ポール・グレアム「スタートアップ・ハブが成功している理由」を翻訳しました。なお翻訳にあたりtamo様、hkamis様のアドバイスをいただいております。ありがとうございます!!


スタートアップ・ハブが成功している理由

Why Startup Hubs Work

2011年10月
October 2011

アメリカの都市を人口順に並べたリストを見ると、同じ人数あたりの成功したベンチャーの人数は大きく異なる。まるで多くの都市には「ベンチャー殺虫剤」が撒かれているみたいだ。
If you look at a list of US cities sorted by population, the number of successful startups per capita varies by orders of magnitude. Somehow it's as if most places were sprayed with startupicide.

このことについて、私は何年も考えた。そして私は「普通の街は、起業したいと思う人にとってゴキブリホイホイなのだ」と考えるようになった。賢くて野心を抱く人々が入っていくのに、ベンチャーが出てこない。だが私は、ゴキブリホイホイの中で何が起きているのか、つまり何がベンチャーの生まれる可能性を摘み取っているのか、正確には突き止めることができずにいた。[1]
I wondered about this for years. I could see the average town was like a roach motel for startup ambitions: smart, ambitious people went in, but no startups came out. But I was never able to figure out exactly what happened inside the motel—exactly what was killing all the potential startups. [1]

数週間前、ついにわかった。質問の仕方を間違えていたのだ。「ほとんどの町がベンチャーを殺してしまう」という問題ではなかった。ベンチャーは死ぬのがデフォルトであり、多くの街はそれを見殺しにしているのだ。ほとんどの場所にベンチャー殺虫剤が撒かれていると考えるのではなく、ベンチャーはすべて毒に侵されており、わずかな場所に解毒剤が撒かれていると考えるのが正しい。
A couple weeks ago I finally figured it out. I was framing the question wrong. The problem is not that most towns kill startups. It's that death is the default for startups, and most towns don't save them. Instead of thinking of most places as being sprayed with startupicide, it's more accurate to think of startups as all being poisoned, and a few places being sprayed with the antidote.

シリコン・バレー以外で起業すると、ベンチャーが普通することを単にしているだけでは失敗する。シリコン・バレーのような場所では、何がベンチャーを救っているのかを問うべきだったのだ。[2]
Startups in other places are just doing what startups naturally do: fail. The real question is, what's saving startups in places like Silicon Valley? [2]


環境
Environment

解毒剤には2つの成分があると私は思う。ベンチャーの起業がクールだと思われる場所であることと、起業家を助けてくれる人に出会えるチャンスだ。どちらも、起業家のまわりにいる起業家の人数に依存する。
I think there are two components to the antidote: being in a place where startups are the cool thing to do, and chance meetings with people who can help you. And what drives them both is the number of startup people around you.

最初の成分は、ベンチャーのサイクルの初期、つまり起業家が起業したいと思っているだけの状態から実際に起業するまでの時期に、特に役立つ。起業は完全な冒険で、そんなことをするのは異常だ。だがシリコン・バレーでは、それが正常に見えるのだ。[3]
The first component is particularly helpful in the first stage of a startup's life, when you go from merely having an interest in starting a company to actually doing it. It's quite a leap to start a startup. It's an unusual thing to do. But in Silicon Valley it seems normal. [3]

ほとんどの場所では起業をしても、まるで失業中であるかのような目で見られる。シリコン・バレーの人々だって、起業中というだけで感心してくれるわけではないが、注意はしてくれる。ある程度、シリコン・バレーで過ごした人ならみんな、ここではどんなに経験がなく、最初のアイデアがどんなにダメそうに見えても、最初から疑いの目で見られることはないと知っている。ダメなアイデアを持つ経験のない起業家が、数年後に億万長者になったのを、みんな見ているからだ。
In most places, if you start a startup, people treat you as if you're unemployed. People in the Valley aren't automatically impressed with you just because you're starting a company, but they pay attention. Anyone who's been here any amount of time knows not to default to skepticism, no matter how inexperienced you seem or how unpromising your idea sounds at first, because they've all seen inexperienced founders with unpromising sounding ideas who a few years later were billionaires.

周囲の人が自分のすることに興味を持ってくれることは、たいへん強い力になる。すごく意志の強い人でさえ、周囲の関心を気にする。Y Combinatorを始めて一年後、有名なベンチャー投資会社のパートナーと話しているとき、私が新たに起業しようと考えているのだと誤解させてしまった。彼があまりに熱心に話を聞いてくれるので、私は一瞬本気で「もう一度、起業しようかな」と思ってしまったくらいだ。
Having people around you care about what you're doing is an extraordinarily powerful force. Even the most willful people are susceptible to it. About a year after we started Y Combinator I said something to a partner at a well known VC firm that gave him the (mistaken) impression I was considering starting another startup. He responded so eagerly that for about half a second I found myself considering doing it.

ほとんどの他の都市では、ベンチャーを起業するという夢には、まるで現実味がない。シリコン・バレーでは起業が現実的なだけではなく、起業した方がクールなのだ。気軽に起業してしまうので、起業すべきでない人も、確かにたくさん起業している。だが、それでもいいんじゃないか。ベンチャーの起業に向いている人はごくわずかで、誰に適性があるかを事前に予測するのは、たいへん難しい(私はそれを事前に予測しようとするのが仕事なので、その難しさがいやというほどわかっている)。だからおそらく、起業すべきではない多くの人も起業するくらいで、ちょうどいいのだろう。人生で失敗してもいい時期にいるなら、ベンチャーの起業に向いているかどうかを調べる最高の方法は、起業してみることだ。
In most other cities, the prospect of starting a startup just doesn't seem real. In the Valley it's not only real but fashionable. That no doubt causes a lot of people to start startups who shouldn't. But I think that's ok. Few people are suited to running a startup, and it's very hard to predict beforehand which are (as I know all too well from being in the business of trying to predict beforehand), so lots of people starting startups who shouldn't is probably the optimal state of affairs. As long as you're at a point in your life when you can bear the risk of failure, the best way to find out if you're suited to running a startup is to try it.


チャンス
Chance

解毒剤の2番目の成分は、起業家を助けてくれる人にたまたま出会える可能性だ。この効果はどちらの時期にも効く。「起業したい→起業する」時期と、「起業した→成功する」時期だ。偶然の出会いの力は、起業に関心ある隣人の力よりも流動的で、みんなに等しく作用する背景放射のようでありながら、強い時はものすごく強い。
The second component of the antidote is chance meetings with people who can help you. This force works in both phases: both in the transition from the desire to start a startup to starting one, and the transition from starting a company to succeeding. The power of chance meetings is more variable than people around you caring about startups, which is like a sort of background radiation that affects everyone equally, but at its strongest it is far stronger.

偶然の出会いによって、起業直後によく起きる災難が奇跡のように解決してしまう。シリコン・バレーでは恐ろしい事態がしょっちゅうベンチャーに起こるが、これはどこでも同じことだ。ベンチャーがシリコン・バレーでは成功する見込みがあるのは、すごくいいことも起こるからだ。シリコンバレーの稲妻には符号ビットがあり、プラスにもマイナスにもなりうる。
Chance meetings produce miracles to compensate for the disasters that characteristically befall startups. In the Valley, terrible things happen to startups all the time, just like they do to startups everywhere. The reason startups are more likely to make it here is that great things happen to them too. In the Valley, lightning has a sign bit.

例えば誰かが、大学生向けのサイトを作ろうと考えて、その仕事をするために夏の間、シリコン・バレーに行くと決める。すると、とあるパロアルトの郊外の道で、偶然ショーン・パーカー(訳注:ナップスター、Plaxo、Causesの共同創立者。Facebookの経営にも関わる。映画「ソーシャル・ネットワーク」にも出てくる人)に会う。彼自身が同じようなベンチャーを始めたので、この分野を実際によく理解しており、さらに投資者をすべて知っている。さらに彼は2004年の時点から、起業家が自分の会社で経営の主導権を握るべきだという高い見識を持っている。
For example, you start a site for college students and you decide to move to the Valley for the summer to work on it. And then on a random suburban street in Palo Alto you happen to run into Sean Parker, who understands the domain really well because he started a similar startup himself, and also knows all the investors. And moreover has advanced views, for 2004, on founders retaining control of their companies.

どんな奇跡が起きるかをはっきり言うことはできないし、奇跡が起きるとも断言できない。言えるのは、スタートアップ・ハブにいれば、特にあなたがそれに値するのなら、予期せぬ良いことが起きるだろう、ってことくらいだ。
You can't say precisely what the miracle will be, or even for sure that one will happen. The best one can say is: if you're in a startup hub, unexpected good things will probably happen to you, especially if you deserve them.

これは、私たちが資金を提供しているベンチャーにさえ当てはまると思う。私たちはそのような奇跡を偶然ではなく、意図的に起こすために働いているのだが、シリコン・バレーでの偶然の出会いはあまりに多く、私たちが提供できる出会いの回数を、有意に増やしてくれる。
I bet this is true even for startups we fund. Even with us working to make things happen for them on purpose rather than by accident, the frequency of helpful chance meetings in the Valley is so high that it's still a significant increment on what we can deliver.

偶然の出会いは、アイデアが湧くときにリラックスが果たす役割と同じ役割をする。ほとんどの人には、ある問題を熱心に取り組み、解決できずにあきらめ、床につき、次の日、シャワーを浴びていると答えがひらめいたことがあるだろう。答えを得られたのは、思考をちょっと漂わせることで、前の晩に進んでいた間違った道から、隣の正しい道へとたどり着いたからだ。
Chance meetings play a role like the role relaxation plays in having ideas. Most people have had the experience of working hard on some problem, not being able to solve it, giving up and going to bed, and then thinking of the answer in the shower in the morning. What makes the answer appear is letting your thoughts drift a bit—and thus drift off the wrong path you'd been pursuing last night and onto the right one adjacent to it.

シャワーを浴びているときに思考が漂うように、偶然の出会いは知りあいの間を漂う。どちらも適度に漂わせることが重要だ。ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンの出会いは良い例だ。二人は交際範囲をずらした。ただし、少しだけだ。それによって多くの共通点を持つ相方と出会った。
Chance meetings let your acquaintance drift in the same way taking a shower lets your thoughts drift. The critical thing in both cases is that they drift just the right amount. The meeting between Larry Page and Sergey Brin was a good example. They let their acquaintance drift, but only a little; they were both meeting someone they had a lot in common with.

ラリー・ペイジにとって、解毒剤の最も重要な成分はサーゲイ・ブリンで、逆も真だった。こそが解毒剤なんだ。シリコン・バレーが成功しているのは、インフラや天候といった物理的なもののおかげじゃない。そうしたものは始まりの役には立ったが、反応が持続するようになった今では、そうしているのは人間だ。
For Larry Page the most important component of the antidote was Sergey Brin, and vice versa. The antidote is people. It's not the physical infrastructure of Silicon Valley that makes it work, or the weather, or anything like that. Those helped get it started, but now that the reaction is self-sustaining what drives it is the people.

スタートアップ・ハブを見ている多くの人が気づいた最大の特徴は、人々が見返りなしでお互いによく助け合うことだ。どうしてそうするのかは分からない。ベンチャーの起業は多くの業界よりもゼロサム・ゲーム的ではないからかもしれない-ベンチャーがライバルに潰されることはめったにない。あるいは、多くのベンチャー起業家は科学を学んだことがあるが、科学では協力が奨励されるからかもしれない。
Many observers have noticed that one of the most distinctive things about startup hubs is the degree to which people help one another out, with no expectation of getting anything in return. I'm not sure why this is so. Perhaps it's because startups are less of a zero sum game than most types of business; they are rarely killed by competitors. Or perhaps it's because so many startup founders have backgrounds in the sciences, where collaboration is encouraged.

Y Combinatorの仕事の大半は、協力の輪のプロセスを加速することだ。私たちはシリコン・バレーの中のシリコン・バレーみたいなもので、ベンチャーに取り組む人々の密度と、互いに助け合う熱意は、どちらも人為的に増幅されている。
A large part of YC's function is to accelerate that process. We're a sort of Valley within the Valley, where the density of people working on startups and their willingness to help one another are both artificially amplified.



Numbers

ベンチャーを促進する環境と、起業家を助ける人々との偶然の出会いという、解毒剤のどちらの成分も、「周囲にいる起業家の数」という、同じ理由から有効になっている。スタートアップ・ハブを作るなら、「ベンチャーを起業したい」と考える大勢の人々が必要だ。
Both components of the antidote—an environment that encourages startups, and chance meetings with people who help you—are driven by the same underlying cause: the number of startup people around you. To make a startup hub, you need a lot of people interested in startups.

理由は3つある。1番目はあたりまえだが、十分な密度がなければ偶然の出会いは起きないからだ。[4] 2番目は、ベンチャーによって必要なものが異なるので、それぞれのベンチャーがいちばん必要とするものを提供する、多くの人々が必要となるからだ。ショーン・パーカーはFacebookが2004年にまさに必要とした人だった。あるベンチャーはデータベースの達人、別のベンチャーは映画業界へのコネを持つ人を必要とするかもしれない。
There are three reasons. The first, obviously, is that if you don't have enough density, the chance meetings don't happen. [4] The second is that different startups need such different things, so you need a lot of people to supply each startup with what they need most. Sean Parker was exactly what Facebook needed in 2004. Another startup might have needed a database guy, or someone with connections in the movie business.

これが、私たちがこれほど多くの企業に資金を提供する理由の1つだ。コミュニティーが大きくなるほど、誰かがいちばん必要とするものを、同じコミュニティーの誰かが持っている可能性が高くなる。
This is one of the reasons we fund such a large number of companies, incidentally. The bigger the community, the greater the chance it will contain the person who has that one thing you need most.

スタートアップ・ハブを作るために多くの人々が必要な3番目の理由は、起業に興味を持つ人たちが周りに十分、集まると、彼らが社会のルールを作り始める、ということだ。普通なら野心的すぎると思われるようなことを奨励する雰囲気ができれば特に良い。ほとんどの場所では、雰囲気によって平凡なほうに引っぱられてしまう。
The third reason you need a lot of people to make a startup hub is that once you have enough people interested in the same problem, they start to set the social norms. And it is a particularly valuable thing when the atmosphere around you encourages you to do something that would otherwise seem too ambitious. In most places the atmosphere pulls you back toward the mean.

数日前、私は飛行機で西海岸に戻った。谷の上を飛んでいるときに、私はいつも「ここでは何かが起きている」と感じることができる。繁栄の度合いは外から見ればわかるというのはあたりまえだ。だが栄え方にもいろいろある。シリコン・バレーはボストン、ニューヨーク、ロサンジェルス、ワシントンD.Cのようには見えない。シリコン・バレーが放つものを言い表すために、どんな言葉がいいだろうか? と私は自問した。心に浮かんだのは「楽天的」という言葉だった。
I flew into the Bay Area a few days ago. I notice this every time I fly over the Valley: somehow you can sense something is going on. Obviously you can sense prosperity in how well kept a place looks. But there are different kinds of prosperity. Silicon Valley doesn't look like Boston, or New York, or LA, or DC. I tried asking myself what word I'd use to describe the feeling the Valley radiated, and the word that came to mind was optimism.


注釈
Notes

[1] 限られた都市でしかベンチャーは成功できない、と言ってるのではない。より困難だと言っているのだ。モチベーションの維持がすごく上手ければ、外部からの支援なしでも生き残れるだろう。Wufooはタンパに本社を置いて成功した。だがWufoosの人たちは特別に鍛えられていた。
[1] I'm not saying it's impossible to succeed in a city with few other startups, just harder. If you're sufficiently good at generating your own morale, you can survive without external encouragement. Wufoo was based in Tampa and they succeeded. But the Wufoos are exceptionally disciplined.

[2] 付け加えるなら、この現象はベンチャーの起業に限らない。とても異常な野心は、そのような野心をもっている人にぴったりのコミュニティーを見つけなければ失敗する。
[2] Incidentally, this phenomenon is not limited to startups. Most unusual ambitions fail, unless the person who has them manages to find the right sort of community.

[3] 会社の設立は一般的だが、ベンチャーの起業はめったにない。この2つの違いについては別のところで述べたが、ベンチャーの起業は本質的に、スケールするようにデザインされた新しい事業だ。ほとんどの新しい事業はサービス業だが、まれな例外を除いては、それらはスケールしない。
[3] Starting a company is common, but starting a startup is rare. I've talked about the distinction between the two elsewhere, but essentially a startup is a new business designed for scale. Most new businesses are service businesses and except in rare cases those don't scale.

[4] これを書いているとき、私はシリコン・バレーにおけるベンチャー起業家の人口密度の高さを知る機会に出会った。「オレン・フムス」で絶品のランチを食べるために、ジェシカと私は自転車に乗ってパロアルトの大学通りを走った。店の中を歩くと、ドアの近くに座っていたチャーリー・チーバ(Quora社の共同設立者、Facebookの元社員)に会った。セリナ・トバコワラ(サーベイ・モンキー社の技術部門副社長)が、出口で立ち止まって挨拶してくれた。ジョシュ・ウィルソンが持ち帰りの弁当を取りにやってきた。昼食後に、私たちはフローズン・ヨーグルトを食べに行った。その途中でラジャ・スーリに会った。ヨーグルト売り場に到着したら、デイブ・シェンがいた。外を歩いていると、ユーリ・サガロフに出会った。1ブロックほどいっしょに歩いた。その後、私たちはムザミル・ザベリ、そしてそして次のブロックでオーディン・センクに会った。これがパロアルトでの日常だ。私は人々に会おうとしていたわけじゃない。単に昼食を食べようとしていただけだった。また私の思うに、確かに会ったことはあるのだが覚えていない人が5人以上はいた。もし私たちのそばにロン・コンウェーがいれば、彼は30人の知人と会っていただろう。
[4] As I was writing this, I had a demonstration of the density of startup people in the Valley. Jessica and I bicycled to University Ave in Palo Alto to have lunch at the fabulous Oren's Hummus. As we walked in, we met Charlie Cheever sitting near the door. Selina Tobaccowala stopped to say hello on her way out. Then Josh Wilson came in to pick up a take out order. After lunch we went to get frozen yogurt. On the way we met Rajat Suri. When we got to the yogurt place, we found Dave Shen there, and as we walked out we ran into Yuri Sagalov. We walked with him for a block or so and we ran into Muzzammil Zaveri, and then a block later we met Aydin Senkut. This is everyday life in Palo Alto. I wasn't trying to meet people; I was just having lunch. And I'm sure for every startup founder or investor I saw that I knew, there were 5 more I didn't. If Ron Conway had been with us he would have met 30 people he knew.


この原稿を読んでくれたサム・アルトマン、ポール・ポール・ブッフハイト、ジェシカ・リヴィングストン、ハージ・タガーに感謝する。
Thanks to Sam Altman, Paul Buchheit, Jessica Livingston, and Harj Taggar for reading drafts of this.