ポール・グレアム「シリコンバレーの見所」を翻訳しました。原題は「Where to See Silicon Valley」で、原文はココです。英語に強い方、コメント欄にアドバイスをよろしくお願いいたします。

シリコンバレーの見所
Where to See Silicon Valley

2010年10月
October 2010

シリコンバレー本体は、ほとんど郊外スプロール現象化している。いっけん見どころが見当たらない。目立つ記念碑があるような場所ではないのだ。だがよく調べれば、シリコンバレーならではの目立たない目印がある。
Silicon Valley proper is mostly suburban sprawl. At first glance it doesn't seem there's anything to see. It's not the sort of place that has conspicuous monuments. But if you look, there are subtle signs you're in a place that's different from other places.

1. スタンフォード大学
1. Stanford University

スタンフォード大学は変な所だ。地理的には都市郊外にある普通の大学という感じだ。ただっ広く、普段は驚くほどスカスカな感じだ。だが天気に要注目。おそらく天気は最高だ。西の美しい山もご覧あれ。見ることはできないが、国際都市サンフランシスコは北に40分のところにある。この組み合わせこそ、シリコンバレーが他の大学ではなくスタンフォード大学の周りで発達した主な理由だ。
Stanford is a strange place. Structurally it is to an ordinary university what suburbia is to a city. It's enormously spread out, and feels surprisingly empty much of the time. But notice the weather. It's probably perfect. And notice the beautiful mountains to the west. And though you can't see it, cosmopolitan San Francisco is 40 minutes to the north. That combination is much of the reason Silicon Valley grew up around this university and not some other one.

2. 大学通り
2. University Ave

シリコンバレーの仕事のうち驚くほど多くは、パロアルトの大学通り、もしくはそのすぐ横の喫茶店でなされる。平日の10時から17時の間に訪れれば、起業家が投資家に売り込みをしている光景をしょっちゅう見かけるだろう。どっちがどっちかわからない? 熱心に身を乗り出しているのが起業家で、体をそらし、ちょっと顔をしかめているのが投資家だ。
A surprising amount of the work of the Valley is done in the cafes on or just off University Ave in Palo Alto. If you visit on a weekday between 10 and 5, you'll often see founders pitching investors. In case you can't tell, the founders are the ones leaning forward eagerly, and the investors are the ones sitting back with slightly pained expressions.


3. ラッキー・オフィス
3. The Lucky Office

最初、大学通り165のオフィスはGoogle社のものだった。次にPaypalのものになった。(現在はWepayのものだ)  興味深いのはそのロケーションだ。オフィスパークではなく、レストランや人々で賑わう場所にベンチャーが引っ越すというのはうまい手だ。というのも社員が、仕事が終わってもさっさと帰るのではなく、居残りたがるからだ。社員は一緒に夕食に出かけ、アイデアを話し合い、会社に戻ってそのアイデアを実装するだろう。
The office at 165 University Ave was Google's first. Then it was Paypal's. (Now it's Wepay's.) The interesting thing about it is the location. It's a smart move to put a startup in a place with restaurants and people walking around instead of in an office park, because then the people who work there want to stay there, instead of fleeing as soon as conventional working hours end. They go out for dinner together, talk about ideas, and then come back and implement them.

オフィスパークにおけるGoogle社の今の場所が、起業したときの場所とは違う、ということをぜひ知ってほしい。Google社の現在地は、単にもっとスペースが必要になったため、仕方なく引っ越した場所なのだ。最近まで道を隔ててFacebookがあったが、彼らももっと広いスペースを必要としたため、引っ越さざるを得なかった。
It's important to realize that Google's current location in an office park is not where they started; it's just where they were forced to move when they needed more space. Facebook was till recently across the street, till they too had to move because they needed more space.

4. 旧パロアルト
4. Old Palo Alto

元々、パロアルトは郊外ではなかった。街ができてから最初の約100年間は、郊外から離れた大学街だった。それが1950年代の半ばに、半島を下ってきた郊外化競争に巻き込まれた。だがオレゴン高速道路北のパロアルトは、まだ周囲とはぜんぜん違った感じだ。そこはシリコンバレー最高の場所のひとつだ。ビルは(取りこわされ、一般的な大衆向けマンションになりつつあるが)古く、樹木は高い。だが家は非常に高価だ--1平方フィートあたり約1000ドル。これはシリコンバレーを引退した人の住む街だ。
Palo Alto was not originally a suburb. For the first 100 years or so of its existence, it was a college town out in the countryside. Then in the mid 1950s it was engulfed in a wave of suburbia that raced down the peninsula. But Palo Alto north of Oregon expressway still feels noticeably different from the area around it. It's one of the nicest places in the Valley. The buildings are old (though increasingly they are being torn down and replaced with generic McMansions) and the trees are tall. But houses are very expensive―around $1000 per square foot. This is post-exit Silicon Valley.

5. サンドヒル・ロード
5. Sand Hill Road

サンドヒルロード北のベンチャー・キャピタルのオフィスは特に見物だ。お互いにそっくりなのだ。ビルは大差なく、ビルの外側にもほとんど何もない上に、紛らわしい迷路となっている。(私は長年そこを訪れているが、いまだにときどき迷子になる)  これらは偶然、似てしまったのではない。これらのビルは、ベンチャー・キャピタル業界をかなりよく表わしている。
It's interesting to see the VCs' offices on the north side of Sand Hill Road precisely because they're so boringly uniform. The buildings are all more or less the same, their exteriors express very little, and they are arranged in a confusing maze. (I've been visiting them for years and I still occasionally get lost.) It's not a coincidence. These buildings are a pretty accurate reflection of the VC business.

平日に行けば、ベンチャー・キャピタルと会う起業家を見られるかもしれない。だがたいていの場合、誰にも会わないだろう。雰囲気を一言で説明するなら「セカセカ」だ。サンドヒル・ロードに行くと、「ごみごみした下町」の反対が「清潔な山の手」だと思い知るだろう。
If you go on a weekday you may see groups of founders there to meet VCs. But mostly you won't see anyone; bustling is the last word you'd use to describe the atmos. Visiting Sand Hill Road reminds you that the opposite of "down and dirty" would be "up and clean."

6. カストロ通り
6. Castro Street

シリコンバレーの中心地がカストロ通りか大学通りかは、まさに五分五分だ。10年前だったら大学通りだっただろう。だがパロアルトは物価が高くなっている。ベンチャーはマウンテンビューに移るようになり、パロアルトは起業家が投資家と会う場所となっている。パロアルトには多くのいろんな喫茶店があるが、マウンテンビューはRed Rockの独占状態だ。
It's a tossup whether Castro Street or University Ave should be considered the heart of the Valley now. University Ave would have been 10 years ago. But Palo Alto is getting expensive. Increasingly startups are located in Mountain View, and Palo Alto is a place they come to meet investors. Palo Alto has a lot of different cafes, but there is one that clearly dominates in Mountain View: Red Rock.

7. Google
7. Google

Googleは、ここにある最初のビルから、周囲のたくさんのビルに広がった。だがビルが建てられた時期も、ビルを建てた人も異なっていたため、大企業の本社によくあるような無菌で壁で仕切られたような感じはしない。だがGoogleには、たしかにGoogle的な雰囲気がある。何かが進行中だと感じさせるのだ。一般的な雰囲気は、ちょっとしたユートピアというものだ。プリウスがたくさん走っており、そこの人々は自分でプリウスを運転しているようだ。
Google spread out from its first building here to a lot of the surrounding ones. But the buildings were built at different times by different people, the place doesn't have the sterile, walled-off feel that a typical large company's headquarters have. It definitely has a flavor of its own though. You sense there is something afoot. The general atmos is vaguely utopian; there are lots of Priuses, and people who look like they drive them.

知人がいなければGoogle社内には入れない。だが見学できるなら、内部を見ることにはすごく価値がある。パロアルトのカリフォルニア通り端にあるFacebookも同様だ。外側には何も見るべきものはない。
You can't get into Google unless you know someone there. It's very much worth seeing inside if you can, though. Ditto for Facebook, at the end of California Ave in Palo Alto, though there is nothing to see outside.


8. Skyline Drive
8. Skyline Drive

Skyline Driveはサンタクルスの山脈沿いに走っている。片側はシリコンバレーで、反対側は海だ。冷たくて霧が深く、港も少ししかないため、シリコンバレーにすごく近い割には、シリコンバレーの人々に驚くほど小さな影響しか与えてない。Skyline沿いの一部では、巨大なアカスギが、他の場所にはリブオークが主に生えている。アカスギが生えているということは、そこは沖から夜霧が来るということだ。アカスギは霧を雨に凝縮するからだ。Skyline付近の散歩道として、MROSDはよくまとまっている。
Skyline Drive runs along the crest of the Santa Cruz mountains. On one side is the Valley, and on the other is the sea―which because it's cold and foggy and has few harbors, plays surprisingly little role in the lives of people in the Valley, considering how close it is. Along some parts of Skyline the dominant trees are huge redwoods, and in others they're live oaks. Redwoods mean those are the parts where the fog off the coast comes in at night; redwoods condense rain out of fog. The MROSD manages a collection of great walking trails off Skyline.

9. 高速280号
9. 280

シリコンバレーを縦断する大きな高速道路が2つある。101号と280号だ。101号はたいへん汚らしいが、280号は世界でも美しい高速道路の1つだ。選べるときはいつでも、私は280号を走る。西の細長い湖に気付くだろうか? それはサンアンドレアス断層だ。280号は丘のふもとに沿って走り、ポルトラ・バレーを通って上り坂となる。MROSDの道の1つは、ずっと断層沿いの右側を走っている。280号の西には、山麓の丘に沿ってウッドサイド、ポルトラバレー、ロスアルトスヒルズ、サラトガ、ロスガトスといった一連の高級住宅地が並んでいる。
Silicon Valley has two highways running the length of it: 101, which is pretty ugly, and 280, which is one of the more beautiful highways in the world. I always take 280 when I have a choice. Notice the long narrow lake to the west? That's the San Andreas Fault. It runs along the base of the hills, then heads uphill through Portola Valley. One of the MROSD trails runs right along the fault. A string of rich neighborhoods runs along the foothills to the west of 280: Woodside, Portola Valley, Los Altos Hills, Saratoga, Los Gatos.

SLAC国立加速器研究所は280号を下りて、サンドヒル・ロードを右に曲がったちょっと南にある。その2~3マイル南には、「ラスベガスへようこそ」の看板に相当するシリコンバレー版がある。The Dish(訳注: スタンフォード大学の電波望遠鏡)だ。
SLAC goes right under 280 a little bit south of Sand Hill Road. And a couple miles south of that is the Valley's equivalent of the "Welcome to Las Vegas" sign: The Dish.


注釈
Notes

これはシリコンバレーの街自体の見どころリストであり、人工物の見どころではないので、コンピュータ歴史博物館は外した。サンノゼも外した。サンノゼはシリコンバレーの中心街だが、シリコンバレーの人々は「街」という言葉を「サンフランシスコ」という意味で使っている。サンノゼは地図の点線にすぎない。
I skipped the Computer History Museum because this is a list of where to see the Valley itself, not where to see artifacts from it. I also skipped San Jose. San Jose calls itself the capital of Silicon Valley, but when people in the Valley use the phrase "the city," they mean San Francisco. San Jose is a dotted line on a map.

この原稿を呼んでくれたサム・アルトマン、ポール・ブックハイト、パトリック・コリソン、ジェシカ・リビングストンに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Paul Buchheit, Patrick Collison, and Jessica Livingston for reading drafts of this.