ポール・グレアム「ジャーナリズムの未来」を翻訳しました。原題は「The Future of Journalism」で、原文はココです。訳文についてのアドバイスをよろしくお願いいたします。

なおポール・グレアムは自分のエッセイについては翻訳を許可していますが、Y-combinatoのサイト上にあるコラムについては明言していないようです。
翻訳して良いかどうか、現在、問い合わせ中です。(2週間ほど前にポール・グレアムにメールを送ったのですが、いまのところ返事がないです)

RFS1: ジャーナリズムの未来
RFS1: The Future of Journalism

新聞と雑誌は問題をかかえている。彼らのほとんどは消えるだろう、というのも、私たちは新聞と雑誌の代替物を知っており、彼らの今のビジネス・モデルでは、制限時間内にそれにはなれないと思うからだ。
Newspapers and magazines are in trouble. We think they will mostly die, because we think we know what will replace them, and it is too far from their current model for them to reach it in time.

人々はまだ、新聞と雑誌がしていた仕事のうち、少なくともある部分を必要としている。コンテンツなしで情報配信はできないだろう。では未来のコンテンツ・サイトはどうなるだろう? そこからお金を稼ぐには? これらの質問には、非常に密接な関係があるとわかるだろう。印刷メディアが始まったころも同様だった。新聞と雑誌がダメなのは、それをしても、もはやお金とは結びつかないからだ。実際、ほとんどのジャーナリストはおそらく、自分たちが当然と思っているジャーナリズムの定義は、「全能の神の頭脳から完璧なものとして創造されたものではなく、むしろ20世紀に大成功していたビジネスモデルをそのまま、少し退化させたものだ」ということさえ、理解していないだろう。
And yet people still need at least some of what they do. You can't have aggregators without content. So what will the content site of the future look like? And how will you make money from it? These questions turn out to be very closely related. Just as they were for print media, initially. The reason newspapers and magazines are dying is that what they do is no longer related to how they make money from it. In fact, most journalists probably don't even realize that the definition of journalism they take for granted was not something that sprang fully-formed from the head of Zeus, but is rather a direct though somewhat atrophied consequence of a very successful 20th century business model.

ジャーナリズムをある所与の形式と考え、そこからお金の稼ぎ方を考えるのではなく、かつての印刷メディアのように、「お金を稼ぐ」という点からコンテンツのサイトを再考したら、どうなるだろう?
What would a content site look like if you started from how to make money—as print media once did—instead of taking a particular form of journalism as a given and treating how to make money from it as an afterthought?

(いいニュース。執筆は結果的に、もっと良いものになるだろう。)
(The good news is, we think the writing will actually end up being better.)

このアイデアを実現する人々の集団には、どんな話題でもスラスラ書ける人が少なくとも1人、統計、データマイニング、スケールするサイト作りが上手なプログラマが1人以上、グラフィック・デザインが十分に得意な人々がいるべきだ。もちろんこれらの機能は結合可能だし、結合できるのならば、なお良い。 Googleの元社員には、特に向いているだろう。
Groups applying to work on this idea should include at least one person who can write well and rapidly about any topic, one or more programmers who are good at statistics, data mining, and making sites scale, and someone who's reasonably competent at graphic design. These functions can of course be combined, and in fact it's even better if they are. Ex-Googlers would be particularly well suited to this project.