家庭菜園 初心者

家庭菜園初心者のための記事を書いてみます。お庭やベランダで、野菜を自分で育ててみたいと思っている方、結構いらっしゃると思います。
もちろん、もうすでに野菜を作っている人いらっしゃるでしょう。
最初は庭や、プランターで作っていたけれど、そのうち、趣味が高じて畑を借りている人もいるようです。
畑を借りて野菜を作ることが出来たら、その収穫も大いに期待できそうですね。
私の友人でも、趣味から本格的な野菜作りに移行した話も良く聞きます。
彼女、次は田舎暮らしにあこがれているようです。

さて、家庭菜園を始めたいと思っているけれど、何をどうしたらよいのかまったくわからないと言う方もいらっしゃいます。
このような初心者の方は、まず、簡単に作れる野菜を選ぶことから、家庭菜園は始まります。

育てるのにも手間が掛からず、収穫が簡単に出来る野菜を育てれば、初心者でも成功するでしょう。
それには、どのような環境で育てたいのか、これがポイントになります。
庭なのか、プランターなのか、日当たりが良いのか、あまり良くないのか、環境に適した野菜を選び育てることで成功するでしょう。
野菜を育ていく上で心配なことは、野菜が病気になってしまうことや、害虫がついてしまうことです。
これらに比較的強い野菜を、選んで育ててみましょう。

手間いらずであり、初心者にも安心の野菜は、シシトウ、そしてカブです。
カブの中で代表的な野菜である、二十日ダイコン、みなさんはご存知でしょうか?
赤くて小さくて可愛いカブが二十日ダイコンなのです。

二十日ダイコンは、初心者が簡単に栽培できることだけでなく、味も美味しいですよ。
サラダに入れると彩りも良く、美味しく食べられます。
このカブ、二十日ダイコンは、名前の通り、20日余りで収穫できると言うお手軽な野菜なのです。
通常の野菜は数ヶ月くらい収穫までかかりますから、これでしたら初心者の方も早く収穫できます。
種を購入し、それをプランターに植えたり、庭に植えたりするだけ、手間はほとんどかかりません。
赤い実が土から顔をちょこっと出している姿はとてもキュートですよ。

また、みなさん、ご存知のレタスも簡単で初心者向きです。
家庭菜園でリーフレタスやベビーレタスを育てている人は多いようです。
これらは、季節を選ばず栽培できますから、初心者にはちょうどよい野菜でしょう。
せっかく種を買っても、蒔く時期がまだまだ先だとすると、せっかく家庭菜園をやる気になったのに意気消沈ですよね。
レタスはそんなことがありませんから、いつでも気が向いたときに植えることが出来ます。

ベビーレタスのミックス種も販売されていますから、これを一袋購入すれば、一度にいろいろなレタスが楽しめます。
ベビーレタスは栄養も豊富で、見た目もおしゃれなのです。
ですから、家庭菜園を楽しんでいる人だけでなく、ガーデニングをやっている人も、育てていると言います。
コンパニオンプランツと呼ばれているハニーゴールドは野菜と相性が良いお花です。
これらの野菜と一緒に植えると、野菜の成長を促進してくれます。

家庭菜園