ポール・グレアム「起業のFAQ」を翻訳しました。原題は Startup FAQ で、原文はココです。英語に強い皆さま、人力検索やコメント欄でのアドバイスをよろしくお願いいたします。


起業のFAQ
Startup FAQ


共同設立者はどこで探せばいいですか?
Where do you find co-founders?

ほとんどの成功したベンチャーには複数の起業家がいる。そして普通その起業家たちは、会社を始める少なくとも1年間前には友達だったようだ。仕事で共同設立者と知り合うこともできるが、自分がサインした非競合協定は必ず守ること。ユーザ・グループで共同設立者と出会うことも昔は多かったようだが、今では減っているようだ。
Most successful startups have more than one founder, and usually the founders seem to have been friends for at least a year before starting the company. The best way to meet co-founders is to go to school with them, so recent grads have a big advantage there. You can also meet co-founders at work, but be careful not to violate whatever noncompete you signed. In the old days, co-founders often met through user groups, but this seems less common now.


養う家族がいる場合、どうやって起業すればいいでしょうか?
How can someone start a startup if they have a family to support?

少しずつベンチャーにすることが可能なコンサルティング企業を始めるのが最良かもしれない。そうすれば収入は途切れない。スタートアップが資金調達する方法 、特に「コンサルティング」の章を読んでほしい。
The best plan might be to start a consulting business that you can gradually morph into a startup. This way you always have a source of income. See How to Fund a Startup、, especially the section labelled "Consulting."


起業するのにオススメの本はありますか?
Do you know of any good books about startups?

概してハウツー本はお粗末だ。まるっきり間違っているものが多い。
The how-to type of books are generally wretched. Many are downright mistaken.

ベンチャーに関する最も良い情報源は、おそらくビジネス書ではなく、ベンチャーと産業に関する歴史の本だ。最も有名なのは、トレイシー・キダーの「超マシン誕生―コンピュータ野郎たちの540日」だが、この分野には良書が多い。中でも私はソレンセンの「フォード―その栄光と悲劇」が好きだ。
The best source of information about startups is probably not business books, but histories of particular startups and industries. The most famous is Tracy Kidder's Soul of a New Machine, but there are many good books of this type. I particularly liked Sorensen's My Forty Years with Ford.

ベンチャーの起業家に私たちが推薦しているのはデール・カーネギーの「人を動かす」。仕事をする人は必ず読むべき本だ。1960年代より前の版を入手してほしい。 カーネギーの死後、本は委員会に「改訂」され続け、その結果かえって悪くなってしまった。また「フランクリン自伝」もオススメだ。
The one book we encourage startup founders to read is Dale Carnegie's How to Win Friends and Influence People. It's critically important for anyone in business. Try to get a used copy printed before the 1960s; after Carnegie died, the book continued to be "updated" by a committee, and the changes were not for the better. I'd also recommend Franklin's Autobiography.


ベンチャーのアイデアがいくつかあります。どれにするかは、どう決めたらいいですか?
I have multiple startup ideas. How do I decide which to work on?

ユーザの人生をいちばん早く、具体的に良くするものから取り組もう。最初のうちはライバルやユーザに宣伝する方法、お金の稼ぎ方ついて、あまり心配しないこと。だが10年かかるようなアイデアは選ばないこと。 (技術の世界では、10年かかるようなものは決して完成しない)
Work on the one that will cause the most immediate, concrete improvement in users' lives. Don't worry too much at first about competitors, or how users will find out about it, or how to make money. But don't work on something that's going to take ten years, either. (In technology, ten years rounds up to never.)

Googleは良い例だ。みんながウェブ検索を必要としていたし、おそらく起業家は、最初の数ヶ月に取り組めるネット上の何かを見つけたことで、能力が格段にアップした。そしていったん何かに取り組み始めると、(a) すごく勇気づけられるし、(b) 進むべき方向がずっとはっきりする。
Google is a good example. Everyone needs Web search, and the founders probably had something that significantly improved their own ability to find stuff online within the first couple months. And once something starts to work (a) it's enormously encouraging, and (b) it's much clearer what direction to take it in.


特許権侵害による訴訟を、ベンチャーはどれくらい心配すればいいでしょうか?
How much should a startup worry about being sued for patent infringement?

特許の訴訟には2種類ある。
There are two kinds of patent suits:

1. 知らない誰かが金目当てで訴えるタイプ
1. Random people suing you in the hope of getting money.

2. 競争相手があなたを蹴落とすために訴えるタイプ
2. Competitors suing you in order to destroy you.

最初のタイプは、成功してから心配すればいい。成功したら、理屈があろうとなかろうと、そんな奴らが必ずたくさん現れる。だから第1のタイプの訴訟は、運命と思ってあきらめよう。
Until you're successful, you won't have to worry about the first type. And once you are successful, you'll inevitably have a lot of them to deal with, valid or not. So fatalism is the right plan for type 1 suits.

第2のタイプの訴訟は、自分かどんな業界にいるかで心配すべき程度が異なる。おそらくソフトウェア業界よりハードウェア業界のほうが、より心配する必要がある。今のところソフトウェア業界では、そんな訴訟はめったにない。
How much you should worry about type 2 suits depends on what kind of business you're in. You probably have to worry more about it in hardware than in software. In software such suits are rare, so far.

だからソフトウェア業界にいるのなら、人々が欲しがるものを作ろうと努力し、最良の結果になることを祈ろう。第1のタイプの訴訟を心配せざるを得ないほど会社が大きくなったら最高だ。
So if you're doing software, I'd try to build something people want, and then hope for the best. The best, in this case, being that you get big enough that you have to worry about type 1 suits.

ソフトウェア業界では、特許訴訟がベンチャーの成功を左右する決定的な要因となることはめったにない。企業家は特許訴訟の心配をするより、ユーザが欲しがらないものを作ってしまうことの心配に100倍の時間を費やしたほうがいいんじゃないか。なぜって特許訴訟で倒産する企業よりも、ユーザが欲しがらないものを作ってしまっために倒産する企業のほうが100倍以上あるからだ。
In software, patent suits are rarely to never the deciding factor in whether a startup succeeds or not. Founders should probably spend 100x as much time worrying about building something users won't want, because that kills 100x more startups than patent problems.

「ソフトウェア特許は有害か?」も参照して欲しい。
See Are Software Patents Evil? for more.