らんちゅう 病気

らんちゅうの病気について。らんちゅうが病気かもしれないと思ったら、泳ぎ方や体の様子も観察してみます。明らかに、ひれが破れていたり、血のような斑点がありませんか?また、うろこが逆立っていたり、落ちていたりしていませんか?さらに、体に白いカビのようなものはついていないでしょうか?このような状態が見られるのであれば、病気かもしれません。病気のらんちゅうには、早期発見の場合に限りますが、0.5%の塩水の中に入れてあげると、効果があります。らんちゅうは、とてもデリケートな生き物です。気温が変われば、水温にも気をつけてあげなければなりません。水槽で飼うのであれば、餌は1日に2回で充分です。餌のあげすぎにも注意します。正しい飼い方で、いつまでも元気に泳ぎ回るらんちゅうでいて欲しいですね。

らんちゅうが死ぬ原因として、外的要因以外で第一にあげられるのは病気です。らんちゅうが掛かるすべての病気が、死にいたると言うわけではありません。病気を発見してから、適切な処置をすれば治る病気もあります。日頃から、らんちゅうをしっかり観察して、いつもと違うところがあれば、注意をする必要があるでしょう。早期発見が大切です。

らんちゅうが死ぬ原因としてあげられる病気には、「白斑病」があります。その名の通り、斑点が体に出来る病気です。最初のうちは、尾にしか斑点はありませんが、徐々に体一面に斑点が出来てきます。口中に斑点が出来始めると、えらの呼吸機能を閉塞して死んでしまいます。この病気になったら、水を浅く張って、日光に充分当てます。しかし、夕方にはふたをします。雨に当てないように注意します。夜も冷やさないようにして、風も当てないようにしましょう。餌は通常通りで大丈夫です。このようにしておけば、次第に治ってきます。

他にも「腹膨れ」があります。この病気は、産卵で産み残した卵がお腹の中で腐ってしまい、起こる病気です。餌をあげる前なのに、お腹が膨れていたら要注意です。それでも餌は普通に食べるので、なかなか発見しづらい場合もあります。早期発見したときは、餌は与えずに、水替えをして糞を出すようにします。肛門を刺激して、糞を出してあげましょう。発見が遅れ、肛門が血走ってくると2日ほどで死んでしまいます。大切ならんちゅうを、死なせないように、長生きさせてあげられるといいですね。