閉経 年齢

閉経になる年齢はどれくらいなんのでしょうか。「閉経」とは、卵巣の機能が衰えてきて月経が終わることです。閉経はおよそ45〜56歳頃に訪れ、閉経の平均年齢は51、52歳です。閉経の10年くらい前から更年期に入ると言われています。つまり40代に入った頃から、更年期による体の不調を感じる人が多くなってくるのです。更年期に入ってからの月経は不順になってきます。周期が短くなったり長くなったり、月経の期間が短くなったり、量が多くなったり、月経が重くなったりと色々と変化が起こるでしょう。

「閉経」を迎えるまで全く異常は無く、今までと変わりなく月経がくる方もいます。人それぞれなので、一概に必ず月経に異常が起こるとは限りませんが、月経が順調な方も50歳前後で「閉経」を迎えることになります。また、月経周期が不規則になった方は「いつ月経がくるのかわからない」状態になってくるようです。「しばらく月経がないな」と思ったら、いきなり月経がきたりするので、自分が閉経になったのか、そうでないのか、なかなか判断が難しいでしょう。

一般的には、「6ヶ月以上月経のない状態」になったら、閉経したと考えてよいとされています。「1年以上月経がない状態」ならば、なお確実です。6ヶ月間、月経が無くても妊娠する可能性はありますので、妊娠を望まないのであれば、閉経したと思われる時期から1年間は避妊を続けた方が良いでしょう。また、「閉経」したと思われた後に、出血が認められた場合は、何か婦人科系の病気の可能性もありますから、早めに婦人科を受診した方がいいでしょう。

更年期