ポール・グレアム「私たちが起業家に求めるもの」を翻訳しました。原題は「What We Look for in Founders」で、原文はココです。英語に強い方、コメント欄にアドバイスをお願いいたします。また、先に青木靖氏が訳されており、そちらのほうがいい訳です。


私たちが起業家に求めるもの
What We Look for in Founders

2010年10月

October 2010

(このエッセイはフォーブス誌のために書いた。フォーブス誌からは「あなたたちが起業家に求める素質について書いてください」と頼まれていた。紙幅がなかったため、フォーブス誌は出版時に最後の項目を削除せざるを得なかった)
(I wrote this for Forbes, who asked me to write something about the qualities we look for in founders. In print they had to cut the last item because they didn't have room.)


1. 決断力
1. Determination

これはベンチャーの起業家にいちばん重要な素質だ。Y Combinatorを始めたとき、最も重要な素質は知性だと思っていた。それはシリコン・バレーの神話だ。そりゃ人々は、起業家がバカだったら嫌だろう。だが、ある程度の知性さえあれば、最も重要なものは決断力になる。起業家は多くの困難に出会うだろう。簡単にヘコむようなタイプではやっていけない。
This has turned out to be the most important quality in startup founders. We thought when we started Y Combinator that the most important quality would be intelligence. That's the myth in the Valley. And certainly you don't want founders to be stupid. But as long as you're over a certain threshold of intelligence, what matters most is determination. You're going to hit a lot of obstacles. You can't be the sort of person who gets demoralized easily.

WePay社のビル・クレリオとリッチ・アバーマンがいい例だ。彼らはファイナンスのベンチャーをしている。つまり大きくて官僚的な会社を相手に、無数の交渉をしているということだ。ベンチャーを立ち上げたとき、大企業との商談に会社の運命が左右される会社なら、しばしば大企業から「あなたの会社など眼中にない」といった扱いを受ける。だがビル・クレリコから電話がかかってきたら、言うことを聞いたほうがいい。というのも、彼が消えることはないからだ。
Bill Clerico and Rich Aberman of WePay are a good example. They're doing a finance startup, which means endless negotiations with big, bureaucratic companies. When you're starting a startup that depends on deals with big companies to exist, it often feels like they're trying to ignore you out of existence. But when Bill Clerico starts calling you, you may as well do what he asks, because he is not going away.


2. 柔軟性
2. Flexibility

「夢をあきらめるな」といった言葉から浮かぶような決断力を求めてはいけない。ベンチャー業界は予測がすごく難しいので、現時点での夢も変えられるようにするべきだ。「起業家に必要となる決断力と柔軟性の組み合わせ」に関する最高の比喩は「ランニング・バック」だ。敵陣を目指すが、敵陣にたどり着くために、しょっちゅう横、ときには後ろにさえ走るかもしれない。
You do not however want the sort of determination implied by phrases like "don't give up on your dreams." The world of startups is so unpredictable that you need to be able to modify your dreams on the fly. The best metaphor I've found for the combination of determination and flexibility you need is a running back. He's determined to get downfield, but at any given moment he may need to go sideways or even backwards to get there.

現在、柔軟性がトップクラスに高いのはGreplin社のダニエル・グロスだろう。彼はあるダメなeコマースのアイデアでYCに応募した。私たちは「他のアイデアにするなら資金を提供しよう」と言った。グロスは一瞬考えたあと「わかりました」と答えた。その後、グロスはGreplinというアイデアに落ち着く前に、2つのアイデアを試した。グロスがデモ・デーでGreplinを投資家に見せたとき、彼はGreplinに数日しか取り組んでいなかったが、多くの注目を集めた。グロスはいつも自分でなんとかしてしまう。
The current record holder for flexibility may be Daniel Gross of Greplin. He applied to YC with some bad ecommerce idea. We told him we'd fund him if he did something else. He thought for a second, and said ok. He then went through two more ideas before settling on Greplin. He'd only been working on it for a couple days when he presented to investors at Demo Day, but he got a lot of interest. He always seems to land on his feet.


3. 想像力
3. Imagination

もちろん知性はたいへん重要だ。知性のうち最も重要なのは、想像力のようだ。あらかじめ決められた問題をすばやく解くよりも、驚くほど斬新なアイデアを思いつくほうがずっと大事だ。ベンチャー業界では、ほとんどの名案は、最初はダメに見える。誰が見てもいいアイデアなら、すでに誰かがやっているだろう。だから起業家には、狂気のようなアイデアを生み出す知性が必要となる。
Intelligence does matter a lot of course. It seems like the type that matters most is imagination. It's not so important to be able to solve predefined problems quickly as to be able to come up with surprising new ideas. In the startup world, most good ideas seem bad initially. If they were obviously good, someone would already be doing them. So you need the kind of intelligence that produces ideas with just the right level of craziness.

Airbnbはそんなアイデアだ。実際、私たちがAirbnbに資金を提供したとき、あまりにも変だと思っていた。多くの人が他人の家に泊まりたがるとは、私たちには信じられなかった。だが私たちはその起業家がたいへん好きだったので、資金を提供した。彼らがオバマ印とマケイン印の朝食用シリアルを販売することで資金を稼いだと聞いたので、私たちは「彼らはデキる」と思った。そしてそのアイデアは最終的に、狂気とは紙一重で隔たっていた方だとわかった。
Airbnb is that kind of idea. In fact, when we funded Airbnb, we thought it was too crazy. We couldn't believe large numbers of people would want to stay in other people's places. We funded them because we liked the founders so much. As soon as we heard they'd been supporting themselves by selling Obama and McCain branded breakfast cereal, they were in. And it turned out the idea was on the right side of crazy after all.


4. いたずら
4. Naughtiness

最も成功する起業家は、ふつう良い人たちだが、目に海賊のような輝きがあることが多い。いい子ちゃんぶったタイプではないのだ。道徳的な面では、彼らは大きな問題には正しくあろうとするが、ソツのない礼儀作法にはほとんど気を払わない。だから私は、悪という言葉ではなく、いたずらという言葉を使ったのだ。彼らは重要でないルールなら、ルール破り(訳注:「ハッカーと画家」の「天邪鬼の価値」参照)が大好きだ。とはいえ、この素質は余計だったかもしれない。いたずらは想像力の一部とも言えるからだ。
Though the most successful founders are usually good people, they tend to have a piratical gleam in their eye. They're not Goody Two-Shoes type good. Morally, they care about getting the big questions right, but not about observing proprieties. That's why I'd use the word naughty rather than evil. They delight in breaking rules, but not rules that matter. This quality may be redundant though; it may be implied by imagination.

Looptのサム・アルトマンは、YCで最も成功している同窓生のひとりなので、私たちは彼に尋ねた。「君のような人をもっと見つけるには、Y Combinatorの募集の質問に何を加えればいいと思う?」彼は、「自分たちの利益のために、何かをハックした時のことを尋ねる」と答えた。コンピュータへの侵入ではなく、システムのウラをかくという意味でのハックだ。それはアプリケーションを判断するとき、私たちが最も注目する質問の1つとなった。
Sam Altman of Loopt is one of the most successful alumni, so we asked him what question we could put on the Y Combinator application that would help us discover more people like him. He said to ask about a time when they'd hacked something to their advantage—hacked in the sense of beating the system, not breaking into computers. It has become one of the questions we pay most attention to when judging applications.


5. 友情
5. Friendship

経験的には、たった1人の起業家でベンチャーを始めるのは難しいようだ。大成功するベンチャーの多くは、2人か3人の起業家がいる。そして、起業家たちの関係は強くなければならない。お互いに本当に好きで、共に仲良く働く必要がある。起業が起業家間の関係にすることは、犬が靴下にすることと同じだ。引っ張れば千切れるなら、千切るだろう。
Empirically it seems to be hard to start a startup with just one founder. Most of the big successes have two or three. And the relationship between the founders has to be strong. They must genuinely like one another, and work well together. Startups do to the relationship between the founders what a dog does to a sock: if it can be pulled apart, it will be.

Justin.tvのエメット・シニアとジャスティン・カンは、うまく一緒に働いた親友の好例だ。彼らは小学校2年生のときからの幼馴染だ。実際、彼らはツーカーの仲だ。他のすべての起業家たちと同様、彼らも議論したに違いないが、私は彼らの間に、どうしようもない緊張が生じたと感じたことは一度もない。
Emmett Shear and Justin Kan of Justin.tv are a good example of close friends who work well together. They've known each other since second grade. They can practically read one another's minds. I'm sure they argue, like all founders, but I have never once sensed any unresolved tension between them.


この原稿を呼んでくれたジェシカ・リビングストンとクリス・スタイナーに感謝する。
Thanks to Jessica Livingston and Chris Steiner for reading drafts of this.