ポール・グレアム「Y Combinatorの活動」を翻訳しました。原題はWhat Happens At Y Combinatorで、原文はココです。英語に強い方、コメント欄へのアドバイスをよろしくお願いいたします。

なお翻訳にあたり、翻訳サービスConyacでshewkey様、hiro_hiro様、mkimura様のアドバイスを、twitterでmezamashi様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!!
また百式にはY Combinatorではどういった活動が行われているか?という超訳が存在していました。


Y Combinatorの活動
What Happens At Y Combinator

ポール・グレアム
Paul Graham

2010年9月
September 2010

Y Combinatorでは、3ヶ月間のファンディング・サイクルを年に2回(1月~3月と、6月~8月)、開催している。資金をあげたベンチャー起業家みんなには、企業を最高のものにしてもらうため、そのサイクル中は西海岸に引っ越してもらう。サイクルは、デモ・デーというイベントで終わる。現在、世界でもトップクラスのベンチャー投資家が、あらかた来ている聴衆を前にベンチャーがプレゼンする日だ。
Y Combinator runs two three-month funding cycles a year, one from January through March and one from June through August. We ask the founders of each startup we fund to move to the Bay Area for the duration of their cycle, during which we work intensively with them to get the company into the best shape possible. Each cycle culminates in an event called Demo Day, at which the startups present to an audience that now includes most of the world's top startup investors.

夕食会
Dinners
私たちはY Combinatorのサイクル中、週一の夕食会を主催し、ベンチャー業界の有名人に講演を依頼する。このイベントは半日がかりだから「夕食会」と言うのは、ちょっと誤解をさせてしまうだろう。
During each cycle we host a dinner once a week at Y Combinator and invite some eminent person from the startup world to speak. It's a bit misleading to call these events "dinners" though, because they last half a day.

夕方6時ごろに、みんな夕食会に集まり始める。私たちは起業家に「夕食会は小規模なデモ・デーのようなものだから、自分たちの今週の成果を私たちやお互いに見せるために、ノートパソコンかモバイル機器を持ってきて欲しい」と言っている。この毎週の締切が、みんなに見せるものを完成させなきゃというプレッシャーになるようだ。
People start to show up for dinners around 6 pm. We encourage founders to treat each dinner as a mini Demo Day and bring laptops or mobile devices to show each other and us what they've built that week. We've found these weekly deadlines tend to push people to finish things in order to show them off.

起業家にとって夕食会前の時間はお互いに、あるいは私たちと、ざっくばらんに話せる時間だ。夕食会自体は7時15分ごろから始まる。Y Combinatorメンバーの建築家、ケイト・コーがデザインした白い長テーブルで一緒に食べる。通常は主賓席のないオックスフォード大学の大食堂の現代版、といった雰囲気だ。[1]
The time before dinner is a chance for founders to talk to one another and to us in an unstructured way. Dinner itself happens around 7:15. Everyone eats together at long white tables designed by our architect Kate Courteau. The general atmos is like a modernist version of an Oxford college dining hall, but without a high table. [1]

講演者はたいてい7時前に現れ、夕食前に起業家たちと気軽に話す。講演はデザート後から始まる。講演者の多くは成功したベンチャー起業家で、講演は普通、自分のベンチャーに起きた裏話だ。ベンチャーの裏話はほとんど、後に公にされるものより刺激的なので、録音を厳しく禁止して講演者に安心してもらう。Y Combinatorができてから長年がたち、講演者の大部分と私たちは個人的な繋がりがあるので、講演者は「話しても漏れない」と信じ、マスコミには秘密の話をいっぱい話してくれる。
The speaker usually shows up before 7 and talks informally with the founders before dinner. The actual talk happens over dessert. Most speakers are successful startup founders, and the talks are usually about the inside story of what happened in their startup(s). Talks are strictly off the record to encourage candor, because the inside story of most startups is more colorful than the one presented later to the public. Because YC has been around so long and we have personal relationships with most of the speakers, they trust that what they say won't get out and tell us a lot of medium-secret stuff.

私はY Combinatorでのオフレコの夕食会の講演と、起業スクールの記録を比べたときに、もっと公的なイベントでは、どれほど講演者が自己検閲をするものなのか、はじめてはっきり気づいた。Y Combinatorの夕食会の講演のほうがはるかに役に立つ。というのも、もっと公的な講演では話さないような詳細こそ、いちばん面白いことがよくあるからだ。私は有名なベンチャーの面白い話のうち、だいたい半分をY Combinatorの夕食会で知った。
I didn't consciously realize how much speakers at more public events censored themselves till I was able to compare the same people speaking off the record at YC dinners and on the record at Startup School. YC dinner talks are much more useful, because the details people omit in more public talks tend to be the most interesting parts of their stories. About half the interesting things I know about famous startups, I learned at YC dinners.

ある起業家は次のように書いた。
One founder wrote:
実践的なアドバイスの大部分は、他でも聞いたような話ですが、同じ話をいろんな角度から何度も聞くだけでも、特に有名人から聞くと、より吸収できますので貴重です。ですが話は、特に失敗については美化されがちです。これが録音禁止の真のメリットです。成功したベンチャーがその過程でどんな失敗をしたのか、ありのまま聞けるのです。

Most of the practical advice is redundant, but there's value in it even as such―if you hear the same things over and over again from different angles, especially from prominent people, it tends to sink in more. The stories tend to be galvanizing though, especially hearing about the screw ups. That's the actual beauty in the off-the-record-ness: you hear just how screwed up most of these successful startups were on the way up.

残念ながら、数年間のYCの講演記録が、それを聞いた起業家たちの記憶とメモにしかない。そのサイクルにいた起業家の集団とわずかなYC出身者のゲストしか講演を聞けないのは非効率だとも思う。この問題についてしょっちゅう考えるのだが、うまい方法が見つからない。講演をブロードキャストや録音をしたら、講演者は口を閉ざしてしまうだろう。
It's a shame the only record of all the YC talks over the years is in the memories and notes of founders who heard them. It seems inefficient that only the founders in that specific batch and a handful of alumni guests get to hear each talk. We often think about this problem but there seems no way around it. If we broadcast or even recorded the talks, the speakers would clam up.

スピーチは、通常とても活発な質疑応答の時間で幕となる。その後はみんな立ち上がり、夕食前と同様に、気軽な小集団に分かれる。ほとんどの講演者は、歩きまわって起業家と個別に話す。私たちは講演者を、特に話したがっている人に紹介することにしている。起業家と講演者は「あとでもっと話したい」と、ときどき連絡先を交換する。だがベンチャーにアドバイスする義務が講演者にあるわけではない。それはボーナスにすぎない。エンジェル・デーの後でもベンチャーは私たちの多くやYC出身者、個人投資家からアドバイスを受けられる。
Talks end with a period of usually quite intense Q&A, after which everyone gets up and breaks into smaller informal groups, like before dinner. Nearly all speakers hang around for a while, talking to individual founders. We make a point of introducing speakers to those who particularly want to talk to them. Sometimes founders and speakers exchange contact info to talk more later. But the speakers are not the people responsible for advising the startups. They're just an added bonus. The startups are advised mostly by us, and also by alumni and by angel investors after Angel Day.


オフィス・アワー