ポール・グレアム「携帯デバイスによる開発」を翻訳しました。原題はRFS 5: Development on Handheldsで、原文はココです。なお翻訳にあたり、id:ttamo様のアドバイスをいただいております。いつもありがとうございます!! 英語に強い皆様、アドバイスをよろしくお願いいたします。

RFS 5: 携帯デバイスによる開発
RFS 5: Development on Handhelds

開発機がデスクトップからノートパソコンになったのと同様、ノートパソコンから携帯デバイスに代わることは大いにありうる。何が必要となるだろう? ほとんど既存の携帯ハードウェアで実現可能かもしれないし、入力デバイスや画面にブレイクスルーが必要かもしれない。
気持ちよく電話として使えるぐらい小さなものに、ちゃんとした開発環境を持たせられるかどうかが試金石だ。完成したものが何であれ、開発者以外の人にも役立つだろう。
There seems a reasonable chance that handheld devices will displace laptops as development machines in the same way that laptops displaced desktops. What would it take? Maybe you could do it mostly with existing hardware. Maybe you'd have to make significant innovations in input and display devices.
The real test is whether you can create an acceptable development environment on something small enough that you'd be willing to use it as a phone. Whatever the solution turned out to be, the result would end up being useful to more than just developers.

開発機に携帯デバイスしか使えない状況に自分を置いてみて、何が不便かを調べることから始めるといいかもしれない。
The way to start might be to try to force yourself to use a handheld device as your exclusive development machine, and see where the pinch points turn out to be.