaches ramen profitability may now be more likely to succeed than not. Which is pretty exciting, considering the bimodal distribution of outcomes in startups: you either fail or make a lot of money.

ラーメン代稼ぎの4番目の利点は、いちばんわかりづらいが、いちばん大切かもしれない。資金を調達する必要がなければ、資金調達のために仕事を中断しなくて済むんだ。
The fourth advantage of ramen profitability is the least obvious but may be the most important. If you don't need to raise money, you don't have to interrupt working on the company to do it.

資金調達はすごく気が散る。生産性が1/3となるので済めば幸いだ。それが何カ月も続くかもしれない。
Raising money is terribly distracting. You're lucky if your productivity is a third of what it was before. And it can last for months.

どうして資金調達がそれほど気を散らしてしまうのか、私はこの年になるまで理解できなかった。(もっと正確には、思い出せなかった)。通常、私たちが資金を提供したベンチャーが資金調達をしはじめると、徐々に減速することには気づいていたが、その詳細な理由を、YC自身に増資するときまで思い出せなかった。私たちの資金調達は比較的、簡単だった。最初に話した人々がYesと言ってくれたのだ。それでも話がすっかり片付くまでには何カ月もかかった。そしてその間、私は本当の仕事はほとんどできなかった。なぜ? しょっちゅうそれについて考えていたからだ。
I didn't understand (or rather, remember) precisely why raising money was so distracting till earlier this year. I'd noticed that startups we funded would usually grind to a halt when they switched to raising money, but I didn't remember exactly why till YC raised money itself. We had a comparatively easy time of it; the first people I asked said yes; but it took months to work out all the details, and during that time I got hardly any real work done. Why? Because I thought about it all the time.

ベンチャーはいつだって、非常に緊急な1つの問題を抱えていることが多い。つまり夜、床につくときや朝、シャワーを浴びるときに考えることだ。資金の調達を始めると、資金調達が考える問題となってしまう。朝にシャワーは1回しか浴びないし、その時、投資家について考えているなら、製品については考えないだろう。
At any given time there tends to be one problem that's the most urgent for a startup. This is what you think about as you fall asleep at night and when you take a shower in the morning. And when you start raising money, that becomes the problem you think about. You only take one shower in the morning, and if you're thinking about investors during it, then you're not thinking about the product.

もし資金調達の時期を選べるなら、他に重要なことがない時を選べるし、おそらく資金調達期間も速く終わると主張したっていいだろう。資金調達期間を終わらせる必要はないと思えるのなら、資金調達期間に頭がいっぱいにならなくても済む可能性すらある。
Whereas if you can choose when you raise money, you can pick a time when you're not in the middle of something else, and you can probably also insist that the round close fast. You may even be able to avoid having the the round occupy your thoughts, if you don't care whether it closes.

* * *

ラーメン代稼ぎはその定義以上のものではない。たとえばそれは、ベンチャーを「独力で経営する」、つまり「投資家からの資金を決して貰わない」ということではない。経験的には、投資なしで大変うまくいくとは思えない。投資を受けずに成功できるベンチャーは稀だ。ベンチャーがもっと安くなるにつれ、おそらく、投資はもっと普通のことになるだろう。一方、投資先を探している資金がある。ベンチャーがそれほど資金を必要としなければ、より好条件で資金を得ることができるし、資金を獲得できる可能性も高まるだろう。起業家は投資家と対等な立場に立てるようになるだろう。[2]
Ramen profitable means no more than the definition implies. It does not, for example, imply that you're "bootstrapping" the startup—that you're never going to take money from investors. Empirically that doesn't seem to work very well. Few startups succeed without taking investment. Maybe as startups get cheaper it will become more common. On the other hand, the money is there, waiting to be invested. If startups need it less, they'll be able to get it on better terms, which will make them more inclined to take it. That will tend to produce an equilibrium. [2]

ラーメン代稼ぎは、ジョー・クラウスのアイデア、つまり「製品のベータ版を作ったら、ビジネスモデルもベータ版にするべきだ」ということも意味しない。ジョー・クラウスは、それがみんなが最初から起業家にお金を払ってくれるようにする良い方針だと信じている。私は、それは厳しすぎるんじゃないかと思う。Facebookはそうしなかったが、ほとんどのベンチャーよりも上手くやった。すぐお金を稼ぐことは、Facebookには不要だっただけではなく、おそらく有害だっただろう。もっとも私は、ジョーのやり方は多くのベンチャーには役立つかもしれないと思う。「起業家の気が散っているな」と思うと、私は時々、そういった制約が行動につながることを期待して「自分たちの製品に対してユーザに支払わせようとしたら?」と提案する。
Another thing ramen profitability doesn't imply is Joe Kraus's idea that you should put your business model in beta when you put your product in beta. He believes it's a good form of discipline to get people to pay you from the beginning. I think that's too constraining. Facebook didn't, and they've done better than most startups. Making money right away was not only unnecessary for them, but probably would have been harmful. I do think Joe's rule could be useful for many startups, though. When founders seem unfocused, I sometimes suggest they try to get customers to pay them for something, in the hope that this constraint will prod them into action.

ジョーのアイデアとラーメン代稼ぎの違いは、ラーメン代稼ぎに達した企業は、その方法でお金を稼ぎ続ける必要はないということだ。お金さえ稼げれば何だっていい。最も有名な例がGoogleだ。最初、GoogleはYahooのようなサイトに検索をライセンスすることでお金を稼いだ。最終的なGoogleのビジネスモデルはまったく別だったのだが、当時、検索をライセンスしたおかげで稼いだ資金は役立ったに違いない。
The difference between Joe's idea and ramen profitability is that a ramen profitable company doesn't have to be making money the way it ultimately will. It just has to be making money. The most famous example was Google. Initially they made money by licensing search to sites like Yahoo. Their ultimate business model turned out to be completely different, but the money they made from licensing search must have been helpful at the time.

ラーメン代稼ぎの欠点は何だろうか? おそらく最大の危険は、コンサル会社になってしまうことだ。ベンチャーはみんなが使うただ1つのものを作るメーカーになるべきだ。ベンチャーの質は成長の速度で特徴付けられ、コンサルは製品のようにはスケールしない。 [3] だが月に3000ドルのコンサル会社になるのは、かなり簡単だ。それは現実には安売りする契約プログラマーだろう。だからコンサルをすると、実際には全くベンチャーではないのに、自分たちはラーメン代稼ぎのベンチャーだと言い張りたくなる危険性がある。
Is there a downside to ramen profitability? Probably the biggest danger is that it might turn you into a consulting firm. Startups have to be product companies, in the sense of making a single thing that everyone uses. The defining quality of startups is that they grow fast, and consulting just can't scale the way a product can. [3] But it's pretty easy to make $3000 a month consulting; in fact, that would be a low rate for contract programming. So there could be a temptation to slide into doing consulting, and telling yourselves that you're a ramen profitable startup, when in fact you're not a startup at all.

初期にちょっとだけコンサルの仕事をしたからってダメじゃない。ほとんどのベンチャーは、起業直後にはたいてい妙なことをやっているものだ。だが、ラーメン代稼ぎが最終目標ではないことを思い出そう。ベンチャーの目標はすごく高くなりうる。ラーメン代稼ぎは、途中で倒産しないためのコツなのだ。
It's ok to do a little consulting-type work at first. Startups almost always have to do something weird at first. But remember that ramen profitability is not the destination. A startup's destination is to grow really big; ramen profitability is a trick for not dying en route.

注釈
Notes

[1] 「ラーメン代稼ぎ」の「ラーメン」とはインスタント・ラーメンのことで、手に入る食料としてはほぼ最安のものだ。
[1] The "ramen" in "ramen profitable" refers to instant ramen, which is just about the cheapest food available.

この言葉を文字通りに解釈しないでほしい。インスタント・ラーメンを常食にしたら非常に不健康だろう。もっといい食糧源は米と豆だ。もしお持ちでないなら、炊飯器に投資することから始めてほしい。
Please do not take the term literally. Living on instant ramen would be very unhealthy. Rice and beans are a better source of food. Start by investing in a rice cooker, if you don't have one.

2n人用の米と豆料理

 オリーブ油かバター
 タマネギ・・・n個
 あり合わせの生野菜
 にんにく・・・3n片
 白いんげん豆か赤インゲンマメかブラックビーンの12オンスの缶・・・n缶
 クノールビーフコンソメか野菜ブイヨン・・・n個
 その場で挽いた黒こしょう・・・小さじ3杯
 クミン・・・粉のもの。茶さじ3杯
 生米・・・nカップ。できれば玄米

Rice and Beans for 2n

olive oil or butter
n yellow onions
other fresh vegetables; experiment
3n cloves garlic
n 12-oz cans white, kidney, or black beans
n cubes Knorr beef or vegetable bouillon
n teaspoons freshly ground black pepper
3n teaspoons ground cumin
n cups dry rice, preferably brown

炊飯器に米を入れる。米のパッケージに指定されているとおりの水を入れる。(デフォルトでは米1カップにつき水2カップ)あとは炊飯器のスイッチを入れ放っておく。
Put rice in rice cooker. Add water as specified on rice package. (Default: 2 cups water per cup of rice.) Turn on rice cooker and forget about it.

たまねぎと他の野菜をみじん切りにする。玉ねぎが透けるまでごく弱火で炒める。みじん切りにしたニンニク、コショウ、クミン、油を少し入れ、弱火のままかき混ぜる。さらに2~3分炒め、缶に入っている煮汁を捨てないように豆を加えてかきまぜる。ブイヨンを加え、ふたをして、さらに少なくとも10分は弱火で煮込む。焦げつかないよう様子を見ながら、ときどきかき混ぜること。
Chop onions and other vegetables and fry in oil, over fairly low heat, till onions are glassy. Put in chopped garlic, pepper, cumin, and a little more fat, and stir. Keep heat low. Cook another 2 or 3 minutes, then add beans (don't drain the beans), and stir. Throw in the bouillon cube(s), cover, and cook on lowish heat for at least 10 minutes more. Stir vigilantly to avoid sticking.

お金を節約したければ、豆はディスカウントストアの大缶を買うこと。またスパイスもまとめ買いしたほうがはるかに安くなる。近くにインド食材店があるなら、クミンはスーパーの少ビンと同じ値段で大袋が手に入る。
If you want to save money, buy beans in giant cans from discount stores. Spices are also much cheaper when bought in bulk. If there's an Indian grocery store near you, they'll have big bags of cumin for the same price as the little jars in supermarkets.

[2] 投資家から起業家への権力のシフトが、実際にベンチャー・ビジネスの規模を大きくする可能性は十分にある。私は、投資家は現在、起業家に対し厳しすぎるという過ちをおかしていると思う。投資家がそれを止めざるを得なくなったら、ベンチャー・ビジネスは全体としてうまくいくだろう。制約となる法律を廃止したときに見られるような市場の拡大を見られるかもしれない。投資家は起業家の最大の頭痛の種の1つだ。投資家が、苦痛を引き起こすのを止めたら、起業家になることは、もっと良いだろう。そして起業家になることが今より良くなれば、さらに多くの人が起業するだろう。
[2] There's a good chance that a shift in power from investors to founders would actually increase the size of the venture business. I think investors currently err too far on the side of being harsh to founders. If they were forced to stop, the whole venture business would work better, and you might see something like the increase in trade you always see when restrictive laws are removed. Investors are one of the biggest sources of pain for founders; if they stopped causing so much pain, it would be better to be a founder; and if it were better to be a founder, more people would do it.

[3] ベンチャーがその規模に比例しながらコンサルを変化させつつ成長することも想像可能だ。だがコンサル企業がそうしたなら、それは立派なメーカーだろう。
[3] It's conceivable that a startup could grow big by transforming consulting into a form that would scale. But if they did that they'd really be a product company.

この原稿を読んでくれたジェシカ・リビングストンに感謝する。
Thanks to Jessica Livingston for reading drafts of this.