ポール・グレアム「iPadのアプリ」を翻訳しました。原題はiPad Applicationsで、原文はココです。なお翻訳にあたり、ttamo様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!! 英語に強い皆様、アドバイスをよろしくお願いいたします。

RFS 6: iPadのアプリ
RFS 6: iPad Applications

ほとんどの人はiPadは外見が重要で「要するにiPadはタブレット・コンピュータ」だと思っている。だが私たちは、アップル社の野心はもっと大きいと思う。iPadはWindowsキラーになりたいのだ。もっと正確に言えば、Windowsを超えるつもりなのだ。いま人々がコンピュータでしている作業(あるいは新たな作業)に、みんなはデフォルトでiPadを使うような未来を、アップル社は思い描いているのだと思う。
自分でいじれないパソコンなど、プログラマは決して欲しがらないかもしれないが、普通の人は安くてちゃんと動くならなんでもいい。まさにそれがiPadだ。多くの人は乗り換えたとすら思わないだろう。iPadを買って、だんだんWindows機を使わなくなる。Windows機が壊れたら、新たに買い換えることはない。
Most people think the important thing about the iPad is its form factor: that it's fundamentally a tablet computer. We think Apple has bigger ambitions. We think the iPad is meant to be a Windows killer. Or more precisely, a Windows transcender. We think Apple foresees a future in which the iPad is the default way people do what they now do with computers (and some other new things).
Programmers may never want a computer they don't control, but ordinary people just want something cheap that works. And that's how the iPad will seem to them. Many will never make a conscious decision to switch. They'll get an iPad as well, then find they use their Windows machine less and less. When it dies they won't replace it.

そんな未来が来るだろうか? 来るかもしれない。そうなったら大きな変化になるだろう。その世界では今のPCでできるすべてのことが、iPadでできる必要がある。すべてのデスクトップ・ソフトを置き換える、というだけに止まらないかもしれない。というのも今のPCユーザはWebアプリでしているが、iPadネイティブアプリのほうがうまくいく作業もあるかもしれないからだ。
Will this future happen? It could. And if it does it will bring big changes. There will need to be iPad alternatives for all the things people now do on PCs. That could mean more than just replacing all the desktop software, because there may be things PC users now do with web apps that might be better done with native iPad apps.

さらにiPadは、新しいプラットフォームはいつだってそういうものだが、今あるものの真似ではない、まったく新しいタイプのアプリを可能にするだろう。そして新たなアプリとはどんなものなのか、ほとんどわかっていない。表計算ソフトについて考えることができた立場にいたのはマイコンの開発者しかいなかったのと同様、iPadアプリの開発者しか、そういったことを考えられないだろう。教育とゲームは、新しいアイデアが豊富にある分野かもしれない。
Plus like any new platform the iPad will allow new types of applications that don't have any present day analogues. And no one knows now what most of them will be. Only people who become iPad developers will even think of these ideas, just as only microcomputer developers were in a position to think of the spreadsheet. Education and games may be areas where there are a lot of new ideas.

iPadの流行に付随する特に興味深い問題は、大企業にiPadがどう浸透するかだ。マイコンのときのように、たぶん最初はこっそり始める必要があるだろう。まずは私物として導入しなければならない。そうすればコンピュータとして扱われないので、IT部門にも禁止されないで済む。問題ないです、単なるちっちゃなタブレット・コンピュータですよ。
One particularly interesting subproblem is how to introduce iPads into big companies. This will probably have to be done by stealth initially, as happened with microcomputers. They'll have to be introduced as something individuals use, and which doesn't really count as a computer and thus can't be vetoed by the IT department. Don't worry about this; it's just a little tablet computer.

参照: RFS5: 携帯デバイスによる開発
See also: RFS 5: Development on Handhelds