ポール・グレアム「起業家による主導権」を翻訳しました。原文はFounder Controlで、原文はココです。英語に強い方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

起業家による主導権
Founder Control

2010年12月
December 2010


私たちが資金を提供した起業家が、現在ベンチャー・キャピタルと話しており、「シリーズAラウンドの後になっても、ベンチャーの起業家が役員会で主導権を握るなんて、どの程度あることなんでしょうか?」と私に尋ねた。ベンチャー・キャピタルは「そんなことはごく稀だった」と言ったらしい。
Someone we funded is talking to VCs now, and asked me how common it was for a startup's founders to retain control of the board after a series A round. He said VCs told him this almost never happened.

10年前は、たしかにそうだった。かつては起業家がシリーズAラウンド中に役員会で主導権を握ることはめったになかった。昔のシリーズAラウンドの役員会は、2人の起業家と2人のベンチャー・キャピタル、中立した1人のメンバーで構成されていた。最近では、しばしば起業家1人、ベンチャー・キャピタル1人、中立した1人で構成される。どちらの場合でも、起業家は多数派ではない。
Ten years ago that was true. In the past, founders rarely kept control of the board through a series A. The traditional series A board consisted of two founders, two VCs, and one independent member. More recently the recipe is often one founder, one VC, and one independent. In either case the founders lose their majority.

だが常にそうというわけではない。マーク・ザッカーバーグはシリーズAラウンド中ずっとFacebookの役員会の主導権を握っており、今日でも主導権を持っているようだ。マーク・ピンカスもZyngaの主導権を握り続けている。彼らは単に例外なのだろうか? 起業家がAラウンド後も主導権を握るのはどのくらい普通なのだろうか? 私は、自分たちが資金を提供した企業で数例を聞いたことがあったが、どれくらい例があるかを知らなかったので、YCの起業家たちにメールした。
But not always. Mark Zuckerberg kept control of Facebook's board through the series A and still has it today. Mark Pincus has kept control of Zynga's too. But are these just outliers? How common is it for founders to keep control after an A round? I'd heard of several cases among the companies we've funded, but I wasn't sure how many there were, so I emailed the ycfounders list.

その回答に私は驚いた。私たちが資金を提供した12の企業では、シリーズAラウンド後も、役員会の議席の多数派を維持していた。
The replies surprised me. In a dozen companies we've funded, the founders still had a majority of the board seats after the series A round.

今がターニング・ポイントなのだろう。多くのベンチャー・キャピタルは、シリーズAラウンド後も起業家が主導権を握ることについて、いまだに「聞いたこともない」といった振舞いをする。ベンチャー・キャピタルの多くは、そう聞くだけでも恥ずかしいと起業家に思わせようとする。まるでそんなものを求める起業家は、新米か権力欲の権化といった感じだ。だが私が連絡をもらった起業家は、新米でも権力欲の権化でもない。仮にマーク・ザッカーバーグと同様、新米で権力欲の権化だったら、そんな人こそベンチャー・キャピタルが投資すべき人なのだ。
I feel like we're at a tipping point here. A lot of VCs still act as if founders retaining board control after a series A is unheard-of. A lot of them try to make you feel bad if you even ask―as if you're a noob or a control freak for wanting such a thing. But the founders I heard from aren't noobs or control freaks. Or if they are, they are, like Mark Zuckerberg, the kind of noobs and control freaks VCs should be trying to fund more of.

シリーズAラウンドの後でも起業家が主導権を握るのは珍しくない。財政的に破綻でもしない限り、私は来年にはそれが普通になると思う。
Founders retaining control after a series A is clearly heard-of. And barring financial catastrophe, I think in the coming year it will become the norm.

企業の主導権は、単に役員会で相手を負かすといったものではない。ふつう投資家は、役員会の議席の多寡とは無関係に、たとえば企業の売却といった重大な決断に対して拒否権を持つ。そして役員会の票はめったに割れない。議案は投票で決めるのではなく、投票前の議論で決まるし、普通それは満場一致となる。しかし意見が割れるような議論なら、投票で負けるとわかっている側は、ふつうそれほど粘らないだろう。それが「主導権を握る」という言葉が実際に意味することだ。やりたい放題というわけじゃない。役員会は株主のためにも機能する必要がある。だが起業家が役員会の議席の大部分を持っていれば、何が株主のためなのかに関する起業家の意見が浸透していることが多い。
Control of a company is a more complicated matter than simply outvoting other parties in board meetings. Investors usually get vetos over certain big decisions, like selling the company, regardless of how many board seats they have. And board votes are rarely split. Matters are decided in the discussion preceding the vote, not in the vote itself, which is usually unanimous. But if opinion is divided in such discussions, the side that knows it would lose in a vote will tend to be less insistent. That's what board control means in practice. You don't simply get to do whatever you want; the board still has to act in the interest of the shareholders; but if you have a majority of board seats, then your opinion about what's in the interest of the shareholders will tend to prevail.

役員会の主導権を握ったって何もかも支配できるわけではないが、かといって幻想でもない。物事が企業内でどう受け止められるかが必ず変わる。つまり起業家がシリーズAラウンド後も役員会の主導権を握ることが普通になれば、ベンチャー業界全体の感覚も変わるだろう。
So while board control is not total control, it's not imaginary either. There's inevitably a difference in how things feel within the company. Which means if it becomes the norm for founders to retain board control after a series A, that will change the way things feel in the whole startup world.

主導権をキープできるベンチャーは、概して最高のベンチャーだから、驚くほどの速さで新たな標準へと切り替わるかもしれない。最高のベンチャー企業は他のベンチャーとベンチャー・キャピタル、両方のトレンドを方向づける。
The switch to the new norm may be surprisingly fast, because the startups that can retain control tend to be the best ones. They're the ones that set the trends, both for other startups and for VCs.

ベンチャーと交渉するときにベンチャーキャピタルが非情になってしまう理由の多くは、交渉で負けたように同僚から見られるのが恥ずかしいからだ。契約書にサインするとき、好条件を勝ち取ったと自慢したいのだ。ベンチャー・キャピタルの多くは、個人的には起業家が役員会議の主導権を持とうが持つまいが気にしない。譲歩を迫られたように見られたくないだけだ。つまり起業家に主導権を取らせるのを「譲歩」と思わないようにすれば、すぐにずっと普通のことになる、ってことだ。
A lot of the reason VCs are harsh when negotiating with startups is that they're embarrassed to go back to their partners looking like they got beaten. When they sign a termsheet, they want to be able to brag about the good terms they got. A lot of them don't care that much personally about whether founders keep board control. They just don't want to seem like they had to make concessions. Which means if letting the founders keep control stops being perceived as a concession, it will rapidly become much more common.

ベンチャー・キャピタルに迫られている多くの変化と同様、この変化も、ベンチャー・キャピタル自身が考えているよりも大きな問題だったと後にわかるだろう。ベンチャー・キャピタルはベンチャーを説得はできても、強制はできなくなるだろう。そしてベンチャー・キャピタルが強制に頼らざるを得ないようなベンチャーは、大したベンチャーじゃない。ベンチャー・キャピタルは少数の大当りするベンチャーから利益の大部分を得るが、彼らはそんなベンチャーじゃない。
Like a lot of changes that have been forced on VCs, this change won't turn out to be as big a problem as they might think. VCs will still be able to convince; they just won't be able to compel. And the startups where they have to resort to compulsion are not the ones that matter anyway. VCs make most of their money from a few big hits, and those aren't them.

「起業家に役員会の主導権を持たせる」ということを知るベンチャー・キャピタルは、よいベンチャーを選び出しやすくなるだろう。「ベンチャー・キャピタルは起業家をクビにできない」と悟れば、彼らは信頼できる起業家を選ばざるを得なくなる。そしてそんな起業家こそ、昔から選ぶべき起業家だったのだ。
Knowing that founders will keep control of the board may even help VCs pick better. If they know they can't fire the founders, they'll have to choose founders they can trust. And that's who they should have been choosing all along.

この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、ジョン・バウティスタ、トレバー・ブラックウェル、ポール・ブックハイト、ブライアン・チェスキー、ビル・クレリコ、パトリック・コリソン、アダム・ゴールドスティーン、ジェームズ・リンデンバウム、ジェシカ・リビングストン、フレッド・ウィルソンに感謝する。
Thanks to Sam Altman, John Bautista, Trevor Blackwell, Paul Buchheit, Brian Chesky, Bill Clerico, Patrick Collison, Adam Goldstein, James Lindenbaum, Jessica Livingston, and Fred Wilson for reading drafts of this.