ポール・グレアム「特許番号6,631,327」を翻訳しました。
原題は6,631,327で、原文はhttp://www.paulgraham.com/6631327.htmlです。
なお翻訳にあたり、id:chokobo様、id:fujiのご協力をいただいております。ありがとうございます! 英語に強い皆様、人力検索やコメント欄でのアドバイスをよろしくお願いいたします。

特許番号6,631,327
6,631,327

2006年執筆、2009年8月改稿
March 2006, rev August 2009

2、3日前、私は自分が特許を取っていたと知って驚いた。2003年に取得していたのだが、誰も教えてくれなかった。数カ月前にYahooを訪れ、私が90年代末にYahooで働いていた頃に知り合った大物にたまたま出くわさなかったら、今でも知らなかっただろう。彼が話題にしたのは「Revenue Loop」なるもので、YahooがViawebを買収したときに、開発していたものだった。
A couple days ago I found to my surprise that I'd been granted a patent. It issued in 2003, but no one told me. I wouldn't know about it now except that a few months ago, while visiting Yahoo, I happened to run into a Big Cheese I knew from working there in the late nineties. He brought up something called Revenue Loop, which Viaweb had been working on when they bought us.

Revenue Loopとは要するに、検索結果を(当時のサーチエンジンがやっていたように)テキストの「関連度」順に並べるのではなく、(Overtureがやっていたように)広告主が払った広告料順に並べるというのでもなく、広告料に販売回数を掛けて得られた値の大きい順に並べるというものだ。買い物検索を作るなら普通こうするだろうが、実際に、私たちの構想の特色の一つは、どの検索が買い物検索なのかを自動で見分ける機能にあった。
The idea is basically that you sort search results not in order of textual "relevance" (as search engines did then) nor in order of how much advertisers bid (as Overture did) but in order of the bid times the number of transactions. Ordinarily you'd do this for shopping searches, though in fact one of the features of our scheme is that it automatically detects which searches are shopping searches.

単に広告料順に並べると、検索結果は役に立たないものになってしまいうる。なぜなら、広告料を一番多く支払ったダメなサイトが上位の検索結果を占めてしまいうるからだ。しかし、広告料に販売回数を掛けた値の順に並べれば、関連度の指標としてはより良いし、客を裏切るということにもならない。「そのサイトに行って実際にものを買った」という以上に、客が検索結果に満足していることを示す良いサインなんてあるかい?
If you just order the results in order of bids, you can make the search results useless, because the first results could be dominated by lame sites that had bid the most. But if you order results by bid multiplied by transactions, far from selling out, you're getting a better measure of relevance. What could be a better sign that someone was satisfied with a search result than going to the site and buying something?

そしてもちろんこのアルゴリズムは、自動的にサーチエンジンの収入も最大化する。
And, of course, this algorithm automatically maximizes the revenue of the search engine.

今では誰もがこういった方法に注目しているが、1998年には珍しかった。1998年にはバナー広告の販売がすべてだった。私たちはそれを知らなかったので、買い物検索における最高と思った方法を見つけたとき、かなり興奮した。
Everyone is focused on this type of approach now, but few were in 1998. In 1998 it was all about selling banner ads. We didn't know that, so we were pretty excited when we figured out what seemed to us the optimal way of doing shopping searches.

Yahooが私たちの企業の買収を検討していたころ、私たちはジェリー・ヤンとニューヨークで会議した。今にして思えば、ヤンはほぼ買収すると決めており、ちゃんとした人々かどうかを念のために確認する会議のつもりだったのだろう。ちょっとおしゃべりし、賢くまともな人間に見せるだけでよかったのだ。私がホワイトボードにかじりつき、エキサイティングな新技術のプレゼンを始めたので、彼は戸惑ったに違いない。
When Yahoo was thinking of buying us, we had a meeting with Jerry Yang in New York. For him, I now realize, this was supposed to be one of those meetings when you check out a company you've pretty much decided to buy, just to make sure they're ok guys. We weren't expected to do more than chat and seem smart and reasonable. He must have been dismayed when I jumped up to the whiteboard and launched into a presentation of our exciting new technology.

ヤンが私のプレゼンにまるで注目していなかったようだったから、私はかなりアセった。私はそのとき「この人はポーカーフェイスを決め込んでるんだろうか? 商品検索の結果をソートする一番良い方法を示しているのに、興味すら見せないなんて」と思った。私はずっと後になるまで、なぜ彼がそれに興味を示さなかったかがわからなかった。1998年には広告主は、ウェブの広告にとんでもない大金を払っていた。1998年には、広告主がアクセス増による利益の価値を最大限に支払ってでさえ、Yahooの利益は減っていただろう。
I was just as dismayed when he didn't seem to care at all about it. At the time I thought, "boy, is this guy poker-faced. We present to him what has to be the optimal way of sorting product search results, and he's not even curious." I didn't realize till much later why he didn't care. In 1998, advertisers were overpaying enormously for ads on web sites. In 1998, if advertisers paid the maximum that traffic was worth to them, Yahoo's revenues would have decreased.

もちろん現在では万事が異なっている。今ではこういった手法はありふれている。だから私が数カ月前、Yahooのカフェテリアで昔なじみのYahoo幹部に出くわしたとき、彼が最初に思い出したのは(幸いなことに)彼とのケンカではなく、Revenue Loopだったのだ。
Things are different now, of course. Now this sort of thing is all the rage. So when I ran into the Yahoo exec I knew from the old days in the Yahoo cafeteria a few months ago, the first thing he remembered was not (fortunately) all the fights I had with him, but Revenue Loop.

「えー、私たちは確か特許を出願したと思いますが、それが退社後どうなったか知らないんですが」と私は言った。
"Well," I said, "I think we actually applied for a patent on it. I'm not sure what happened to the application after I left."

「本当? 重要な特許じゃないか」
"Really? That would be an important patent."

それでだれかが調べたところ、その特許の出願は数年間の手続きの後、2003年に最終的に認可されたとわかった。
So someone investigated, and sure enough, that patent application had continued in the pipeline for several years after, and finally issued in 2003.

それを読んでいちばんショックだったのは、いくつかの点で弁護士が私のすばらしい明確な記述を台無しにしていたことだった。スペルチェッカーを持つ賢い誰かが、ある節を禅のようにわかりにくい文章に変えてしまったのだ。

>>
加えて、ありがちなスペルミスの問題も解決されるだろう。例えば、もしユーザーが「コンパクトディスクプレーヤー」を検索し、コンパクトディスクプレーヤーを販売するウェブサイトで相当な額の金銭を使ったならば、このウェブページには「コンパクトディスクプレーヤー」という語が無いにもかかわらず、この検索語に対してより高い関連度を持つことになる。
<<
(「コンパットディスクプレーヤー」ってのは誤字じゃなかったのにねぇ)
The main thing that struck me on reading it, actually, is that lawyers at some point messed up my nice clear writing. Some clever person with a spell checker reduced one section to Zen-like incomprehensibility:
>>
Also, common spelling errors will tend to get fixed. For example, if users searching for "compact disc player" end up spending considerable money at sites offering compact disc players, then those pages will have a higher relevance for that search phrase, even though the phrase "compact disc player" is not present on those pages.
<<
(That "compat disc player" wasn't a typo, guys.)


オリジナルの明解な文章を見たければ、1998年2月の仮出願の方を見てほしい。そのころは、私たちはまだViawebにいて、「たくさんの」という言葉を「相当な」で置き換えるために弁護士を雇う金がなかったのだ。
For the fine prose of the original, see the provisional application of February 1998, back when we were still Viaweb and couldn't afford to pay lawyers to turn every "a lot of" into "considerable".