書評

B美のコンピュータ本案内 第4回 「7つの言語 7つの世界」

























B美のコンピュータ本案内 第3回 「ヴィクトリア朝時代のインターネット」

























B美のコンピュータ本案内 第2回 「アジャイルサムライ -達人開発者への道-」





































B美のコンピュータ本案内 第1回 「グーグル ネット覇者の真実」



















福満ヒロユキ「メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!」


福満ヒロユキ「メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!」



メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!

  • 福満ヒロユキ
  • 同文館出版
  • 1680円
Amazonで購入
書評



あなたが小さな組織だったとして、自分の製品を宣伝したい。

もちろん大金をかけられるのであれば、広告にお金をかけてもいいのですが、そんなお金はないし、最近、広告の効果も落ちて来てるようだしなぁ・・・。
なんとか注目されて、マスコミがタダで宣伝してくれないものか。

で、そう考える人たちが頼るのが・・・プレリリース。

つまり、新聞者やテレビ局などに「こんどうちの組織では、こういうことを始めます。ぜひ取材してください」とお願いするメールやFaxです。
広告との違いは、「あくまで取材のネタを提供するだけであり、記事は向こうが好きに書く自由がある」ということです。

コツで感心したことをいくつか。

プレリリースを書くにあたり、最初に整理するのは
 ・価格 ・機能 ・内容 については
ではない、ということ。(p.26)

 ・誰が ・どういった想いで ・誰のために
生み出した商品なのか、を整理するのが先、というのは、なるほどと思いました。
商品を開発するきっかけや、商品開発の苦労などのほうが、物語になりやすいからです。

また、プレリリースのターゲットは「一般人ではなく、記者や番組制作者だ」というのは、なるほどです。
ですので、たとえばテレビ局に送るときは、「実際に○○を製造する工程を撮影していただくことが可能です」とか、
あるいはもっと積極的に、「実際の映像をYoutubeで用意しておりますので、こちらよりご覧いただけます」とすればよい(pp.98-99)
というのも、なるほどでした。

また、Faxやメールを書きあげたとして、メディアには面倒でも、毎回、電話をしたほうがいい、というのも納得でした。
というのも、向こうはプレリリースに慣れているので、
たとえば新聞社でしたら、「このネタは社会面より経済面が良い」など、適切な部署を知っているからです。

もちろん、向こうにちゃんと判断してもらうには、自分の記事を10秒くらいで的確に説明する必要がありますので、
電話する前にあらかじめまとめておけ、というのも、実践的なアドバイスだと思います。




宮崎正弘「ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢」



ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢

  • 宮崎正弘
  • 並木書房
  • 1470円
Amazonで購入
書評




宮崎正弘「ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢」




アメリカの外交文書を暴露するサイト、ウィキリークス


中国がチベットを弾圧するために、ネパールの国境警備隊を買収し、ネパール経由でインドに逃亡するチベット人を拘束させた話など(p.55)、過去に起きたさまざまな事件を1つ1つ列挙しています。




著者の宮崎正弘は、著者のHPによれば「国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やルポルタージュに定評があり、同時に中国ウォッチャーの第一人者として健筆を振るう」ということですが、ホントにそんな感じです。




「円高は仕掛けられた」(p.90)とか、「資本主義の権化のようなアメリカが社会主義化する可能性はあるのか? ある。そもそもアメリカはピューリタン革命のもたらした余波による理想主義を追求して建国された国で、要はキリスト教原理主義、人類の目標を公平・公正に置く国ではないか」といった主旨の主張(p.108)などは、面白かったです。




ですがロシアだのフォークランドだのキルギスだのについての裏話は、そもそもよく知らないので、こんな秘密が暴露されたと言われても、いまいち興味が持てなかったです。




宮崎正弘が世界情勢に詳しすぎたのが、かえって災いだったのかも。ウィキリークスが現代社会に及ぼす影響といった、広い視点からの考察を、もっと読みたかったです。でもまあ、そんな本は、おそらく他の人が書いてくれるのでしょう。ですので、国際情勢に詳しい人や、ウィキリークスが今まで具体的にどんな文書を暴いてきたかに興味がある人に向いている本です。




現代仏像研究委員会「The Quest For History 仏像イラストガイド」


現代仏像研究委員会「The Quest For History 仏像イラストガイド」



The Quest For History 仏像イラストガイド

  • 現代仏像研究委員会
  • カンゼン
  • 1785円
Amazonで購入
書評





突然ですが仏教クイズ。ぱふぱふ。





[問1] お釈迦さまはどこにいるか。


[問2] 仏像は、位の高さによって大きく「天 如来 明王 菩薩」に分けられます。これらを位の高い順に並べなさい。


[問3] 「如来」はお釈迦様以外にもいる。YesかNoか。


[問4] お釈迦様に性別はない。YesかNoか。


[問5] この世のあらゆるもの(お釈迦様も含む)はこの化身、というほどスーパーな存在は何か。







































































[答1] 涅槃。(現世にはいない)


[答2] 如来(悟ったヽ(^▽^)ノ)  >  菩薩(修行中 (^-^;) )  >  明王(怒りで人々を救うぜ! 凸(▼▼メ) )  >  天 (ただの仏神です・・・ (^ ^;)ゞ)


[答3] No。阿弥陀如来、弥勒如来、薬師如来、毘盧遮那如来、大日如来、阿しゅく如来、宝生如来、不空成就如来、多宝如来(+過去七仏?)などいっぱい。


[答4] Yes。性別を超越したものとされている。ただ天クラスになると性別があるものもいる。(例: 吉祥天)


[答5] 大日如来







































































けっこう知らなかったんだなあ・・・と思わされます。


日光菩薩・月光菩薩 (水戸黄門の横にいる助さん角さんみたいに、薬師如来の両脇にいる)なんて、その存在すらはじめて知りました。


イラストも、それぞれ神々しかったり、怖かったり、キモかったり(p.111の歓喜天、おまえのことだぁっ!!)、神仏にもそれぞれ個性があるのだと思い知らされます。


すこし残念だったのは・・・いや、61体もあるから仕方ないとは思いますよ・・・各神仏のイラストが、19人のイラストレーターにそれぞれ分担させたため、統一感がまったくないことです。油絵調、水彩画調、アニメ調と入り乱れ、タッチもさまざまですので、図鑑的な意味合いは、だいぶ薄れています。でもまあ、神仏なんて心の中にいるものさ!




ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」


ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」



シンプルに生きる

  • ドミニックローホー
  • 幻冬舎
  • 1000円
Amazonで購入
書評


ほとんどの現代人は

 もっと痩せたい?・・・・・Yes!
 もっと時間が欲しい?・・・Yes!
 もっと健康的な食事をしたい?・・・Yes!

と答えるのではないでしょうか。

さて、それではもう一つ、たぶんみんながYesと答えたくなる質問を。

「物を減らして、もっと部屋をシンプルにしたい?」

で、これはそんなあなたが、どうせ読んだだけで実践はしないのだろうなあと、自分でも薄々わかりつつ、でもいつか自分も部屋を片付けるぞ、と決意を新たにするために読む本です。つまり普通の「シンプル本」です。

自分はけっこうそのテの本を読んだほうだと思いますので、ここでは他の本ではあまり書いていないか、自分の印象に残ったところだけ書きます。

「ハンドバックには本来、口紅一本と身分証明書、そしてお札一枚が入っていれば十分です」(p.25)
・・・つまり女性にとって口紅って、お金や身分証明書に匹敵するような、そんな大事なものなんですね? へー。

住民ひとりあたりの所有物の平均は、モンゴルで三〇〇個、日本で六〇〇〇個だったそうです。(p.28)
・・・ちなみに昔、自分が家の中のものをすべて覚えて、家のものの数を349個に減らしたときの話を思い出しますな。ああ、もちろんギークハウス西日暮里に住む今ではまた、増えてしまっていますよ。

日常生活に儀式を取り入れる(p.94)
儀式という意識をもってのぞむと、食事やなにげない会話、家事などにも、特別な意味をもたせることができます。
朝飲むコーヒーの最初の一口や、化粧をする時間、午後のショッピング、まえから欲しかったものをいよいよ購入するとき。(中略)
こうした生活の一コマ一コマを、決まった儀式としてとらえなおしてはいかがでしょう。

聞く耳を持つ(p.154)
相手に対して親切な言葉がかけられないときの黄金律は「なにも言わないこと」です。自分が相手に敬意と思いやりをもち、相手のことを大切に思って対応していることが伝わればそれでいいのです。


しかし読んでいていちばん驚いたのは、pp.133「ネイルケア」。シンプル・ライフを提唱している本なのに、なぜだか爪に関しては「爪の手入れを怠らないようにしましょう」「自分でネイルケアをするときは、可愛い爪に身も心も捧げるつもりで(←原文も太字だった)取り組むこと!」 として、次のページに「ドミニック流・シンプル美容術 ○○○ネイルケア○○○」が載っているのですが・・・。


 1 爪やすりをかけます
 2 甘皮にオイルを塗り、ボウルのお湯に15分間指を浸します
 3 柘植の楊枝に自分のお気に入りのオイルをつけ、甘皮を押し上げます。
 4 爪やすりの磨き面で爪の表面を磨きます
 5 オイルで爪の根元の部分を重点的にマッサージします
 6 ティッシュペーパーで、余分なオイルをふき取ります(コットンは毛羽立つのでおすすめできません)
 7 ネイルベースを1~2回重ねて塗り、カラーマニキュアをその上から重ねます(うまく塗れば1週間はもち、おまけに爪を保護してくれます)
 8 皮ふが硬くなり、たこができているようなところは、乾いた状態で目の細かいやすりを使って削ります
 9 仕上げにオイルを塗り、浸透させるためにマッサージをしましょう


・・・正直、自分には女はとてもつとまらないと思いました。




米原万里「ロシアは今日も荒れ模様」


米原万里「ロシアは今日も荒れ模様」


ロシア語の通訳として、さまざまな体験をする米原万里ですが、風邪を治すシーンが白眉でした。


ソビエトへの近視矯正手術ツアーに、米原万里は通訳として同行します。近視矯正手術では、角膜のキズに風邪の細菌が入ると失明の可能性があるため、風邪を絶対にひいてはいけないのですが・・・。



 そのひいてはいけない風邪にかかってしまった患者さんがいた。事前検査で喉が赤く腫れ上がっていて、体温が三九度近くまで上昇しているのが分かった。この治療ツアー、モスクワまでの往復の航空運賃、二週間の宿泊費、治療費込みの代金は、一人当たり約一〇〇万円。二週間の休暇だって、日本のサラリーマンにとっては、相当な決意を要するものだろう。今回手術ができないとなると、一〇〇万円も休暇もフイになってしまうのだ。


「何とかしてくれ」


泣きつく患者さんに、眼科研究所の肝っ玉母さん風内科医は、


「一晩で治してみせる」


と豪語したのだった。


抗生物質の錠剤を服用するよう処方箋に書きつけると、


「部屋に戻ったら、蜂蜜をコップに三分の一、それにレモンを一個絞り入れて飲むこと。それから寝る前に、足をお湯で暖めてベッドに直行。熱いミルクにバターを溶かし入れたものを一気に飲んでから寝ること」


 わたしがメモをとるのを確認しながら続けた。


「あとは、ガーゼと油紙と包帯と、それからウォトカを用意すること」


 と述べて、テキパキと説明してくれた。


「皿に注いだウォトカにガーゼ二枚を浸して、火を点けてポッと燃え上がったところですかさず火を消してガーゼ二枚をそれぞれ油紙でしっかりと包み、それを喉とその周囲、それから背中の首の付け根のくぼみのあたりに当てて包帯で巻き付けること。極力急いでやらないと、せっかく暖まったガーゼが冷えてしまいますからね」


 要するに、温湿布をやれということだった。宿舎に戻って、にわか看護婦になったわたしは、女医に言われたとおりにして患者さんにして差し上げた。


 そして、驚くべきことに、翌朝、患者さんの熱は平熱にもどり、喉の腫れも赤みも嘘のように消えていた。完治である。湿布を取り外すときに、もう一度驚いた。油紙の中のガーゼは、取り付けたときとまったく変わらぬ温度を保っていたのだった。(pp.29-30)





塚越悦子「国際結婚一年生」



国際結婚一年生

  • 塚越悦子
  • 主婦の友社
  • 1260円
Amazonで購入
書評




本・マンガ好きなあなたに、本が好き!という書評コミュニティを紹介します。


これは、メンバーに選ばれ、自分のブログで本の感想を書くと約束するならば、献本を受けることができる、というサービスです。




いままで自分のブログに本・マンガの書評を載せたことがある方は、ぜひ参加されるといいですよ。


ちなみに自分の場合、自己ベストの書評、「こういう理解でよろしいか」で会員になることができました。




さて、今回は本が好き!の献本より塚越悦子「国際結婚一年生」というマンガの紹介。沖縄で27歳のユウナは、IT企業に勤務する31歳のロバートとダイビングで出会い、国際結婚します。そして、その後の生活のうち、ことに国際結婚に特有の問題をクロースアップして紹介したマンガです。




読んでいると、なるほど日本人にとって、ここは譲りにくい! という部分が良くわかります。




たとえば・・・




「アメリカ人は子供にジュースやジャンクフードをばんばん与えてしまう。日本人の、ことに母親には気になり、喧嘩になりやすい」




・・・だよねぇ。






「アメリカ人は今を楽しもうとするため、貯金をぜんぜんしない。たとえば子供の大学進学資金は、『子供自身に学生ローンを組ませれば?』という感じで、あるだけ使ってしまう。日本人としてはすごく不安」




・・・ですよねぇ?






「アメリカ人は離婚をそれほど恐れない。『ストレスのある生活を無理に続けるくらいなら、離れたほうがお互いのため』と考える。でも日本人は『子供のために、できるだけ離婚したくない』と考える」




・・・まあそうですよねぇ。




また、けっこうシビアなチェックポイントも、事前に指摘してくれます。たとえば「『日本には絶対、住めない!』と言われたら?」




・・・ホントに日本の文化を尊敬しているのか、と心配になってきます。やっぱり自分の母国の文化を尊重していないような相手では、かなーり不安ですよねえ。




というわけで、国際結婚をしないひとであっても、「おお、こういう観点があったか!」と思う箇所が多くあります。




普通に日本人との結婚を考えている人は、30問のチェックシートを読むと、ちょっとだけうれしくなっちゃうかもしれません。


というのは、




「相手の文化や食習慣についてよく知っているか」


「老後も含め、結婚生活で住む国についての希望は一致しているか」


「あなたがパートナーの国の言葉を話せるか」


「相手が日本語を話せるか」




など、多くの質問で、自動的に満点をゲットできるからです。




記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ