小学校 入学祝い

小学校の入学祝いについて。自分の家の子供が小学校入学を迎えると、周囲から入学祝いをもらう事があります。
その場合、自分達がどんな物を誰からもらったかという事を、しっかりと記録しておきましょう。
というのも、入学祝いを受け取った相手の家庭で、その後入学を迎えるお子さんがいる場合は、こちらも入学祝いを渡すのがマナーだからです。
もちろん、先にもらった相手にだけ返すのではなく、親戚、あるいはかなり懇意にしている友人等のお子さんの入学時には、進んで入学祝いを渡すのが礼儀というものです。

小学校の入学祝いに渡す物というのは、基本的には図書券です。
ランドセルや机はやや高価なので、余程親しい相手で、且つ経済的に余裕がある場合に買ってあげると良いでしょう。
普通はそこまではしないケースがほとんどです。
また、ランドセル等は他や親御さんとダブるケースが多いので、あらかじめ連絡をして贈る事を伝えておきましょう。

基本的に、小学校の入学祝いは親族のみにするものです。
友達の家庭にまでしていたらキリがありません。
というのも、幼稚園時代、保育園時代に同級生の母親と仲良しになるケースが多く、自分の子供の入学時には友達の家のお子さんも揃って入学を迎えるケースが多いものです。
その全ての家に入学祝を贈っていたら、とんでもない出費になります。
友達の家庭に入学祝いを贈る場合は、余程親しい相手、且つ自分の子供と時期がかぶらない時に贈るのが好ましいでしょう。

入学祝いの金額の相場としては、大体5,000円〜10,000円くらいが適切とされています。
入学後に有効に使えるようなものを考えて贈りましょう。

入学祝い