産前産後休暇

産前産後休暇について。最近は、昔と比べて働く女性が多くなってきました。そして、特に結婚している女性が職場を選ぶ時には、出産に対する会社の措置がどのように取られているかが大きな選択要素でもあります。

日本の法律では、産前産後休暇に関して、産前休暇は6週間となっていますが、これは労働者が自分で会社に請求した時休暇を取ることが出来ます。産後に関しては、産後8週間の休暇を取らなければいけないことが法律で決められています。会社側は、女性が出産した後すぐに、仕事に従事させてはいけないことになっています。つまり、産後に関しては、休暇を取ることが義務付けられているのです。

産前産後休暇の間は、会社側は、給料を支払う義務がありません。ただし、女性社員を大切に思う会社に関しては、産前産後休暇中も給料を支払う会社があります。最近では、産前産後休暇中でも給料を支払う会社が増えてきました。こうした条件は、女性が働く場合大切になってくるので、会社を選ぶ時に、会社の就労規制や賃金規制を調べておくことが大切です。

産前産後休暇は、8週間となっていますが、医師が就労しても良いと認めた場合には、その期間を短くしてもよいことになっています。産前産後休暇を取る場合には、会社の総務部や人事部に申し出なければなりません。その場合に必要となるのが、産前産後休業届けです。この届けには、出産予定日と産前休暇期間と、産後休暇期間を明記しなければなりません。また、産婦人科医師の証明書か母子手帳の写しが必要となります。

産後