ポール・グレアム「短命化するためのアプリ」を翻訳しました。


元題はRFS 8: Ephemeralization Apps で、原文は以下です。
http://ycombinator.com/rfs8.html

英語に強い皆さま、人力検索やコメント欄でのアドバイスを、よろしくお願いいたします。なお翻訳にあたり、id:ttamo様のアドバイスをいただいています。ありがとうございます!!

RFS 8: 短命化するためのアプリ
RFS 8: Ephemeralization Apps

驚くほど多くのものが、既存の技術からタブレットPCのアプリへと代替されるだろう。このことはカメラ、GPSといったケースでは、既に明らかだ。驚くべきは、この傾向が適用されていく領域の広さだろう。
「代替」という言葉を、狭く解釈してはいけない。今後タブレットには、予想もしなかった方法で既存のものを『代替』する天才的アプリが作られていくだろう。だから「何をタブレットPCのアプリに代替できるだろう?」と問うべきではない。もっと一般的に「タブレットPC上で動くアプリで、何をしないで済むようにできるだろう?」と問うべきなのだ。
Apps running on tablets are going to replace a surprising amount of existing technology. This is already clear in the cases of cameras, GPSes, and so on. The surprising thing will be how far this pattern spreads.
The word "replace" should not be taken too literally. In fact, some of the most ingenious things that get built on tablets will be those that "replace" something in an unexpected sense. So the question to ask is not "what can we replace with an app running on a tablet?" but a more general one: "what can we save people from having to do with an app running on a tablet?"

今後数年間、これは新たなベンチャー向けの指針となるだろう。タブレット用アプリが収益のすべてである必要はない。タブレットPC用のアプリはベンチャーにユーザ数で足がかりを与えるものでありさえすればいい。
For the next several years that will be a recipe for new startups. The tablet app need not necessarily be the thing that makes all the money. It need only be what gets the startup a foothold with users.

(Note: This RFS is effectively a heuristic for generating ideas for RFS 6.)
(注: 現実にはこのRFSは、RFS6用のアイデアを生み出すコツだ)