11. Web Office apps. We're interested in funding anyone competing with Microsoft desktop software. Obviously this is a rich market, considering how much Microsoft makes from it. A startup that made a tenth as much would be very happy. And a startup that takes on such a project will be helped along by Microsoft itself, who between their increasingly bureaucratic culture and their desire to protect existing desktop revenues will probably do a bad job of building web-based Office variants themselves. Before you try to start a startup doing this, however, you should be prepared to explain why existing web-based Office alternatives haven't taken the world by storm, and how you're going to beat that.

12. 広告の改善。サイトから何かを無料で与える代わりに一定の虐待を与えるといった、ユーザの犠牲者扱いをやめて、ユーザを喜ばせるようにすれば、広告はずっとマシなものになるだろう。とにかく今のやり方はダメだ。いかに派手派手しく宣伝しようとも、視聴者はくだらない広告を無視するようになる。
12. Fix advertising. Advertising could be made much better if it tried to please its audience, instead of treating them like victims who deserve x amount of abuse in return for whatever free site they're getting. It doesn't work anyway; audiences learn to tune out boring ads, no matter how loud they shout.

いま私たちが見ているものは基本的に印刷物とテレビCMのWeb版だ。正解はまるっきり別モノだろう。今の基準ではそれは広告にさえ見えないだろう。だからこの問題にアプローチするなら、おそらくスクラッチから始めることになる。広告の最終形は何で、私たちに与えられた個々の新技術で、それをどう実現するのか。たぶん新たなる解答はすでにあり、そのやり方が広告に取って代わったと後になって判明するだろう。
What we have now is basically print and TV advertising translated to the web. The right answer will probably look very different. It might not even seem like advertising, by current standards. So the way to approach this problem is probably to start over from scratch: to think what the goal of advertising is, and ask how to do that using the new ingredients technology gives us. Probably the new answers exist already, in some early form that will only later be recognized as the replacement for traditional advertising.

効果を、とりわけ売り上げを測定できる広告を生み出せるならボーナスポイントだ。
Bonus points if you can invent new forms of advertising whose effects are measurable, above all in sales.

13. オンラインの学習。アメリカの学校はしばしばダメだ。多くの親はそのことを知っていて、もっと自分の子供に勉強させたいと思っている。最近まで学校には、新聞と同様の地理的な独占があった。だがネットでそれが変わった。ウェブを使って子供にどんな教育ができるだろう? 単に本をオンラインにするよりも、ずっと面白いことができるだろう。
13. Online learning. US schools are often bad. A lot of parents realize it, and would be interested in ways for their kids to learn more. Till recently, schools, like newspapers, had geographical monopolies. But the web changes that. How can you teach kids now that you can reach them through the web? The possible answers are a lot more interesting than just putting books online.

一つの方法は、模試のサービスから始めることだ。それはすでに存在し、どう高得点を取るかを子供に教えることに特化している。別の方法は、ゲームから始め、徐々に思考力を求めるものだ。さらに、特に幼い子供には、互いに(匿名で)問題解決法を見せあうことで学ばせるやりかたもある。
One route would be to start with test prep services, for which there's already demand, and then expand into teaching kids more than just how to score high on tests. Another would be to start with games and gradually make them more thoughtful. Another, particularly for younger kids, would be to let them learn by watching one another (anonymously) solve problems.

14. 測定のための道具。パソコンをネットにつなぐことが非常に多くなり、そんなことができると思っていなかったものさえ測れるようになった。そして、もっと測定が可能なら解決できるかもしれない、いくつかの重要な問題がある。最も重要なのは、大きな組織につきものの欠点だ。誰がいちばん生産的なのかわからない。小さな会社なら市場が直接に測定する。だがいったん組織が大きくなってしまうと、ダメな奴も市場の力にさらされなくなり、業績よりも政治力がモノを言い出してしまう。大きな組織で実際に測定する能力が数パーセント向上するだけでも、世界経済に非常に大きな衝撃を与えるだろう。そしてそれを可能にしたベンチャーには、相応の対価が支払われるだろう。
14. Tools for measurement. Now that so much happens on computers connected to networks, it's possible to measure things we may not have realized we could. And there are some big problems that may be soluble if we can measure more. The most important of all is the defining flaw of large organizations: you can't tell who the most productive people are. A small company is measured directly by the market. But once an organization gets big enough that people on in the interior are protected from market forces, politics starts to rule, instead of performance. An improvement of even a few percent in the ability to measure what actually happens in large organizations would have a huge impact on the world economy, and a startup that enabled it would be entitled to a cut.

15. 簡単に導入できるセキュリティ。ADTのようなサービスは非常に高価だ。現在、家とその所有者は事実上、一日中ネットで接続されている。ベンチャーなら既存のハードウェアとサービスよりも安い代替手段で接続させることが可能だろう。
15. Off the shelf security. Services like ADT charge a fortune. Now that houses and their owners are both connected to networks practically all the time, a startup could stitch together alternatives out of cheap, existing hardware and services.

16. デザインがウリの検索エンジン。Googleにそれほど弱点はない。最大の弱点の1つは、Googleにはデザインのセンスがないことだ。Googleは次善の策としてデザインをスカスカにした。だがすごいデザインの検索エンジンがあれば、本当に検索で、ベンチャーがGoogleに勝つかもしれない。そんな人がいるかどうか不明だが、いるならぜひ連絡して欲しい。
16. A form of search that depends on design. Google doesn't have a lot of weaknesses. One of the biggest is that they have no sense of design. They do the next best thing, which is to keep things sparse. But if there were a kind of search that depended a lot on design, a startup might actually be able to beat Google at search. I don't know if there is, but if you do, we'd love to hear from you.

17. 新たな支払い手段。課金する方法が全くなかったせいで、成長が抑制されているものがあるのはほぼ確実だ。だからその解決策を実現する人は、まさに成長が抑えられていたために、どれほど需要があるかを理解していない。ある種の状況においてより簡単に代金を支払う新たな方法は、開発者が予想するよりも、ずっと大きな市場を開拓するとわかるだろう。Paypalがいい例だ。(警告: 規制の厳しい業界だよ)
17. New payment methods. There are almost certainly things whose growth is held back because there's no way to charge for them. And the people who could implement solutions don't realize how much demand there would be, precisely because this growth has been held back. So pretty much any new way of paying for things that's easier for some class of situations will turn out to have a bigger market than its inventors expected. Look at Paypal. (Warning: Regulated industry.)

18. WebOS。それはおそらく、サーバ寄りのクライアントOSを言い換えたものではない。だがソフトがサーバに移行したように、OSのような大きな役割を果たす何かがありうるだろう。私たちはすでにその候補となりそうないくつかのベンチャーに資金を提供した。だがこれは大きな賞なので、おそらく勝者は複数となるだろう。
18. The WebOS. It probably won't be a literal translation of a client OS shifted to servers. But as applications migrate to servers, it seems possible there will be something that plays a central role like an OS does. We've already funded several startups that could be candidates. But this is a big prize, and there will probably be multiple winners.

19. アプリケーション かつ/もしくは データホスティング。これは前のアイデアと関連しているが、同じではない。この分野についても、私たちは既にいくつかのベンチャーに資金を提供しているが、この分野はいくつかの豊かな市場を持てるほど成長しつつある。
19. Application and/or data hosting. This is related to the preceding idea, but not identical. And again, while we've already funded several startups in this area, it's probably going to be big enough that it contains several rich markets.

アイデア4,18,19のすべてが同じ答えか、3つの問題すべてを解決する別の答えがある。そのように広大で、すべてを含むような解決策を見つけるためにはおそらく、直接それにアプローチするのではなくて、より小さく、特定の問題を解決することから始め、それから徐々に範囲を広げたほうがいいだろう。アルテア用のBasicを書くところから始めよう。
It may turn out that 4, 18, and 19 all have the same answer. Or rather, that there will be things that answer all three. But the way to find such a grand, overarching solution is probably not to approach it directly, but to start by solving smaller, specific problems, then gradually expand your scope. Start by writing Basic for the Altair.

20. ショッピング・ガイド。ニュースと同様、かつてショッピングには地理的な制約があった。みんな地元の小売店に行き、その店が売っているものから選んだ。現在、買うことができる領域はすごく広いので、みんなをナビゲートするのを支援する必要がある。欲しいものがもう決まっているなら、Bountiiで最安値を調べることができる。だが何を欲しいかを、どう決めればいいだろう? ヒント: 解答の1つのは3番目のアイデアと関連する。
20. Shopping guides. Like news, shopping used to be constrained by geography. You went to your local store and chose from what they had. Now the space of possibilities is bewilderingly large, and people need help navigating it. If you already know what you want, Bountii can find you the best price. But how do you decide what you want? Hint: One answer is related to number 3.

21. 個人や小さなビジネス向けのファイナンス・ソフト。Intuit社に対抗するには、好機のように思える。難しいのは、Intuit社はあらゆる銀行とデータの連携があることだ。小さなベンチャーでは、それをカバーするのは難しいだろう。だが身近な領域からはじめ、少しずつ領域を拡大していけば、彼らに置き換わることができるだろう。
21. Finance software for individuals and small businesses. Intuit seems ripe for picking off. The difficulty is that they've got data connections with all the banks. That's hard for a small startup to match. But if you can start in a neighboring area and gradually expand into their territory, you could displace them.

22. ウェブ・ベースのExcel/データベースのハイブリッド。しばしば人はExcelを簡易データベースとして用いる。そのようなユーザが欲しがるようなプログラムを作れるのではないか。それがウェブ・ベースなら、新しいこともできるだろう。データの取得をフォームやスクレイピングで取得するより簡単にするとか。
22. A web-based Excel/database hybrid. People often use Excel as a lightweight database. I suspect there's an opportunity to create the program such users wish existed, and that there are new things you could do if it were web-based. Like make it easier to get data into it, through forms or scraping.

データベースのように思わせないこと。みんなが怖がってしまう。する質問は以下の通り。「どれだけユーザに構造定義をさせずに済ませられるか?」プログラマはデータベースをプログラム言語のようなものに、つまりデータをリンクされたリストのままにしたがる。(つまりおそらく、プログラマはデータを1つのものとして扱いたいのだ)
Don't make it feel like a database. That frightens people. The question to ask is: how much can I let people do without defining structure? You want the database equivalent of a language that makes its easy to keep data in linked lists. (Which means you probably want to write it in one.)

23. もっとオープンなWikipedia。Wikipediaは削除人に支配されている。皮肉なことに、削除人は印刷の時代のアイデアにとらわれているのだ。みんなが自分の探すものを見つけられるなら、オンラインの引用文の記事の最後に、ごくわずかの人しか興味を持たない長い文章がついていたからといって、いったい何だというのだろう? ウィキぺディアがブリタニカにしたことを、ウィキぺディア自身にする余地がある。
23. More open alternatives to Wikipedia. Deletionists rule Wikipedia. Ironically, they're constrained by print-era thinking. What harm does it do if an online reference has a long tail of articles that are only interesting to a few people, so long as everyone can still find whatever they're looking for? There is room to do to Wikipedia what Wikipedia did to Britannica.

24. ひどいカスタマー・サービスに対するバッファ。多くの会社(役所は言うまでもない)のカスタマー・サービスはひどい。「そのままお待ちください。わざわざお電話ありがとうございます」読むだけで畏縮しない? 時々、お客様に示されるユーザ・インタフェイスは、あえて難しくしていることさえある。たとえば航空会社の一部は、マイルを使ってチケットを買うことをわざと難しくしている。たぶん周囲がひどいカスタマー・サービスをしている中で、もっとユーザ・フレンドリーな装いにすれば、人々はそれを使うためにお金を出すだろう。お急ぎパスポート発行係は好例だ。
24. A buffer against bad customer service. A lot of companies (to say nothing of government agencies) have appalling customer service. "Please stay on the line. Your call is important to us." Doesn't it make you cringe just to read that? Sometimes the UIs presented to customers are even deliberately difficult; some airlines deliberately make it hard to buy tickets using miles, for example. Maybe if you built a more user-friendly wrapper around common bad customer service experiences, people would pay to use it. Passport expediters are an encouraging example.

25. クレイグスリスト(訳注: 「売ります」「買います」「求人」「貸し家」「パートナー募集」「仲間募集」などの広告掲示板サイト)のライバル。クレイグスリストはビジネスかどうかはっきりしない。これは長所でも短所でもある。弱い領域に焦点を合わせれば、いくつかの問題について、クレイグスリストよりも良い解決があるとわかるだろう。
25. A Craigslist competitor. Craiglist is ambivalent about being a business. This is both a strength and a weakness. If you focus on the areas where it's a weakness, you may find there are better ways to solve some of the problems Craigslist solves.

26. もっと良いビデオチャット。スカイプとTokboxはまだ始ったばかりだ。ことにモバイル機器の分野は、大きく発展するだろう。
26. Better video chat. Skype and Tokbox are just the beginning. There's going to be a lot of evolution in this area, especially on mobile devices.

27. ハードウェアとソフトウェアのハイブリッド。ほとんどのハッカーは、ハードウェアの仕事はすごいと悟る。乱雑で、高価で物理的なものを扱うことになるが、ちょっとくらいハードウェアを冒険したって構わないと思うなら、どれほどすごいことができるかをMerakiは示している。ハードウェアには、低いところに生っている果物でいっぱいだ。既存のものにちょっとした工夫を加えるだけで、しばしば劇的に新しいことができる。
27. Hardware/software hybrids. Most hackers find hardware projects alarming. You have to deal with messy, expensive physical stuff. But Meraki shows what you can do if you're willing to venture even a little way into hardware. There's a lot of low-hanging fruit in hardware; you can often do dramatically new things by making comparatively small tweaks to existing stuff.

すでにハードウェアは、ほとんどソフトウェアだ。私がハードウェアとソフトウェアのハイブリッドで言っていることは、ソフトウェアが非常に大きな役割を果たすものだ。こういったアイデアに取り組むと、自分の分野を持ってしまう傾向があると気付くだろう。というのも、ほとんどのハッカーはハードウェアを恐れており、ほとんどのハードウェア会社は良いソフトを書くことができないからだ。(iPodをソニーが作らなかった理由の1つは、ソニーにはiTunesを作れないからだ)
Hardware is already mostly software. What I mean by a hardware/software hybrid is one in which software plays a very visible role. If you work on an idea of this type you'll tend to have the field to yourself, because most hackers are afraid of hardware, and most hardware companies can't write good software. (One reason your iPod isn't made by Sony is that Sony can't write iTunes.)

28. 多すぎるメールの改善。私を含む多くの人々は、メールが多すぎると感じている。解決すれば、すぐに市場は見つかるだろう。だが最高の解決策は、新しいメールソフトと同じくらい、自明ではないかもしれない。
28. Fixing email overload. A lot of people, including me, feel they get too much email. A solution would find a ready market. But the best solution may not be anything as obvious as a new mail reader.

関連する問題: 受信トレイをTodoリストとして使うこと。やめさせようとするよりも、むしろ認めたほうがいいだろう。
Related problem: Using your inbox as a to-do list. The solution is probably to acknowledge this rather than prevent it.

29. 特殊な市場における簡単なサイト作成ソフト。Weeblyはすばらしい一般的なサイト作成ソフトだ。だが、もっと専用的な道具が必要な多くの市場がある。不動産屋、レストラン、弁護士のサイトを作るのに最高の方法は? まだ一般的な答えはないようだ。
29. Easy site builders for specific markets. Weebly is a good, general-purpose site builder. But there are a lot of markets that could use more specialized tools. What's the best way to make a web site if you're a real estate agent, or a restaurant, or a lawyer? There still don't seem to be canonical answers.

明らかにこれを作る方法は、フレキシブルなサイト作成ソフトを書き、次にいろんなサイトを作れるトップの層を書くことだ。ヒント: サイト作成ソフトを作るなら、デザインの能力がない人でも、いいデザインか、少なくともプロの仕事に見えるサイトを作れるソフトを作るのがコツだ。
Obviously the way to build this is to write a flexible site builder, then write layers on top to produce different variants. Hint: The key to making a site builder for end-users is to make software that lets people with no design ability produce things that look good—or at least professional.

30. ベンチャーのためのベンチャー。ベンチャー数の増加はそれ自体がベンチャーのチャンスだ。私たちもその一つだし、TechCrunchもそうだ。あなたには何ができるだろうか?
30. Startups for startups. The increasing number of startups is itself an opportunity for startups. We're one; TechCrunch is another. What other new things can you do?

このリストには、まだ余白がいっぱいあると思ってほしい。私たちが求めているようなアイデア全てのリストですらなく、まして、すべてのベンチャーのアイデアのリストではない。だからこのリストにはないすごいアイデアがあるなら、躊躇しないこと。最高のアイデアの一部は、正気でないように見えるため、みんなが無視する異常値なのだ。
Consider this list to end with a giant ellipsis. It's not even a complete list of the types of ideas we're looking for, let alone of all types of startup ideas. So if you have a great idea that's not on this list, don't be deterred. Some of the best ideas are outliers everyone ignores because they seem crazy.

このリストを書き上げるのは、面白い試みだった。アイデアには、自分でも気付いていなかった多くの類似点があったと知った。実際リストを読むと、ベンチャーのかなり正確なモンタージュ写真となるだろう。世界的な問題に関する、時代遅れの残酷な捕食者と博愛的な解答者の組み合わせだ。お金を稼ぐなら、それはたいへん良い。ベンチャーはしばしば非情なライバルとなるが、人々が欲しいものを作ることで勝つゲームの参加者なのだ。
It was an interesting exercise to write out this list. I noticed a lot of similarities between ideas that I never realized were there. In fact, when you read the list, you get a pretty accurate composite portrait of a startup: a combination of relentless predator upon the obsolete and benevolent solver of the world's problems. As ways of making money go, that's pretty good. Startups are often ruthless competitors, but they're competing in a game won by making what people want.