ポール・グレアム「Facebook Instant Personalizationの応用」を翻訳しました。

元題はApplications of Facebook Instant Personalizationで、原文は以下です。
http://ycombinator.com/rfs7.html

英語に強い皆さま、人力検索やコメント欄でのアドバイスを、よろしくお願いいたします。なお翻訳にあたり、id:ttamo様のアドバイスをいただいています。ありがとうございます!!

RFS7: Facebook Instant Personalizationの応用
RFS 7: Applications of Facebook Instant Personalization

Instant PersonalizationはFacebookの新たなサービスで、Facebook Connectをより柔軟にしたようなものだ。Facebook にログインしたユーザが対応サイトを訪れたとき、そのユーザのプロフィールのうち公開部分にサイトがアクセスできる仕組みだ。いつかは大半のサイトが各ユーザに合わせて自動調整されるようになる、という状況を目指しているようだ。
Facebook は、ごく少数の有名な既存サイトで Instant Personalization をテストするところから始めた。だが私たちにとって興味深い質問は次のようなものだ。Instant Personalizationを使うと、過去にない、どんな新しいものを作れるだろうか? ユーザが来た瞬間にその人とその友人関係をもう知っているとすれば、どんな新しいことができるだろうか?
Instant Personalization is a new service from Facebook that's like a more fluid version of Facebook Connect. When you're logged into Facebook and you visit a site using it, the site will have access to the public parts of your profile. The vision seems to be that eventually most of the sites you visit will be automatically personalized for you.
Facebook began by testing Instant Personalization with a handful of popular existing sites. But the interesting question for us is: what new things could be built using it that couldn't even have existed before? What new things could you do if you already knew users and their friends the moment they arrived?

すぐにわかるメリットの一つは、新しいサービスを試すときのハードルが下がるってことだ。Instant Personalizationによって、すごく新たなことを始めることが、もっと簡単になるだろう。本当に革新的なことをしても、試しに使ってもらうまでは真価を理解してもらえないのが問題なのだ。さあ、みんなに見せてやれ!
One obvious advantage is that it will decrease the friction of trying something new. That will make it easier to launch dramatically novel things. The problem with dramatic innovations is that users often don't understand what you've made till they try it. Now you'll just be able to show them.