イボ痔 治療

イボ痔の治療について。イボ痔は痔核とも言いますが、内痔核と外痔核とがあります。ここでは内痔核について書きます。

イボ痔(内痔核)の治療としては大体が保存治療と言って特に切らずにそのまま保存するという治療方法で行われていることが多いのですが、排便の時に脱出してしまうことがあります。これが元に戻らなくなってずっと脱出したままになってしまうと手術して取るということになります。どちらの方法でも症状が軽い内は選ぶことができます。

手術をする場合ですが、最新技術によるレーザー治療をするとか、輪ゴム結紮法という方法で切るとか、硬化剤注入療法等があります。硬化剤注入療法に関しては硬化剤を内痔核に直接注入することで幹部部分を硬くしてあげるので痔が縮まっていくという治療方法になります。大体1回注射して効果が得られる期間は1年間位と言われています。ただしイボ痔が治っている訳ではないのでお尻に負担をその間にかけてしまうと再発する可能性も充分にあります。また毎年毎年注射をしていると効果自体が徐々に薄くなってしまうというデメリットがあります。

イボ痔の手術には入院を要する場合と日帰りの場合とに分けられます。これは痔の種類によっても違うようです。入院する場合は1週間〜10日位が平均的だと言われています。痔の治療は悪化させずに早期治療をする事が非常に望ましく効果も高いですが、恥ずかしいというイメージがあって受診しない人も多いと思います。しかし何かしら排便をする際に痔っぽい異常があると思ったら早めに診察してもらう事が大切です。