ポール・グレアム「中毒性の加速」を翻訳しました。原題は The Acceleration of Addictiveness で、原文はココです。なお翻訳にあたり、ソーシャル翻訳コニャックのdodoitsu様、naokey様、ichi_09様、freckles様と、shiro様、id:ttamo様、id:yamaneko1212様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!! 英語に強い皆さま、コメント欄でのアドバイスをよろしくお願いいたします。


中毒性の加速
The Acceleration of Addictiveness

2010年7月
July 2010

強い酒、紙巻きタバコ、ヘロイン、クラックの共通点は、それらよりも中毒性が弱いものの濃縮物であることだ。「中毒性がある」と言うものほとんどすべてが濃縮物だ。恐ろしいのは、濃縮物を生み出すプロセスが加速していることだ。
What hard liquor, cigarettes, heroin, and crack have in common is that they're all more concentrated forms of less addictive predecessors. Most if not all the things we describe as addictive are. And the scary thing is, the process that created them is accelerating.

その加速が止まることを、人々は望まないだろう。というのも、それは医療の進歩と同じく、技術の進歩だからだ。技術の進歩とは、あるものから得たい効果をより多く引きだすようにすることだ。私たちが欲するものが望ましいものであるとき、私たちは技術的な進歩は良いと思う。新たな技術によって太陽電池がx%、効率的になるなら、どう見たって改善だ。アヘンがヘロインになる等、私たちが望むことが良くないとされているものが濃縮の結果できてしまった場合、濃縮は悪いことのように思える。だがそれは成果を生み出すのと同じプロセスだ。 [1]
We wouldn't want to stop it. It's the same process that cures diseases: technological progress. Technological progress means making things do more of what we want. When the thing we want is something we want to want, we consider technological progress good. If some new technique makes solar cells x% more efficient, that seems strictly better. When progress concentrates something we don't want to want—when it transforms opium into heroin—it seems bad. But it's the same process at work. [1]

このプロセスが加速しつつあることはみんな認めているが、これはつまり人類の好物が増えると、人類が偏愛するものに変質する可能性があるということだ。 [2]
No one doubts this process is accelerating, which means increasing numbers of things we like will be transformed into things we like too much. [2]

私の知る限り「何かを過剰に愛すること」に相当する単語は存在しない。いちばん近いのは口語的な意味での「中毒性」だ。私は自分の生活で、この言葉をますます使うようになった。その理由は明白だ。私たちが必要とするものが増えているからだ。それが極限まで行ってしまったものがクラックと覚醒剤だ。食品はオートメーション化された畜農産や、経費に見合うさらにスピーディな利益の産出を狙った食品製造の革新によって変化してしまい、その結果は現在のアメリカのどんな都市でも見られる。チェッカーとソリティアはウォークラフトとFarmVilleに置き換わってしまった。テレビははるかに魅力的になったが、そのテレビでさえFacebookには負ける
As far as I know there's no word for something we like too much. The closest is the colloquial sense of "addictive." That usage has become increasingly common during my lifetime. And it's clear why: there are an increasing number of things we need it for. At the extreme end of the spectrum are crack and meth. Food has been transformed by a combination of factory farming and innovations in food processing into something with way more immediate bang for the buck, and you can see the results in any town in America. Checkers and solitaire have been replaced by World of Warcraft and FarmVille. TV has become much more engaging, and even so it can't compete with Facebook.

世界は40年前よりも中毒性を持つようになった。これらを生み出す技術の進歩は、一般的な技術的な進歩とは別の法則に従うというのでもない限り、この40年間で世界に増加した中毒性よりも、次の40年間で増加する中毒性のほうが多いだろう。
The world is more addictive than it was 40 years ago. And unless the forms of technological progress that produced these things are subject to different laws than technological progress in general, the world will get more addictive in the next 40 years than it did in the last 40.

次の40年間で、人類にとって素晴らしいものが発明されるだろう。それらをすべて避けろと言は言わない。アルコールは危険なドラッグだが、ワインのない世界より、ワインがある世界の方が私は好きだ。ほとんどの人々はアルコールと共存可能だが、慎重さも必要となる。好物が増えるということは、警戒すべきものが増えるということ、ということでもある。
The next 40 years will bring us some wonderful things. I don't mean to imply they're all to be avoided. Alcohol is a dangerous drug, but I'd rather live in a world with wine than one without. Most people can coexist with alcohol; but you have to be careful. More things we like will mean more things we have to be careful about.

不幸なことに、多くの人は警戒しないだろう。世界がより中毒性を増すために、「まともな生活」という言葉の2つの意味は、ますますかけ離れていくだろう。「まともな」という言葉の1つめの意味は「統計的に正常、つまりみんながやってる」というものだ。このエッセイではもう一つの意味、つまりある機械の部品が「まともに作動している」という意味でこの言葉を使っている。もうひとつはこのエッセイで用いている、機械の部品で「正常値」と言うときの正常、つまり最良のパフォーマンスが得られるという意味だ。
Most people won't, unfortunately. Which means that as the world becomes more addictive, the two senses in which one can live a normal life will be driven ever further apart. One sense of "normal" is statistically normal: what everyone else does. The other is the sense we mean when we talk about the normal operating range of a piece of machinery: what works best.

これらの2つの意味は、すでに相当かけ離れている。今でも後者の意味で「まともに」暮らそうとする人は、アメリカの多くの地域では変人で禁欲的だと思われてしまう。この傾向は、より著しくなる一方だろう。今後はおそらく「みんなに変人と思われないなら、自分の人生を賢く暮らせていない」という原則を、おおむね信じても良くなるだろう。
These two senses are already quite far apart. Already someone trying to live well would seem eccentrically abstemious in most of the US. That phenomenon is only going to become more pronounced. You can probably take it as a rule of thumb from now on that if people don't think you're weird, you're living badly.

社会は最終的には、中毒性のある新しいものに対して抗体をつくる。紙巻きタバコがそうだった。バラバラに暮らしていた人々が集まって暮らすようになると伝染病が広がったのと同様、はじめて紙巻きタバコが現れた時も伝染病のように広がった。あっという間に喫煙は、統計的に正常なものとなった。あらゆるところに灰皿があった。私が子供のころ、両親はどちらも喫煙者ではなかったにもかかわらず家に灰皿があった。お客様用の灰皿が必要だったのだ。
Societies eventually develop antibodies to addictive new things. I've seen that happen with cigarettes. When cigarettes first appeared, they spread the way an infectious disease spreads through a previously isolated population. Smoking rapidly became a (statistically) normal thing. There were ashtrays everywhere. We had ashtrays in our house when I was a kid, even though neither of my parents smoked. You had to for guests.

喫煙の危険性が知られるにつれ、習慣は変化した。ここ20年間で喫煙は、いたって普通の習慣から、かなり見苦しい習慣へと変わったようだ。喫煙は映画スターが宣伝でやることから、中毒者の小集団がオフィスの外でやることへと変化した。もちろん多くの変化は法律のおかげだが、先に習慣が変化していなければ、法律もできなかっただろう。
As knowledge spread about the dangers of smoking, customs changed. In the last 20 years, smoking has been transformed from something that seemed totally normal into a rather seedy habit: from something movie stars did in publicity shots to something small huddles of addicts do outside the doors of office buildings. A lot of the change was due to legislation, of course, but the legislation couldn't have happened if customs hadn't already changed.

だがそれには100年単位の時間がかかった。だから、こうした社会的な抗体が生み出される速度が、技術の進歩が新たな依存症を生み出すのと同じ速さで発展しない限り、まわりと同じ生活習慣さえ守っていれば自分を守れるとは、ますます期待しにくくなるだろう。[3] 新しい依存症のモルモットとなり、次世代への悲しい生きた教訓となりたくないなら、私たちは自衛のために、避けるべきこととその方法を見極める必要がある。実際、新しいものなら何であれ疑ってかかるのが合理的な戦略(もしくは昔よりも合理的となる戦略)となるだろう。
It took a while though—on the order of 100 years. And unless the rate at which social antibodies evolve can increase to match the accelerating rate at which technological progress throws off new addictions, we'll be increasingly unable to rely on customs to protect us. [3] Unless we want to be canaries in the coal mine of each new addiction—the people whose sad example becomes a lesson to future generations—we'll have to figure out for ourselves what to avoid and how. It will actually become a reasonable strategy (or a more reasonable strategy) to suspect everything new.

実際には、この戦略でさえ十分ではないだろう。新しいものの心配だけではなく、すでに存在するものが、より中毒性を持つ心配をする必要がある。私もそれにひっかかってしまった。私はほとんどの依存症を避けていたが、インターネットは使っているうちに中毒性のものに進化したため、ネット中毒になってしまった。[4]
In fact, even that won't be enough. We'll have to worry not just about new things, but also about existing things becoming more addictive. That's what bit me. I've avoided most addictions, but the Internet got me because it became addictive while I was using it. [4]

私の知人のほとんどはネット中毒だ。みんなネット中毒から逃れるために、自分の習慣を見直している。たとえば私がiPhoneを持っていないのは、ネット中毒から逃れるためだ。外にまでネットがついてくるなんて絶対に避けたいからだ。[5] 私の最新の工夫は、長い散歩をすることだ。以前は時間が短くて済む分、ウォーキングよりもランニングの方が良い運動だと思っていた。今では、その遅さがウォーキングの利点だと思える。田舎道で過ごす時間が長いほど、長いあいだ邪魔されずにものを考えることになるのだから。
Most people I know have problems with Internet addiction. We're all trying to figure out our own customs for getting free of it. That's why I don't have an iPhone, for example; the last thing I want is for the Internet to follow me out into the world. [5] My latest trick is taking long hikes. I used to think running was a better form of exercise than hiking because it took less time. Now the slowness of hiking seems an advantage, because the longer I spend on the trail, the longer I have to think without interruption.

変人っぽいだろ? 解決しようとしている問題に関して助けとなる慣習がまだないうちは、どうしても変人っぽく見えてしまう。この点でオッカムの剃刀を主張することはできないかもしれず、ただ本当に私が変なだけなのかもしれない。しかし中毒性の加速が正しければ、中毒を避けるための、このような個人的な努力は、何かを成し遂げたいと思う人には必須となるだろう。今後ますます、何を拒否するかが自分が何者になるかを決めることになるだろう。
Sounds pretty eccentric, doesn't it? It always will when you're trying to solve problems where there are no customs yet to guide you. Maybe I can't plead Occam's razor; maybe I'm simply eccentric. But if I'm right about the acceleration of addictiveness, then this kind of lonely squirming to avoid it will increasingly be the fate of anyone who wants to get things done. We'll increasingly be defined by what we say no to.


注釈
Notes

[1] 人類の望む領域だけに技術的な進歩を制限できるだろうか? 警察国家にならないようにするなら、方法は限定される。そしてその時でさえ、そういった制限には、望ましくない副作用があるだろう。技術的な進歩の善悪などはっきり区別できないから、悪い技術的進歩を制限したら、良い技術的進歩も制限されるだろう。そしてどんな時でも禁酒法や麻薬撲滅運動が示すように、禁止法はしばしば利益より損害の方が大きくなる。
[1] Could you restrict technological progress to areas where you wanted it? Only in a limited way, without becoming a police state. And even then your restrictions would have undesirable side effects. "Good" and "bad" technological progress aren't sharply differentiated, so you'd find you couldn't slow the latter without also slowing the former. And in any case, as Prohibition and the "war on drugs" show, bans often do more harm than good.

[2] 技術は加速し続けている。技術は旧石器時代と比べてれば、新石器時代に猛烈な勢いで進化している。
[2] Technology has always been accelerating. By Paleolithic standards, technology evolved at a blistering pace in the Neolithic period.

[3] 私たちが社会の慣例を大量生産しない限りは。アメリカで最近、キリスト教福音主義派が再流行している理由の一部は、ドラッグ対策ではないかと私は思う。苦し紛れの牛刀なのだ。子供が親の言うことを聞かなくても、神の言うことなら聞くかもってわけだ。だがその解決法は、単に子供のドラッグを禁止するに止まらない。結局のところ、科学の否定になってしまう。
[3] Unless we mass produce social customs. I suspect the recent resurgence of evangelical Christianity in the US is partly a reaction to drugs. In desperation people reach for the sledgehammer; if their kids won't listen to them, maybe they'll listen to God. But that solution has broader consequences than just getting kids to say no to drugs. You end up saying no to science as well.

私は人類が、ごく一部しか自分自身の生き方ができず、他の人はみんな、団体旅行を予約するしかなくなるという未来に向かっているのではないかと心配だ。もっと悪いのは、その団体旅行が政府によって予約されることだ。
I worry we may be heading for a future in which only a few people plot their own itinerary through no-land, while everyone else books a package tour. Or worse still, has one booked for them by the government.

[4] 人は、自分がインターネットでしていることを説明するとき、よく「後回し」という言葉を使う。私は単に仕事をしないことをそう呼ぶのはズルいと思う。仕事をするかわりに酒を飲んでたら、後回しとは言えないだろう。
[4] People commonly use the word "procrastination" to describe what they do on the Internet. It seems to me too mild to describe what's happening as merely not-doing-work. We don't call it procrastination when someone gets drunk instead of working.

[5] 何人かが「iPadだと、ノートパソコンだと目立ちすぎる場所でもネットできるのがいい」と私に言った。要は携帯用の水筒なのだ。(もちろんiPhoneもそうなのだが、iPhoneは電話とみなされており、そして電話にはみんな慣れているため、この利点はそれほど目立たない)
[5] Several people have told me they like the iPad because it lets them bring the Internet into situations where a laptop would be too conspicuous. In other words, it's a hip flask. (This is true of the iPhone too, of course, but this advantage isn't as obvious because it reads as a phone, and everyone's used to those.)

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、パトリック・コリソン、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリスに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Patrick Collison, Jessica Livingston, and Robert Morris for reading drafts of this.