ポール・グレアム「ハッカーニュースから学んだこと」を翻訳しました。原題はWhat I've Learned from Hacker Newsです。なお翻訳にあたり、punkaholic様、hi様の親切なアドバイスをいただいています。ありがとうございます! 皆様、コメントや人力検索でのアドバイスをよろしくお願いいたします。

ハッカーニュースから学んだこと
What I've Learned from Hacker News

2009年2月
February 2009

先週、ハッカーニュースは2周年を迎えた。最初はサイドプロジェクトとなるべきものだった。Arcの機能向上の場としてのアプリケーション、現在・未来のY Combinatorの企業家がニュースを交換する場所として。それは私が予想よりさらに大きくなり、多くの時間を必要としたが、それに取り組んだことで非常に多くを学んだから、後悔はしていない。
Hacker News was two years old last week. Initially it was supposed to be a side project—an application to sharpen Arc on, and a place for current and future Y Combinator founders to exchange news. It's grown bigger and taken up more time than I expected, but I don't regret that because I've learned so much from working on it.

肥大
Growth


私たちが2007年2月にハッカーニュースを立ち上げたとき、平日のトラフィックはおよそ日に1600回のユニークなアクセスがあった。今ではだいたい2万2000アクセスにまで増えている。この成長率は、私の理想よりも少し高い。私はサイトが成長しているほうが好きだ、というのは、少しも成長していないサイトは、おそらく死んでいるからだ。だがDiggやRedditのように大きくなりたいとは思わない。主な理由は、サイトの個性が薄まってしまうことと、私の時間すべてをサイトを大きくすることに費やしたくはないからだ。
When we launched in February 2007, weekday traffic was around 1600 daily uniques. It's since grown to around 22,000. This growth rate is a bit higher than I'd like. I'd like the site to grow, since a site that isn't growing at least slowly is probably dead. But I wouldn't want it to grow as large as Digg or Reddit—mainly because that would dilute the character of the site, but also because I don't want to spend all my time dealing with scaling.

私にはもう仕事がたくさんある。ハッカーニュースの本来の動機は、新しいプログラミング言語をテストすることだったし、さらにそれが、性能ではなく言語のデザインの実験に焦点を合わせていたことを思い出してほしい。サイトの成長が遅くなると、私はいつもマキロイとベントレーの有名な引用文を思い出して自分を励ます。
I already have problems enough with that. Remember, the original motivation for HN was to test a new programming language, and moreover one that's focused on experimenting with language design, not performance. Every time the site gets slow, I fortify myself by recalling McIlroy and Bentley's famous quote


性能の鍵はスペシャル・ケースをたくさん実装することではなく、エレガンスだ。
The key to performance is elegance, not battalions of special cases.



だから私は、最少のコードで取り除くことができるボトルネックを探す。現在まで、サイトが14倍の成長をしたにもかかわらず、性能は一定にしておけたという意味で維持できている。次に何をするかは未定だが、たぶん何か思いつくだろう。
and look for the bottleneck I can remove with least code. So far I've been able to keep up, in the sense that performance has remained consistently mediocre despite 14x growth. I don't know what I'll do next, but I'll probably think of something.

これがサイトに対する私の一般的な姿勢だ。ハッカーニュースは実験で、それも非常に新しい分野における実験だ。こういったタイプのサイトはまだ数年の歴史しかない。一般に、インターネットのコミュニケーションだって数十年の歴史しかない。だから私たちは、人類がいつかは発見するであろうことのごく一部を見つけるだけだ。
This is my attitude to the site generally. Hacker News is an experiment, and an experiment in a very young field. Sites of this type are only a few years old. Internet conversation generally is only a few decades old. So we've probably only discovered a fraction of what we eventually will.

だから私はハッカーニュースについてはたいへん楽観的だ。これほど技術が新しいと、ふつう既存の解決策はひどい。つまりはるかに上手い解決も可能であろう。解けそうもないと思える多くの問題が、実は解けるってことだ。過去の多くのコミュニティーが悩んだ問題、つまり成長することでダメになってしまうという問題も、そんな問題であればいいと思っている。
That's why I'm so optimistic about HN. When a technology is this young, the existing solutions are usually terrible; which means it must be possible to do much better; which means many problems that seem insoluble aren't. Including, I hope, the problem that has afflicted so many previous communities: being ruined by growth.

希釈
Dilution

ユーザはサイトを始めてから数ヶ月もたたないうちに、希釈を心配している。今までのところ、これらは取り越し苦労だったが、いつまでも安心というわけではないだろう。希釈は難問だ。だが、おそらく解決可能だ。オープンな議論がサイトの成長によって「いつも」損なわれてしまうといったところで、「いつも」とは20回の前例のことだ。
Users have worried about that since the site was a few months old. So far these alarms have been false, but they may not always be. Dilution is a hard problem. But probably soluble; it doesn't mean much that open conversations have "always" been destroyed by growth when "always" equals 20 instances.

だが「私たちは未知の問題に取り組んでいる」ことを肝に銘じる必要がある。というのも、大部分は失敗することを試す必要があるからだ。私は2、3週間前に、コメントスコアの平均値がもっとも高いユーザ名をオレンジ色で表示した。[1] それは失敗だった。それなりに結びついていた文化が、突然、持てる者と持たざる者に分離された。分離を見たとき、私は初めて、文化がどれくらい結びついていたかがわかった。分離を見るのは苦痛だった。 [2]
But it's important to remember we're trying to solve a new problem, because that means we're going to have to try new things, most of which probably won't work. A couple weeks ago I tried displaying the names of users with the highest average comment scores in orange. [1] That was a mistake. Suddenly a culture that had been more or less united was divided into haves and have-nots. I didn't realize how united the culture had been till I saw it divided. It was painful to watch. [2]

だからユーザ名をオレンジ色にするのはもうやめる。(ごめんね) しかし将来も、同様のダメなアイデア、実装しても単に目だった効果がないようなこともしてしまうだろう。
So orange usernames won't be back. (Sorry about that.) But there will be other equally broken-seeming ideas in the future, and the ones that turn out to work will probably seem just as broken as those that don't.

私が希釈について学んだ中でおそらく最も重要なのは、ユーザよりも行動を見ろということだ。締め出したいのは悪い人というより悪い行動だからだ。驚くべきことに、利用者の行動には順応性があった。行儀のよさを期待していると、ユーザはそうする。逆も真なりだ。
Probably the most important thing I've learned about dilution is that it's measured more in behavior than users. It's bad behavior you want to keep out more than bad people. User behavior turns out to be surprisingly malleable. If people are expected to behave well, they tend to; and vice versa.

もちろん悪い行動を禁止すれば、悪い人も来ないようになる。というのも、悪い人たちは行儀よくすべき場所を窮屈に感じるからだ。この悪い人を締め出す方法は、禁止事項の明記よりも優しいし、たぶんより効果的だ。
Though of course forbidding bad behavior does tend to keep away bad people, because they feel uncomfortably constrained in a place where they have to behave well. But this way of keeping them out is gentler and probably also more effective than overt barriers.

現在、割れ窓理論がコミュニティー・サイトにも当てはまるということは、かなりはっきりしている。割れ窓理論とは、小さな悪い行動が、もっと悪い行動を増長させてしまうというものだ: 落書きや壊れた窓がたくさんある地域では、強盗が起きるようになる。ジュリアーニ市長が破れ窓理論を有名にした改革をしたとき、私はニューヨークに住んでおり、奇跡的な変化が起きた。私がRedditのユーザだったときは正反対のことが起き、これまた劇的な変化だった。
It's pretty clear now that the broken windows theory applies to community sites as well. The theory is that minor forms of bad behavior encourage worse ones: that a neighborhood with lots of graffiti and broken windows becomes one where robberies occur. I was living in New York when Giuliani introduced the reforms that made the broken windows theory famous, and the transformation was miraculous. And I was a Reddit user when the opposite happened there, and the transformation was equally dramatic.

スティーブとアレクシスを責めるつもりはない。Redditの悲劇は放置していたから起きたわけじゃない。当初から彼らには「スパム以外は何も検閲しない」というポリシーがあった。さらにRedditにはハッカーニュースとは異なる目標があった。Redditはサイドプロジェクトではなく、ベンチャーだった。できるだけ早く成長することが目的だった。急速な成長と無検閲が結びつくと、カオスになってしまう。しかし私は、彼らが次にコミュニティー・サイトを立ち上げるたら、ずっとうまく対処すると思う。トラフィック量で測定する限り、Redditはハッカーニュースより、はるかに成功している。
I'm not criticizing Steve and Alexis. What happened to Reddit didn't happen out of neglect. From the start they had a policy of censoring nothing except spam. Plus Reddit had different goals from Hacker News. Reddit was a startup, not a side project; its goal was to grow as fast as possible. Combine rapid growth and zero censorship, and the result is a free for all. But I don't think they'd do much differently if they were doing it again. Measured by traffic, Reddit is much more successful than Hacker News.

だがRedditに起こったことが必ずハッカーニュースにも起きるとは限らない。局所最大値がいくつかある。現実世界と同様、際限なく下降する場所もあれば、もっと思慮深い場所もある。そして人は現実社会と同じく、その場に応じた行動をするだろう。
But what happened to Reddit won't inevitably happen to HN. There are several local maxima. There can be places that are free for alls and places that are more thoughtful, just as there are in the real world; and people will behave differently depending on which they're in, just as they do in the real world.

私は実地でこれを観測した。私は実際に、Redditとハッカーニュースにわざわざ2つのバージョンでマルチポストした人々の文章を読んだ。Reddit用の荒らしと、ハッカーニュース用のもっと穏やかなバージョンだ。
I've observed this in the wild. I've seen people cross-posting on Reddit and Hacker News who actually took the trouble to write two versions, a flame for Reddit and a more subdued version for HN.

遵守
Submissions

ハッカーニュースのようなサイトが避けるべき主な問題は2つある。悪い話題と悪いコメントだ。今までのところ、悪い話題という危険のほうが少ないようだ。現在、トップページの話題は、おおむねハッカーニュースを始めたときと同様だ。
There are two major types of problems a site like Hacker News needs to avoid: bad stories and bad comments. So far the danger of bad stories seems smaller. The stories on the frontpage now are still roughly the ones that would have been there when HN started.

私はかつて、トップページからたわ言を排除するために、票に重み付けが必要と考えていたが、まだそうする必要はない。私はトップページにこれほど上手く話題が並ぶとは予想していなかったし、それがなぜ上手くいっているのかよくわからない。おそらくまじめに書き込み、賛成投票ができるより思慮深いユーザだけがリンクされるため、無作為な新しい1ユーザの限界コストが0に近づくのだろう。またはおそらくトップページは、どんなタイプの遵守を期待しているかを宣伝することで自己防衛しているのだ。
I once thought I'd have to weight votes to keep crap off the frontpage, but I haven't had to yet. I wouldn't have predicted the frontpage would hold up so well, and I'm not sure why it has. Perhaps only the more thoughtful users care enough to submit and upvote links, so the marginal cost of one random new user approaches zero. Or perhaps the frontpage protects itself, by advertising what type of submission is expected.

トップページで最大に危険なのは、簡単に賛成投票できるようなものだ。だれかが新しい定理を証明したら、それに読者が賛成に投票するかどうか決めるのは一苦労だ。おもしろいマンガならそれほど苦労はいらない。派手派手しく人目を引くタイトルの記事は、人々は読みさえしないで投票するため、努力量はゼロだ。
The most dangerous thing for the frontpage is stuff that's too easy to upvote. If someone proves a new theorem, it takes some work by the reader to decide whether or not to upvote it. An amusing cartoon takes less. A rant with a rallying cry as the title takes zero, because people vote it up without even reading it.

だから私は「フラッフ(訳注:目は引くけど実際は大した物ではない物)の法則」と呼んでいるのだが、ユーザが投票するニュースサイトでは、防止の対策をしない限り、最も判断しやすいリンクが上位に並んでしまう。
Hence what I call the Fluff Principle: on a user-voted news site, the links that are easiest to judge will take over unless you take specific measures to prevent it.

ハッカーニュースはフラッフに対して2種類の防御壁がある。普通のフラッフ的な話題へのリンクはサイトにそぐわないものとして禁止する。子猫の絵や、政治的な罵倒などははっきり禁じている。これですべてではなくても、ほとんどのフラッフ的な話題を避けられる。いくつかのリンクは、記事の短さでも、話題の内容という点でもフラッフ的な話題だ。
Hacker News has two kinds of protections against fluff. The most common types of fluff links are banned as off-topic. Pictures of kittens, political diatribes, and so on are explicitly banned. This keeps out most fluff, but not all of it. Some links are both fluff, in the sense of being very short, and also on topic.

これは一筋縄ではダメだ。リンク先が内容のない大ボラであれば、たとえある意味ハックに関する話題であっても、人の知的好奇心を刺激するような真にハックと言える内容が伴っていないので、時として読者はそれを黙殺するだろう。あるサイトからの投稿がそういう特徴を持つようであれば、このタイプⅠのケースでは、時々そのサイトからの投稿を禁止する。つまりそのURLを持つ新しい記事は自動的に抹殺する。ポストに釣り的なタイトルがある場合、編集者は、時々もっと普通のタイトルに書き換える。これは派手に人目を引くタイトルのリンクには特に必要だ。さもないと、暗黙のうちに「○○を信じているかどうか投票してください」という、最も極端なフラッフ的話題の投稿になってしまうからだ。
There's no single solution to that. If a link is just an empty rant, editors will sometimes kill it even if it's on topic in the sense of being about hacking, because it's not on topic by the real standard, which is to engage one's intellectual curiosity. If the posts on a site are characteristically of this type I sometimes ban it, which means new stuff at that url is auto-killed. If a post has a linkbait title, editors sometimes rephrase it to be more matter-of-fact. This is especially necessary with links whose titles are rallying cries, because otherwise they become implicit "vote up if you believe such-and-such" posts, which are the most extreme form of fluff.

リンクが進化するため、リンクに対処する技術も進化させる必要がある。アグリゲータは、すでにアグリゲータが情報を集めることによって影響を及ぼしている。現在ライターは、わざとアグリゲータからアクセスされるようなことを、時としてアグリゲータ専用の記事を書く。(いや、この話の皮肉は、私にも当てはまるよ) リンクジャックのように、もっと質の悪いものもある。つまりオリジナルの記事ではなく、他人の記事を言い換たものを投稿する奴らだ。元記事の良い部分の多くはしばしば残っているため、これらは賛成の投票を多く集めることができる。実のところ盗作記事は、忠実に言いかえたものほど生き残る。 [3]
The techniques for dealing with links have to evolve, because the links do. The existence of aggregators has already affected what they aggregate. Writers now deliberately write things to draw traffic from aggregators—sometimes even specific ones. (No, the irony of this statement is not lost on me.) Then there are the more sinister mutations, like linkjacking—posting a paraphrase of someone else's article and submitting that instead of the original. These can get a lot of upvotes, because a lot of what's good in an article often survives; indeed, the closer the paraphrase is to plagiarism, the more survives. [3]

書き込みを削除するサイトは、削除されたユーザが望むなら、削除理由を知る手段を提供することが大事だ。それは編集者の公正さを保つし、また同じくらい重要だが、編集者が公正さを欠いたらユーザがそうわかる。ハッカーニュースのユーザは、プロフィールの「showdead」ボタンを押すことでこれが可能だ。[4]
I think it's important that a site that kills submissions provide a way for users to see what got killed if they want to. That keeps editors honest, and just as importantly, makes users confident they'd know if the editors stopped being honest. HN users can do this by flipping a switch called showdead in their profile. [4]
(ポール・グレアム「ハッカーニュースから学んだこと」(下)に続く)