五十肩 治療法

五十肩の治療法について。五十肩の治療法は、主に痛みの治療と肩関節を動かす治療です。五十肩で痛み症状がひどい時の治療法としては、消炎鎮痛薬などの薬を用いて痛みと炎症を軽減することができます。

消炎鎮痛剤は、内服薬や座薬で処方されることが多いでしょう。痛みのピーク時には、医師に薬を処方してもらい、使用することで、痛みを抑えることができます。同じ消炎鎮痛剤でも、副作用の少ない外用薬で治療する場合もあります。消炎鎮痛効果のある薬剤が入った湿布を貼ることで痛みを抑えます。

五十肩の治療法は、痛みをとるだけでなく、肩関節を動くようにする治療も必要です。五十肩の運動制限の症状が現れた時に、肩関節を動かす治療をすることで、五十肩の炎症後の癒着を抑え、運動制限を軽減することができます。

五十肩の時の肩を動かす治療法は、主に肩関節の運動です。運動治療については、まず医療機関で適切な肩の運動方法の指導を受けると良いでしょう。五十肩は、投薬と運動が最も有効な治療法と言われていますが、中には症状がひどかったり、回復が思わしくない場合もあります。そのような時は、リハビリという治療法もあります。

特に痛みがひどい場合には、神経ブロック療法が用いられます。また、重症の場合は外科的治療で手術を行うこともあります。五十肩には症状に合わせて様々な治療法があります。五十肩を引き起こしたら、医療機関で診断してもらい、適切な治療法で治療を行うようにしたいものです。

肩こり