コメント
Comments

悪いコメントは悪い投稿よりも難しい問題だろう。ハッカーニュースのトップページのリンクの品質はそれほど変わっていないが、コメントの中央値の品質はいくらか低下したかもしれない。
Bad comments seem to be a harder problem than bad submissions. While the quality of links on the frontpage of HN hasn't changed much, the quality of the median comment may have decreased somewhat.

コメントには主に2種類の悪がある: 卑怯とバカだ。この2つは多くの部分が重なるが(卑怯なコメントはバカなものになりがちだが)、それらに対処するための戦略は異なっている。卑怯はより管理しやすい。卑怯はダメというルールを作り、そのルールを実施したら、卑怯による混乱を防ぐことは可能だと思う。
There are two main kinds of badness in comments: meanness and stupidity. There is a lot of overlap between the two—mean comments are disproportionately likely also to be dumb—but the strategies for dealing with them are different. Meanness is easier to control. You can have rules saying one shouldn't be mean, and if you enforce them it seems possible to keep a lid on meanness.

バカによる混乱を防ぐのは、バカは見分けづらいため、より困難だ。バカな人々は自分たちがバカだと自覚することより、卑怯い奴らは自分たちが卑怯と自覚していることのほうが多い。
Keeping a lid on stupidity is harder, perhaps because stupidity is not so easily distinguishable. Mean people are more likely to know they're being mean than stupid people are to know they're being stupid.

最も危険なタイプのバカなコメントは、誤っている長々しい議論ではなく、馬鹿げた釣りだ。長々しい間違った議論は、現実にはめったにない。コメントの質と長さには強い相関関係がある。コミュニティ・サイトのコメントの質を比較したいなら、コメントの平均長は良い指標となるだろう。たぶん原因は、何か特定のスレッドに関するコメントの問題というより、人間の本性によるものだ。おそらく単純な話で、愚かさは間違いよりも内容のなさという形態をとることのほうが多いのだ。
The most dangerous form of stupid comment is not the long but mistaken argument, but the dumb joke. Long but mistaken arguments are actually quite rare. There is a strong correlation between comment quality and length; if you wanted to compare the quality of comments on community sites, average length would be a good predictor. Probably the cause is human nature rather than anything specific to comment threads. Probably it's simply that stupidity more often takes the form of having few ideas than wrong ones.

原因が何であれ、バカなコメントは一般的に短い。他とは違ったことを短いコメントに盛り込むのは難しいため、そのかわりに人はおかしなことを言って目立とうとする。バカなコメントにとって最も魅力的なのは、おそらくおしゃれな罵倒だ。たぶん罵倒が最も簡単なユーモアの形式だからだ。[5] だから卑怯を禁じるメリットの1つは、罵倒も減らせることだ。
Whatever the cause, stupid comments tend to be short. And since it's hard to write a short comment that's distinguished for the amount of information it conveys, people try to distinguish them instead by being funny. The most tempting format for stupid comments is the supposedly witty put-down, probably because put-downs are the easiest form of humor. [5] So one advantage of forbidding meanness is that it also cuts down on these.


ある投稿が次の投稿に与える影響よりも、あるコメントが次のコメントに及ぼす影響のほうがはるかに大きい。だれかがダメな記事を投稿しても、他の投稿がダメになるわけでは全くない。だがある人がスレッドに愚かなコメントを投稿したら、その後の雰囲気を決定づけてしまう。人々は愚かな冗談には愚かな冗談で答える。
Bad comments are like kudzu: they take over rapidly. Comments have much more effect on new comments than submissions have on new submissions. If someone submits a lame article, the other submissions don't all become lame. But if someone posts a stupid comment on a thread, that sets the tone for the region around it. People reply to dumb jokes with dumb jokes.

おそらく解決策は、人々がコメントに返事をするには時間を必要とさせめことだ。そしてレベルの低さに反比例して、書き込みに必要な時間を増やすようにする。そうすれば愚かなスレッドの成長はいっそう遅くなる。[6]
Maybe the solution is to add a delay before people can respond to a comment, and make the length of the delay inversely proportional to some prediction of its quality. Then dumb threads would grow slower. [6]


人々
People

私が説明したテクニックの大部分は防衛的だ。サイトの質を高めるよりも、サイトの特徴を保持しようとするものだ。それはおそらく私の偏見ではなく、問題の形のためだ。ハッカーニュースは幸運にも良いスタートを切ったので、この場合、それは文字通り保持の問題だ。だが私は、この原則は他のタイプのサイトにも当てはまると思う。
I notice most of the techniques I've described are conservative: they're aimed at preserving the character of the site rather than enhancing it. I don't think that's a bias of mine. It's due to the shape of the problem. Hacker News had the good fortune to start out good, so in this case it's literally a matter of preservation. But I think this principle would also apply to sites with different origins.

コミュニティー・サイトの良い部分は技術ではなく人々がもたらす。技術が役立つのは悪いものを防ぐときだ。確かに、技術によって議論を向上させることは可能だ。たとえば入れ子にできるコメントだ。だが私はバカか荒らしのユーザがいるハイテクなサイトより、原始的な機能しかなくても賢く親切なユーザがいるサイトのほうがいい。
The good things in a community site come from people more than technology; it's mainly in the prevention of bad things that technology comes into play. Technology certainly can enhance discussion. Nested comments do, for example. But I'd rather use a site with primitive features and smart, nice users than a more advanced one whose users were idiots or trolls.

だからコミュニティー・サイトができうる最良のことは、望むタイプの人々を引き付けることだ。成長を第一目的とするサイトは、どんな人でも引き付けたがる。だが一部のユーザを対象とするサイトは、彼らだけを引き寄せ、それと同じくらい、それ以外の人を不快にさせる必要がある。私はこれをハッカーニュースで行うために意識的な努力をした。グラフィック・デザインはなるべく明瞭に、サイトのルールは派手なリンクタイトルを非推奨にしている。「初めてハッカーニュースにアクセスした人に、興味をもつものだけが示されている」というのが理想だ。
So the most important thing a community site can do is attract the kind of people it wants. A site trying to be as big as possible wants to attract everyone. But a site aiming at a particular subset of users has to attract just those—and just as importantly, repel everyone else. I've made a conscious effort to do this on HN. The graphic design is as plain as possible, and the site rules discourage dramatic link titles. The goal is that the only thing to interest someone arriving at HN for the first time should be the ideas expressed there.

特定の人向けにサイトを特化することの問題は、ターゲットとした人々に、サイトが魅力的になりすぎる場合があることだ。私はハッカーニュースの中毒性について神経過敏になっている。私や多くのユーザにとって、ハッカーニュースはバーチャルな街の広場のようなものだ。私が現実世界のハーバード広場や大学通りに行くように、仕事を一休みしたいと私は広場に向かう。[7] だがネットの広場は現実の広場より危険だ。私が半日を大学通りをぶらつくのに費やしたら、自覚するだろう。広場に行くには1マイル歩く必要があるし、カフェに座っていると働いていないと感じる。だがネットのフォーラムにアクセスへは1クリックで済み、あたかも働いているかのように思ってしまう。時間を浪費しているのだが、何もしていないわけではない。誰かがネットで間違ったことを言い、自分は間違いを修正している。
The downside of tuning a site to attract certain people is that, to those people, it can be too attractive. I'm all too aware how addictive Hacker News can be. For me, as for many users, it's a kind of virtual town square. When I want to take a break from working, I walk into the square, just as I might into Harvard Square or University Ave in the physical world. [7] But an online square is more dangerous than a physical one. If I spent half the day loitering on University Ave, I'd notice. I have to walk a mile to get there, and sitting in a cafe feels different from working. But visiting an online forum takes just a click, and feels superficially very much like working. You may be wasting your time, but you're not idle. Someone is wrong on the Internet, and you're fixing the problem.

ハッカーニュースが役立つのは確かだ。私はハッカーニュースを読み続けたことで多くを学んだ。私はそこでのコメントをふくらませていくつかのエッセイを書いた。だから私はサイトがなくなってほしいとは思わない。だが私は、ハッカーニュースが生産性を損なうネットの障害物ではないと確信したい。何千人もの賢い人々を引きつけたために、彼らの多くの時間を浪費させてしまったら、なんという災難だろう。それはハッカーニュースのことではないと100%安心できればと思う。
Hacker News is definitely useful. I've learned a lot from things I've read on HN. I've written several essays that began as comments there. So I wouldn't want the site to go away. But I would like to be sure it's not a net drag on productivity. What a disaster that would be, to attract thousands of smart people to a site that caused them to waste lots of time. I wish I could be 100% sure that's not a description of HN.

私はゲームやソーシャル・アプリケーションの中毒性のほとんどは未解決の問題だと思う。現在の状況は1980年代の麻薬と同様だ。 新たにすごく中毒性の高いものを発明したのに、まだ防御法は開発されていないのだ。いつか私たちは解決するだろう。そしてそれは私が次に焦点を当てたい問題の1つだ。
I feel like the addictiveness of games and social applications is still a mostly unsolved problem. The situation now is like it was with crack in the 1980s: we've invented terribly addictive new things, and we haven't yet evolved ways to protect ourselves from them. We will eventually, and that's one of the problems I hope to focus on next.


注釈
Notes

[1] 私はコメントスコアの平均値と中央値の両方でユーザをランキングし、平均値(高いスコアを除く)は、質の高さをよく示しているように思えた。中央値は質の低さをよく示すかもしれない。
[1] I tried ranking users by both average and median comment score, and average (with the high score thrown out) seemed the more accurate predictor of high quality. Median may be the more accurate predictor of low quality though.

[2] この経験から学んだ別の教訓は、人々を区別しようとしたら、それがちゃんとできているか気をつけた方がいいってことだ。これはラピッドプロトタイピングができない問題の1つだ。
[2] Another thing I learned from this experiment is that if you're going to distinguish between people, you better be sure you do it right. This is one problem where rapid prototyping doesn't work.

実際、人をさまざまなタイプに分類しないことは知的に誠実な議論だ。そうしない理由は、皆が同じだからではなく、間違った分類は良くないし、ちゃんと分類することは難しいからだ。
Indeed, that's the intellectually honest argument for not discriminating between various types of people. The reason not to do it is not that everyone's the same, but that it's bad to do wrong and hard to do right.

[3] ひどいリンクジャック投稿を見つけた場合、私は彼らがコピーしたURLに置き換えてしまう。リンクジャックの常習犯であるサイトは閉め出す。
[3] When I catch egregiously linkjacked posts I replace the url with that of whatever they copied. Sites that habitually linkjack get banned.

[4] Diggは不透明なことで悪名高い。問題の本質は、Diggの管理人が特に卑劣だというのではなく、トップページを作るのに使うアルゴリズムがダメだってことだ。Redditのようにより多くの票を得るごとに下位から泡のように上昇するのではなく、トップから始まり、新着によって順位が下がるようになっている。
[4] Digg is notorious for its lack of transparency. The root of the problem is not that the guys running Digg are especially sneaky, but that they use the wrong algorithm for generating their frontpage. Instead of bubbling up from the bottom as they get more votes, as on Reddit, stories start at the top and get pushed down by new arrivals.

この差の説明はDiggはSlashdotから派生したものだが、RedditはDelicious/popularから派生したというものだ。Diggは編集者の代わりに投票するSlashdotであり、Redditはブックマークの代わりに投票するDelicious/popularだ。(現在でもグラフィック・デザインにそれらの起源の痕跡が見つかる)
The reason for the difference is that Digg is derived from Slashdot, while Reddit is derived from Delicious/popular. Digg is Slashdot with voting instead of editors, and Reddit is Delicious/popular with voting instead of bookmarking. (You can still see fossils of their origins in their graphic design.)

Diggのアルゴリズムはゲーミングに非常に傷つきやすいです。トップページに載るすべての記事が、新着の最新記事であるため、Diggのアルゴリズムはイタズラに非常に弱い。したがってDiggは極端な対策を取らざるを得ない。多くのベンチャーには、初期のうちはソートをし直さざるを得なかったという秘密がある。そして私は、Diggの秘密はもっと大きなもので、トップ記事は事実上、人が選んでいたのではないかと疑っている。
Digg's algorithm is very vulnerable to gaming, because any story that makes it onto the frontpage is the new top story. Which in turn forces Digg to respond with extreme countermeasures. A lot of startups have some kind of secret about the subterfuges they had to resort to in the early days, and I suspect Digg's is the extent to which the top stories were de facto chosen by human editors.

[5] ビーバスとバットヘッドのやりとりは、罵倒だらけで、本当にひどいサイトのコメントを読むとき、私には彼らの声が聞こえてくる。
[5] The dialog on Beavis and Butthead was composed largely of these, and when I read comments on really bad sites I can hear them in their voices.

[6] 私は、人をくさすようなバカなコメントに対処する技術はまだほとんど発見されていないのではと思う。XkcdはIRCチャンネルにおいて、非常に賢い機能を実装した: 同じ言葉を二度使えないのだ。誰かが「失敗しな」と言うと、誰も二度とその言葉を使えない。特に短いコメントに対しては、重複を避けるのが難しいので効果的だろう。

[6] I suspect most of the techniques for discouraging stupid comments have yet to be discovered. Xkcd implemented a particularly clever one in its IRC channel: don't allow the same thing twice. Once someone has said "fail," no one can ever say it again. This would penalize short comments especially, because they have less room to avoid collisions in.

別の有望なアイデアはバカ・フィルター、つまり確率論的なスパム・フィルターに似ているが、愚か/愚かでないコメントのコーパスに基づいて学習された確率的なフィルターだ。
Another promising idea is the stupid filter, which is just like a probabilistic spam filter, but trained on corpora of stupid and non-stupid comments instead.

問題の解決に悪いコメントを削除する必要はないかもしれない。長いスレッドの下の方には、コメントはほとんど付かない。だから、コメントをソートするアルゴリズムに質の予測を組み込めば十分かもしれない。
You may not have to kill bad comments to solve the problem. Comments at the bottom of a long thread are rarely seen, so it may be enough to incorporate a prediction of quality in the comment sorting algorithm.

[7] 郊外の多くで非常に残念なのは、歩くのにふさわしい目抜き通りが全くないということだ。
[7] What makes most suburbs so demoralizing is that there's no center to walk to.

この原稿を読んでくれたジャスティン・カン、ジェシカ・リビングストン、ロバート・モリス、アレクシス・オハニアン、エメット・シニア、フレッド・ウィルソンに感謝する。
Thanks to Justin Kan, Jessica Livingston, Robert Morris, Alexis Ohanian, Emmet Shear, and Fred Wilson for reading drafts of this.