ポール・グレアム「セグウェイの問題」を翻訳しました。
原題はThe Trouble with the Segwayで、原文はhttp://www.paulgraham.com/segway.htmlです。
翻訳にあたり、TeX様、shiro様、fuji様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます。

セグウェイの問題
The Trouble with the Segway

2009年7月
July 2009

セグウェイは控えめに言っても当初の見込みに達していない。原因はいくつかあるが、その1つは、みんなセグウェイに乗っている姿を見られたくなかったからだ。セグウェイに乗るとマヌケっぽく見えるんだ。
The Segway hasn't delivered on its initial promise, to put it mildly. There are several reasons why, but one is that people don't want to be seen riding them. Someone riding a Segway looks like a dork.

私の友人トレバー・ブラックウェルは自分でセグウェイを作り、私たちはセグウェルと呼んでいた。また彼は1輪車バージョンのEunicycleも作った。Eunicycleは乗り手がペダルを踏まない以外は普通の一輪車と良く似ている。トレバーはマウンテン・ビューの街にコーヒーを買いにいくため、どちらも乗ってみた。Eunicycleに乗ると、みんなが微笑んでくれた。だがセグウェルに乗ると、みんなは車から悪口を浴びせた。「歩くのも面倒なのかよ? アホ!」
My friend Trevor Blackwell built his own Segway, which we called the Segwell. He also built a one-wheeled version, the Eunicycle, which looks exactly like a regular unicycle till you realize the rider isn't pedaling. He has ridden them both to downtown Mountain View to get coffee. When he rides the Eunicycle, people smile at him. But when he rides the Segwell, they shout abuse from their cars: "Too lazy to walk, ya fuckin homo?"

なぜセグウェイだとそうなるの? セグウェイに乗るとマヌケっぽく見える理由は、ワガママに見えるからだ。横着してるように見えるんだ。
Why do Segways provoke this reaction? The reason you look like a dork riding a Segway is that you look smug. You don't seem to be working hard enough.

バイクに乗るのだってセグウェイより大変というわけじゃない。だがバイクにはまたがって座るから努力しているように見える。セグウェイに乗るときはつっ立ってるだけだ。そして、ぜんぜん仕事をせずにずっと運ばれている人は、たとえば椅子カゴ(訳注: 17~18世紀に要人を運ぶために用いられた)に座っている人と同じで、ワガママに見えざるを得ない。
Someone riding a motorcycle isn't working any harder. But because he's sitting astride it, he seems to be making an effort. When you're riding a Segway you're just standing there. And someone who's being whisked along while seeming to do no work—someone in a sedan chair, for example—can't help but look smug.

こんな思考実験をすればはっきりする。セグウェイ同様の機能を持つが、スケートボードのように、片足を前方に、もう一方の足を後方に置いて乗る機械。それはまずダサいとは思われないだろう。
Try this thought experiment and it becomes clear: imagine something that worked like the Segway, but that you rode with one foot in front of the other, like a skateboard. That wouldn't seem nearly as uncool.

だからもっとセグウェイを市場に受け入れやすくする方法があるかもしれない。乗るのがあまりラクじゃなさそうなバージョンを作るんだ。乗る姿勢は医療機器じゃなく、スケートボードや自転車の伝統に従うと良いだろう。
So there may be a way to capture more of the market Segway hoped to reach: make a version that doesn't look so easy for the rider. It would also be helpful if the styling was in the tradition of skateboards or bicycles rather than medical devices.

たいへん奇妙なことだが、セグウェイがこの問題にハマってしまったのは、会社自体がセグウェイっぽかったからだ。あまりに楽すぎてしまった。資金をあまりに簡単に調達できてしまった。現実のユーザに対して徐々に改良したバージョンを売ることで、会社を少しづつ成長させて行かざるを得なかったとしたら、セグウェイに乗るとマヌケに見えると、かなり早く学んでいただろう。だが彼らは自分たちの製品を秘密にできるだけの資金を持っていた。もちろんセグウェイにはたくさんのフォーカスグループがいたことだろう。けれども、彼らのところには車から大声で罵るような人達はいなかった。だから自分達が行き止まりに向かってつき進んでいることに気がつきもしなかったのだ。
Curiously enough, what got Segway into this problem was that the company was itself a kind of Segway. It was too easy for them; they were too successful raising money. If they'd had to grow the company gradually, by iterating through several versions they sold to real users, they'd have learned pretty quickly that people looked stupid riding them. Instead they had enough to work in secret. They had focus groups aplenty, I'm sure, but they didn't have the people yelling insults out of cars. So they never realized they were zooming confidently down a blind alley.