ポール・グレアム「特許誓約」を翻訳しました。原題はThe Patent Pledgeで、原文はココです。英語に強い方、コメント欄へのアドバイスをよろしくお願いいたします。なお翻訳にあたりid:ttamo様のアドバイスを頂いております。ありがとうございます!!


特許誓約
The Patent Pledge

2011年8月
August 2011

私は最近「お上を待たなくても、特許問題の一部は解決できるかもしれない」と思うようになった。
I realized recently that we may be able to solve part of the patent problem without waiting for the government.

特許が技術の進歩の助けになるのか、それとも妨げになるのか、100%確信したことは一度もない。子供のころは、助けになると思っていた。「発明者のアイデアを大企業が盗まないようにできる」と思っていた。今よりは正しかったのかもしれない。昔は物理的なものが多かったからだ。だが特許そのものの良し悪しとは別に、特許の使い方には悪いものがある。そして特許の悪用が増えているようなので、特許制度の改正を求める声が高まっている。
I've never been 100% sure whether patents help or hinder technological progress. When I was a kid I thought they helped. I thought they protected inventors from having their ideas stolen by big companies. Maybe that was truer in the past, when more things were physical. But regardless of whether patents are in general a good thing, there do seem to be bad ways of using them. And since bad uses of patents seem to be increasing, there is an increasing call for patent reform.

特許改正に関する問題は、政府を通す必要があることだ。概して遅い。だがこの問題は最近、川下から攻略できるかもしれないと思うようになった。特許を許可する時点でハネることができるように、ケースによっては特許が使われる時点で、それをハネられるかもしれない。
The problem with patent reform is that it has to go through the government. That tends to be slow. But recently I realized we can also attack the problem downstream. As well as pinching off the stream of patents at the point where they're issued, we may in some cases be able to pinch it off at the point where they're used.

どうみても技術革新に結びつかない特許の使い方の1つは、製品で負けている大企業が、良い製品を売る小企業をおさえるために特許を使う場合だ。このようなケースは、お上の力を借りなくても減らせるかもしれない。
One way of using patents that clearly does not encourage innovation is when established companies with bad products use patents to suppress small competitors with good products. This is the type of abuse we may be able to decrease without having to go through the government.

その方法は「この種のズルをしないという企業に、公の場で誓約してもらう」というものだ。そうすれば、その誓約をしない会社は、すごく目立ってしまうだろう。その会社に入ろうとしていた人も入らなくなる。投資家も、良い製品ではなく訴訟が武器の会社だとわかるだろう。
The way to do it is to get the companies that are above pulling this sort of trick to pledge publicly not to. Then the ones that won't make such a pledge will be very conspicuous. Potential employees won't want to work for them. And investors, too, will be able to see that they're the sort of company that competes by litigation rather than by making good products.

その誓約とはこれだ。

 「25人未満の会社には、ソフトウェア特許を先制利用しません」

簡潔さを重視し、あえて厳密にはしなかった。この特許誓約は法的なものではない。それはGoogleの「邪悪になるな」に似ている。悪とは何かを定義しているわけではないが、公的にそう言うことで、たとえばアルトリア社(訳注: タバコの最大手企業)のようにはならないと言っている。Googleの「邪悪になるな」は短くても、Googleのためになっている。ハイテク企業はとびきりの人材を集めることで成功するが、とびきりの人材は、法律よりも高い規律を保つ会社に魅力を感じる。 [1]
Here's the pledge:
No first use of software patents against companies with less than 25 people.
I've deliberately traded precision for brevity. The patent pledge is not legally binding. It's like Google's "Don't be evil." They don't define what evil is, but by publicly saying that, they're saying they're willing to be held to a standard that, say, Altria is not. And though constraining, "Don't be evil" has been good for Google. Technology companies win by attracting the most productive people, and the most productive people are attracted to employers who hold themselves to a higher standard than the law requires. [1]

この特許誓約は、範囲を狭くしたオープン・ソース版の「邪悪になるな」のようなものだ。すべてのハイテク企業が取り入れてほしい。特許を改善したいなら、自分の会社も誓約するよう働きかけて欲しい。
The patent pledge is in effect a narrower but open source "Don't be evil." I encourage every technology company to adopt it. If you want to help fix patents, encourage your employer to.

既にほとんどのハイテク企業は、ベンチャーを特許で潰そうとは思っていない。GoogleやFacebookがベンチャーを特許権侵害で訴えてるのを見たことがないだろう。そうする必要がないんだ。まともなハイテク企業なら、この特許誓約をしたって、何も行動を変える必要はない。いつも通りの行動を約束するだけだ。だがベンチャーに対して特許を使わない企業がそのことを明言すれば、誓約を拒否する企業はとても目立つだろう。
Already most technology companies wouldn't sink to using patents on startups. You don't see Google or Facebook suing startups for patent infringement. They don't need to. So for the better technology companies, the patent pledge requires no change in behavior. They're just promising to do what they'd do anyway. And when all the companies that won't use patents on startups have said so, the holdouts will be very conspicuous.

この特許誓約によって、特許の問題がすべて片付くわけではない。たとえばパテントトロールを止めることはできない。奴らは最低だ。だがこの特許誓約によって解決できる問題のほうが、パテントトロールの問題よりも大事かもしれない。パテントトロールは単なる寄生虫だ。バカな寄生虫は、ときどき寄生主を死なせてしまうが、そうしたかったわけではない。だが特許権侵害でベンチャーを訴える企業は、ベンチャーの製品を市場から一掃するために訴えるのが普通だ。
The patent pledge doesn't fix every problem with patents. It won't stop patent trolls, for example; they're already pariahs. But the problem the patent pledge does fix may be more serious than the problem of patent trolls. Patent trolls are just parasites. A clumsy parasite may occasionally kill the host, but that's not its goal. Whereas companies that sue startups for patent infringement generally do it with explicit goal of keeping their product off the market.

ベンチャーに特許を使う企業は、技術革新を根本から攻撃している。現在、この問題について、お上の手を借りなくても個人でできることがある。その企業に、どちらの側につくつもりか尋ねればいい。
Companies that use patents on startups are attacking innovation at the root. Now there's something any individual can do about this problem, without waiting for the government: ask companies where they stand.

特許誓約をした企業一覧
Patent Pledge Site


注釈
Notes:

[1] 誓約はあえて厳密にしていないので、解釈には常識が必要となる。逆もまた真実だ。常識的に解釈してもらうために、誓約を厳密にしていないのだ。

だからたとえば私は、「25人」とは社員だけか、それとも契約者も含めるのかを書かなかった。背広組が特許誓約に違反するかどうかの判定に髪をかきむしっているようでは、どの道、大差ないだろう。

[1] Because the pledge is deliberately vague, we're going to need common sense when intepreting it. And even more vice versa: the pledge is vague in order to make people use common sense when interpreting it.

So for example I've deliberately avoided saying whether the 25 people have to be employees, or whether contractors count too. If a company has to split hairs that fine about whether a suit would violate the patent pledge, it's probably still a dick move.

行われなかった投資
The Investment That Didn't Happen