ポール・グレアム「アップルの失敗」を翻訳しました。原題はApple's Mistakeです。
翻訳についてアドバイスを、人力検索id:meefla様に、コメント欄で海法様にいただきました。ありがとうございます!!

アップルの失敗
Apple's Mistake

2009年11月
November 2009

アップルはAppストアの承認審査のプロセスがいかにメチャクチャかわかってない。いやむしろ「それがメチャクチャだと、どんなに大きな問題が生じるか」がわかってないのだ。
I don't think Apple realizes how badly the App Store approval process is broken. Or rather, I don't think they realize how much it matters that it's broken.

プログラマたちのアップルに対する評価は、Appストアの運営ぶりによって、過去にないほどに低下した。かつてプログラマたちは、アップルに対して最高の評価をしていた。過去にアップルに関する最もよくある不満は「アップル信者はアップルを手放しで誉める」というものだった。Appストアでそれが変わった。今では多くのプログラマが、アップルは邪悪だと思いはじめている。
The way Apple runs the App Store has harmed their reputation with programmers more than anything else they've ever done. Their reputation with programmers used to be great. It used to be the most common complaint you heard about Apple was that their fans admired them too uncritically. The App Store has changed that. Now a lot of programmers have started to see Apple as evil.

アップルはAppストアによって、かつてアップルのプログラマたちに寄せられていた好意を、どれほど失ってしまっただろう? 3分の1? 半分? そんなもんだろう。Appストアの評判は今も落ち続けている。
How much of the goodwill Apple once had with programmers have they lost over the App Store? A third? Half? And that's just so far. The App Store is an ongoing karma leak.

* * *

なぜアップルはこんな窮地に陥ったのだろう? 根本的な問題は、アップルがソフトウェアを理解していないことだ。
How did Apple get into this mess? Their fundamental problem is that they don't understand software.

アップルは、iTunesで音楽を販売するようにiPhoneアプリケーションを扱う。アップルは販売経路だ。「アップルにはユーザがいます。ユーザにアクセスしたいなら、アップルのいろんな条件の下でやってください」レコード会社はしぶしぶ同意した。だがこのモデルは、ソフトウェアではうまく行かない。仲介業者がユーザを持っちゃダメなんだ。ソフトウェア業界は1980年代前半にそのことを学んだ。「ソフトウェア」と「出版社」は、言葉はマッチしても基本的なコンセプトはマッチしないことを、VisiCorpのような会社が示したからだ。ソフトウェアは音楽や本とは似ていない。第三者が開発者とユーザを仲介するのは煩雑すぎる。だがそれこそ、アップルがAppストアで目指しているものだ。つまりソフトウェアの出版社だ。それも、小うるさく厳格な社風を出しすぎている出版社だ。
They treat iPhone apps the way they treat the music they sell through iTunes. Apple is the channel; they own the user; if you want to reach users, you do it on their terms. The record labels agreed, reluctantly. But this model doesn't work for software. It doesn't work for an intermediary to own the user. The software business learned that in the early 1980s, when companies like VisiCorp showed that although the words "software" and "publisher" fit together, the underlying concepts don't. Software isn't like music or books. It's too complicated for a third party to act as an intermediary between developer and user. And yet that's what Apple is trying to be with the App Store: a software publisher. And a particularly overreaching one at that, with fussy tastes and a rigidly enforced house style.

ソフトウェア出版が1980年に失敗したのであれば、ソフトウェア開発を間歇的に大きなリリースをするのではなく、定期的に小さなリリースをするようになった現在では、さらに成功する見込みは低い。だがアップルは、この点も理解していない。アップルの商品開発のモデルはハードウェアに由来している。完成だと思うまで開発し、その後リリースする。ハードウェアではそうする必要があるが、ソフトウェアは変更が非常に容易なので、進歩した方法でやった方が有利だ。現在のアプリケーション開発の標準的な方法は、すばやいリリースを繰り返すことだ。つまり、新バージョンをリリースするまでに長くランダムな時間がかかるようでは全然ダメってことだ。
If software publishing didn't work in 1980, it works even less now that software development has evolved from a small number of big releases to a constant stream of small ones. But Apple doesn't understand that either. Their model of product development derives from hardware. They work on something till they think it's finished, then they release it. You have to do that with hardware, but because software is so easy to change, its design can benefit from evolution. The standard way to develop applications now is to launch fast and iterate. Which means it's a disaster to have long, random delays each time you release a new version.

どうやらアップルの姿勢は「Appストアに新しいバージョンを出したいなら、開発者はもっと慎重に」というものらしい。アップルはそう言うだろう。たしかに重要だが、技術の進化を逆行させるほど重要ではない。プログラマが「すばやくリリースし、それを繰り返す」のは怠け者だからじゃない。最高の結果を出すからそうしてるんだ。アップルはそのプロセスを邪魔することで、プログラマの生産性を下げたため、プログラマはアップルまで嫌いになってしまった。
Apparently Apple's attitude is that developers should be more careful when they submit a new version to the App Store. They would say that. But powerful as they are, they're not powerful enough to turn back the evolution of technology. Programmers don't use launch-fast-and-iterate out of laziness. They use it because it yields the best results. By obstructing that process, Apple is making them do bad work, and programmers hate that as much as Apple would.

あるときOS Xに重大なバグが見つかり、すぐに修正版をリリースしたいのに、プログラムを仲介者に提出したら1ヶ月待たされたあげく、彼らの好みでないアイコンがあったため却下されたら、アップルはどんな気分だろう?
How would Apple like it if when they discovered a serious bug in OS X, instead of releasing a software update immediately, they had to submit their code to an intermediary who sat on it for a month and then rejected it because it contained an icon they didn't like?

このソフトウェア開発を邪魔したせいで、アップルは目標とは正反対の結果となっている。現在、Appストアで利用可能なソフトのバージョンは、古くてバグだらけのものが多い。ある開発者は私に言った。
By breaking software development, Apple gets the opposite of what they intended: the version of an app currently available in the App Store tends to be an old and buggy one. One developer told me:



  この審査プロセスのおかげで、Appストアは未完成なアプリケーションだらけなんです。僕はほぼ毎日、ベータユーザに新バージョンをリリースしています。Appストアにあるバージョンは、古くてつまらないんです。多くの開発者は、次のように思ってしまうのではないでしょうか。「実のところAppストアのバージョンには誇りを持てない」→「くそ、アップルのせいだ!」と。




As a result of their process, the App Store is full of half-baked applications. I make a new version almost every day that I release to beta users. The version on the App Store feels old and crappy. I'm sure that a lot of developers feel this way: One emotion is "I'm not really proud about what's in the App Store", and it's combined with the emotion "Really, it's Apple's fault."



別の人はこう書いた。
Another wrote:



アップルは、自分たちの審査方式で品質が保証され、ユーザが喜ぶと思ってるのさ。現実には、僕たちの場合のようなバグはたいてい審査をくぐり抜け、しかもバグフィックスが承認されるまで4-8週間かかるんだ。「ときどきiPhoneアプリが動かない」と思っているユーザは放ったらかしさ。さらにアップルにとってマズいのは、これらのアプリケーションは、すぐに承認する審査方式を持っている他のプラットフォームでは問題なく動作するってことだ。




I believe that they think their approval process helps users by ensuring quality. In reality, bugs like ours get through all the time and then it can take 4-8 weeks to get that bug fix approved, leaving users to think that iPhone apps sometimes just don't work. Worse for Apple, these apps work just fine on other platforms that have immediate approval processes.



実は私は、アップルは3つ目の誤解をしていると思う。Appストアの審査方法に関するすべての苦情は、深刻な問題ではない、という誤解だ。アップルは開発者の不満を聞くべきなのだ。逆にパートナーとサプライヤーは、いつだって不満を言う。不満が出なかったらそれはまずいサインで、パートナーやサプライヤーを甘やかしすぎたのだ。一方、iPhoneはかつてないほど売れている。どうして修正する必要がある?
Actually I suppose Apple has a third misconception: that all the complaints about App Store approvals are not a serious problem. They must hear developers complaining. But partners and suppliers are always complaining. It would be a bad sign if they weren't; it would mean you were being too easy on them. Meanwhile the iPhone is selling better than ever. So why do they need to fix anything?

アップルはすばらしいハードウェアを作るから、開発者を虐待しても短期的にはバレない。数日前、私は新しい27インチのiMacを買った。素晴らしい。スクリーンはチカチカしてて、ディスクは驚くほどうるさいのだが、あまりに美しいので、意識できなくなってしまう。
They get away with maltreating developers, in the short term, because they make such great hardware. I just bought a new 27" iMac a couple days ago. It's fabulous. The screen's too shiny, and the disk is surprisingly loud, but it's so beautiful that you can't make yourself care.

だから私はiMacを買ったが、買うときにはじめて不安な気持ちになった。人権を無視した国で作られた製品を買うような気分だった。それはピカピカだった。かつて私がアップルで買い物したときには、純粋にうれしかった。わあ、すごい! こんなすごいものを作るなんて! 今回は、悪魔と契約するような気分だった。モノは立派なんだけど、作ってるのは最低の奴らなんだよな。本当にこの会社を応援していいのかなあ?
So I bought it, but I bought it, for the first time, with misgivings. I felt the way I'd feel buying something made in a country with a bad human rights record. That was new. In the past when I bought things from Apple it was an unalloyed pleasure. Oh boy! They make such great stuff. This time it felt like a Faustian bargain. They make such great stuff, but they're such assholes. Do I really want to support this company?

* * *


私みたいな人たちがどう思うかを、アップルは心配しなくちゃいけないの? ごく一部のユーザが離れたからって何だっていうの?
Should Apple care what people like me think? What difference does it make if they alienate a small minority of their users?

心配すべき理由がいくつかある。1つは、こういったユーザは、アップルが社員として欲しい人たちだということだ。会社が邪悪っぽく見えたら、最高のプログラマが来なくなる。それによってマイクロソフトは、90年代から甚大な被害を蒙った。プログラマはマイクロソフトで働くことを恥だと思うようになった。まるで裏切っているかのようだった。マイクロソフト出身の人々が、他のプログラマと話し、自分がどこで働いていたかを言うとき、ダークサイドにいたことを卑下するような冗談をいっぱい言った。だがマイクロソフトにとって真の問題は、社員のきまり悪さではなかった。マイクロソフトが決して得られなかった人たちこそ真の問題だった。彼らを獲得したのは誰だろう? Googleとアップルだ。マイクロソフトが帝国ならば、彼らは反乱同盟軍だった。マイクロソフトよりもさらに良い人材を得られたというのが主な理由となって、現在Googleとアップルはマイクロソフトよりずっとうまくやっている。
There are a couple reasons they should care. One is that these users are the people they want as employees. If your company seems evil, the best programmers won't work for you. That hurt Microsoft a lot starting in the 90s. Programmers started to feel sheepish about working there. It seemed like selling out. When people from Microsoft were talking to other programmers and they mentioned where they worked, there were a lot of self-deprecating jokes about having gone over to the dark side. But the real problem for Microsoft wasn't the embarrassment of the people they hired. It was the people they never got. And you know who got them? Google and Apple. If Microsoft was the Empire, they were the Rebel Alliance. And it's largely because they got more of the best people that Google and Apple are doing so much better than Microsoft today.

なぜプログラマは雇い主のモラルにうるさいのだろう? 理由の一部は、彼らは選べるからだ。最高のプログラマは好きなところで働くことができる。罪悪感のある会社で働く必要はない。
Why are programmers so fussy about their employers' morals? Partly because they can afford to be. The best programmers can work wherever they want. They don't have to work for a company they have qualms about.

だが私は、プログラマがモラルにうるさいもう一つの理由は、邪悪さがバカを生み出すからだと思う。権力を振り回すことで勝つ組織は、良い仕事によって勝つ能力を失うようになる。そして賢い人にとって、自分たちの最高のアイデアが勝ちを収めない場所で働くのは面白くない。Googleがあれほど熱心に「邪悪になるな」に固執したのは、外部に感銘を与えるためというよりは、自分たちが傲慢にならないよう予防接種をしたかったからだと思う。[1]
But the other reason programmers are fussy, I think, is that evil begets stupidity. An organization that wins by exercising power starts to lose the ability to win by doing better work. And it's not fun for a smart person to work in a place where the best ideas aren't the ones that win. I think the reason Google embraced "Don't be evil" so eagerly was not so much to impress the outside world as to inoculate themselves against arrogance. [1]

今までのところ、それはGoogleで機能していた。Googleは昔よりも官僚的になったが、それ以外は、Googleは本来の原則を持ち続けているようだ。アップルはそのケースだとは思えない。今1984年の有名な広告を見ると、アップルとして、ハンマーを持った女性よりも、スクリーンの独裁者を思い浮かべてしまう。[2] 実際、独裁者のスピーチを読むと、なぜだかAppストアの予言のように聞こえる。
That has worked for Google so far. They've become more bureaucratic, but otherwise they seem to have held true to their original principles. With Apple that seems less the case. When you look at the famous 1984 ad now, it's easier to imagine Apple as the dictator on the screen than the woman with the hammer. [2] In fact, if you read the dictator's speech it sounds uncannily like a prophecy of the App Store.



  我々は事実の無秩序な拡散を征服した。




  We have triumphed over the unprincipled dissemination of facts.




  我々は史上はじめて、全労働者が矛盾の害虫や困惑するような真実から護られ開花するような、純粋なイデオロギーの楽園を作り上げた。




  We have created, for the first time in all history, a garden of pure ideology, where each worker may bloom secure from the pests of contradictory and confusing truths.



プログラマにどう思われるかをアップルが心配すべきもう一つの理由は、プラットフォームを売るなら、運命は開発者で決まるからだ。そのことは何より、アップル自身がわかっているはずだ。VisiCalcがアップルIIを生み出したのだ。
The other reason Apple should care what programmers think of them is that when you sell a platform, developers make or break you. If anyone should know this, Apple should. VisiCalc made the Apple II.

そしてプログラマは、自分たちが使うプラットフォームのアプリケーションを作る。大部分の(おそらくほとんどの)アプリケーションは、個人的なプロジェクトから大きくなる。アップル自体がそうだった。スティーブ・ウォズニアックは自分が欲しかったから、アップルはマイコンを作った。ウォズニアックはミニコンを手に入れることができなかったのだ。[3] マイクロソフトも同様に、ビル・ゲイツとポール・アレンが、自分たちが使うために、小さなマイコン用のインタプリタを作った。創立者が使わない物を作るベンチャーなどめったにない。
And programmers build applications for the platforms they use. Most applications—most startups, probably—grow out of personal projects. Apple itself did. Apple made microcomputers because that's what Steve Wozniak wanted for himself. He couldn't have afforded a minicomputer. [3] Microsoft likewise started out making interpreters for little microcomputers because Bill Gates and Paul Allen were interested in using them. It's a rare startup that doesn't build something the founders use.

すごくたくさんのiPhoneアプリケーションがある主な理由は、とても多くのプログラマがiPhoneを持っているからだ。プログラマたちは「Blackberryにも同様のシェアがある」という記事を読み、そう知っているかもしれないが、現実にはまるでRIMなど存在しないかのようだ。プログラマは何かを作るなら、それを自分たちでも使いたがるが、それはiPhoneアプリを作るということだ。
The main reason there are so many iPhone apps is that so many programmers have iPhones. They may know, because they read it in an article, that Blackberry has such and such market share. But in practice it's as if RIM didn't exist. If they're going to build something, they want to be able to use it themselves, and that means building an iPhone app.

だからアップルがプログラマを虐待し続けても、プログラマはiPhoneアプリを開発し続ける。それらは虐待する人に依存する人と似ている。すごくiPhoneに魅了されているから、逃げることができないのだ。だがプログラマは出口を探している。ある人は次のように書いた。
So programmers continue to develop iPhone apps, even though Apple continues to maltreat them. They're like someone stuck in an abusive relationship. They're so attracted to the iPhone that they can't leave. But they're looking for a way out. One wrote:



iPhone向けの開発は楽しみでしたが、アップルのAppストアの管理は、かつてのアプリケーション開発の情熱を削いでしまいました。実際、他に手がない限り、これ以上のiPhoneアプリの開発はしないつもりです。 [4]




While I did enjoy developing for the iPhone, the control they place on the App Store does not give me the drive to develop applications as I would like. In fact I don't intend to make any more iPhone applications unless absolutely necessary. [4]



このサイクルを打ち壊せるものはあるだろうか? 今までのところ、そんなデバイスはなさそうだ。PalmとRIMはダメ。唯一のまともなライバルはAndroid。だがAndroidは孤児だ。アップルがiPhoneを本当に大事にしているようには、GoogleはAndroidを大事にしていない。Googleが検索を大事にするのと同じくらい、アップルはiPhoneを大事にしている。
Can anything break this cycle? No device I've seen so far could. Palm and RIM haven't a hope. The only credible contender is Android. But Android is an orphan; Google doesn't really care about it, not the way Apple cares about the iPhone. Apple cares about the iPhone the way Google cares about search.

* * *


ハンドヘルドデバイスの未来はアップルに閉じこめられてしまうのだろうか? 嫌な未来だ。1990年代のように、恐ろしい画一的な文化になってしまうのは残念だ。1995年には、エンドユーザのためにソフトウェアを書くことは事実上、ウィンドウズ向けのアプリケーションに書くことと同じだった。そんな状況があまりに恐ろしかったからこそ、私たちはウェブ・アプリケーションを作ることになったのだ。
Is the future of handheld devices one locked down by Apple? It's a worrying prospect. It would be a bummer to have another grim monoculture like we had in the 1990s. In 1995, writing software for end users was effectively identical with writing Windows applications. Our horror at that prospect was the single biggest thing that drove us to start building web apps.

少なくとも私たちは現在、アップルの錠を壊すのには何が必要かを知っている。プログラマの手からiPhoneを奪わねばならない。プログラマが携帯でネットにアクセスするとき、iPhone以外の何かを使うなら、彼らはそれ向けのアプリケーションを開発するようになるだろう。
At least we know now what it would take to break Apple's lock. You'd have to get iPhones out of programmers' hands. If programmers used some other device for mobile web access, they'd start to develop apps for that instead.

プログラマがiPhoneよりも好むデバイスを、どうすれば作れるだろう? デザインで勝つことは期待できない。アップルにデザインの隙は全くない。だから新たなデバイスは、おそらく一般人にウケるものにはならない。特にプログラマにウケる特徴を宣伝することで勝つしかないだろう。
How could you make a device programmers liked better than the iPhone? It's unlikely you could make something better designed. Apple leaves no room there. So this alternative device probably couldn't win on general appeal. It would have to win by virtue of some appeal it had to programmers specifically.

プログラマ好みにする方法の1つはソフトウェアだ。iPhoneの環境では利用できないが、プログラマには必須のアプリケーションを思いつけば、おそらくプログラマを乗り換えさせることができるだろう。
One way to appeal to programmers is with software. If you could think of an application programmers had to have, but that would be impossible in the circumscribed world of the iPhone, you could presumably get them to switch.

デスクトップがラップトップに変わったように、ラップトップがハンドヘルドに置き換わり、プログラマが開発マシンとしてハンドヘルドを使うようになれば、確実にそうなるだろう。アップルがiPhoneでできることよりも多くのことが、その開発マシンでできる必要がある。
That would definitely happen if programmers started to use handhelds as development machines—if handhelds displaced laptops the way laptops displaced desktops. You need more control of a development machine than Apple will let you have over an iPhone.

電話のようにポケットに入れて持ち運ぶことができ、しかも開発マシンとして使えるデバイスを作れるだろうか? それがどのようなものかは想像しづらい。だが、私は「技術については絶対ということはない」ということを学んだ。現在の基準で「開発マシンとして使える電話サイズのデバイス」は、1995年の基準におけるiPhoneよりも奇跡的というわけではない。
Could anyone make a device that you'd carry around in your pocket like a phone, and yet would also work as a development machine? It's hard to imagine what it would look like. But I've learned never to say never about technology. A phone-sized device that would work as a development machine is no more miraculous by present standards than the iPhone itself would have seemed by the standards of 1995.

私の最近の開発マシンはMacBook Airだ。オフィスでは外付けのモニタとキーボードを使い、旅行中は単体で使う。半分のサイズのバージョンがあれば、私はそっちの方がいい。半分になったとしても、電話のようにあらゆる場所に持ち歩けるほどには小さくはならないが、理想のサイズのたかだか4倍程度まで実現できているのだ。間違いなくそのギャップを埋めることができる。さあ、RFSでそれを作ろう。ハンマーを持った女性よ、出でよ!
My current development machine is a MacBook Air, which I use with an external monitor and keyboard in my office, and by itself when traveling. If there was a version half the size I'd prefer it. That still wouldn't be small enough to carry around everywhere like a phone, but we're within a factor of 4 or so. Surely that gap is bridgeable. In fact, let's make it an RFS. Wanted: Woman with hammer.


注釈
Notes

[1] Googleが「邪悪になるな」を採用したとき、Googleはまだ小さく、誰もGoogleが邪悪になりうるなんて思っていなかった。
[1] When Google adopted "Don't be evil," they were still so small that no one would have expected them to be, yet.

[2] 偶然にも1984年の広告の独裁者は、マイクロソフトではなく、IBMだった。当時はIBMのほうがずっと恐ろしく見えたが、開発者にとってはIBMのほうが現在のアップルよりも好意的だった。
[2] The dictator in the 1984 ad isn't Microsoft, incidentally; it's IBM. IBM seemed a lot more frightening in those days, but they were friendlier to developers than Apple is now.

[3] ウォズニアックはモニタさえ入手できなかった。それがアップルIがモニタとしてテレビを使った理由だ。
[3] He couldn't even afford a monitor. That's why the Apple I used a TV as a monitor.

[4] 私が話したうちの何人か、どれほど自分たちがiPhone用SDKを好きかについて述べた。問題はアップルの製品ではなく、アップルの方針だ。幸い、方針はソフトウェアだ。アップルに変える気があれば、すぐに変えられる。簡単でしょ?
[4] Several people I talked to mentioned how much they liked the iPhone SDK. The problem is not Apple's products but their policies. Fortunately policies are software; Apple can change them instantly if they want to. Handy that, isn't it?

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、トレバー・ブラックウェル、ロス・ブーシェ、ジェームズ・ブレイシー、Gabor Cselle、パトリック・コリソン、ジェイソン・フリードマン、ジョン・グラバー、ジョー・ヒューイット、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリス、トン・ションゴン、Nikhil Pandit、ジャレッド・タームに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Trevor Blackwell, Ross Boucher, James Bracy, Gabor Cselle, Patrick Collison, Jason Freedman, John Gruber, Joe Hewitt, Jessica Livingston, Robert Morris, Teng Siong Ong, Nikhil Pandit, and Jared Tame for reading drafts of this.