ポール・グレアム「自然発生的な起業のアイデア」を翻訳しました。原題はOrganic Startup Ideasです。翻訳についてアドバイスを、人力検索やコメント欄にいただければと思います。なお翻訳にあたり、id:rawwell様のアドバイスをいただいています。ありがとうございます。

自然発生的な起業のアイデア
Organic Startup Ideas

2010年4月
April 2010

起業のアイデアを思いつく最高の方法は、次のように自分に問うことだ。「誰かが自分のためにしてくれるなら、何をしてほしい?」
The best way to come up with startup ideas is to ask yourself the question: what do you wish someone would make for you?

起業のアイデアには2種類ある。普段の生活から自然に発生するものと、自分以外のどこかのユーザ層には必要だろうとカンで決めるものだ。アップルは前者のタイプだ。アップルは、スティーブ・ウォズニアックがコンピュータを欲しがったから始まった。コンピュータを欲しがった多くの人々とは異なり、ウォズニアックはコンピュータを設計できたので、設計した。他の多くの人々もコンピュータを欲しがったので、アップルは彼らにコンピュータをたくさん売り、会社を経営することができた。ちなみにアップルは今でもその原則に従っている。iPhoneはスティーブ・ジョブズが欲しかった電話なのだ。[1]
There are two types of startup ideas: those that grow organically out of your own life, and those that you decide, from afar, are going to be necessary to some class of users other than you. Apple was the first type. Apple happened because Steve Wozniak wanted a computer. Unlike most people who wanted computers, he could design one, so he did. And since lots of other people wanted the same thing, Apple was able to sell enough of them to get the company rolling. They still rely on this principle today, incidentally. The iPhone is the phone Steve Jobs wants. [1]

私たちのベンチャー、Viaweb社は後者のタイプだ。私たちはオンライン・ストアを作るためのソフトを作った。それは自分たち自身が必要としたソフトではなかった。私たちはダイレクト・マーケターではなかった。私たちは起業したころ、自分たちのユーザが「ダイレクト・マーケター」と呼ばれているということさえ知らなかった。だが私たちは起業したとき比較的年配のほうだったので(私は30歳でロバート・モリスは29歳)、そういったタイプのソフトにユーザが何を求めるかをよく観察し、十分に知っていた。[2]
Our own startup, Viaweb, was of the second type. We made software for building online stores. We didn't need this software ourselves. We weren't direct marketers. We didn't even know when we started that our users were called "direct marketers." But we were comparatively old when we started the company (I was 30 and Robert Morris was 29), so we'd seen enough to know users would need this type of software. [2]

2つのアイデアのタイプに明確な境界線はないものの、成功したベンチャーの大部分はViawebタイプよりもAppleタイプに近いようだ。ビル・ゲイツがアルテア用に初のBASICインタプリタを書いたとき、彼は自分でも使うつもりのものを書いていた。ラリーとセルゲイがGoogleの最初のバージョンを書いたときも同様だ。
There is no sharp line between the two types of ideas, but the most successful startups seem to be closer to the Apple type than the Viaweb type. When he was writing that first Basic interpreter for the Altair, Bill Gates was writing something he would use, as were Larry and Sergey when they wrote the first versions of Google.

人工的なアイデアよりも自然発生的なアイデアのほうが一般的にも望ましい。特に起業家が若いときはそうだ。人々の望みを予測するには経験が必要だ。Y Combinatorで私たちが見る最低のアイデアは、若い起業家が自分以外の誰かのために作るものだ。
Organic ideas are generally preferable to the made up kind, but particularly so when the founders are young. It takes experience to predict what other people will want. The worst ideas we see at Y Combinator are from young founders making things they think other people will want.

だからもし起業を考えており、まだやることを決めていないなら、「まず自然発生的なアイデアに焦点を合わせろ」と言うだろう。普段の生活で、無かったりダメだったりするものは何だろう? 時として、ただそんな質問をするだけで、すぐに答えが手に入る場合がある。機械語でアルテアのプログラミングをするのはおかしいと、ビル・ゲイツには明白だったのだろう。
So if you want to start a startup and don't know yet what you're going to do, I'd encourage you to focus initially on organic ideas. What's missing or broken in your daily life? Sometimes if you just ask that question you'll get immediate answers. It must have seemed obviously broken to Bill Gates that you could only program the Altair in machine language.

問題点を知るには、ちょっと自分の枠から出る必要がある。慣れてしまうと、それが当然と思ってしまうからだ。だが、問題点はかならずあると思おう。すごいアイデアは、いつも目の前にぶらさがっている。ハーバードの大学生が、2004年の時点でいまだに紙のFacebookを使っていたのは変だった。そういったことは、絶対ネットでやるべきだった。
You may need to stand outside yourself a bit to see brokenness, because you tend to get used to it and take it for granted. You can be sure it's there, though. There are always great ideas sitting right under our noses. In 2004 it was ridiculous that Harvard undergrads were still using a Facebook printed on paper. Surely that sort of thing should have been online.

今でも、そんな明らかなアイデアが転がっている。それを見落としてしまうのは、Facebookを造るというアイデアを2004年に見落としたのと同じ理由だ。ふつう自然発生的なベンチャーのアイデアは、最初のうちはベンチャーのアイデアに見えないからだ。Facebookは大成功したと現在の私たちは知っているが、2004年の自分に戻って考えてほしい。「ネットに大学生のプロフィールを乗せる」なんて、大したベンチャーのアイデアには思えないだろう。実際それは初期はベンチャーのアイデアではなかった。マークが今年の冬にYCの夕食で話したとき「Facebookの最初のバージョンを書いたとき、会社を作ろうとは思ってなかった」と言った。ちょっとしたプロジェクトに過ぎなかったのだ。ウォズニアックが最初にアップルⅠを作りはじめた時もそうだった。自分が会社を始めるなんて思っていなかった。もし彼らが「起業しよう」と考え、「もっと『重要な』ことをしよう」なんて思ってたら間違いだっただろう。
There are ideas that obvious lying around now. The reason you're overlooking them is the same reason you'd have overlooked the idea of building Facebook in 2004: organic startup ideas usually don't seem like startup ideas at first. We know now that Facebook was very successful, but put yourself back in 2004. Putting undergraduates' profiles online wouldn't have seemed like much of a startup idea. And in fact, it wasn't initially a startup idea. When Mark spoke at a YC dinner this winter he said he wasn't trying to start a company when he wrote the first version of Facebook. It was just a project. So was the Apple I when Woz first started working on it. He didn't think he was starting a company. If these guys had thought they were starting companies, they might have been tempted to do something more "serious," and that would have been a mistake.

だから自然発生的なベンチャーのアイデアを思いつきたいなら、起業のことよりもアイデアのことを考えろと言いたい。「会社を作れるほど大きな問題か?」なんて気にせず、単に問題と思った点を修正してほしい。その道を進み続ければ、最終的に多くの人々が欲しがるようなものを作らないほうが難しい。そしてそれを作ると、驚くことに自分の会社ができている。[3]
So if you want to come up with organic startup ideas, I'd encourage you to focus more on the idea part and less on the startup part. Just fix things that seem broken, regardless of whether it seems like the problem is important enough to build a company on. If you keep pursuing such threads it would be hard not to end up making something of value to a lot of people, and when you do, surprise, you've got a company. [3]

最初に作ったものが、みんなから「おもちゃみたい」とけなされてもヘコまないこと。実際、それは良いサインだ。それこそ他の人たちがアイデアを見落す理由なのだ。最初のマイコンはおもちゃだと無視された。最初の飛行機も、最初の自動車もそうだった。そういった点で、ユーザは好んでいるのに、掲示板の荒らしが「おもちゃ」と叩くようなものを誰かが持ってきたら、私たちはとりわけ投資したくなる。
Don't be discouraged if what you produce initially is something other people dismiss as a toy. In fact, that's a good sign. That's probably why everyone else has been overlooking the idea. The first microcomputers were dismissed as toys. And the first planes, and the first cars. At this point, when someone comes to us with something that users like but that we could envision forum trolls dismissing as a toy, it makes us especially likely to invest.

古いアイデアを思いついたとき、若い起業家は不利な立場にいるが、彼らは技術の最先端にいるため、自然発生的なアイデアの最高のアイデア源となる。若い起業家は最新のものを使える。彼らは何を使えばよいかを決めるだけで良く、当然、最新のものを使うだろう。最新のものを使うおかげで、重要で修復可能な問題を最初に発見できる立場にいる。
While young founders are at a disadvantage when coming up with made-up ideas, they're the best source of organic ones, because they're at the forefront of technology. They use the latest stuff. They only just decided what to use, so why wouldn't they? And because they use the latest stuff, they're in a position to discover valuable types of fixable brokenness first.

対応可能な未知のニーズほど貴重なものはない。多くの人のために修復可能な何かの問題点を見つけたら、金鉱を見つけたようなものだ。実際の金鉱と同様、金を掘り出すために、一生懸命、働く必要はある。だが少なくとも、あなたはどこの地層を掘ればよいかわかっており、それを見つけることが最も困難なのだ。
There's nothing more valuable than an unmet need that is just becoming fixable. If you find something broken that you can fix for a lot of people, you've found a gold mine. As with an actual gold mine, you still have to work hard to get the gold out of it. But at least you know where the seam is, and that's the hard part.

注釈
Notes

[1] これはアップルが弱い分野を予想する方法だ。つまりスティーブ・ジョブスが使わないものだ。たとえば、ジョブスはそれほどゲームをするだろうか?
[1] This suggests a way to predict areas where Apple will be weak: things Steve Jobs doesn't use. E.g. I doubt he is much into gaming.


[2] 思うに、私たちはダイレクト・マーケターになるべきだった。もう一度Viaweb社を経営するなら、自分たちのネットショップを開くだろう。そうしていれば、ユーザをはるかによく理解できていただろう。「どんなに不自然に見えようと、自分のサービスの1ユーザになろう」と私は起業する人すべてに言いたい。
[2] In retrospect, we should have become direct marketers. If I were doing Viaweb again, I'd open our own online store. If we had, we'd have understood users a lot better. I'd encourage anyone starting a startup to become one its users, however unnatural it seems.

[3] ありそうな例外: オープンソースのソフトウェアと直に競争するのは難しい。プログラマのためのものを作ることはできるが、課金可能な何かを備えている必要がある。
[3] Possible exception: It's hard to compete directly with open source software. You can build things for programmers, but there has to be some part you can charge for.

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、トレバー・ブラックウェル、ジェシカ・リビングストンに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Trevor Blackwell, and Jessica Livingston for reading drafts of this.