ポール・グレアム「Y combinatorがしていること」を翻訳しました。
http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20110209#1297227666
元題は What We Do で、原文は以下です。
http://ycombinator.com/about.html

英語に強い皆さま、コメント欄でのアドバイスを、よろしくお願いいたします。


Y combinatorがしていること
What We Do

Y Combinatorはベンチャー向けのシード・ファンディングをしている。シード・ファンディングは最も初期段階のベンチャー・ファンディングだ。企業を立ち上げている間の費用を賄う。
Y Combinator does seed funding for startups. Seed funding is the earliest stage of venture funding. It pays your expenses while you're getting started.

シード・ファンディング以外は必要ない企業もあるかもしれない。数ラウンドを必要とする企業もあるかもしれない。正解など全然ない。どの程度、資金が必要となるかは、どんな企業を始めるかによる。
Some companies may need no more than seed funding. Others will go through several rounds. There is no right answer; how much funding you need depends on the kind of company you start.

Y Combinatorにおける私たちの目標は、初期段階を無事に通過させることだ。通常これは「もっと資金を調達できるような印象的な何かをつくるまで」という意味だ。その段階になったら私たちは、後期段階の投資家か、ひょっとしたら買収者を紹介する。
At Y Combinator, our goal is to get you through the first phase. This usually means: get you to the point where you've built something impressive enough to raise money on a larger scale. Then we introduce you to later stage investors―or occasionally even acquirers.


お金以上のもの
More Than Money

私たちは資金を提供する企業には、少額の投資(2万ドルを越すことは稀)の代償として、株を少し(通常2~10%)貰う。
We make small investments (rarely more than $20,000) in return for small stakes in the companies we fund (usually 2-10%).

どんなベンチャー投資家も、お金と助言をある割合で提供する。私たちの場合、お金の割合はずっと小さい。実際、私たちが資金を提供するベンチャーの多くは、お金を必要としていない。私たちは投資する資金を、大学の奨学金制度のように考えている。つまりY Combinatorに関わっている間、お金に困っている人も自分たちの生活費を賄えるようにするのだ。
All venture investors supply some combination of money and help. In our case the money is by far the smaller component. In fact, many of the startups we fund don't need the money. We think of the money we invest as more like financial aid in college: it's so people who do need the money can pay their living expenses while Y Combinator is happening.

Y Combinatorに入るとどうなるのだろう? 私のいちばん大事な仕事は、ベンチャーと共に、彼らのアイデアの下で働くことだ。私たち自身もハッカーで、人々が欲しいものを作る方法を学ぶのに、長い時間を費やした。だから小さなアイデアを発展させるべき方向や、壮大だがあいまいなアイデアの指摘すべき点が、私たちには普通、かなりすばやくわかる。
What happens at Y Combinator? The most important thing we do is work with startups on their ideas. We're hackers ourselves, and we've spent a lot of time figuring out how to make things people want. So we can usually see fairly quickly the direction in which a small idea should be expanded, or the point at which to begin attacking a large but vague one.

初期段階における質問は、明らかに小さなもの(会社のネーミング)から、恐ろしく壮大なもの(世界征服の長期計画)まである。3か月間、起業家が起業直後の疑問の答えを思いつくのを、私たちは通常、曲がりなりに支援する。
The questions at this stage range from apparently minor (what to call the company) to frighteningly ambitious (the long-term plan for world domination). Over the course of three months we usually manage to help founders come up with initial answers to all of them.

どんなベンチャーにも資金を提供するが、特にネットや携帯アプリに興味を持っている。私たちは誰よりも長くその問題について考えており、今では発展する余地の大部分を想像できるようになった。
Though we fund all types of startups, we're especially interested in web/mobile applications. We've been thinking about that problem longer than anyone else, and by now can visualize much of the space of possibilities.

仕事で次に重要なのは、投資家や買収者に、起業家が対応するのを手伝うことだ。もちろんガイダンスはするが、そこは簡単だ。自分たちのベンチャーをどう売り込むか、そして関心を引いたら、どう取引をまとめるかを起業家に教えることの方が、ずっと時間がかかる。第2段階ではアドバイスだけではなく保護もする。YC出身者は、より親切に扱われるだろう。起業家の扱いかた次第で、将来、私たちは彼らを近づけるか遠ざけるかを決めるからだ。
The second most important thing we do is help founders deal with investors and acquirers. Yes, we make introductions, but that part is easy. We spend much more time teaching founders how to pitch their startups, and how to close a deal once they've generated interest. In the second phase we supply not just advice but protection; people are more likely to treat you well if you come from YC, because how they treat you determines whether in the future we'll steer deals toward or away from them.

また資金を提供したベンチャーには、書類を適正に整え、後で問題となるような法律的な罠を避けて法人化させる。「YCのコネがあるなら、法律業務の支払いは後でいい」と言ってくれる弁護士を、よく起業家に紹介する。定期的に、ベンチャーが最初の社員を雇用するのを支援する。特許を取るべきか、いつ取るべきかをアドバイスする。自分たちの仕事でいちばん宣伝していないのは、それも当然なのだが、起業家どうしのケンカの仲裁だ。どんなベンチャーも「自分たちには必要ない」と思うが、大部分のベンチャーでは、いつか必要となる。
We also get the startups we fund incorporated properly with all the right paperwork, avoiding legal time-bombs that could kill them later. We introduce founders to lawyers who will often, because of the YC connection, agree to defer payment for legal work. We regularly help startups find and hire their first employees. We advise about what to patent, and when. One of the least publicized things we do, for obvious reasons, is mediate disputes between founders. No startup thinks they're going to need that, but most do at some point.

私たちのするタイプのアドバイスは、お金では決して手に入らない。というのも、そんなアドバイスをする資格がある人は、既に金持ちだからだ。そんなアドバイスは投資家からしか得られないだろう。
The kind of advice we give literally can't be bought, because anyone qualified to give it is already rich. You can only get it from investors.


方式
Format

Y Combinatorではシードファンディングに「時期を区切って資金を提供する」という新たなアプローチをしている。毎年2回あり、1回目は1月から3月までで、2回目は6月から8月までだ。各期間中、複数のベンチャーに資金を提供する。私たちは今まで、延べ208社に資金を提供した。
Y Combinator has a novel approach to seed funding: we fund startups in batches. There are two each year, one from January through March and one from June through August. During each cycle we fund multiple startups. We've funded a total of 208 so far.

またY Combinatorでは、申し込む方法も違う。ビジネスプランを提出したり、プレゼンのスライドを作るのではなく、申込みフォームを埋めるだけだ。非常に見込みのありそうなグループを面接に呼び、その後すぐに資金を提供するか決める。
Applying for funding is also different at Y Combinator. Instead of submitting a business plan or making a slide presentation, you just fill out an application form. We invite the most promising groups to meet us in person, and we make funding decisions immediately afterward.

資金を提供するベンチャー起業家の大部分は、3カ月の期間中、西海岸に引っ越すよう求められる。その3カ月間、私たちはY Combinatorにおいて週に一回の夕食会を開き、ベンチャーの何らかの専門家にスピーチをお願いする。通常、スピーチする人は大きなハイテク・ベンチャー企業の創業者、ベンチャー投資家、弁護士、会計士、ジャーナリスト、証券引受業者、重役だ。スピーチする人が結果的に、夕食で会うベンチャーにアドバイスしたり、投資することもよくある。
Most of the founders in each startup we fund are expected to move to the Bay Area for the duration of the three month cycle. During those three months we host a dinner once a week at Y Combinator, and at each dinner we invite an expert in some aspect of startups to speak. Typically speakers include startup founders, venture capitalists, lawyers, accountants, journalists, investment bankers, and executives from big technology companies. Speakers often end up advising or investing in startups they meet at the dinners.

だいたい10週間以内に、各ベンチャーと投資してくれそうな投資家と引き合わせる「投資デー」を開催する。ほとんどのグループは10週間もあれば、なるほどと思わせるプロトタイプを作るのに十分だ。多くのグループは実際、10週間以内にローンチする。
About ten weeks in, we host an investor day where all the startups can present to potential investors. Ten weeks turns out to be enough for most groups to create a convincing prototype. In fact, many launch in less than ten weeks.

時としてY Combinatorは、新人の訓練合宿にたとえられるが、本当は正確ではない。多数のベンチャーに資金を提供するし、大多数は参加するために引っ越す必要があるので、そう言われるのだろう。だが似ているのはそこまでで、厳格な管理とは正反対の雰囲気だ。
Y Combinator is occasionally described as a boot camp, but this is not really accurate. We probably get called that because we fund a lot of startups at once, and most have to move to participate. But the similarities end there; the atmosphere is the opposite of regimented.

期間を区切ってベンチャーに資金を提供するのは、普通の方式よりもみんなにとって良いようだ。私たちにとっても効率的だし、ベンチャーにとっても良い。それはたぶん結局のところ、私たちが彼らを助けるのと同じかそれ以上に、互いに助けあうからだろう。
Funding startups in batches works better for everyone than the usual approach. It's more efficient for us, but also better for the startups, who probably end up helping one another at least as much as we help them.

私たちは多くのベンチャーに資金を提供してきたので、Y Combinatorには膨大な「同窓生」の人脈があり、YC仲間の起業家を助ける強い文化がある。バグ取り要員が必要か、どの都市に住むか、ブラウザのバグに関するアドバイス、ある企業へのコネなど、どんな問題であれ、人脈の誰かが支援できる可能性が高い。
Because we fund such large numbers of startups, Y Combinator has a huge "alumni" network, and there's a strong ethos of helping out fellow YC founders. So whatever your problem, whether you need beta testers, a place to stay in another city, advice about a browser bug, or a connection to a particular company, there's a good chance someone in the network can help you.


哲学
Philosophy

私たちは「ハッカーは自分たちの時間の大部分をプログラミングに費やすことができるとき、最も生産的になる」と考えている。目標は、起業家が余計なことに気を取られず、初期のバージョンを集中して作れるような環境を準備することだ。どんなベンチャーでも、最初の数カ月は、最高に生産的なものだ。企業は最初の数カ月で決まる。だからその効果を最大にするためにできることなら、なんであれ良いアイデアだ。
We think hackers are most productive when they can spend most of their time hacking. Our goal is to create an environment where you can focus exclusively on getting an initial version built. In any startup, the first couple months tend to be the most productive of all. Those first months define the company. So anything you can do to maximize their effects is probably a good idea.

多くの起業家が「Y Combinatorでの最初の10週間が、人生でいちばん生産的な時間だった」と言ってくれるので、良い環境を作るのに成功しているのだと思う。
We seem to have succeeded in creating a good environment, because many founders have told us that the first ten weeks of Y Combinator were the most productive period of their lives.

資金を提供するベンチャーには、できるだけ干渉しないようにしている。投資家が時として要求するような、役員会の議席、後のラウンドへの参加権、戦略的な意思決定の上の拒否権、その他の権利を求めない。多くのアドバイスをするが、だれにも強制しない。そもそも独立こそ、人々がベンチャーを起業する理由の一つだとわかっているからだ。また率直に言って、それはベンチャーが成功する理由の1つでもある。投資家は、資金を提供した企業を管理しようとして、しばしばダメにしてしまう。
We try to interfere as little as possible in the startups we fund. We don't want board seats, rights to participate in future rounds, vetoes over strategic decisions, or any of the other powers investors sometimes require. We offer lots of advice, but we can't force anyone to take it. We realize that independence is one of the reasons people want to start startups in the first place. And frankly, it's also one of the reasons startups succeed. Investors who try to control the companies they fund often end up destroying them.

Y Combinatorのファンドにおける一つの具体的な成果は、起業家が望むなら、企業を早期に売却できることだ。つまりもっと多くの資金を得て次のラウンドに進むのではなく、数百万ドルの小さな規模で、自分の企業を売却することも、時として可能ということだ。Googleは初期の買収を好むし、他の企業もますますGoogleのようにすると思っている。
One concrete consequence is that Y Combinator funding lets you sell early, if you want to. It can sometimes make sense to sell yourself when you're small for a few million, rather than take more funding and roll the dice again. Google likes to do early-stage acquisitions, and we expect them to become increasingly common as other companies learn what Google has.

投資家から大金を得ることができるなら、普通、企業家はこの選択肢を選ばない。だが私たちは(その場にいるので)、買収者からの早期の申し込みが、若いハッカーのグループには非常に魅力的に思えることがあると知っている。だから早期に売却したいなら、それでよい。株式公開をするなら、私たちはさらに協力するが、誰にも何かを強制することはない。
If you take a large amount of money from an investor, you usually give up this option. But we realize (having been there) that an early offer from an acquirer can be very tempting for a group of young hackers. So if you want to sell early, that's ok. We'd make more if you went for an IPO, but we're not going to force anyone to do anything they don't want to.

なぜ私たちはこんなに柔軟なのだろうか? 私たちが親切だから、という理由(だけ)ではない。起業がより安価となったため、力のバランスが投資家からハッカーに移りつつあるとわかっているのだ。未来のやり方は、単に最高の取引をハッカーに提案することだと思っている。
Why are we so flexible? Not (just) because we're nice people. We realize that, as it gets cheaper to start a company, the balance of power is shifting from investors to hackers. We think the way of the future is simply to offer hackers the best possible deal.

私たちの目標はシード・ファンディングの便利な資金源となることで、そうなるためには、みんなに行儀良くする必要がある。良いハッカーは皆、互いを知っているので、悪い取引を押し付けられたとグループに感じさせたら、誰も私たちから資金を貰おうとしなくなるだろう。そしてまた、後期段階の投資家(特にベンチャー・キャピタル)は、お互いを知っていることが多い。だから資金を提供した企業を何らかの方法でダメにしたら、将来、誰もそれらの企業に投資したがらなくなるだろう。
Our goal is to be the preferred source of seed funding, and to be that we have to do right by everyone. The good hackers all know one another, so if the groups we fund feel they're getting a bad deal, no one will want funding from us in the future. And later stage investors (especially VCs) also tend to know one another, so if the companies we seed end up being broken in any way, no one will want to invest in them in the future.

私たちが資金を提供したベンチャーと、次のラウンドの投資家は、どちらも満足しているようなので、今までのところ、うまくやっているようだ。
So far we seem to be on track, because both the startups we've funded and their next round of investors seem happy with us.

ベンチャー・ファンディング全般についてもっと知りたい人は、「スタートアップが資金調達する方法」を読んで欲しい。
For more about startup funding generally, see How to Fund a Startup.