パーゴラ 作り方

パーゴラの作り方について。「パーゴラ」とは住宅の軒先に設ける棚のことで、もともとはイタリア語の「葡萄棚」が語源だと言われています。ベランダやウッドデッキの屋根として、ツル性の植物などを絡ませ楽しみます。パーゴラは大掛かりな「日曜大工」として、手作りで楽しんで作る方も年々増えています。そんな方のために、ホームページなどにも初心者の方にもわかりやすい手順や、施工例など紹介しています。材料もホームセンターなどで用意することができます。

パーゴラの作り方は、以下のとおりです。

(1)「柱」を設置します。ウッドデッキの四隅の束柱の箇所から柱用の4×4材を立ち上げます。パーゴラの高さは、ウッドデッキの上から2.3m〜2.6mほどなので、中間柱を設け強度を増します。

(2)「柱に桟(せん)」を設置します。2×6材で柱を挟み込み、桟を設置します。柱の前後左右の傾きに注意します。

(3)「筋交い」を設置します。4×4材を90cmの長さに4つ切り出し、両端を斜めにカットします。(1)の縦柱と(2)の横に斜めに入れることで左右方向の遊びがなくなります。

(4)「垂木」を設置します。垂木(2×4材)を50〜60cm間隔で設置します。垂木を設置する際は、前後方向の柱の傾きに注意します。木材の先端の角をカットすると綺麗に見えます。垂木はウッドデッキより50cm程度、張り出させます。雨を遮りたい場合は、垂木の上にポリカ製板などを張り、屋根を設けるとよいでしょう。

★パーゴラを楽天で探す★

★パーゴラをAmazonで探す★


パーゴラ