ポール・グレアム「真っ先に心に浮かぶアイデア」を翻訳しました。原題は The Top Idea in Your Mind で、原文はココです。なお翻訳にあたり、id:ttamo様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!! 英語に強い皆さま、コメント欄でのアドバイスをよろしくお願いいたします。


真っ先に心に浮かぶアイデア
The Top Idea in Your Mind

2010年7月
July 2010

私は最近、朝シャワーを浴びているときに考えることは意外に重要だと思うようになった。シャワーを浴びているときに良いアイデアが浮かびやすいことは知っていた。だが今ではさらに言ってしまおう。シャワーを浴びている最中に浮かばないようなアイデアは、何であれ本当にいい仕事となる可能性は低い、と。
I realized recently that what one thinks about in the shower in the morning is more important than I'd thought. I knew it was a good time to have ideas. Now I'd go further: now I'd say it's hard to do a really good job on anything you don't think about in the shower.

難問に取り組んだことがある人なら、一生懸命なにかを発見しようとして失敗し、そのすぐ後で、他のことをしているときに突然ひらめいたという経験をお持ちだろう。無意識のうちにするタイプの思考がある。無意識のタイプの思考は、難問を解くときに役に立つどころか、難問の解決に不可欠なものだと、私はますます確信するようになった。だが問題は、無意識の思考は間接的にしか制御できないということだ。[1]
Everyone who's worked on difficult problems is probably familiar with the phenomenon of working hard to figure something out, failing, and then suddenly seeing the answer a bit later while doing something else. There's a kind of thinking you do without trying to. I'm increasingly convinced this type of thinking is not merely helpful in solving hard problems, but necessary. The tricky part is, you can only control it indirectly. [1]

ほとんどの人は、いつだって何かの考えが真っ先に心に浮かんでくる。それは思考を自由に漂わせたとき勝手に辿りつく考えだ。だから無意識の思考が持つメリットは、その考えが独り占めしてしまって他の考えにまわらない傾向がある。これはつまり、間違ったアイデアがトップアイデアになるようだと大損だということでもある。
I think most people have one top idea in their mind at any given time. That's the idea their thoughts will drift toward when they're allowed to drift freely. And this idea will thus tend to get all the benefit of that type of thinking, while others are starved of it. Which means it's a disaster to let the wrong idea become the top one in your mind.

これがはっきりしたのは、トップアイデアにしたいとは思わなかったアイデアが、二度も長い間にわたって思い浮かんだからだ。
What made this clear to me was having an idea I didn't want as the top one in my mind for two long stretches.

資金調達をしだすとベンチャーは減速すると私は知っていた。だがその理由については、私たち自身が資金調達したとき、はじめて分かった。実際に投資家と会う時間が問題なのではない。いったん資金調達をはじめると資金調達がトップアイデアになることが問題なのだ。朝シャワーを浴びるときに資金調達について考え、他の問題は考えなくなってしまう。
I'd noticed startups got way less done when they started raising money, but it was not till we ourselves raised money that I understood why. The problem is not the actual time it takes to meet with investors. The problem is that once you start raising money, raising money becomes the top idea in your mind. That becomes what you think about when you take a shower in the morning. And that means other questions aren't.

Viaweb社を経営していたころも資金調達が嫌だったが、なぜそんなに嫌だったかは忘れていた。Y Combinatorのために資金調達して、その理由を思い出した。とりわけお金の問題はトップアイデアになりがちだ。そうでないとダメだからだ。お金を手に入れるのは本当に難しい。黙ってたって手に入るってもんじゃない。シャワーを浴びているときも考えるくらいでないと手に入らないだろう。だから資金調達と同時に他の仕事をしたって、ほとんど進まないだろう。[2]
I'd hated raising money when I was running Viaweb, but I'd forgotten why I hated it so much. When we raised money for Y Combinator, I remembered. Money matters are particularly likely to become the top idea in your mind. The reason is that they have to be. It's hard to get money. It's not the sort of thing that happens by default. It's not going to happen unless you let it become the thing you think about in the shower. And then you'll make little progress on anything else you'd rather be working on. [2]

(友人の教授から同じような不満を聞いた。「最近、研究者ではなく資金集めのプロになったような気がする。なんとかしなきゃ」と)
(I hear similar complaints from friends who are professors. Professors nowadays seem to have become professional fundraisers who do a little research on the side. It may be time to fix that.)

なぜ資金調達がトップアイデアになったことが、自分にはそんなにショックだったかといえば、この10年というもの、私は自分の考えたいことについて考えることができていたからだ。自由に考えることができなくなったときとの差は激しかった。だがこの問題は私だけの問題ではないと思う。私の知っているベンチャーのほとんどは、資金調達をはじめたり買収者と交渉しだすと、だんだん減速するからだ。
The reason this struck me so forcibly is that for most of the preceding 10 years I'd been able to think about what I wanted. So the contrast when I couldn't was sharp. But I don't think this problem is unique to me, because just about every startup I've seen grinds to a halt when they start raising money—or talking to acquirers.

思考が漂う方向を直接、制御することはできない。制御してたら、思考を漂わせているとは言えない。だが、どんな環境に身を置くかを選ぶことで、思考は間接的に制御できる。私はいつも厳選したものしか重要案件にさせないように心がけていた。考えたい問題がトップアイデアになるような状況に自分を置くようにしよう。
You can't directly control where your thoughts drift. If you're controlling them, they're not drifting. But you can control them indirectly, by controlling what situations you let yourself get into. That has been the lesson for me: be careful what you let become critical to you. Try to get yourself into situations where the most urgent problems are ones you want think about.

もちろん完全には制御できないだろう。非常時には別のことを考えてしまうかもしれない。だが普通の時には、何がトップアイデアになるかを、間接的に制御することは十分できる。
You don't have complete control, of course. An emergency could push other thoughts out of your head. But barring emergencies you have a good deal of indirect control over what becomes the top idea in your mind.

ナイルパーチのように他の興味深いアイデアを食らいつくしてしまう、とりわけ避けたい2つの考えがある。1つはすでに述べたように、お金について考えることだ。お金について考えるのは、集中力をドブに捨てるも同然だ。もう一つは論争だ。論争もダメなものに思考を集中させてしまう。論争には中身がないのに、本当に興味深い考えと同じように、人にまとわりつく。だから本当の仕事をしたいなら論争は避けよう。[3]
I've found there are two types of thoughts especially worth avoiding—thoughts like the Nile Perch in the way they push out more interesting ideas. One I've already mentioned: thoughts about money. Getting money is almost by definition an attention sink. The other is disputes. These too are engaging in the wrong way: they have the same velcro-like shape as genuinely interesting ideas, but without the substance. So avoid disputes if you want to get real work done. [3]

1672年に色彩理論を発表した後、ニュートンはいつのまにか長年にわたる論争にハマってしまい、ついには論文の執筆を止めるしかないと考えるに至った。
Even Newton fell into this trap. After publishing his theory of colors in 1672 he found himself distracted by disputes for years, finally concluding that the only solution was to stop publishing:



私は、自分の哲学の奴隷みたいになってしまったとわかっています。ですがライナス氏の件が片付いたら、趣味としてやるかどうしても言いたくなってしまった場合を除き、断固として論争に別れを告げるつもりです。なぜなら論争になると、人は自分を守るために黙りこむか、自分の弁護に人生を費やすか、どちらかにならざるを得ないと悟ったからです。




I see I have made myself a slave to Philosophy, but if I get free of Mr Linus's business I will resolutely bid adew to it eternally, excepting what I do for my privat satisfaction or leave to come out after me. For I see a man must either resolve to put out nothing new or become a slave to defend it. [4]




リエージュ大学のライナスと彼の学生などよりも、もっと手ごわい評論家たちが他にもいた。ニュートンの伝記作家であるウェストフォールは、ニュートンは過剰反応していたと考えたようだ。
Linus and his students at Liege were among the more tenacious critics. Newton's biographer Westfall seems to feel he was overreacting:



ニュートンが「奴隷みたいに」と書いたとき、リエージュ大学に対し1年間で5回の、合計で14ページの反論をしていたということを、心にとめてほしい。




Recall that at the time he wrote, Newton's "slavery" consisted of five replies to Liege, totalling fourteen printed pages, over the course of a year.




私はウェストフォールよりもニュートンに同情的だ。14ページのことなどより、他の事を考えたいと心底から願っていたのに、この愚かな論争のことをいつも意識し思い出さざるを得なかった苦痛のほうが問題だ。
I'm more sympathetic to Newton. The problem was not the 14 pages, but the pain of having this stupid controversy constantly reintroduced as the top idea in a mind that wanted so eagerly to think about other things.

もう片方の頬を差し出せば、自分にも利益がある。誰かがあなたを傷つけたら、あなたは2度、傷つく。最初はその傷で、2度目は自分の傷のことを考えることで。傷つけられても気にしないようにできれば、少なくとも2度目の傷は避けられる。不快なことも「こんなことに頭を占めさせるのはもったいない」と自分に言い聞かせることで、ある程度は忘れることができると私は知った。論争の子細を忘れたことに気づくと、私はいつもうれしくなる。自分がそれを考えていなかったってことだからだ。妻は「あなたって私より寛大なのね」と思っているようだが、私の動機は純粋に利己的なものだ。
Turning the other cheek turns out to have selfish advantages. Someone who does you an injury hurts you twice: first by the injury itself, and second by taking up your time afterward thinking about it. If you learn to ignore injuries you can at least avoid the second half. I've found I can to some extent avoid thinking about nasty things people have done to me by telling myself: this doesn't deserve space in my head. I'm always delighted to find I've forgotten the details of disputes, because that means I hadn't been thinking about them. My wife thinks I'm more forgiving than she is, but my motives are purely selfish.

その時々に自分にふさわしいトップアイデアは何なのか、多くの人々はわかっていないのではないか。私だってしばしば思い違いをする。実際にトップなアイデアというより、トップであってほしいアイデアを自分のトップアイデアだと思ってしまいがちだ。でもそんな思えを見破るのは簡単だ。シャワーを浴びればいい。どんな考えに戻ってしまうだろう? それが自分の考えたいことではないなら、このままじゃいけないと思うだろう。
I suspect a lot of people aren't sure what's the top idea in their mind at any given time. I'm often mistaken about it. I tend to think it's the idea I'd want to be the top one, rather than the one that is. But it's easy to figure this out: just take a shower. What topic do your thoughts keep returning to? If it's not what you want to be thinking about, you may want to change something.


注意
Notes

[1] こういった思考法には、すでに名前がついていることは確かだが、私は「アンビエント思考」と呼んでいる。
[1] No doubt there are already names for this type of thinking, but I call it "ambient thought."

[2] これは私たちの場合、特に明確だった。私たちが調達したファンドはどちらも難しくなかったのに、それでも何カ月もかかったからだ。大金を動かすのは、決して気軽に扱える問題ではない。注意は、金額に従って増える。注意の量は、おそらく比例はしないだろうが、金額が増えるにしたがって確実に単調増加する。
[2] This was made particularly clear in our case, because neither of the funds we raised was difficult, and yet in both cases the process dragged on for months. Moving large amounts of money around is never something people treat casually. The attention required increases with the amount—maybe not linearly, but definitely monotonically.

[3] 推論: 管理職になるのはよそう。でないとお金と論争に対処することが仕事となってしまう。
[3] Corollary: Avoid becoming an administrator, or your job will consist of dealing with money and disputes.

[4] アイザック・ニュートンがオルデンブルクに出した手紙を、ウェストフォールが引用したもの、リチャード「アイザック・ニュートン伝」p.107。
[4] Letter to Oldenburg, quoted in Westfall, Richard, Life of Isaac Newton, p. 107.

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、パトリック・コリソン、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリスに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Patrick Collison, Jessica Livingston, and Robert Morris for reading drafts of this.