ポール・グレアム「偶然を見よ」を翻訳しました。
原題はSee Randomnessで、原文はhttp://www.paulgraham.com/randomness.htmlです。

英語に強い皆様、コメント欄や人力検索でのアドバイスをよろしくお願いいたします。
なお翻訳にあたって、koguro様、TeX様、chokobo様、shiro様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!!

偶然を見よ
See Randomness

2006年4月執筆、2009年8月改稿
April 2006, rev August 2009

プラトンはソクラテスの言葉として「吟味無しの人生は、生きるに値しない」という言葉を引用している。ソクラテスが言いたかったことの一部は、アリクイの仕事が蟻塚に首を突っ込むことであるのと同様、人間の仕事は思考することだ、ということだった。
Plato quotes Socrates as saying "the unexamined life is not worth living." Part of what he meant was that the proper role of humans is to think, just as the proper role of anteaters is to poke their noses into anthills.

古典哲学の多くは(けなすつもりはないよ)新入生が夜中にみんなの集まる部屋でする会話、という感じのものだった。
A lot of ancient philosophy had the quality—and I don't mean this in an insulting way—of the kind of conversations freshmen have late at night in common rooms:

人間の目標とは何ぞや? うむ、我々人類は、アリクイと他の動物の違いほどに、他の動物と著しく異なっておる。人類と他の動物の違いを際立たせているのは、思考力じゃ。ゆえに思考こそ人類がすべきことであり、思考をしない人間は人間失格、動物と変わらぬ。
What is our purpose? Well, we humans are as conspicuously different from other animals as the anteater. In our case the distinguishing feature is the ability to reason. So obviously that is what we should be doing, and a human who doesn't is doing a bad job of being human—is no better than an animal.

現代人はこんな回答はしないだろう。少なくとも、ソクラテスの年齢の人はしない。「なぜ人生に目的があるって考えるの?」とさえ言うかもしれない。私たちがあることに特に向いてたり、あることをすると幸せってことはあっても、人生に目的があるって考える必要はないんじゃない?
Now we'd give a different answer. At least, someone Socrates's age would. We'd ask why we even suppose we have a "purpose" in life. We may be better adapted for some things than others; we may be happier doing things we're adapted for; but why assume purpose?

思想の歴史は、人間を中心とする仮説を徐々に放棄する歴史だ。地球が宇宙の中心どころか、太陽系の中心でさえないことが明らかとなる。人は、神が自分に似せて創りあげたのではなく、猿どころか、微生物から進化した一種にすぎないと分かる。「自分」という概念さえ、詳しく調べると境界があいまいになる。
The history of ideas is a history of gradually discarding the assumption that it's all about us. No, it turns, out, the earth is not the center of the universe—not even the center of the solar system. No, it turns out, humans are not created by God in his own image; they're just one species among many, descended not merely from apes, but from microorganisms. Even the concept of "me" turns out to be fuzzy around the edges if you examine it closely.

わたしたちが、物事の中心であるという考えを捨て去るのは難しい。なにはともあれ、これだけは捨てる余地がないほどむつかしいことである。ようやく、ここ数十年のことであるが、ドーキンスは「利己的な遺伝子」というアイデアによって、別の方法でその考え方を捨て去ろうとした。いや、ドーキンスによれば、わたしたちは物事の中心でないどころか、もはや自分自身の中心ですらないことがわかったのだ。というのも、わたしたちは、遺伝子があちこち旅をするために作り上げた最新型の乗り物にすぎないからである。つまり子供を作るのは、わたしたちの遺伝子が救命ボートにのることなのである。ドーキンスの本を読んだ時、それまでの考え方がひっくり返ってしまった。ダーウィンの本が世に登場した時に、ダーウィンの本がやったに違いないようなひっくり返しだ。
The idea that we're the center of things is difficult to discard. So difficult that there's probably room to discard more. Richard Dawkins made another step in that direction only in the last several decades, with the idea of the selfish gene. No, it turns out, we're not even the protagonists: we're just the latest model vehicle our genes have constructed to travel around in. And having kids is our genes heading for the lifeboats. Reading that book snapped my brain out of its previous way of thinking the way Darwin's must have when it first appeared.

(現代では「種の起源」初版時のダーウィン時代の人々と同様の経験をできる人はほとんどいない。人は進化をあたりまえ、もしくは異端と思うように育てられるからだ。大人になって初めて自然淘汰の考えを知る人などいない)
(Few people can experience now what Darwin's contemporaries did when The Origin of Species was first published, because everyone now is raised either to take evolution for granted, or to regard it as a heresy. No one encounters the idea of natural selection for the first time as an adult.)

だから現在までみんなが見落としていたこと見つけたければ、「人間が中心だ」という、自然でナイーブな思い込みがある分野が最高の盲点だ。ただ、もし見つけたら猛烈な反発が来ることを覚悟して欲しい。
So if you want to discover things that have been overlooked till now, one really good place to look is in our blind spot: in our natural, naive belief that it's all about us. And expect to encounter ferocious opposition if you do.

2つの理論のうちどちらかを選ぶなら、自分が中心でないものを選ぼう。
Conversely, if you have to choose between two theories, prefer the one that doesn't center on you.

この原則は大きなアイデアに限らない。日常生活でも役に立つ。たとえば冷蔵庫にケーキが1つあるとする。そしてある日、帰宅すると家の誰かがそのケーキを食べてしまっていたとしよう。ありうる説明は2つ。
This principle isn't only for big ideas. It works in everyday life, too. For example, suppose you're saving a piece of cake in the fridge, and you come home one day to find your housemate has eaten it. Two possible theories:

a) 家の人は、あなたがケーキを取っておいたと知っていながら、怒らせるためにわざと食べた。

b) 家の人は、お腹がすいていた。

a) Your housemate did it deliberately to upset you. He knew you were saving that piece of cake.

b) Your housemate was hungry.

bを選ぼう。「愚かさで説明がつくことを、決して悪意の結果と捉えてはいけない」という言葉が誰の言葉かわからないが、説得力のあるセリフだ。より一般的なバージョンは、ギリシャ人に対する現代人の答えだ。
I say pick b. No one knows who said "never attribute to malice what can be explained by incompetence," but it is a powerful idea. Its more general version is our answer to the Greeks:

目的がないのにでっちあげるな。
Don't see purpose where there isn't.

いや、むしろ肯定的なバージョンのほうがいいかもしれない。
Or better still, the positive version:

偶然を見よ。
See randomness.