五十肩 予防法、運動療法

五十肩の予防法と運動療法について。五十肩に効く運動・スポーツは、主にストレッチやエクササイズなどです。五十肩の急性期にはストレッチ、慢性期にはストレッチやエクササイズを行うことによって、五十肩の痛みを緩和することができます。また、制限の出ていた関節の可動範囲を改善することもでき、同時に再発を予防する効果もあります。

五十肩に効くストレッチ・エクササイズなどの運動には、コードマン体操というものがあります。机などで体を支え、前かがみになります。ダンベルなどの重りになるものを痛む手で持ち、手を下します。この重りを持った手を左右に振り子の要領で動かします。左右の横振り、前後の縦振り、腕を円を描くように回転させる円運動を行い、肩の関節を動かしていきます。机から少し離れ、机に肘を伸ばし、手をついて、ゆっくり屈伸運動をするなどという方法もあります。

さらに、五十肩にはウォーキングも効果があるようです。ウォーキングは、誰でも手軽にできる運動で、腕を振って歩くことで、血行を良くし、筋肉のトレーニングにもつながります。五十肩の痛みが強い場合に無理な運動やスポーツを行ってしまうと、かえって逆効果になってしまう場合があります。

五十肩には、運動やスポーツを行っても良い時期、運動やスポーツが五十肩の早期回復に役立つ時期があります。五十肩の場合は、専門医の診断や指示を受けて運動療法を行いましょう。上手に運動やスポーツを取り入れて五十肩と付き合っていきたいものです。

肩こり